無料ブログはココログ
フォト

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月29日 (日)

GW

GWです。

GWと言えば連休→お出かけ→旅行→海外 などと長期休暇を利用してのバカンスを

連想しますが、こちらは手持ちも出かける予定もないので安く地元での楽しみを

見つけました。

それはこの時期だから出来る新緑&お花探しです。


鮮やかな新緑と花々のこの季節、一年で一番好きです。

普段何気なく見ている街の花と緑を探索しました。


まずは、初夏の花の王道、ツツジ。
どうということはないんですが外せない一品です。

Photo_2

もうひとつ初夏で外せないのがふじの花

この紫色は子供のころから大好きでした。

幼い頃はこの花の実がぶどうになるのかと思っていました(アホなガキや)

Photo_3

この小さな花は、住宅の屏にへばりつくように咲いていた花です。

愛らしい紫色の小花でした。

Photo_4

これは、ある御宅の柵からはみ出して生えていたのですが、なんの花でしょう?

咲くのが楽しみです。

Photo_10

これも、ある御宅の隣のある御宅で見つけた花。

名前は知りませんが、淡い黄色と可愛いつぼみが印象的でした。

Photo_11

さらにまたその御宅の近所の御宅でみつけた、鮮やかな紫と白の

グラデーションがおしゃれな花。

こういうおしゃれな花が似合う家というのはいいもんです。

Photo_13

続いては、道端に最近見かけるケシの花の仲間です。

正式名は長いので忘れましたが、外来種がこの数年繁殖したようで

道端で多く見られます。

01

淡いオレンジ色の小さめな花です。

ちょっと気にしてみると街中どこでも咲いていますよ。

埼玉県志木市および東京都東大和市の路上では観察できました。

所沢周辺でも目撃情報あり。要するにどこにでも咲いているちうことです。

Photo_5

         この花↓↓↓を知らない人はモグリですね。(なんのだ?!)

Photo_6

でもこれだけアップでじっくり見ることは少ないでしょう。

大量の雄しべが画家のダリのヒゲみたいに巻いて出ているのがおかしい。

なんか、やる気まんまんていう感じがしますね。

Photo_8

このタンポポですが、いま日本で見られるのはほとんどがセイヨウタンポポです。

日本古来のタンポポは珍しくなってしまったそうです。

上でご紹介したケシの花と同じく外来種というわけです。

外来種ミニ知識
外来種というと外国から入ってきたものというイメージがありますが、それは間違いで、
本来そのエリアにない種類のものが移入されるのは国内のものでも外来種なんです
魚の話になってしまいますが、日本の川には各河川固有のイワナがおり数十種いました。
ところが、漁協にによる養殖イワナの放流でこれらの固有種が絶滅の危機にあります。
これも本来そこに居なかった外来種の移入、繁殖による固有種の絶滅危機といことになります。




野暮な話はこれくらいにいたしまして

次は同じ道端に生えていたマメ科の植物。

これもツルがダリヒゲしていますね。

でもこちらは何となく愛らしい。

03

新緑はどこの御宅の庭にもたくさんありました。

04

様々な木々がここぞとばかりに眩しく輝いていました。

02

葉脈が美しい!
01_3

こちら、ヒマラヤスギも若葉色では負けていません。

Photo_12

住宅街から森に行くと、先日まで小さな芽だった蔦の葉が、若葉色に変身!

Photo_9

木の根元には、誰が植えたのか菖蒲の花が・・・

Photo_14

白も咲いていました。何となくセクシー・・・。

Photo_15

以前、真っ赤な木の葉としてご紹介した葉は、

ふた回り大きくなって薄いオレンジ色に変わっていました。

Photo_16

以上、初夏の花と新緑をご紹介しました。

これらが見られるのも桜の花と同じく意外と短い期間で、あっという間に深い緑になり

さらには虫に食われてアナボコだらけになってしまうもんです。

GWが終わるとあっという間に初夏から梅雨へと季節は移ってしまいます。

ご興味のある方、GW暇な方は是非この時期をお見逃し無く!


