無料ブログはココログ
フォト

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

2012年11月27日 (火)

紅葉狩り@武蔵丘陵森林公園

11月末の三連休、最終日は晴天だったので、紅葉狩りに行きました。

場所は、国営武蔵丘陵森林公園

一般には森林公園で埼玉方面の人には通じるなじみ深い場所です。

ここは、たしか40年位前に里山の丘陵地帯を国有化し公園化したもので、公園の規模は
東山市から熊谷方面にかけて、広大な敷地を持ち日本でも有数のものではないでしょうか?とにかく広いんです。

ここには、30数年前の学生時代、金の無い友達10人くらいで、東武東上線森林公園駅から歩いて来て、
広場でゴムボールで野球をやって、ヘロヘロになった記憶があるくらい。

それくらい久しぶりに行くことにしました。

Photo_7

今回は両親を連れてのお出かけ。
渋滞を避けて、埼玉の実家を朝7時前に出発。そしたら道がガラガラで1時間でついちゃった。


朝8時、誰もいない、入り口に鎖のかけられた駐車場の前で一瞬途方にくれました。
だって、開園は9時半(遅いぞ!)だからたっぷり1時間は有ります。


そこで、来る途中見た、日本の美しく正しい里山の田園風景を写真に撮りに行こうとUターン! 

するとそこには駐車代1日200円の看板が!
そうです、近所の土地持ちの家が、公園の高い駐車料金(1日600円)を逆手に取り、駐車場をやっているんです。
後でここに止めよっと、ということにして田園風景を探し来た道を戻ると・・・

有るじゃないですか!朝日を浴びて穏やかに広がる田園風景が!
農道に車を止めさせていただき、写真をパチリ!

Photo


足元を見ると、今朝の寒さで霜が降りて、雑草に美しい結晶が出来てました。

02

Photo_2


「こんなところにのんびり暮らしたいなあ」と親父がつぶやいていました。


その後、たまたま見つけたボタン園の秋桜など撮影していたらすぐにいい時間になり、
件の駐車場に直行!


200円払ったらおばちゃんが「飴持ってって」と飴を差し出し「後で300円になっているかも知れんけど気にせんでね」と一言。「え?」と思ったら混雑に応じて値段を300円に代えられるよう、3と書いた大きな板が何枚か用意して有るじゃないですか?!
やるな~!マルクス経済論の縮図のような需要と供給と価格のバランス。

てなことに関心しながら、公園に行くと5分前で100人程度の列が出来ており、高そうなカメラに三脚を持った年配カメラマンの団体などもおりました。
こいつは、こっちもきれいな写真取れるかも!と期待して開園した園内に。

それにしても、休日くらい8時半くらいに開けろよ!
光線のいい時間に写真が撮れないじゃん!

園内に入ると、意味不明なアート展なるものなどがあり、スルーして紅葉の見える方向に一直線!・・・にブラブラと。


やがて紅葉をまとめて植えてあるエリアに到着!
美しい紅葉が待っていてくれました。

無心になり写真をパチリパチリと撮りまくり!

01

隣ではカメラマン集団に先生らしい方が、「逆行の時は空を入れないで」「背景は暗いところを選んで」などと撮影のアドバイスをしています。

Photo_5                      カメラマンの講習会

01_2

Photo_4

02_2



紅葉の下で、お茶を飲みながら休憩しながら一通り見た後、

日差しの暖かいところでちょっと早めのお昼を食べて

Photo_6                   黄葉に囲まれておにぎりをパクリ

昼時の空いてる道を1時間で走って帰ってきました。

紅葉狩りなんて、横浜周辺だと宮ヶ瀬の方まで行かないと見られないし、川があると紅葉より釣りになっちゃうし・・・で最近行っていなかった紅葉狩り、久々に堪能しました。



基本情報

国営武蔵丘陵森林公園

入場料は子供・大人・シルバーなど細かく分かれています。
確か子供80円・シルバー(65歳以上)は200円、大人は400円
駐車場 600円/1日

詳しくは国営武蔵丘陵森林公園HPへ

     ブログ掲載画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserved



2012年11月26日 (月)

