無料ブログはココログ
フォト

« みなと横浜 | トップページ | 北京・旨いもの食いだおれツアー  その1 »

2011年10月 8日 (土)

イナダ

イナダです。

と言ってすぐわかる人は釣り師ですね。

イナダはブリの子供で30cm~60cmくらいのをそう呼びます。

それ以上になるとワラサとなり、さらにでかくなって

やっとぶりとして一本立ちするという、険しく長い道のりがあるんです。

今回もイシモチに同行のTさんと一緒。私はルアーで、Tさんは餌でのトライです。

とりあえず当日はお天気も良く絶好の釣り日よりになりました。

朝6時葉山あぶずり港を出港!

我々はとりあえず何時も通りこいつをプシュ!

Beerweb

船は葉山の港を出て東の秋谷港沖に向かいます。

Imgp0359web

今回の道具は2セット。

イナダ用の短く柔らかめのロッドにアブの4600、

先日のイシモチのをそのまま使います。

もう一本はアメリカで買ってきたストライパー用のロッドに

カルカッタ7000番、こちらはワラサ用の仕掛けでPE3号に50lbのリーダーです。

ビールの写真に写っているヤツ

ルアーは先日横浜サンスイまでわざわざこの日のために買いに行った

ティムコのオーシャン・ドミネーターです。

船長の「お待たせしました。」が合図で釣り開始。

はじめは柔らかいほうで始めましたが、ルアーが重いため操作がいまいち

すぐにヘビータックルに変えました。

タナは底から5m位から上、とのことでせっせとルアーをしゃくります。

隣に座っていた餌のおじさんは早速ヒット。

これを見て魚は居ると確信が持て力が入ります。

15分ほど立ったところでヒット!竿がガガガ!と絞り込まれイイサイズの予感。

ところがここでとんだトラブル。リールが竿のリールシートから外れてしまったんです。

家でセッティングしたときは、ぎりぎり大丈夫と思っていたのですが、

魚に惹かれたとたんポロリとはずれ、必死に何とかしようとしている間に

魚もポロリ アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!

リールをもう一度竿の強く締め付けて再開するも、次のヒットでまたまたポロリ。

竿とエリールと交換してヘビーザオに4600犯で再開。

釣り初めて一時間後くらいでやっと一匹めをキャッチしました。

Imgp0362web

その後、しばらくして強力なアタリがあり、巻き上げても

ドラグが出てしまうほどの引きの強さ。

何とか上げようとドラグを微調整しながらファイトしたのですが

突然いきに引き込まれて08号のPEはプッツンと切れちゃいました。

バラシたのと当たりルアーを持っていかれてしまったのに

しばし呆然。(゚Д゚)ハァ?

気を取り直して再開するも、当たりルアーの次を探すのに時間が掛かり

一時間経過した頃二匹目のキャッチ。ホッとしました。

その後はバラシ二匹、目の前で海に落ちたの一匹、カンパチ一尾

Kannpati

これは金星(キンボシ)でした。カンパチは餌では釣れないらしいので

船中一人でルアーをやっていた私だけの獲物です。

11時を回ると日も高くなり、アタリも遠のき餌のみなさんも

コマセ巻きに一生懸命でした。

その後13時終了までアタリもなく辛い時間でした。

左手はツリ肩と腕もパンパン。まるで修行です。

船中一番の竿頭は27匹もキャッチ!

Tさんもそこそこ数が上がったようで、私は辛いながらも楽しい釣りになりました。

14時帰港、解散して15時帰宅。

一寝した後刺身と潮汁にし豪華な夕食になりました。

それにしても切られたのは悔しい!再チャレンジかな

今度は道具もしっかり揃えて。

ところで私事ですが、明後日から一週間ほど北京に行ってきます。

帰国したら北京ネタを沢山仕込んでまいりますのでお楽しみに!

ブログ掲載画像の無断転載は禁止です  (C)enos1091 All rights reserved

« みなと横浜 | トップページ | 北京・旨いもの食いだおれツアー  その1 »

Fishing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イナダ:

« みなと横浜 | トップページ | 北京・旨いもの食いだおれツアー  その1 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31