無料ブログはココログ
フォト

« 2010上海万博 | トップページ | 上海 メシの話 »

2010年10月25日 (月)

2010上海万博 後半

Photo

吉野家牛丼館前にて 

お腹もふくれたところで午後の部へ突入!

目指すは中国に次ぐアジアの大国インド館。

このころから開場全体に人があふれ始め

どこの館の行列も最後尾が見つからないか、

この列がどこの館の列なのかが分らなくなってきました。

Web

インド館はみどりのドームが目印なのですぐに発見。

長蛇の列はいよいよスゴミをおびてきて

入り口前のらせん階段にたどり着くまで約2時間!

らせん階段の向こうに入り口が・・・

中に入るとドームを囲うようにお土産やさんがびっしり有り。

ドームの下にメイン展示がありました。

何が展示してあったのかはもう忘れちゃいました。

Photo_2

インド館を出ると外はすでに薄暮。中東の目玉サウジアラビア館を

目指しましたが、行列で館の入り口がどこなのか分らずヤメに、

せっかくだからと、お隣の韓国間へ並ぶことにいしました。

Photo_2

韓国館の進まない行列から電光掲示板を見ると

今日の入場者数が出ていて、すでに97万人を突破!

これはきのうの予想通り100万超えるぞ、と話していたら

電光板は100万1500人の表示に切り替わり、思わずやったーっ!と喜んでしまいました。

入場者100万人の本当の意味が分っていなかったのです。

人がぎょうさんいるっちゅう事は、行列も長くなるちゅう事です。

韓国館は20m進んでは約15分の停滞。

4重になった行列を抜け角を曲がりいよいよ入場かと思ったら

またまた4重の行列。いらだち始め、となりの列から柵を越えて横入り

しようとした中国人の兄ちゃんを力ずくで押し返すという

ハプニングがあるは、だんだん無口になるはでもうやめよか、

と思い始めたところで入り口が見えて来て元気復活!ここまでで3時間。

わたしゃ行列が嫌いでディズニーランドも一回しか行ったことがないのに。

明日からはディズニーもユニバーサルもドンと来い!だ。

と腹が据わったのと同時に入場できました。

1_3

正直言って嬉しかったけれど

展示なんかもうどうでもよくなって

写真だけとってメイン展示の映像ホールへ入場。

そこは200人くらい入るシアターで

約15分くらい。

←漢字の巨大スロットマシーン

ストーリーはというと、時は未来都市。

ある青年がダンサーにあこがれる車椅子の少女のもっていた

踊り子人形を壊してしまい、少女は夢を壊されてしまいました。

悲しみに沈んでいる少女を、青年が励まし夢を取り戻す、といったような話。

正直内容はほとんど忘れた。間違えていたらごめんなさい。

いったい何しに行ったのか分らん。

実写とCGを組み合わせて都市のビルの合間を飛び回ったり、

虹のトンネルをくぐったりするリアルで迫力ある表現。

すっかり感情移入して3回くらい涙をこぼしました。

                                                                                                       

ともかくも私たちがこの日の最終上映の人となり、

後ろに並んでいた何千人かの人達はアッサリと切り捨て。

あの人達は怒らなかったのだろうか?

この不満が尖閣諸島事件の反日デモへとつながらないのだろうか?

などと心配しつつ外にでたら10時半を回っておりどこも閉館し始めていました。

へとへとになりながら地下鉄で人民広場駅へ移動。

近くのレストランで遅い夕飯を食べて、

案内役の黄さんと別れたら12時を回っていました。

以上おしまい。

黄さんありがとう。お疲れ様でした。

追記

人民広場からホテルまで約20分、一人で歩いていたら若いきれいなお姉さん二人と

よぼよぼの爺さんにホテルでマッサージしましょうと誘われましたが、中国ではこの手の

犯罪は死刑なのですべて拒否しました。

今考えるともう少し違う展開もありなんだったのではないかとおもわれ・・・

当ブログ掲載画像の無断転載は禁止です

(C)enos1091 All rights reserved

« 2010上海万博 | トップページ | 上海 メシの話 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2010上海万博 後半:

« 2010上海万博 | トップページ | 上海 メシの話 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31