無料ブログはココログ
フォト

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月23日 (木)

キメジ・本ガツオ@浅八丸

またまた浅八丸!

今度はキメジ・本ガツオをルアーで狙いました。

20120822

キメジというのは、キハダマグロの子供(メジ)のことです。
子供といっても、お魚の王者マグロの子供ですから3kg~7kgくらいあります。

何kgを超えるとメジではなく、大人のマグロとして一人前に扱われるのかは知りません
が、この上のクラスだと、間が飛んでいきなり15kgくらいに成りその上は
20kgオーバー!
このくらいになるといっちょ前の大人扱いですが、さらにでかいのは35kgオーバーなんていうのが釣れたりします。もちろんこれは他人の話。私は釣ったことが有りません。

・・・で、今回は6月のマグロのリベンジをかねて、キメジ・本ガツオ船に乗ったわけです。

朝5時前、平塚の浅八丸到着!

キメジ・本ガツオ船は本来エサ釣りの船で、これにルアーの人がお邪魔させていただく、
というパターンの船なのですが、本日はエサの方が3人に対しルアーの人が5人。
前々日のインターネットの釣果情報に好釣!とあった為か今がチャンスとルアーの人が来たという雰囲気が漂っていました。

ところが、朝一受付前、店先で雑談していた従業員某氏があろうことか

「ルアーじゃメジはぜったい釣れねえ」

と、豪語しているじゃあないですか?!なにやらご本人昨日釣りに行ったところ、メジの
食べているのは「シラス」だったので、あんな小さいもの食べている魚が、でかいルアーを喰うわけがない。という事らしいのですが、

ルアーで釣る気満々で来たこちらとしては、

「え?絶対釣れないの?じゃあ今日は帰ろか?」

と思っちゃったわけで、社長が出てきて「やってみなきゃあ分かんないよ!」
一言フォローしたおかげで、「じゃあ船乗るか」とお金払って乗ることになりましたが、
出だしから「じゃあ」が着いてしまい、なんとなく後味の悪いスタートとなりました。

とはいえこの日、お天気は快晴!海は凪!まだ雪の残っている富士山まで見えていい
感じ。意外と釣れるかも・・・

20120822_2

午前6時平塚港を出航!

0220120822

真っ青な空の下船は沖へ・・・15分も走ると早い時は鳥山が立っていたりするんですが、
そういった血が踊るようなものは全く無く、静かな海を船はさらに沖へと南下して行ったの
でした。

30分立っても何事も起こらないのに気付いた時、「今日はあまり良くないかも」

といやな予感。

小さな鳥山を見つけて、魚群探知機で群れを見つけ、ルアー投入!となったものの
一回の投入で、お魚さんたちはさっさと移動してしまい、再び新たなる群れ探しの
旅立ち。

マグロやカツオなどの青物は回遊しているので、根魚のように「そこに行けば釣れる」
いう類のものではないので、毎回居そうな場所を走って探すんです。
他の船からの情報交換もしたりしてなんとか、エサの小魚の群れに夢中になって
喰らいついているマグロの群れを探し出し、エサを投入したりルアーを投げたりということになるんですが・・・

どうも、きょうは魚の動きが速く群れを捕らえられない。
食い気の盛んな時はコマセのオキアミに魚が付いて、船の周りをぐるぐる回遊するなんて
いうファンタスティックな事が起きたりするんですが、今日のはわき目も振らず素通りしち
ゃうんですね。

刻々と時間は過ぎ早くも2時間たとうという時、前方に船団発見!

東京ドームくらい(行ったこと無いけど)の広さの場所に、船が続々集まっているじゃあない
ですか?

0220120822_2

遠めに見ていると、ポツリポツリと釣れているのが分かります。
たぶん無線で情報を聞いた船長がそこに向かったと思われるのですが、

船団といっても、船は同じ方向を向いて一箇所にいい子でジッとしている訳ではなく、
船の下を群れが通過してあたりの無くなった船は、その狭い範囲の中を他の船を縫うよう
にして群れを探し次なる船のポジション確保する、

場所取りに命をかける荒々しい男の海!