ブログ掲載画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserved

2012年4月24日 (火)

ソプラノサックス

4月のバンド練習が行われました。

病人ばかりのバンドです。

先月は私とベース氏が体調不良で休んでしまい、ベースの分頑張っちゃったドラム氏が
今回は体調わるしでお休み。

バンマスは先日サックスを壊してしまい参加が危ぶまれたのですが、
修理屋さんに持ち込みその場で直してもらうという綱渡りで無事参加となりました。

さらに、トローンボーン氏が今回初登場となり金管楽器が入ったことでホーンセクションが充実し音が分厚くなりました。

Horn

ジャズの場合メンバーが揃わなければそれなりの練習方法もあるので、無事行われました。

バンマスのサックスがNGの場合に備え、アルト氏が手持ちのソプラノサックスを持ち込んでくれたので、日頃からソプラノを吹きたくてたまらない私は、図々しくも自ら申し出て吹かせてもらうことになりました。

Sopurano

このソプラノ1900年代の代物で滅多にお目にかかれないレアなブランド。(名前は忘れた)
モノは古いけれど音は最高に抜けていて、普段私がソプラノを吹くとチャルメラみたいな音しか出ないのに、少しはましな音に聞こえていた気がします。(この辺自信なし)

曲はホーンの充実を有効に扱い

・The  Chickin

・Stolen Moments

・Sweet love of mine

などのテーマアンサンブルを中心に練習、なかなか実のある練習になりました。
やっぱりサックスも3種類の音色が入るとジャズっぽくなっていいなあ。

学生時代もこんなに贅沢なバンド組めなかった、というより自分が主役でいたいから
組まなかったし、歳は取ったなりに良い事もあるじゃあないですか!

アルト氏本人もソプラノ吹きたかっただろうに独り占めしてしまいごめんなさい。
気持ちよく吹かせていただきました

あとはこれにトランペットが入れば無敵です。
それとアドリブちゃんと取れるようになればという大課題もありますが・・・


スタジオの2時間は例によってアッと言う間に経ち近くの居酒屋で反省会。

Hannsei

焼酎を一升瓶でボトルキープという勢いに乗った暴挙に出ながらも、音楽談義に
花が咲き、次回の打ち合わせもバッチリ。なかなか良い練習となりました。

Botoru

次回のピアノ氏の参加とドラム氏の病状回復を祈りつつお開きということで。



       ブログ掲載画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserved



にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村

2012年4月22日 (日)

横須賀 うみかぜ公園 シーバス

釣り開幕で~す!

4月19日 横須賀のうみかぜ公園に今年の初釣りに行きました。

Photo_7

スキーにのめり込んでいた今年は例年にない遅い釣りシーズンのスタートです。

場所は横須賀にある「うみかぜ公園」という釣り場。投げ釣りで有名な場所です。

場所は猿島を真正面に見るロケーション。

Photo_8

広い駐車場に芝生の公園、ローラーボードのランプなどの遊び場などあり、

釣り師以外にもたくさん人が集まる場所です。

メンバーは絵本作家氏、雑誌編者氏、フィギュア会社社長氏及びそのおいごさんに私の
全5名。

社長氏はバス屋で釣りは手馴れたものだとか。
今回は初の投げ釣りとのことで道具も全て新調し、夜中の3時に千葉の松戸から
来て釣り始めるほど気合が入っていました。


我々作家氏、編集者氏の3人は12時過ぎにゆる~く到着して、本名は夕まづめから夜にかけての夜釣りでした。

作家氏は投げ専門。
この公園での実績は高く、スズキの大物や130cmのサメなど大物を数多く仕留めています。編集者氏と私はルアーでスズキ狙い。


到着早々挨拶変わりに社長の新竿を作家氏が試し投げ!

Photo_9

2本の竿を次々にビュ~ンと飛ばして社長氏が感心しているところになんと!アタリが!
一投でキスを仕留め投げ釣りのプロとしての面目躍如!さすがです。

Photo_10

このあと我々ルアー隊も釣りに合流。
カレイ狙いの作家氏が公園北端近くに行くのに追て私らルアー組も移動。

私はお昼を食べたら眠くなってしまったので、日向ぼっこしながら2時間ほどウトウトと
お昼寝しちゃいました。

3時頃起きたところ、公園最南端の突堤に遠征していた編集者氏からメールがあり
ベイトの小魚が大量にいるというので、小型のジグスピナーをつけて即移動。

Photo_13

着いてみるとベイトの小魚が見え、さらに30cm程のボラの大群が泳いでいるので
テンションが一気に上がりキャスト開始!

