無料ブログはココログ
フォト

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月29日 (土)

コミック天国とらのあな@秋葉原

忘年会で都内に出たついでに、故障した水槽のポンプを修理に出しに秋葉原に行きました。

この前秋葉原に来たのは、このポンプを買った時なので10年ぶりくらいかな。
飲み会まで少し時間が有ったので、ブラブラと街を歩いてみたら、あまりの変りようにビックリ!

実は昔、この街の大手量販店だったS無線で3年ほどオーディオを売っていていたので、自分にとって秋葉原は思い出深い街なのです。

私がオーディオを売っていた駅前のガラス張りエスカレーターのお店はヤマダ電気に変っていました。

Photo

中央通りを歩いてみると、目立つのはコミック、フィギュアなどの看板ばかり。

02

電気の街秋葉原はもはや遠い過去の事になってしまっていました。

そんな感傷に浸りながらぶらついていると、ヤマギワ電器のあった角の先に

妙に人の出入りの激しいビルを発見!

02_2

何の店だろう?と興味を持ち覗いてみるとコミックのお店でした。

飲み会までにはちょっと時間が有ったので暇つぶしに潜入!

店に入ると、明るい店内には有るわ有るわ、店内ところ狭しとコミックの山!、しかも女の子を描いた物ばかり!「こんなに種類があるんだあ!」と感心していたらエレベータの横に7階までのフロアー構成が書かれていて、

6,7階は「成人向け同人誌」と書かれているのを見逃さず、ためらう事無くエレベーターに乗り込みました。

お客さん3人乗ったエレベーターは7階にまっしぐら!

ドアが開くと、目に飛び込んできたのは、かわいい顔をして大きなおっぱい丸出しの女の子の絵!さらにもっとアブナイトコロ丸出しの絵らしきものも!

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

予想通りの展開!

フロアにはその手のA4版大の薄い本らしきものがずらーリ。
見本盤と書かれた一番上の一冊を手に取ると、ビニール包装してあり、カラーの扇情的な(古いなあ~、表現が)表紙の絵が描かれており、裏返すと白黒のマンガのハイライト
シーン
的なものが貼り付けてあり、中身の確認ができるようになっているのね。

2~3冊見てみると、どれも過激な性描写ばかり!現代版の春画ですね。

お値段は一冊800円前後お客さんは5~6人。

フロアを一回りぐるりと回ってみたら、メイドさん、ロリコン、女子高生、大学生、OL、
人妻、SM
ものとAV同様各ジャンルが勢ぞろい!この中から自分のお好みの女の子を
捜して買っていくのね。

レジからは「3冊で○○円でございます~。」という声がしきりに聞こえる。
どうやら、皆さん3人くらい選んでいくのが主流のようで。

まだ時間が有ったので、6階に行こうと階段に向かうと、出口付近に当フロアの
人気ベスト10というのが別棚になって陳列されていたので、1位から順番に拝見!

なるほど人気モノだけあってキャラクターもかわいいし絵もエロイ!いや巧い!

共通なのは少しあどけない顔、デカパイ、恥ずかしそうな表情で大胆な行為といったところ。日本の性風俗もここまで来てるのかー?と門外漢のワタクシは関心しきり。

さらに6階には同人誌グッズというのもあるのに引かれ階段へ!

階段には29日から東京ビッグサイトで開催される、コミック同人誌の即売会のデカーイおっぱいのデカーイポスターが貼られていました。


6階
も7階同様びっしりと並んだエロ本。同人誌グッズのコーナーには下敷き、缶バッジのケータイストラップ、カードなど並んでおり、こんなの付けたケータイ街中じゃ使えんよ、などと想いながらフロアをこれまた一周り(暇だな~、というか物好きというかスケベというか)

こういう店に入るのに羞恥心が全く無い自分に呆れたりして。

5階4階は「商業誌」と書かれた看板があったので何だろ?
といってみたら、いわゆるお店で普通に売られているエロコミックでした。

そこから下の階は普通のコミック、といってもやたらデカパイが目立ったなあ。

01_2

みんな巨乳好きなんだろーか?おっぱい星人なんだろーか?マザコンなんだろーか?などと想いをめぐらしながら店を出て、お店の看板を見たら「とらのあな」とありました。

01

この後の飲み会で、早速この話をしたら某業界H師は「とらのあな」といえば秋葉原では、
いや日本中、世界中のコミックファンの間では有名なお店だそうで、
そんなディープな趣味持ってるの?って聞かれちゃいました。