という迫力満点の世界!正面から船が向かってきたり、前に居る船の排気ガスをもろに
かぶったりといった具合!よく事故が起こらないもんだと感心しつつ、船の数を数えたら
25隻も!船名を見たら西から小田原の平安丸、平塚の庄三郎丸庄治郎丸ちがさき丸、江ノ島のしまきち丸、葉山のまさみ丸、愛正丸、秀吉丸、どこの船だか知らないけ
与宗丸などなど、ルアー、エサ入り混じってのバトルロイヤル!

01201208722


この中に混じって群れを探して釣り始めるも、ルアー一投で群れは移動最大で三投
かできない状態。
投入して巻き上げ始めたらその一発で魚を掛けないと釣れない!という
居合い抜きみたいな真剣勝負でした。

何度かトライする中、トモで釣っていたエサ師の方にヒット!一瞬船内盛り上がりました
があえなくバラシ。

小一時間くらいやったかなぁ。釣果が上がらないので船長、この船団を諦め自力で群れを
追うことを決断!船団を離れていったのでした。

その後は、群れを追い求め東二へ西へひたすらクルージング。
波しぶきにびしょびしょになりながらも、空も海も青く美しい。

0220120822_3

釣りする方は、船長の掛け声があるまで居眠りでもこいてればいいんだろうけれど、
集中しながら群れを探しながら操船というのはきついんだろうな。暑いし!

11時ころ小さなナブラ(群れ)を発見!
早速釣りを開始したところに、私の隣で釣っていたエサ師にヒット!

わたくし、思わず「こっちにもこ~い!」雄叫びを上げてしまいました。

ヒットしたメジはなかなか上がってこず、いい引き!
やっと姿を見せたら6~70cmくらいあったかな。
ハリスを持って後はタモですくうだけ、という時にバチ!っと大きな音を立ててハリスが切れちゃいました。思わずエサ師も「チクショー!」と雄叫び!

その後は東は江ノ島沖から西は小田原沖までクルージング!

相模湾ほぼ半周の旅

20120822_3

走れど走れど鳥山は無く、反応も時々写るも動きが速く、気が付けば時計は12時を回り
日もかんかん照り!

午後1時を回って再度船団を探して入ってみるも不発に終わり、納竿となりました。

最後のチャンスまで釣る気充分で集中していたので、

ガッカリ!

沖から港に戻る船の上はむなしい雰囲気が漂い、私は波しぶきでびしょ濡れになった
シャツを脱いで甲板で乾かし、とにかく今日は魚が口を使わない辛い一日でした。

エサでも釣れないんだモノ。ルアーじゃ絶対釣れないって朝一言われちゃったし・・・

大自然相手だとこんな日もあると、しみじみ思いながら船を上がって道具を片付け
サッサと帰宅しました。

なんだかこの夏は、さっさと帰宅することが多いような?
いや、よく考えてみれば8月は一度しか釣りに行っていない。

この程度でヘコタレテどうする!


と自分を奮い立たせるもなんとなく疲れた釣行でありました。


ご参考
この日使ったルアー

ブルー・ジャック 50g、80g 色は色々
スキルジグ     55g    色は色々
背黒        80g    プルーピンク

   

そういえばブルージャックをプロデュースした椙尾さん、この日庄三郎丸で20キロオーバーのキハダを上げてましたっけ、ただしエサで。ホントかな庄三郎丸のHPに出ていたんだけど。

   

ブログ掲載画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserved 

   

2012年8月15日 (水)

ソプラノサックスを買った話 完結編

5月にヤフオクで買ったソプラノサックス。

モノは新しいものの一部音が出にくかったり音程がいまいちだったりで要調整!
というお話でした。

ということで6月に調整に出しました。

Imgp5176                  ヤフオクで買ったヤマハYSS-475

6月某日、バンド練習後御茶ノ水駅から3分にある下倉楽器リペアルームに持ち込み
調整を依頼、以前既に見積もりをいただいていたので期間を確認して手渡すだけでした。

そして、待つこと約20日間!
調整できましたとの電話があり、横浜の我が家から楽器を取りに行くだけのために
御茶ノ水まで出るのは時間と交通費が惜しいので、次回のバンド練習の日に取りに
行きました。

