無料ブログはココログ
フォト

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月28日 (水)

台風の爪痕

先週本州を北上した台風16号はすごかったですね。

激しい風雨で我が家は家が揺れていました。

 翌日早朝、家をでて家の周りを見回していたら、お向いの奥さんが

我が家の車庫の方を指さすので見てみると

雨樋から地面につながるパイプ約3mが転がっていました。

慌てて自分の家の屋根を片っ端から見て、外れている所を探した

のですが見当たらず、どこの家のだろう?と話しているところに

お隣のご主人が現われ、二階から我が家を見てくれたら

有りました!外れているところが、

斜め左どなりの家の雨樋です。

我が家のではなくホッとしながら、外れた家をピンポンし

出てきたご主人にいきなり「これはずれていますよ」

と突き出したので、何の事やら分からず一瞬キョトンとしましたが

すぐに何が起こったのか分かり「どーも、どーも」とモノを受け取りました。

他にも被害は出ていないか、犬の散歩がてら町内を見回りしたら

有りました!

近所の畑に植えられている垣根が全部斜めに傾いています。

01

さらに進んでいくと、林の南側の木々が根こそぎ倒れていました。

Photo

こんなに大きな木が倒れているのにちょっとびっくり。

奥の林ももしやと見に行くと、もっと激しく倒れています。

Photo_2

根っこが盛り上がって軒並み倒れています。

近所で屋根に穴があいてしまった家もありました。

こんな風が吹いて我が家が何も被害がなかったのは奇跡です。

さらに翌々日、家から500mほど離れた公園に行くと、

Photo_3

クヌギなどの雑木が倒れたあとがあり、既に切断されていました。

Photo_5

Photo_4

公園は閉鎖され片付くまではしばらく立ち入り禁止です。

倒れた木々は全て南に面しており、相当の風が吹きあたったようです。

こんなに大きな木がたくさん倒れたのは、私の台風経験史上初めてのような気がします。

けが人が出なかったのも幸いでした。

改めて自然の爆発力を認識させられた台風でした。

あまりこういうのは体験したくないですね。

ブログ掲載画像の無断転載は禁止です  (C)enos1091 All rights reserved

2011年9月26日 (月)

イシモチ

台風が去り天気も安定したので早速釣りです。

今回は久々の餌釣り。

狙う魚は「イシモチ」

ごくまれに魚屋に売っていることがありますが、ほとんどの方は

食したことはないのでは。

01

餌は以前メバル釣りに使ったのと同じイソメです。

イソメにもいくつか種類があるのですが、船で用意したのを

使っただけなので正式名称は知りません。

不勉強で申し訳無いのですが。

01_2

何れにしてもこのヌラヌラしたのを餌に付け、それを食べたお魚を釣って自分が食べるわけです。

朝7時半、晴天のもと出発進行!気分は高揚します。

三連休の中日、しかもこの晴天、海上も賑やかです。

・・で早速、朝ビール。

01_3

ビールなんか飲んでも、ポイントに到着したら目は吊り上がり本気印です。

Photo

この日は安物のシーバスロッドにアブの4600番。

道糸PE0.8、ハリス、ナイロン5号、三本針の下に30号の重りです。

餌を付けぽちゃんと投げ込み、重りが時々海底に当たるくらいのタナ

を保持し、魚のアタリを待ちます。

イシモチという魚はニョロニョロした餌を端っこからもぐもぐ食べてくるので

針に掛かるまではアタリがあっても我慢して待つのがコツだそうです。

船長のアドバイスを素直に聞いて待つこと10分くらい。

来ました!ブルブルというアタリが手に伝わります。

合わせるのを我慢して完全に竿が締め込まれたら竿を上げます。

釣りに興味ない方はこのへんは飛ばして先に行ってください。

これがイシモチです。針についてるエサがグロいです。

01_4

こんなのが飽きることの無い程度の間隔にアタるので、

のんびり楽しい釣りです。

周りを見渡すと釣り船以外にもヨットやらタンカーやら

賑やかです。

もっとも、この釣り場は東京湾のど真ん中にある浅瀬で

中の瀬と言われ、大きい船はこれをよけないと座礁してしまうので

航路が非常に狭く世界で一番の難所ともいわれるところです。

01_801_7

なーんて周りの景色を楽しみつつ釣っていたら大きなアタリ。

この日一番の大物です。船長が巻尺を出してくれたので測ってみたら

34cm有りました。

01_9

01_11

イシモチ以外にもキスやアジ、ホウボウなどが混ざりましたが、

同行のTさんはサメまで釣っちゃいました。

01_10

おとなしいネコザメの子供です。記念写真撮影後にリリース。

天気良し!釣果良し!いろいろ楽しいものも見られて

久々に気持ちの休まる釣りをしました。

Photo_2

このお魚さんたちは、天ぷら、塩焼きなどにして美味しく食されました。

Photo_3Photo_4

アジやキスは言うまでもありませんが、

イシモチも上品な白身で美味しくいただきました。

もちろん全部は食べきれないので、冷凍保存して時々食べることになります。

ということで今回はまたまた釣りネタでした。

ブログ掲載画像の無断転載は禁止です  (C)enos1091 All rights reserved

続きを読む "イシモチ" »