というわけで、お土産に一冊、というのも無く手ぶらで帰ってきました。
どういう世界か詳しく見たい人は「エロ漫画」「成人向けコミック」でググッて見てください。
そこには、めくるめく新しい世界が・・・




    ブログ掲載画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserved

2012年12月27日 (木)

LT (ライト・タックル)アマダイ@庄三郎丸

初めてのアマダイ釣りで、大物を釣り上げてしまいすっかり調子こいたワタクシは、、それ用の安物竿を購入!
我慢しきれず年内最後の釣行へと出かけたのでありました。


今回は、浅八丸さんの二件となりの庄三郎丸さんへ。
軽い手持ちの道具を使うライト・タックル・アマダイ(以下ライトアマダイ)
挑戦しました。

「ライト・タックル」というけだけあって、ライトアマダイの仕掛けは細く

浅八丸さんの
道糸PE 3号以上→2号~1号

錘80号→40号

竿は手持ち


ということで、ジギング用に2号の糸を巻いたアブの4600cを持っていた私には都合がよかったので初挑戦です。

今どき、深場のアマダイを手巻きリールで勝負するなんて珍しいとおっしゃる方もおい
ででしょうが、機械に頼らない釣りをモットーとする私は(電動リールを買うお金が無いだけ)手巻きでチャレンジするのでした。体力増強にもなるし!

Photo_3

     この日のタックル ABU4600c 道糸PE2号250m 安物ライト竿(錘付加40~80号)
     ラインが光っているのは、ルアー用のリーダー 20Lb 6mをつけたまま使用のため。




今回の釣行
、実はもう一つ大きな使命が有り、それは年末帰省する実家埼玉の両親及び親戚関係にアマダイをお土産にしよう、というものでした。
海無し県埼玉に住む親族にアマダイは珍しかろうと、おせっかいで無理強いしちゃおうという訳です。

実家と親戚分で目標5匹!

5時半過ぎ!
気合を入れて早めに到着。

2012122601

前日、長後のポイントで買ってきた天秤を、嬉しくてすでに道糸に結んだ状態で荷降ろしし、取った船の席順はミヨシから2番目。ミヨシを取りたかったけど何とかなるでしょ。

朝の気温は0度を下回ったというのに、アマダイ釣りのファンは多く、この日も急遽2隻に増やし対応してくれました。この辺も庄三郎丸さんの社長、気が利いています。
船は22号船。この船の船長柔らかい人柄なので好きです。マグロやカツオもずっとこの22号船でした。今日も釣れるかな?


朝7時、日の出とともに出船!
Photo



朝日を浴び美しく輝く富士山を見ながら、船は西へ!二ノ宮沖方面を目指します。


2012122601_2

30分ほどでポイント到着
はじめは浅場からやってみるとの事で、水深は約40m

初めての竿に自分の仕掛けで、投入もワクワク、ドキドキ!


ライトアマダイ
の釣り方
は投入後、HPに書かれていたとおり、

底を取ったら1mほど巻いてゆっくり誘い待ち再び底を取って、というのを繰り返します。上針のエサが砂地の底ギリギリにあるイメージで、などとも書いてありましたので、
そんなイメージを頭に描きながら竿を動かしました。




間も無く
右のお隣さんにヒット!25cmくらいのアマダイ
が上がっていました。

こちらも集中して誘っては底取りをしての繰り返しをしてると、かすかに
プルっとアタリが!軽く合わせると、何かかかっている!

やった!早くもアマダイか?!

