無料ブログはココログ
フォト

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月28日 (土)

ソウル版 気になったもの

                                            ソウルの街で気になったものです。

Joumonn_01_2

Photo_19

                              まずは公衆電話。なんだかとっても無防備!

Photo_20

                                       こちらも無防備な新聞屋さん

Benti02

                                       明洞近くで見たおしゃれなベンチ

Photo_21

Photo_25

                                                        こちらも洒落た結婚式の新郎新婦の乗る車

Photo_12

                               街角で古銭を売っていました。本物かどうか怪しい。

Speaker

                        これまた怪しい軒下のスピーカー。一体何を流すのか?

Photo_28

               韓国も歩行写真号はカウントダウン式なのですが、大阪や上海は

                                   待ち時間をカウントダウンしたのに対してコチラは歩行時間をカウントダウン

Photo_7

                                 エレベーターは上海、大阪と同じく右側が立ちです。

                               アジアでは右立ち主流なんだろか?今後も追跡調査します。

Photo_5

                    市内の地下鉄駅には必ず利用しやすい場所にトイレがありました

Photo_29

                                    中もキレイ。日本の地下鉄も見習って欲しいもんです。

Photo_11

                地下鉄のホームは上海と同じく全面ガラス張り。転落事故は当然ないのでしょう。                                                                                                    

Ipad01

今回一番のビックリモノ!

一見ただの電光掲示板ですが

手で触るとこのようになります。

Photo_21

                    次は大量ぶら下げディスプレイ。まずは南大門のアウトドアショップ。

Photo_24

                                  同じく南大門の魚屋さん

01

                               コチラは東大門の靴下屋さん

Photo_15

                          普通のディスプレイももちろんしていました。

Photo_12

                                   大量の背負子

01_2

                    東大門は服飾屋さんの集まった街。町中がユザワヤみたいなんです。

                    地方から仕入れに来たおじさん。重そうです。

Photo_9

                   こんなに積まなくっても。というかバイク本体よりも荷物のほうがデカイし!

Photo_18

Photo_6

                  ソウルのコンビニはアイスは必ず店の外にありました。こんなに無防備でいいのか?

Photo_5

                            ・・・でのぞき込んだら、

Photo_10

                             抹茶の雪見大福があったので

02

                早速購入。美味しかったですよ。でも味は忘れた。中にイロイロ入っています。

            

       Photo_13

                     カフェのチーズケーキ。行く前のガイドブック、ネットその他の情報では、

                   韓国のお菓子はまずい!って書いてありましたが、美味しかったです。コーヒーも。

Photo_22

                              街中で売っていたたい焼き。

Photo_15

               日本のよりも一回り小ぶりで、うすかわでぱりぱり。

               キジはとうもろこしの粉が混ざっているような味でした。

Photo_16

                     どこの街に行っても楽しみなのが裏路地。

Photo_23

                                        コチラは南大門の裏路地

 Photo_24

                  ここも南大門の別な裏路地。看板だけ見ていると焼肉が食べたくなります。

Photo_17

                                東大門の生地屋さんの路地を見て今回韓国シリーズの終了です。

                   ブログ掲載画像の無断転載は禁止です  (C)enos1091 All rights reserved

2011年5月11日 (水)

韓国ドタバタ旅行 その4

NANTA(ナンタ)というのは、ホテルの厨房を舞台に支配人とコックさんたちが繰り人げる

劇+お笑い+包丁で材料を切りながらのリズムパフォーマンスの様なものです。

結構有名なのでご存知の方も多いと思いますが。

今回の韓国旅行の一大目的にこれの観劇があったのでした。

Photo_6

ところが出がけのドタバタで、こちらもネットにてチケット予約をいれたものの

予約番号のようなものを出発当日ネットでチェックしただけで

正式の公演日、席番号などの入ったチケットは手に入れていませんでした。(^-^;