ところが岸壁沿いから沖へと丁寧に攻めてゆくも当たりなし。
編集者氏のルアーに時々ボラの体がスレルくらいでアタリはゼロ。
日が傾き冷たい海風が身にしみて来たので一旦北端に戻り休憩です。

Photo_11

社長氏二人はその間、キスとメゴチをそれぞれ10尾ほどづつ釣り上げ、はじめての
釣行としてはまずまずの釣果があり、これから仕事があるとかで先に上がりました。
お疲れ様でした。

作家氏はルアー隊と同じくこれといった獲物はなく、強い向かい風に苦戦の様子。
ルアーも岸沿いにキャストしたときはラインスラックが出ないようにしないと、すぐにたるん
だラインが岸に乗ってしまいラインずれを起こしてしまうほどの強風でした。

コーヒーブレーク後、夕マヅメに向けて最南端へ再出動!
今度は気合のはいり方が違います。
釣れるとしたらこれからの時間帯とわかっていますから。
しかも、10日ほど前に来た編集者氏はここでデカイのをバラしているんです。

Hakubo_2

ここから約1時間半気合のキャストの連続!
にもかかわらず相変わらず見えるのはボラだけ!
波も強くルアーを引いてくると岸よりに流されるほどで、シャローは難しく捨てました。

シンキングミノーバイブレーションを交互に投げ、そのエリアを底から水深50位まで
くまなく探りましたが反応は無し。

真っ暗になったところで夕食タイム。
お湯を沸かしてカップラーメンを食べ腹ごしらえです。

Photo_12

ディナー後は公園の照明が当たり明るくなっている所に魚が集まるのではと、ここを
集中的にミノーテクトロなどで攻めていたところ、メバルの餌師がいて「今日のメバルは深い!」と言っていました。
これをヒントに狙いをそこ周辺に絞り、バイブレーションのリフト&フォールで集中攻撃。

暗くなって、海辺のフェンスにもたれかかりイチャツクカップルを横目で見つつ、集中を
切らすまいと踏ん張るも、あからさまなキスの音につい反応してしまい、釣りをしながら
カップルのチラ見
になってしまいました。

そんなことだから9時までやって結局あたりゼロ!
編集者氏も同様ノーバイト!
絵本作家氏はアナゴを釣ったものの小さいのでリリース。
風はさらに強くなり、「ここでは130m以上飛ばさないと劇的なことは起こらない」という
作家氏の深い一言で釣りを終了することになりました。

今年の初釣りはとりあえずボウズ発進!
でも、岸からのシーバス釣りなんてこんなものですからダメージはありません。

キャスティングの良い練習になったと思えば御の字です。

10時過ぎ、照明の落ちた暗い公園をでて帰路に着きました。



ちなみにここの駐車場24時間営業。午後11時前までは料金もリーズナブルで
我々はこの日10時間近くいて700円でした。ご参考までに。


    ブログ掲載画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserved



にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

2012年4月20日 (金)

春爛漫

春爛漫の 桜ばな

庭一面に 咲いていた

入学の日の うれしさは

今でも 胸に躍ってる


というのが小学校の校歌の一番の歌詞でした。

Sakura02

桜が満開になったので近所の公園にお花見です。

Sakura01

ついでにあちこち歩いて春を見つけてきました。

といっても、犬の散歩ついでにカメラを持って行って
気になるものをパチリと撮っただけなんですけれど。


こちらはある住宅街のある御宅のある桜の木。


Kouhaku

一本の木に紅白の桜が咲いていました。
接木でもしたんでしょうか?
おめでたい感じがなんとも言えません。


桜は散ったあとも葉桜が楽しめるものです。
虫が出てくる前の若葉は形は綺麗で葉脈も鮮やかで美しく、
私は葉桜も結構好きです。

Hazakura01
生命感があっていい。



この木は森の端っこにちょこんと芽を出していたんですが、

Kinome_2

新芽が鮮やかな赤で綺麗でした。



同じく森の片隅に咲いていたヤマヤマブキ。
花びらが5枚です。

Yamayamabuki02

子供の頃この季節、近くの森に遊びに行くとよく見かけた懐かしい花です。



こちらは庭木にも良く使われるヤマブキ。
花びらが八重です。同じ森に咲いていました。

Yamabuki

この紫と白いのは少し離れた別の森にちょこんと咲いていました。
花の名前は知りませんが小さくてかわいい花でした。

Hana02

Hana01

葉桜以外にも鮮やかな新緑はたくさん見かけられました。

ツタの新緑や

Tuta

ちょっとグロい感じもするシダの葉

Sida

横浜といっても私の住んでいる泉区はまだまだ自然が残っていて、
ちょっと探すとけっこう掘り出し物が出てきます。

さて、森から出て雨上がりの畑に行ったらこんな宝物が・・・

Suiteki01

最後は家の近所の道端、道路のコンクリートの隙間に咲いていたスミレです。

Sumire

春の植物はどれも生命感に溢れていて、見ていて力をもらえます。

虫が出てくるまでの数週間、もう少しこんな緑を楽しめそうです。


ブログ掲載画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserved

2012年4月14日 (土)

