無料ブログはココログ
フォト

« 地震 | トップページ | 韓国ドタバタ旅行 その3 »

2011年4月 6日 (水)

原発事故

予定では韓国ドタバタ旅行記を書こうと思っていたのですが、

地震と原発事故があまりにも身近で深刻な状況なので

そんな気になれません。

横浜に住む私にとっては、ガソリン、パン、米などの物資不足と

停電などが地震の直接の影響と言えますが、原発事故の放射能漏れが

おこった今、これらをはるかに上回る危機的状態にあると思います。

いたずらに原発の危機をあおるつもりはありませんし、

現状程度の汚染で済むなら、がまんもしましょう。

日本の原発の危険性については、チェルノブイリ原発事故後

原発の危険性について多くのメディアが論じ、

安全性については国、電力会社、プラント製造会社などが訴え、

最終的には地元自治体と電力会社の間で合意がなされ

現在の状況になっているのでしょうが、

国策による大型事業につきものの、金銭での地元懐柔、

地元利権者による地元民の声の封殺などもあった事でしょう。

しかし、最終的には地元民は電力会社、国を信じて

建設をせざるを得ないと諦めて賛成に回ってしまったことも事実です。

最後まで反対した方にとっては、今回の事故は自分たちの

正当性が明らかになってしまった悲しい現実になってしまいました。

一方で経緯はどうあれ、関東に人たちは賛成派も反対派も

同時に地元のリスクの上に電気のある生活を享受してきたことが明らかになりました。

今後原子力に反対する声が上がってくるでしょう。

原発は反対だけれど電気は十分に欲しい、という矛盾を

自己の中でどう解決すればよいのでしょうか?

« 地震 | トップページ | 韓国ドタバタ旅行 その3 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原発事故:

« 地震 | トップページ | 韓国ドタバタ旅行 その3 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31