またまたタナゴ釣り@埼玉 某所

11月はじめにカツオを釣りに行って以来、釣りにいっていないので体調を崩しそう・・・

ということで、埼玉の実家に帰るというのを言い訳に、

タナゴを釣りに行きました。

同行は、今回もタナゴのスペシャリスト化しつつある従兄弟のMさん。

朝6時半、すっかり遅くなった日の出にあわせて現場到着。


今回は、前回と違う場所。

岸辺から釣るのではなく、葦の原っぱをヤブコギして、長靴がすねまでズブズブもぐる所に
Mさん自ら作った釣り台の上からの釣りです。

ポイントは自分の足元の水深20cmくらいの、ごく浅いところです。

到着後、早速エサを練って撒きエサをしておいて釣り支度。

冷え込んだ朝、しかも曇天の、今にも雨が降り出しそうな中、7時過ぎから釣り開始!

しばらくは当たりが来るまでエサ打ちの繰り返しです。

8時頃になると、当たりが出始め、モソモソと小さなウキが動き始めました。

足元には、どこから出てきたのか1cmちょいの小魚の群れが出てきて、ウキをエサだと思いつついたりするようになってきました。魚の活性が上がり始めたようだね、と話しているところに
ウキがスーと消しこみあわせると待望の一尾目!2cmちょいの小物です。

01

それからは、アタリは出てきたものの、あわせてもなかなか乗りません
よほど魚が小さい様子。



それでも、ポツリ、ポツリと釣れはじめたのは9時過ぎくらいから。

アタリはあるので飽きることは無いのですが、何せ釣れて来るタナゴが小さい。
大きいのはどこに行っちゃったんだろう?

      01_2                       これがアベレージサイズ

気がつけば、ウキの周りは無数の稚魚が泳いでいます。

02               無数の小魚 この秋生まれた稚魚でしょうか?




同じことを続けていても大きいのは釣れないと、
少しポイントを沖目の(といっても50cmくらい)のところに有る、葦の脇にかえると
数投目でスッと大きなアタリ!

すかさず
あわせると、デカイ!

どうやら鮒
のよう、値段の高い仕掛け(2000円位する)を持っていかれないように、
慎重にやり取りし、釣り場中を引っかき回して上がってきたのは、
30cm近い良型のヘラブナ!

この前のビン沼の時、あんなに苦労して釣れなかったのに、こんなところで
あっさり釣れちまいやがった!

タモが無いので、手で掴もうとした所で針が外れて逃げられちゃいました。

Mさんいわく
「この前来た時は3匹釣った」そうで、葦際の水深50cmくらいの所にいるんですね、
へらが・・・

01_3                     大物ポイントの葦際 水深50cm


さて、いい引き味を味わった私は、懲りずもせずに同じポイントにエサを投入!
今度は、チョン!チョン!と短いアタリが数回あった後、スッと消しこんだので合わせると
またまた大物!


今度は尾びれが茶色っぽかったのが見えコイだと分かりました。
またまたポイントを引っかき回して何とか取り込み、今度こそは写真に収めようと手を伸ばし身体を掴んだ瞬間、ひねりを入れられて針が外れ、これまたバイバイ。
何とか写真に収めたいので、再度狙おうとすると、Mさんから、

「高い仕掛け持ってかれちゃうからダメ」とNGを出されてしまい、しかたなく、本命のタナゴ釣りに戻ります。



タナゴは、相変わらずガンガン アタルにもかかわらず、なかなか針にはかからず、たまに上がってくるのは小物ばかり。オスメスの見分けもつきません。

02_2                 こんなんばっかり  でも釣れると楽しい


さらに本日最小のオチビちゃんをキャッチ!嬉しいような、虚しいような、でも釣れると嬉しいから釣りバカだっていうんです。

Photo              ウキの周りをうろついている小魚ちゃんかと思われます





そんなこんなでお昼までやって、お互い20尾弱釣って納竿!

01_5                    帰り際に釣れた本日最大魚

01_4

結構楽しめた釣りでした。急に冷え込んできたこの季節、

果たして何月まで釣れるのか?