北京在住

旧友たちと酒を飲みました。

今回は北京在住のライターをやっている友人が一時帰国したため

約一年ぶりの再開です。

と言っても私は、昨年秋に北京に行って会っているので

半年ぶりということになりますが。

メンバーは、バンドメンバー、某有名IT企業氏など含め計八人。

Gs_2

ライター氏の中国諸々楽しい事情話を一通り聴きつつ

共通の話題と言えばまずは「病気」!

緑内障、痛風に、リュウマチ、50肩、尿道結石、胆石と

次から次へと成人病の名前が飛び出し

これまた誰かが患っているもしくはいたという代物。



歳は取りたくないね~。と言いながらもバンドやろう、

映画作ろう、みんなで中国行こうなどと、前向きな話で大盛り上がり!

もちろん下ネタも盛りだくさん。

みんな仕事も家庭も持って頑張ってるのに若い!

ちっともくたびれて居ない。偉いな~。

2s02                ライター氏とIT氏、この二人驚異的な中国映画通、
          二人が飲んでいるのを見ているとここは中国ではないか?と錯覚させられた。



この日の会場は、超high CPで有名な「おかってや」という飲み屋。

とりあえずビールのあとは、いきなり泡盛をロックで行く人、

日本酒をグラスでもらう人などなどいきなり全開!

スタートは6時だというのに・・・

8時頃にはすっかり出来上がっちゃって

9時半にはいい子で解散しました。



ライター氏は今朝の飛行機で再び北京へ

「北京に帰るっていう感覚」と申しておりました。

もう、中国人になっちゃってる。

ご活躍を期待しています。

ブログ掲載画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserved

2012年4月11日 (水)

10000アクセス

ヤッター!

10000アクセス突破!

素直に嬉しいです!

これからもよろしくお願い致します!

今回はこれだけ。

2012年4月 9日 (月)

リー・コニッツ

たまにはJAZZの話を書きましょう。
ジャズファン以外の方は読まないほうが幸せかも。

最近、リー・コニッツ(故油井正一さん風に呼ぶとリー・コーニッツライブを
立て続けに三枚購入しました。

*alone together/live at Bakerly in Los Angeles1997/BlueNote
lee konitz,brad mehldau,charlie haden

*another shade of blue/live at Bakerly in Los Angeles1997/BlueNote
lee konitz,brad mehldau,charlie haden

*Live at Birdland/2009/ECM
lee konitz,brad mehldau,charlie haden,paul motian

いずれも、ライブ録音でチャーリー・ヘイデン、ブラッド・メルドゥとやっている奴です。
2009年のECM盤だけドラムにポール・モチアンが入っています。

やっている曲はいづれもスタンダード曲ばかり

Alone together
Cherokee
What is this thing called love
Round midnight 他
(alone together)

Everything happen to me
What's new
Body and soul 他
(another shade of blue)

Lover man,
Lullaby of birdland
Fall in love too easy
Oleo 他
(Live at Birdland)

などなど、名曲のオンパレードです。
曲名だけ見るとキース・ジャレットのスタンダーズみたい。

演奏の方はといいますと、このメンツを見ただけでも、普通に故いソノてルヲさん
の言うような、スウィングしてブルージーなハードバップ演奏をするはずも無く、
しば~らく聴いていると何の曲かわかるというジャズメン当てならぬ曲名当ての
ブラインド・ホールド・テスト(超懐かしい)に最適なアルバムです。

平たく言うと「解りにくいこむずかしい演奏」なんですね。
寺島某さん辺りはこういうの嫌いなんだろな。

ヒネクレモノの聴く音楽ですよ。こういうのは。

でも、チャーリー・ヘイデンの例のド~ン、ド~ンというベースにのって

とつとつと語りかけてくるリー・コニッツが良い!

同様に瞬間的に美しいメロディーを弾きながらもすぐにヨレテしまうメルドゥが良い!