喜んで巻きあげると、軽い・・・  上がってきたのはアカボラ(前回名前を忘れたやつ)

めげずに続けるも、お隣さんは2匹目、3匹目と順調に数を伸ばしているのに、こちらは
アカボラの数が伸びていくばかり。冷たい北風も強くなり辛いばかり。



時計は8時半を回り
、ちょっと気持ちが焦ってきたので、気持ちを落ち着かせ、右隣さんの釣り方を注意深く見てみると、底をとってからあまり巻き上げず底近くを狙い誘いも時々する程度。タナは低め待つ時間が私より長いようです。

早速真似をして、
あまり巻き上げずにどこ取りを中心に誘うこと約10分!

来ました!待望の初ヒット!
上がってきたのは25cmくらいと小さ目ながらとりあえず1匹!これで実家の分は確保!

2012122602


気分よく次を狙っていると、今度はプルプルっと明快なアタリ!しかも重い!
デカイのが来たか?!と慎重に上げるとなんとタイじゃあないですか?

Photo_2

ハナダイだかマダイだか知りませんが、私にはマダイにしか見え無い!

ヤッター!正月のタイ、ゲット!アマダイより嬉しい!


さらに30分くらいして30cmクラスを追加!いけそうだぞ!親戚一軒目の分は確保!残り後二軒分!




これで調子に乗りガンガン行きたいところだったんですが、アタリが遠のき、沖の

100mの深場にポイント移動!

「ここはデカイのがいるからドラグの調整をちゃんとして、かかったら手でやり取りして」とのアナウンス。


デカイの釣るぞう!
手巻きリールで100mは辛いけれど、ジギングに比べればどおって事なかんべ!と気持ちも埼玉弁になりつつ気合を入れること約20分。


ブルッとアタッタ
ので大きく合わせると重い!100mから上げるのには想像以上の力が要りましたが、上がってきたのは30cmオーバーの良型!

2012122603

やったー!親戚二軒目!残り後一軒!喜び、



次の仕掛けを投入すると、錘が着底した瞬間ドスっと重いアタリ、すかさず合わせるとさっきの寄り断然重い!巻き上げるのにも一苦労!

一気に巻き上げられず途中瞬間的に手を休めながら、船長の方をチラ見して「デカイの来たよん」と目配せした次の瞬間!竿はフッと軽くなり巻き上げると「あれ~軽いバレタ!」ちょっとした気の緩みでバラしてしまいました!

このショックは大きく、「チクショウ、今ので目標達成の上に、デカモノ記録更新できたのに」と悔やむばかり。釣りに集中できません。当然アタリも取れず釣れなくなってしまいました。



ここで
、何とか気を取り直さねばと「今のはサバだったと思え」「過去は忘れろ」「今に集中」と、気持ちをサッカー日本代表の決まり文句のように集中が切れた方が負けだ
と、手は竿に、目は穂先に、腕は誘いに集中させます。

何度も去来する「デカカッタのに」という気持ちを封印できるまでおよそ30分。時計は11時半を回り、船は再びポイント移動。


今度は80m前後のポイント。


「潮の流れが無いから誘って食わせてね」と船長。

ここでも今までどおり、底をとっては時々誘う、という釣り方を続けますがアタリません。

釣れるのは外道とゴミ!時計は12時半を回り残り時間も少なくなっていきます。

そんな時、今度は左隣の方がいいサイズを釣り上げたので釣り方を観察していると、
小さく2~3回誘って底を取っていたので、またまた真似してゆっくり目に小さく2回続けて誘いを入れて待つ!というのを続けていたら3回目の誘いの後にプルッとアタリがあり
合わせると乗りました。慎重に取り込み30cmくらいのまあまあサイズ!

2012122601_3

目標はとりあえず達成!



しかし!さっきのデカイのの代わりが欲しい!
引き続き、同じように誘うと数等目でまたまたヒット!
しかしサイズは同じく30cmくらい。

おいらが欲しいのは
40cmアップなんじゃあ!

と、残り30分、最後の一投まで集中し誘い続けましたがタイムアップ!


釣果は
アマダイ6尾、マダイ1尾、アカボラ4尾、その他チビマダイ、チビヒラメなど今後の成長に期待できるもの数尾は全てリリース。

20121226

本年の釣りはこれにて終了!

