無料ブログはココログ
フォト

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月15日 (火)

地震

大船渡でディレクター時代に仕事をしたことがあります。

12年くらい前でしょうか。

市の博物館に展示する大船渡の歴史物語の映像制作です。

博物館の学芸員さんの案内で、市の歴史スポットや

観光スポットなど、町のあちこちを数回に渡って撮影しました。

なかでも最も思い出深いのが沖の定置網漁の撮影でした。

11月末の寒い朝4時起きして番屋に集まり

真っ暗な中50人ほどのの漁師さんと共に、

二隻のクレーン付きの漁船に乗り込み

おきの定置網に向かいました。

20分くらいでしょうか?ADが船酔で動けなくなる中

定置網はぐるりと囲んだ網を小さく絞って行くと

やがて大量の魚たちが見えてきました。

8割が鮭2割がイナダそして

その中に型の良いマグロが二匹いるのを発見すると

漁師たちの目の色が変わり

絶対逃すな!と気合を入れて網を巻き上げました。

マグロはニ尾とも捕獲され、その場で内臓を処理し

冷凍されました。

帰りの船の中で漁師さんの一人に

「これ喰ってみろ」とくるみ大の白いものを渡されました。

口にほおり込み噛むと、コリコリとした豚骨のような

味でした。「?」という顔をしている私に

「まぐろの心臓だあ」と漁師さんはにやっとしました。

こんなもの二度とべられないんだろうな。

と思いながらコリコリと歯ごたえを愉しみました。

その間約2時間。

大量の鮭の水揚げをとることができ撮影は成功。

午後にももう一度でるというのでひと休みし

昼食後再び船に乗りました。

今度は朝ほどではないけれど、明るい日の下で

網の中でもがく鮭たちは朝にはない迫力がありました。

港では漁労長をはじめ世話になった漁師さんたちに

礼を言い撮影は終わりました。

作品の編集が始まり歴史的な映像ということで

ペルーの津波が大船渡を襲った時の映像を

借りてきて繋ぎました。

民家が屋根ごと流される恐ろしい映像でした。

そして、先週の金曜日。

まさにその映像そのものを生放送で見ました。

あの町がまさか映像と同じように流されてしまうとは

思ってもいませんでした。

撮影で世話になった学芸員さん、漁師さん、帰り道土産の酒を買った

陸前高田の海辺の酒屋のおっちゃん。

みんな無事でいてくれと祈るばかりです。

ずいぶん昔のことなので一人ひとりの顔までは覚えていませんが

記憶には深く刻まれていた大船渡の思い出を

まさかこんな形で思い出そうとは夢にも思いませんでした。

皆さん!どうかご無事で!

2011年3月 5日 (土)

韓国ドタバタ旅行 その2

出発当日朝6時45分

インターネットで昨夜の「ナンタ」の予約確認もせず

とりあえずプリントアウトした航空券片手に出発。

バッグの中の図書館で借りてきた

「地球の歩き方、ソウル」が唯一の頼みの綱。

もちろん韓国語なんてしゃべれません!ヽ(´▽`)/

とりあえず新しくできた羽田の国際線ターミナルから出国。

飛行機の切符はちゃんと手にすることができました。

曇天の中飛び立つ飛行機が雲の中に吸い込まれていくのを

窓から見ながら、とりあえず空港からホテルまでの

行程をぼんやり考えていました。

機内食を詰め込み、ワインを飲んで気分が良くなったところでソウル着。

札幌より絶対近い!!‥気がしました。

入国では入国者カードを書き忘れに気づき

ぐずぐず書いているうちに周囲には誰もいなくなり

入国管理官も「も~どうでもいいから早くしてよ!」

という顔でこちらを見てました。

あっという間にソウル。まだお昼ちょっと過ぎ。

市内のホテルまで地下鉄で行こうとメトロカード(韓国版パスモ)

を手に入れようと空港から地下鉄駅に向かう途中のセブンイレブンに

入る。

お姉ちゃん店員に「メトロカードあります?」って聞いたら

壁にぶら下がった携帯のストラップホルダーみたいなもの

指さし「これ?」って顔をするので、

この子は英語が通じないんだな。

と判断し近くのツーリスト・インフォメーションに移動。

ここで聞くと、「セブンイレブンに無いのならこの先を左に行った所のファミマにある、」

海外旅行に来て最初に入るのがセブンイレブンにファミマかよ!

旅行情緒のカケラも無いななどと思いつつファミマへ。

素早くお店のお姉さんに聞いたら、またまた携帯ストラップを出すので、

両手で四角を作って「カードだよ」と言ったら出てきましたカード!

Photo_2

やっと手に入ると喜んだら「どれにする?」と

またまた携帯ストラップを出して並べられて、

ここでやっと気付きました。

ストラップもカードの機能を持っているのだ!と。(゚ー゚;

ちょっとびっくりしつつソウル侮れないな!

と気を引き締めました。

セブンイレブンのおねえちゃんごめんなさい!

地下鉄は広軌なので車内は広くとても綺麗。

1時間少々電車に揺られ、乗り換えてミョンドン駅到着です。

ホテルは小田急ハルクより近く西口ロータリーくらいの距離。

部屋で一息ついで、とりあえず街に出ようということになりました。

ミョンドンの街は原宿と銀座を足して二で割ったような

若者でにぎやか、オシャレな店もあって・・・という感じでした。

ミョンドンの街

ブログ掲載画像の無断転載は禁止です  (C)enos1091 All rights reserved

2011年3月 1日 (火)

韓国ドタバタ旅行

突ではありますが、先週末韓国に行ってきました。

Dsci2337

むすめ2号が「自分だけ海外へ行ったことがない!(○`ε´○)

何処でもいいから連れて行け!」(`Д´)

と自らパスポートを取って迫ってきたからです。

本当は長野の友達のところへ温泉でもつかりに

行こうか、( ^ω^ )と先月末の26~28日に

3連休を取っておいたところに

無理やりねじ込むことにしました。┐(´д`)┌

ネットで飛行機の予約を取るのにはパスポート番号が必要なので

パスポートが取れるのを待っていたら一週間前の2月18日になってしまい、

そこから格安ツアーを探したものの、

キャンセル待ちしか無かったのでとりあえずツバをつけておいて

何とか空くのではないかと待っていたら、

何時になってもキャンセルはでず、( ̄Д ̄;;

出発前前日に他の旅行会社で安い飛行機を発見!

即予約!( ̄▽ ̄)して、後はホテル。

こちらは片っ端からネット検索したけれど無し!

こうなったらと前日になって直接ホテルに電話をかけまくる作戦。

国際電話の長~い桁数の電話番号を何度も間違えながら、片言英語でかけまくり

5件目にトリプルルームなら空いている。

ダブルと1000円しか変わらず!

一泊ひとり五千円!

というのを探し当て即予約しました。

場所は地下鉄明洞駅から徒歩一分

東京に例えたら新宿駅西口徒歩一分、

小田急ハルクの端っこくらい

というくらい便利そうな場所。

とりあえず出発前日になり行くことが具体化したので

次は何をしに?と言うことになり

私は取り敢えず美味しいもの食べまくり&前回

ソウルに行ったときに見られなかった「ナンタ」を

見るツアーと決めました。

こちらも出発前日にネットでチケット予約し、

予約確認のメールを見ぬまま

翌朝6時半出発!

全編大文字、取り敢えずの連発、ボールド級、ドタバタ度100%!

旅行の始まりです。

つづく。

ブログ掲載画像の無断転載は禁止です  (C)enos1091 All rights reserved

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31