Mさんからの情報をあてに、年内もう一度くらいは来てみたいなあ、という楽しい釣行でありました。



そういえばビン沼ではタナゴの放流もしているそうで、ヘラ師のいない小さな流れ込みなどを狙って釣る人も結構いるそうです。
タナゴ釣りファンの皆さん!トライしてみてください。

私も今度行ってみようかな。




     ブログ掲載画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserved


にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

                          

2012年11月 7日 (水)

カツオ ジギング@庄三郎丸

カツオのジギングが好調!

というので、我慢しきれずに庄三郎丸初、カツオ釣り行ってきました。


朝5時半、
まだ夜が明けぬ庄三郎丸到着!


Photo_9


この日は月曜日というのにもかかわらず、メジマグロ・カツオ船は2隻出すとのこと。

いつもの、22号船に席を取りました。ルアーの方も多く私を入れて6人。


曇天の空の下薄暗い中準備をして、

午前6時半、出船

Photo_10


沖合いまで一時間ほど走るというので、キャビンでウトウトしていました。

Photo_11

一時間ちょっと走った8時前、船長から「この辺から反応を見てやっていくからね」

とのアナウンスに皆さん釣り座に着きます。

ところが、そこから走れど走れど反応無し!

やっと小さな反応が出て、「ちょっとやってみて」と言われるまで約2時間
時計は10時を回っていました。


早速、
糸につけたブルージャック50g 背ピンクを投入!
ハイピッチでしゃくります。

Photo_12


始めて間も無く左隣のエサ師の方にヒット!

20分位して、ルアーの方にも二人ヒット!



俄然やる気が出て、ハイピッチでショートジャークを続けるのですが、私には全く反応無し。

一時間ほど流して場所変えやりますが、そこでもかすりもしない



移動するたびに、船中の誰かがヒット、と言う感じでポツポツ釣れています。

再びしばらく走って反応が見つかったのが12時近く。

早く釣らねば、と気が焦り始めているところに、右隣のルアーの方左隣のエサ師の方にヒット!



左隣のエサ師の方は、移動すれば一匹キャッチ、といういいペースで釣り上げていきます。

魚はいるじゃあないですか?!

 

Photo_13

                         この下に魚はいる!




しゃくり続ける私の手首は、この頃には痛くなり始め、朝、寒かったのがウソのように、身体は火照り汗がだらだら

アクションを少しスローにしたりハイスピードのタダ巻きにしたり、色々やってみるも
当たりは無し!



朝の段階では、「とりあえずカツオ二本くらい釣ったら、エビングでマグロを狙っちゃおう」と甘いこと目論んでたのに。

とりあえずどころか、このままではボーズだ~っ!っと思い始めたのは12時半を
過ぎてから。



船は15分くらい走っては、反応を見つけ30分くらい釣るというのを繰り返します。

そして、13時を回ったところでいい群れの反応を発見!

魚が、船の周りをぐるぐると回遊し始めました。船内ではあちこちでヒット続出!


私もルアーを代えて、必死にしゃくり続けると一度コツンと当たったのが分かりました。

ところが、次がなかなか来ません。

左隣のエサ師の方は、入れ食い状態で数匹目をヒットさせ取り込みにかかったので、

オマツリを避けようとルアーを回収しようとしたその瞬間!


ガツンと当たりがありついにヒット!

お隣さんとダブルヒットで、何とか手にしたのは小ぶりの本ガツオ。
時計は13時半を回っています。

01_2

釣ったと言うより、釣れちゃったという感じでいまいち納得できず、即、次を狙いました。

Photo_14               ヒットルアー ブルー・ジャック50g ピンク



タダ巻きがいいのか?多少アクションをつけたほうが良いのか?他のルアーの方は
ハイピッチ
の方が多かったので、それも混ぜたりして、手が痛いのも我慢して必死で
しゃくるのですがタイムアウト!

かろうじてボウズ逃れ、という嬉しいような淋しいような・・・
いや、正直、釣った気がしなくて不満でした。あれだけ色々やって何故釣れない?