受け取った楽器をその場で触ってみると、明らかにキーがなめらかに動くのがわかり
満足。
直後の練習でおかしい所があったら持ち込んでくださいとのことで受け取りました。

Imgp5174                  サックスのこのメカメカしたところが好き♥

ウキウキしながらバンド練習に直行!
スタジオに入り音をだしてみると、

お~!スムーズじゃあないですか!

調整前は出にくかった低音部もすんなり出るし、F#キーがガタガタしていたのも直っている。

Imgp5173                   ガタのなくなったローF#キー

7500円の調整費で楽器は新品同様に変身!
購入費約120000円にプラスして約130000円のソプラノ。
状態も良く、その後、スタンドとリガチャーが付属していることも確認。

結果的には買い得だったかも!

下倉楽器さん!お世話になりました。


ここまで来てやっと買ってよかった~!と喜びが湧き出し、バンド練習ではフリーキーな
ソロで爆発しちゃいました。

長かったソプラノサックス購入の道のりもここにきてやっと完結。

ここからは練習あるのみ、気合を入れて頑張ります。




    ブログ掲載画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserved



にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村

2012年8月12日 (日)

シュノーケリング・パラダイス@西伊豆 岩地温泉

シュノーケリングでお手軽にお魚さんたちと泳いじゃおうということで

西伊豆の岩地温泉に行ってきました。

Ca3g0006

この岩地温泉、西伊豆といってもかなり南下した松崎町の南部にあり、岩地温泉、石部、雲見海岸と三つの湾の一番北に位置しています。
つまり、東京方面から修善寺経由で車で行くなら一番近いのが岩地温泉ということになります。

ここは観光ガイドなどで見ると「東洋のコート・ダ・ジュール」などと、ちょっとこっぱずか
しいコピーが書かれていますが、実際には小さな田舎の海岸で、のどかでこぎれいな
いいところです。

ここを訪れたのはもう20年以上前から、その前は有名ダイビングスポット、雲見に通って
いたんですが、雲見はわたくしには広すぎるのと、宿から海までが10分ほど歩くのが
イヤ、という怠け者根性から、宿から海まで1分というここ岩地に転向したのでした。

今回は、およそ6年ぶりと久しぶりの旅行、二泊三日でお盆前に行きました。

早朝5時過ぎ横浜を出発!
東名沼津ICから修善寺→土肥、と途中休憩をいれ、高速は時速90キロくらいで普通に
走って→9時前に到着。

到着後、早速浜に出てみるとなんか昔と印象が違う。
白い砂浜が広がっていたのが狭く感じたんですね。
それに、浜に下りてみると小砂利が多い。6年で変化してしまったのだろうか?
それ以前のおよそ15年間はたいした変化も無かったのに?????
後で、民宿のご主人に伺ったら、6月の台風の影響だそうです。
ご主人も「こんなの初めて!」とおっしゃっていました。

Ca3g0003                  砂利が増えたものの透明度は抜群

とりあえず、狭くなっちゃった砂浜にタープをはって基地の確保。
準備ができたら娘たちは早速海岸右手にある磯場にお魚ウォッチング!