全体のサウンドは、春霞のようにモヤ~っとしていながら、
個々のディテールは実にしっかりしていて、密度の高いサウンド。
ぼんやり聴いてもじっくり聴いてもどっちも行けます。
こういう演奏を生で観たいな。

リー・コニッツは気に入ったサイドメンがいないとソロアルバムしか出さないほどの
ヒネクレ者ですからこのメンツで1997年から2009年まで12年もの時を離れながらも
一緒にやるというのは、よほどご本人が気に入っているサウンドなんだと思います。

実際、自称リー・コニッツファン(いつから?)の私が持ってる15枚位の中でも
出色の出来栄えだと思います。

いずれにせよ、普通にスイングしている演奏をお聞きになりたい方には
お薦めしません。
三人のメンツのファンの方々は必聴!と書いておきましょう。
でも三枚一度に買うのは無駄です。
BN盤の二枚の方がECMより聴きやすいですね。
でも、どれか一枚って言われたらECM盤をお薦めしますけど。
ヒネクレ者ですから。

You-tubeにも確かありましたので探してみてください。
オーディオファン的には普通にイイ音の録音です。
ECM盤は少しクリア度が増すかも。

何だか初めてジャズのことをまじめに書いた気がする。

話は全く変わりますが当ブログアクセス数がまもなく10000アクセスを超えようと
しております。
これも皆、役に立たない戯言を見に来てくださっている
皆様のおかげと御礼申し上げます。

これからも、より一層努力して役に立たない話を書き続けますので
どうぞよろしくお願い申し上げます。


にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村

2012年4月 7日 (土)

なでしこジャパン! またまたやってくれました!

おとといのなでしこ対ブラジル見ました?

主力選手を欠いているとはいえ、強豪ブラジルに4対1で勝ち、

キリンチャレンジカップも手にしました。

このところのなでしこの試合は、見るたびに上手くなっているように見えます。

特に攻撃のパターンが増えている。

今回もうまく相手を崩して2点入れました。

新しい選手もどんどん成長してきているようだし

沢が居なくてもこれだけできるのは頼もしいです。

ロンドンが楽しみになってきました。

敵はこちらを研究し尽くしてくるでしょうから

そう簡単には金メダルは取れないと思うけれど。

それでも期待は膨らみます。

女子に負けず、男子も頑張れ!

それにしてもブラジル選手の足技は、男子に劣らずすごかった!

どういう練習をしたらああいう事が出来るようになるんだろう?

2012年4月 3日 (火)

珊瑚礁

2月3月。

とスキーばかりして遊んでいたらばちが当たり
風邪をひいて寝込んでしまいました。

布団の中でうずくまること3日間、熱が出るわけでもなく
大したことなく復活出来たのですが、妙に長く感じました。

体調が戻り犬の散歩で早朝外に出たとき
空気は春の香りがしました。

そんな時、いつもの水泳仲間達と海辺のレストランで
ランチしよう!ということになりウキウキ出かけていきました。

場所は湘南、七里ガ浜にある珊瑚礁という有名なカレーレストランです。

この日はお天気も良く、幸いお店も待たされず、
通されたテラス席で春の陽ざしを浴びながら食事。

江ノ島と湘南の海を見ながらのランチなんて素敵じゃあないですか。
柄には合わないけど。

01_2

外で食べるご飯て何故か美味しいんですよね。

とりあえずは、ここの名物アンチョビ・ポテトを頼んで
みんなで仲良くにんにく臭くなり会話も弾みました。

Poteto_2                  にんにくの効いたスパイスがかかっているアンチョビ・ポテト ビールに最高!

カレーはたくさん種類があり、ルーもそれぞれ違うものがかかっています。
野菜盛りだくさんカレー、チキン唐揚げカレー、シーフードカレー、
ラム肉のカレー、地鶏のカレーなどみんな思い思いに好きなのを
頼んで出てくるのを待ちます。

Jidori_2                         地鶏のカレー 独特のスパイスが効いていて美味しかったです

海風に吹かれながら今回初参加の若手H君の素晴らしい泳ぎを
i-Phoneで見ながらみんなで感心したり、
長老の海の遠泳競争の話を聞いたり話題は尽きることなく
そのうちカレーも出てきて、美味しくいただきました。

Yoto

食後は近くの浜辺に出て子供みたいに海遊び。
沖に見える釣り船を見ていたら、頭の中もスキーモードから
釣りモードに切り替てきたし。

風邪をひいていたの何かすっかり忘れてリフレッシュできました。

やっぱり海はいいなあ。

ブログ掲載画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserved

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31