納得いかないままに納竿し、港まで約一時間半船に揺られて戻ってきました。

Photo_15

船宿でブルージャックの製作者、椙尾和義さんがこの日釣りに来ていたので
釣果をたずねると7本とか?う~む!まだまだ勉強が足りない、というか
入り口に立たせていただいた、という気分。精進します。


後で調べたら(先に調べろ!)タックルにも問題があったようです。


使用タックル


ロッド GOKUEVOLUTION JIGGING POWOER

リール シマノ バイオマスター6000HG(これがデカ過ぎ)4000番台くらいが良い

ライン PE3号  (これも太すぎ) 2号がベスト

リーダー ナイロン20Lb(これは細すぎ) 30Lbがベスト

ルアー  ブルー・ジャック50g 背ピンク、ピンク




釣れたカツオは、娘がおろし、美味しいお刺身になりました。
脂が乗っていて最高でしたよもう一回くらい行ってみようかな?





庄三郎丸 基本データ


平塚千石海岸

キメジ・カツオ船  ルアー釣り 9500円(ネット割引使用)

電話 0463211012

その他 詳しくは庄三郎丸HPへ




   ブログ掲載画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserved


にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村


 

2012年11月 2日 (金)

やっぱり手ごわい管釣りNO1@朝霞ガーデン

朝霞ガーデンでトラウトです。

もちろんルアーで、

今回は、実家に用事のついでに、空いた時間ちょっとだけ様子見程度の釣行です。



夕方4時前、「5時半には終わりだよ」と管理人さんにいわれるも、釣りバカは
3時間券を購入!(1時間券作って欲しい)

夕まづめの、朝霞ガーデン1号池に行きました。水車の流れの端の方です。

魚は、あちこちでライズしており、活性は高そう

でも、釣れないのが朝霞ガーデンなんです。



とりあえず。前回リバスポでよかったマーシャルトーナメント1.2gグリーン表層引き

当たりがないので、カウント3まで順番に沈めてみましたが、当たり無し。



次ぎに、
BUXの1.5g
中、底層を探りますがこれもダメ!


さらに、

ゲーター(懐かしい)の1.5gグリーンで、表層少し下を引いたら初めての当たり!

やはり魚はこの辺にいるようです。

リトリーブもスローより早めのリトリーブの方が反応が良いようです。


同じ層を引くと、1キャストに一度は当たるんですが、当たりが小さく乗りません。

すでに暗くて、糸当たりは取れないので、小さな当たりは取れないのを覚悟の上。

何とかガッツリ加えてくれないものかとカラーチェンジしますが、どれもイマイチ。

蓄光カラーが少し反応よかったのですが、乗るまでには至らず。


ここで、水車の波のない2号池なら多少はラインのたるみ位は見えるか?と移動。

時間は4時半を回り、日は落ち辺りはとっぷりと暮れ始めています。


そんな中2号池、道路側からミューの1.5g、蓄光カラーをキャスト。

このルアー竿を立ててはや引きすると勝手にヒラを打つのでリアクションバイトには
良いかと、変えてみました。


ところが思うように辺りが出ず、もう一度表層から底まで一通り流してみると、当たるのはやはり表層。


その時
池の対岸のインレットから水が出ているのが見えたので、対岸に行き
上流側からキャスト魚の後ろから前に向かってルアーを引くようにしてみました。

カウント1で表層やや下を引くと小さな当たり。でも乗りません。

ここまできたら、もう真っ暗になってしまい糸どころかルアーがどこに落ちたのかも見えないくらい!

早く一匹釣らなきゃ!
とキャスト後、軽く竿をあおってルアーを浮かしてから
引いてくるとヒット!しかし即バレ!

でも「これよさそう」と繰り返すと一度バイトが有り、離した後に追い食いしてきて

ヒット!

待望の一匹目です。もう周りは真っ暗。時間が無い!

同じく繰り返すと連続ヒット!

なんとなくパターンが見えてきました。

3キャスト目は当たりなく、4キャスト目でバイト!・・・が乗らず。

ここで、「終わりの時間で~す」とスタッフが回ってきたのでシブシブ納竿です。

約1時間半やってたったの2匹!

さすが!日本一釣れない管理釣り場「朝霞ガーデン」!

って思いつつも、ヒット・パターンが見えかけていたので後30分やりたかった。

後ろ髪を引かれるように帰路につきました。今度は昼間来よう。



真っ暗だったので今回は写真は無しです。(笑)




にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31