ソウル到着当日、ホテルのレセプションで、どうなっているのか

問い合わせてもらったところ、30分くらい長々とやり取りした後

当日午後一時に明洞の劇場受付に直接行くように言われました。

当日とは、前回カルビを食って幸せになった旅行二日目にことで、

スオンの街で慌ただしく行動したのもこの時間を守るためでした。

しかし約束はカルビのあまりの美味さに敗退し、「約束の自時間なんかいいや!遅れていこ。」(*^.^*)

と確信的遅刻をしソウルに戻ったのは3時前でした。

明洞の劇場の受付カウンターに行くと、日本語が堪能な受付のおねえちゃんが

私の持っていったホームページからプリントした紙を見て、これは予約できていないというのです。

こちらはネットで支払いも済ませてしまっているので、そんなことはないと食い下がったので。

おねえちゃんは、あちこちに電話して何かを確認してはやはり予約はないというのでした。

ネットのどこのサイトから予約したのかを聞かれましたが、わたしもそういう大事なことは

覚えておらず、紙一枚に全てを託しての訪韓だったのでそれはわからないと

返事するしかなく、こんなやりとりが1時間近く続いた後、

電話で、日本人のスタッフに繋ぐので話してくれとのことになりました。

その方いわく公演前に直接会いましょうとの話になりとりあえずここは

引き下がることにしました。

かなり疲れた上に雨がびしょびしょ降っているので気分はブルーになり

夕方までホテルに戻って一休みということになりました(´・ω・`)

ひと休みしたところで、まだ時間があったので南大門をさくっと散策。

熱気溢れる賑やかな市場とアウトドア屋さん街を見て歩きました。

屋台にはうまそうな食べ物が並んでおり、時間があれば是非食べてゆきたい雰囲気。

アウトドア屋さんの方は3件ほど見たのですが、どこも小ぶりで品揃えが少ないうえに

値段がさほど変わらなかったので特に買うものもなく終わり時間もないので

あすもう一度来ることにしてあとを去りました。

夕方、約束の時間に明洞ナンタ劇場にいくと、ちょいと綺麗な女性が居り、担当者ですと挨拶され、

態度が急変し、こちらもいい加減な予約状態で仕事を増やして申し訳ないと

何故か思わず下手に出て挨拶を交わしました。

彼女曰く、席はやはり予約できていないという。(´・ω・`)

しかし今回特別にこの手のトラブル用に用意された席があるのでそちらで見てくださいとのこと。

突然の展開にヤッター!ヽ(*≧ε≦*)φと思わず顔に出してしまい、お礼を言ってチケットをもらいました。

カウンターのおねえちゃん、もとい、女性にも礼を言い無事観劇となりました。

劇場に入り自分の席の番号を探すと、なんと前列二列目のど真ん中じゃあありませんか!w(゚o゚)w

Photo_5

心の中で再びスタッフの皆さんに礼を言い本番の始まりとなりました。

劇は思った以上に迫力あり、笑いありで楽しく一時間半の舞台もあっという間に終わり、

興奮の中街へ出ることになりました。

Photo_2

時計を見れば夜の10時近く、昼間のカルビもすっかり消化されてお腹はぺこぺこ。

ビビンバ、カルビと来たので次は参鶏湯です。

人通りの少なくなった夜の明洞で、サムゲタン屋さん探し。

さほど苦労することもなく一見うまそうな雰囲気の店を発見したので即突入ということになりました。

02

中はきれいで落ち着いた雰囲気、客もそこそこ入っており、当たり!の予感。

キムチをつまんでマッコリを飲みながら待つこと三十分。

01

ついに出てきました参鶏湯!蓋を取りスープをすすってみると。うまい!幸せ

中の鳥肉もいい味で最高!

04

今日一日のドタバタもすっかり忘れさせてくれた一品でした。

最高の席での観劇、最高の参鶏湯とカルビ!結果よければ全て良し!

