無料ブログはココログ
フォト

« 北京・食いだおれツアー その6 饅頭篇 | トップページ | 北京・食いだおれツアー 番外編 天津丼はどこだ! »

2011年11月12日 (土)

北京・食いだおれツアー その7

友人の案内で頤和園に行ってきました。

英語ではsummer palaceと書かれていたので簡単に言うと王様の避暑地です。

06

ここは万寿山と呼ばれるお山に宮殿があり(写真の宮殿)

そこから望む昆明湖という周囲8kmもある池で構成されているお庭だそうです。

こんなでっかい庭園を作ったのは清の乾隆帝という王様。

私らは園の裏口から入り、とりあえず万寿山の裏側から登り始めました。

この方が湖側から入るより山登りが楽なんです。

Photo

15~20分ほどで山頂に立ちます。

お天気も良く絶好の眺め。(o^-^o)

05

ここから湖側にほどなく降りると最大の見どころ佛香閣という仏塔があります。

上から降りてきた我々は余裕の表情で綺麗な仏徒を楽しみましたが、

表門から入り湖から登ってきた人たちは汗だくで死にそうな顔してみていました。

Photo_2

仏塔の中の仏像(撮影禁止)にお参りをしてさらに降りていくと

整体号がじゃなくて西太后が避暑に来た宮殿、観劇用の舞台など

贅沢な建物がたくさんあり、真面目に一個一個みていると明日になるので

さらりと見つつも友人の解説で結構楽しめました。

02

やっとのことで湖畔におりたらいい風が吹いています。

湖を覗き込むと水深は1~2mくらいで湖底は総石張り、

藻が生えており魚がいました。雷魚の子供が一匹いたので

これは雷魚の餌となる様々な魚が豊富にいるということを意味するので

魚は絶対釣れるはず。

というより、これだけの湖を作って魚釣りを楽しまない人がいようか?

この半分でいいからそのくらいの池を持って一生釣りして暮らしてみたい。

01_3

などと思いながら湖岸を歩くと、まあなんと観光客が多いのでしょうか。

日曜日でこの天気ですからね。橋の上も目を凝らしてみてください。

人だらけです。さすが人口12億。

Photo

こんなおしゃれな橋もあります。スキー場の上級者コースくらいの斜度です。

01

・・・と湖を見ると・・・何かいる。人が泳いでいる!!!(゚ロ゚屮)屮

01_4

一体何のために?運動か?何もこんなところで泳がなくても・・・

しばらく行くと湖畔に海パン姿のオヤジが数人おり、泳いでいるのは

一人ではないということが判明。

02_2

頤和園スイミングクラブか?御咎めは無いのだろうか?など????

謎だらけ!(≧∇≦)

上で腕組んでるおっさんなんて腕太いし、何か偉そうだし。

青い看板を見れば「あなたの生命と財産の安全のため水泳や

魚釣り取りはしてはイカン!」と書いてあるで話ですか。財産の安全てなんだ?

「中国は何でもありだから」という友人の言葉に納得し先に進みました。

Photo_3

予定ではこの先の船着場から船に乗って市内方面に移動のはずだったのが

今は船は出ていないと言われ歩くことになりました。

どうせなら・・・と二階建てバスに乗り頤和園を後にしました。

01_5

これが中々快適、街の風景が違って見える。

ジャージ姿の集団は高校生。思春期のこの時期、いくらなんでも

ジャージ登校はお洒落したい女の子には可哀想・・

Photo_4

などと友人が話していたそのとき、友人に何かがひらめいたらしく

急遽降車。

忘れてました!大事な飯の時間です。午後2時は回っており

店は空いているか?と慌てていったら空いていました。

お昼は新疆ウイグル地区の料理です。

Photo_5

何が出てくるか楽しみ。

てきたのはじゃ~ん!\(^o^)/

良~く見てくださいよ!

02_3

上に乗っている具こそ中華風ですが下のパン風のものは

明らかにゴマの入ったピザです。

イタリアのスパゲティやイタリア餃子ラビオリは、マルコポーロが

当時の中国から持ち帰ったものがイタリア風にアレンジされたと聞きますが、

ひょっとしてピザも?!

Photo_6

次に出てきたのは鳥の唐揚げ甘酢あんかけ。

周りに飾られているのはただのピーマンじゃぁありません。

辛いんですよこれが!もちろん上のピザのもです。

この地方は中央アジアに近いのでイスラム教の民族も多く

食べる肉は羊と鳥くらいらしいです。

これにビールでお腹いっぱい。( ^ω^ )

01_2

遅い昼食後はホテル周辺の胡洞を散策し、お腹は一向に減らないので

カフェに行こうということになり、なるべく外人のいない店をさがし(自分らも外人だけど)

たどり着いたのがカフェのテラス。

02

二人で赤ワイン一本を下の通りをのぞき込みながら飲んで、

酔っぱらい一日が終わりました。

03

頤和園の山登りから始まり流れ流れて胡洞へ、この日の万歩計22050歩でした。

_ノフ○ グッタリ

ログ掲載画像の無断転載は禁止です  (C)enos1091 All rights reserved

« 北京・食いだおれツアー その6 饅頭篇 | トップページ | 北京・食いだおれツアー 番外編 天津丼はどこだ! »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

海パンの方々、泳ぎがかなり上手なのでしょうか?
立泳ぎすら出来ない私はとても無理です(T_T)
さすが、何でもアリな中国人です(*^^)v

中華ピザ?
いいですね~♥
気になる食べ物ばかりでお腹がすいてきました(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北京・食いだおれツアー その7:

« 北京・食いだおれツアー その6 饅頭篇 | トップページ | 北京・食いだおれツアー 番外編 天津丼はどこだ! »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31