01              このくらいのスペースが広さの限界 小さな浜です

私は出発直前のオリンピック、男子サッカー対メキシコ戦の深夜観戦とその
敗戦のショックからの疲れを取るためおビールを朝っぱらからいただいて、
浜辺でごろ寝。
海風と穏やかな潮騒に昼過ぎまでうとうとしました。

01_2                浜辺右端のテトラポット手前の磯場がスポットです。

昼食後、アルコールも疲れも抜けたので準備体操して、シュノーケルを装着
フィンを着けようとしたら、あら?片方しかないじゃないいですか?
そういえば、前回6年前に来た時片方が壊れて捨てたような・・・

しかたないので、そのまま片足フィンで勝負!
片手に防水カメラを握り締めおよそ70~80mほど離れた磯場に向かって泳ぎました。

磯場に着いたら、すでにたくさんの人が海の中を覗いています。
浮き輪から箱めがねで覗く人、本格的にダイビング用スーツを着てシュノーケリングを
している人などなど。

お魚さんの方はといいますと、期待に応えてたくさんのコバルトスズメの群れが
出迎えてくれました。

01_3

群れの中に入ってしまうと、5~6cmくらいまで近づいてくるものもおり、お魚さんの
表情までくっきり見えます。
日ごろ、釣りばかりして、悶絶状態の魚の表情しか見ていない私にとっては、
その穏やかなお魚さんたちのニコニコ顔を見て反省しきり。

最もよく見られるのは、コバルトブルーのコバルトスズメという3~5cm程の魚の群れ。
これにベラや黄色に黒の縞々のカゴカキダイなどが多く見られます。

03              なんかくれ!と接近してきたカゴカキダイ

その他には、ボラ、ネンブツダイ、スズメダイ、チョウチョウオ、イサキの子供(たぶん)、
フグ、イカの子供、などがみられ、楽しませてくれます。

01_4            イサキっぽい魚(自信なし) 何だっていいんです。きれいだから!


およそ25年前、生まれてはじめてイカの群れを見たときには、始めそれがなんだか
分からず、目玉だけがこっちを見ているデカイおたまじゃくしみたいに見えて、
ビックリしました。
イカが泳いでいるところなんて見たこと無かったので想像もつかなかったんです。

02_3

 

01_7                 エサをあげると手元まで引ったくりに来ます。

岩場とテトラポットの周りをゆらゆら泳いでいると、スズメダイの群れに遭遇!
木の葉のような魚に囲まれて感動しました。

02                 スズメダイの群れが突然目の前に現れました。

03_2                     魚の表情まで見えます。

Photo_5               これはまた別のスズメダイの仲間と思われます。

さらには、同じスズメダイの仲間と思われる別種の群れにも遭遇。

テトラポットの隙間を見たら、夜行性のネンブツダイの群れがお昼寝中。

02_4              ネンブツダイはお昼寝中。じ~っと動かずにいました。

な~んてやっていたらあっという間に1時間近くたっており、身体は少々疲れてきたので
浜に戻り一休み。

Photo_3                   ちょっとしたリゾート気分

2時過ぎにももう一度出て行きビデオを撮りましたのでこちらをご覧ください。

浜では娘二号が砂で要塞を製作開始!

美大に通うクリエイティブ魂を一途に注ぎ込んでおりました。

03_3

02_5          娘2号が作った砂の要塞 この後汐が満ちてはかなくも消え去りました


水に浸かりっ放しで身体が冷えたら、浜辺にある「船の温泉」で身体を温められます。

日帰りのお客さんは、ここで砂を落とし着替えて帰る事ができます。とっても便利!

このようなこともあって、ここの客層はファミリー中心なので、ムチャする若者も少なく
静かで安心できます。

Photo             この船の温泉のおかげで曇った日でも身体はぽかぽか


夜は民宿で温泉に浸かり、冷たいビールに美味しい魚介類に舌鼓を打ち、
まさにパラダイス!

Photo_2              四人前のお料理、もちろん食べ切れませんでした。

こんな生活を三日間続けて、目をつぶればそこは天然の水族館!
魚釣りがちょっとかわいそうな気になりつつも、帰宅後見た釣り情報での
マグロ、カツオ大漁!の文字と写真に、早くも心はマグロへと写っていくのでした。


ちなみに、お世話になったのは20年来のお付き合いの民宿「おとまる」さん。

Photo_4

気になった方は電話で直接問い合わせてみてください。

民宿 おとまる  電話 055-845-0871

  


      ブログ掲載画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserved



« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31