のドタバタ旅行二日目でした。

小雨の残る中人通りのなくなった明洞は旅の雰囲気を演出してくれイイ気分になってホテルまで歩きました。

Photo_9

怒涛の三日目、南大門、東大門突入うは次回三日目に続く。

ブログ掲載画像の無断転載は禁止です  (C)enos1091 All rights reserved

2011年5月 1日 (日)

韓国ドタバタ旅行 その3

地震のショックで気が重くて、ブログの更新もなかなか手にかかれなかったのですが

少し気持ちが落ち着いたので、ドタバタ韓国ドタバタ旅行その3です。

初日、昼過ぎに明洞着後、早速街へ

というところまでが前回の話でしたが

その後人の多い明洞から離れ、本格的なゴチック教会の明洞聖堂を発見、即侵入。

そこで行われていた結婚式を観る。

Photo_4

さらに人気のない方へ歩いていったら仁寺洞(インサドン)まで歩いてしまった。

ここは細い街道沿いに小洒落た民芸品屋さん、画廊などがある賑やかだが雰囲気のある街

さらに勢いで景福宮まで歩いてヘトヘトになる。景福宮は既に閉館にており、しかたなく

景福宮近くのカフェでお茶して一旦ホテルへ戻り、ひと休みしてから

夕食に出かけました。

     今回の旅行の一番の目的が本場韓国のうまいものを食いまくる!

ということでした。

事前に図書館で借りたガイドブック4冊を資料に

たった二泊三日の短期間でいかに旨いものを食い尽くすか、

綿密な計画を立てて臨んだ一発目。

夕食はまず小手調べでビビンバです。

明洞にほど近いガイドブックオススメの店に出かけて

その店おすすめのビビンバを注文。

うまそうだが食べてみるとどおってことないじゃあないか!

付け添えのキムチはうまかった!感動した!しかし肝心のビビンバは

うちに近所の「焼肉モーリー」のほうが旨いぞ。

ということで早くもガイドブック不信に、次の店からは

自分の目と鼻をきかせて探すことにする。

翌朝は雨、朝飯はホテル近くの安い食堂へ。

Photo

Photo_5

私は巻き寿司、娘2号はかぼちゃのお粥で軽く済ませ街に出る。

と言っても昨日歩いた明洞と仁寺洞(インサドン)

や人の多い都会はつまらない、と娘2号。

地下鉄じゃあなくて景色の見える電車に乗りたいというので

(娘二号は鉄子なのを忘れていました)ソウル駅へ。

日帰りで面白いところはないかとツーリストインフォメイションで聞くと

電車で30分ほど行ったところに「スオン」という街があり

古い城が有るのとカルビ発祥の地であると聞く、

さらに娘一号の韓国人友達がその街に住んでいるので

娘二号は一号と共に街の地図を見たことがあるというではないか。

即、スオン行きの切符を二枚購入。丁度発車するところの列車に飛び乗る。

Ok

                               ソウル版 東海道線

スオンの駅を出るとそこは大きな町でした。

立派な駅ビルに駅前の大きなロータリーを囲むショッピング街。

昔の横浜駅西口みたいでした。

Uebu

またまたとりあえずタクシーでお城に行き、雨の中サラっと見て駅前に戻り焼肉屋を探す。

Ok_2

目指すはカルビ!

駅前の大通りから細い横丁を入っていくと、有るではないか

焼肉屋さんが!古びた建物がいらっしゃいと我々に語りかけてくる。

迷わず店に入り、壁に貼ってあるカルビ定食の写真を指さし注文。

出てきたカルビは、テーブルのコンロでおばちゃんが焼いてハサミで切ってくれた。

一口くちにほおりこんで噛み締めると、ウマ!!! 韓国まで来てよかった!

Photo_3

Ok_3

一気に貪り、隣で昼間っから酒飲んで酔っ払っているおっちゃんたちとの

ささやかな交流などもあり、スオン大正解!

ワケありで3時までにソウルへ戻らねばならないのを

放り出して、満足いくまでいただく。

とりあえずスオンで本格カルビに出会うことができたところで次回

大モメのナンタ観劇へ続く。

ブログ掲載画像の無断転載は禁止です  (C)enos1091 All rights reserved

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31