無料ブログはココログ
フォト

« 北京・食いだおれツアー その4 | トップページ | 北京・食いだおれツアー その5 »

2011年11月 5日 (土)

号外 学祭

大学の学祭に

30年ぶりに行ってきました。

実は、学生時代私はJAZZ研究会というサークルに入っており

テナーサックスを吹いてまいした。好きなのはコルトレーン。

吹くとハンク・モブレーのヨタツイタようなの。

当時の我H大学は、学生会館という大ホールと学生サークルの部室が

入っている地下1階、地上7階くらいのビルがあり、サークル活動は

朝から夜11時までOK。さらに学祭の時は24時間開放!

という恵まれた施設や環境を持つ一方、これらを学生が自主管理したため

学校当局との確執、時には戦闘態勢という学生運動あってのサークル活動でした。

そのような戦いの中から、学祭で我がJAZZ研は校舎をつなぐ大通路を

壁で遮断しライブスペースを無理やりつくり、ライブクラブを開催しました。

そこでの学祭開催期間の約四日間は飲んで音を出して飲んでは死ぬ。

というの命からがらの生活でした。

そんなやりたい放題だった学祭が今どうなっているのか?

興味はありつつも一人で行くのは怖いので30年も遠ざかっていたわけです。

今回行くことになったのはほぼ同期S氏とN氏がメールで呼びかけてくれたので

「みんなで行けば怖くない」ということになり行きました。

  当日、午後4時過ぎ、

時間的に暇だった私が先陣を切って行くことになり、

これまた30年ぶりに大学のある飯田橋駅のホームに立ち、

出口改札に向かう長~い、ゆる~い上りの通路に入ったとたん

30年前の様々な思い出が倍速で回る走馬灯のようなスピードで

思い起こされ感動してしまいました。

さらに駅を出て外堀の城壁跡を見たとたん、さらに別なカテゴリーの

思い出が走馬灯3倍速で頭をめぐり、この調子で学内に入ったら

卒倒してしまうのではないか、と思われました。

堀沿いに歩いていくとかつては学生会館のあったところに

綺麗なビルが立っており、一階がコンビニが入っているので

どれどれと入っていき、コンビニで水を購入。のどが渇いていたのです。

そこから学内に入っていけるのかどうか、怖いので一度で直し

正門から入場しました。狭いキャンパスは昔と変わらずで店、屋台のオンパレード。

焼き鳥屋だけでも5~6軒あったでしょうか。ひと通りぐるりと見て

いよいよJAZZ研のライブスポットへ。

今でもJAZZ研は私たちと同じ場所でやっていると聞いていたので

55年館の入口を入っていくと、

Pap_0004

お~!あるじゃないですか!

中から何か歌が聞こえてきて、やってるやってる!

嬉しい一方、どういう顔して入っていこうかちょっと迷いながら

普通のお客さんとさんらしく入り案内された席に着席。

Pap_0021

おしゃれな丸テーブルにそれとおあつらえの椅子、

壁にはレンガ模様など造作が施されなんかオシャレ!

綺麗なお姉さんにビールを注文しOBだと告げるとOB価格にしてくれました。

演奏はフュージョンありバップあり、いわゆるモダンジャズありでちょっと安心しました。

Pap_0019

 

Pap_0010

感じたのはみんな上手で譜面にも強い(つよそう)、アンサンブルもちゃんとやっていて

曲になっている。(失礼)私らの頃は譜面台がなかったような・・・(^-^;

わしらの頃はテーマをやったら後はひたすら満足するまで、あるいは

演奏が崩壊する直前までソロを吹きまくるというメチャメチャ演奏でしたから、

あまりに整然と演奏するので感動しました。

Pap_0007_2

あと、これは他大学でもそうだだったんですが、フロントに女子が多い!

我が家の娘もやっていたんですが、中高校の吹奏楽部が盛んなのと

中高校でもJAZZのビッグバンドがあったりするからなのではないでしょうか?

持っている楽器がみんな光っているのも印象的でした。

私らの頃はバイトで中古の楽器を買うというのが普通だったので

サックスなんか青錆がふいているようなのばかりだったんです。

Pap_0009_2

ビールをお代わりしS氏がなかなか来ないので、何時までやっているのか聞いたら

あっさりと6時ですと言われびっくり。

5時過ぎに来るって言ってたから早く来ないと終わっちゃう。

気をもみながら聞いていたら5時半に登場しなんとか間に合いビールで乾杯。

一缶一気に飲み干したS氏がお代わりしたら、

「アルコールは一人2杯までです」

といわれちょっとショック。わしらの頃は飲まないと叱られたのに。

Pap_0005

まもなく6時になり、演奏が終わったのですごすごと退散。

外へ出たら野外ステージでロックをやっていたので見に行きました。

どこのサークルか気になってスタッフに聞いたら2部JAZZ研と聞いて

またまたびっくり!

音企、ロック研、舞技研などプログラムの中から知っている名前を

探しては大喜び。

私らがやって来たことが30年経って形を変えつつもその時代の中で、

ちゃ~んと伝わって生きているんだと思い感動しました。

現役のみんな頑張てね!

Pap_0002

ちなみにもうひとり来るはずだったN氏はあえなく時間切れ、

それでも飯田橋まで来て、これまた懐かしい飲み屋に30年ぶりに行って

(まだ有るというだけで感動)思い出話に花を咲かせました。

以上号外 学祭版。次回は再び北京シリーズに戻ります。

ブログ掲載画像の無断転載は禁止です  (C)enos1091 All rights reserved

« 北京・食いだおれツアー その4 | トップページ | 北京・食いだおれツアー その5 »

コメント

お疲れ様でしたm(__)m
私、昨年の今頃、何十年か振りに、でも卒業して2回ぶりに行ったですよ。
(前回は、当時(20年前くらい)の練習バンド「イカさん、会田、京子」らと)

全体的に、たたずまいは瀟洒で(フツーの大学風)
後輩たちは皆上手でございましたわ。

アルコールは、、、2杯以上呑んだけどな(^_^;)
「打ち上げ」にも混ぜてもらって、、、。
単独で乗りこんだんだが、しみじみ盛り上がらせてもらいました。

来年は、もっと示し合せて乗りこむか☆

と言うことで、、、
たまには、うちの「セッション」で吹いてくれや。
「第二土曜日」だぜよ。
(「呑み」だけども可だけどさ)

じゃまた~(^-^)/

懐かしかったでしょ?いつまでも青春時代は心に残っているものです。
私は学生時代に真剣に取り組んだものがなかったので今頃後悔しています(-_-;)

もう一度青春したいです(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 号外 学祭:

« 北京・食いだおれツアー その4 | トップページ | 北京・食いだおれツアー その5 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31