2011年9月21日 (水)

顕微鏡モード

あまりの暑さブログの更新も怠けていました。

台風が来てやっと涼しくなったので早速更新開始です。

現在外は台風15号の接近で大嵐。風で家が揺れてます。

というような台風の実況をするのが今回のお話ではなく

写真のお話です。

7月に水の中でも大丈夫なカメラを買いました。

このカメラ防水だけでなく面白い機能がたくさんあるので

小出しにご紹介します。

01

ご覧の通りのただの花です。接写モードで取るとこのくらいは全く問題ないのですが

さらにデカく写せる顕微鏡モードという機能で取ると

01_2

じゃ~ん!こんなにデカく撮れます。

面白いので、とりあえず身近にあるものを片っ端からとってみました。

01_3

暑中見舞いの切手部分です。

話はそれますが暴風雨の中佐川急便がかみさんの買った洋服を配達してくれました。

ご苦労様です。激しく家が揺れ始めてちょっと心配。

次はこれでどうだ!

Photo

普段は100円玉をじっくり見ることなどないので、こうして見ると最初の金型は

結構めんどくさかったろうな、などど思いつつ足に異変を感じたので見てみると、

01_4

コイツのせいでした。肌のしわ部分に口を差し込んでいやがります。

逃げないように迫り来る痒みに耐えながらそっと撮影!

これも自分撮りの範疇に入るのでしょうか?

・・・とまあこんな物撮ってどうする。というものばかりですが、

おいおいもう少しまともなものをとって披露させていただきます。

ブログ掲載画像の無断転載は禁止です  (C)enos1091 All rights reserved

2011年9月 1日 (木)

夏の終わり

暑い夏が終わって秋の風が吹き始めるとジャズの季節です。

じゃあ夏はジャズ聴かなないのか?・・というと

そのようなことはなく、しっかり聞いています。特に訳あって釣りに行けない時などに。

ただ夏場のジャズは暑苦しい気候の中でさらに暑苦しいジャズを聴かねばならず

自虐的な感じで聴くことになります。

なぜかと言えば、我が家のオーディオルームにはエアコンが無いんですよ

いまどき。

大きな音を出すので窓も開けられず、30度を超す部屋の中で

聴くコルトレーンなんて言うもんは自殺行為です。

そんなの聞かなきゃいいじゃんと思う方もおられるかと思いますが

「悪魔の音楽」ジャズに一度足を突っ込んでしまうと

抜け出すことができなくなるんです。

そこで、なるべく涼しい感じのものを中心と、ピアノソロ、ピアノトリオなどは

ミュージシャンにもよりますが比較的涼しいので何枚か買ってみました。

Paul Bley Trio /NOT TWO . NOT ONE  (ECM)

同じく Paul Bley Trio / Modern Chant (Venus)

菊地雅章+Gary Peacock+Paul Motian / TETHARD MOON (ede)

上記の3枚はピアノトリオと言っても形だけで、出ている音は暑苦しいんです。

素直に4ビートでスタンダードをやるようなものではなく、どこまでがテーマなのか

よくわからない、聞いていてビートに体をゆだねてのりまくる、という代物じゃないんです。

どうして私の選ぶCDはこういう難解なものばかりになってしまうのだろうか?

というとNOT TWO~とTHETERD MOONはピアニストが違うだけで、リズム隊は同じで

キモはゲイリー・ピーコック!私はこの人が大好きで、

この人が入っているアルバムを見つけると買わずに入られないんです。

この人とやると、ピアニストも本気印になるので駄作が少ないですね。

さて、もっと手軽で聞きやすいのを、と買ったのが下記5枚。

ケニー・バロン トリオ / ザ・モーメント

シダー・ウォルトン トリオ / ザ・トリオ

ジョー・シネット / シアター

カーステン・ダール / メッセージ フロム バド

バド・パウウェル / イン パリス

新旧入り乱れておりますが、こちらはカタカナで書きたくなるわかりやすさ

ケニー・バロンは好きなミュージシャン。このところ出すアルバムは

好演ばかりでハズレ無し。

シダー・ウォルトンはこちらも個人的に好きなだけ。

何やっても好きなのでこれも私的にはハズレ無し。

ジョー・シネットはドラマーでピアノはジャスティン・コーフリンという人。

これはいわゆる最近のピアノトリオで、美しく聴きやすい。

カーステン・ダールも同様。

 最後は御大バド・パウエルの1964年パリ録音です。

このレコードは高校生時代にもっていたのですがなぜかは忘れましたが

小銭欲しさにディスクユニオンに売ってしまったもので、

25年ぶりに手に入れ喜んでいます。聞くと懐かしい演奏ばかり。

若干ヨレル所もありますがなんとかピアノを弾いています

・・ということで夏はピアノトリオをいっぱい買ったのですが

実はその他ブローものも一緒に買っちゃったので、

もう少し涼しくなったら聞いてみようと思います。

今日はもう九月。台風12号が通過したら少しは涼しくなればいいんですけれど。



にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31