釣りネタファンの皆さん、ご愛読ありがとうございました

年明けは、バンド仲間 T さんと再びアマダイ勝負を約束していますので、ご期待を。
実家埼玉では、朝霞ガーデンで一勝負も考えております。


釣りネタ以外の方には、年末年始に聴く予定のへんなCDのご紹介などします。

そういえば、スイミングネタが全く出てこない一年でした。



   
     ブログ掲載画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserved

目標は達成したものの悔しさの残る釣行となりました。

2012年12月14日 (金)

久しぶりにバンドの話@団子坂スタジオ&おかってや

久しぶりにバンドの話です。

とはいっても、バンド活動を久しぶりにしたという訳ではなく、バンドは2月発足以来
毎月一回ちゃんと継続して活動をしております。

メンバーも先月からギターのジムホール・Aさん

Jazz_015                     ギターAさん

という大学ジャズ研の後輩が参加し、メンバーは増強され続けており、またマネージャーSさんの血のにじむ努力により、毎月のスケジュール管理、スタジオ管理、反省会会場予約など、滞りなく行われスムーズな進行に多大な寄与をおります。

Jazz_016

                      演奏に聞き惚れる?ジャーマネSさん
 

演奏曲
も初期には見られなかった、スタンダードナンバーも演奏するようになり、
持ち曲は順調に増えております。

と、一見順風満帆のように聞こえますが、相変わらず病人の多いこのバンド。

メンバー全員が揃うことは数えるほどで、まあ大体誰かしらは体調の不良もしくは仕事多忙などの理由により欠けているというのが現状であります。

しかしながら、ドラマーSさんMさんのツイン体制で補い合い、二ヶ月連続休場のベースWさん(体調心配)を補ってギターHさんと新加入Aさんの活躍で事なきを得るという、素晴らしいチームワーク!                                       
Jazz_013
                           タイコSさん


これぞ熟年バンドのあるべき姿!
いやいやまだ熟年じゃあないな。
病気持ち親父バンドの正しい姿といっておきましょう!


今回は
、12月8日(土)に今年最後のセッションとして千駄木の団子坂スタジオに結集!

スタジオもかつて無い3時間予約という新展開(というか無謀というか)をみました。

集合したのは、リズム隊からドラムM、Sの両氏、ピアノ女史、ギター氏、アルトサックス氏、それにテナーサックスのにジャーマネ氏の7人!

あれえ、なんか少ない~!

Image0001                     タイコMさん 飲んでる写真しかない・・・


ベースのW氏は風邪とか?ギターのH氏はどしたんやろ?テナー・サックスN氏は仕事
でこれもまた二連休!仕方なくワタクシはソプラノサックスを持たずにテナーを手にしたの
でありました。


だって、今回「インプレッションズ」やるんだもん
これテナーじゃないとカッコつかないの!



ワタクシはといえば
前日、某忘年会で7時間カラオケを遂行し、しかも例の大地震!
身も心も疲れ切っていたのですが、バンマス不在に一応現場の進行を取る事になり、
とりあえず一曲目は、前回突発的に、いや自然発生的にと言った方がジャズっぽいな、
始めたオー・プリバーブからスタート。

Jazz_012

                           アルトTさん


後は思い出した順に書き連ねますと、一応今年一年を振り返りながらということでカンタループ・アイランド/ストールン・モーメンツ/ホワッツ・ニュー/オール・ザ・シングス・ユー・アー/ザ・チキン/イパネマの娘/酒バラなどやりつつ、スタジオの時間が長いのでいつもは2コーラスしかソロとんない(吹けない)うっぷんを晴らすかのごとくインプレッションズで爆発して、訳のわからんソロを長々取ったあげくラストテーマは置いてきぼりにされてしまうという大失態。

Jazz_017

                    置いてきぼりにされた ワタクシ


さらにクリスマスだからという理由で、「ホワイト・クリスマス」をやって撃沈ソロを取りました。リズム隊は大変でしょうが、フロント的には3時間ゆるりとやるのがいいなあ

最後は残り時間をビリーズ・バウンスで埋めて終了!フット・プリンツとかもやりたかったんだけどピアノY女史に普通の「四つ(4ビート)がいい!」とおねだりされて諦めました。

Jazz_014

                     四つがいいの の ピアノYさん


演奏の後
はいつもの反省会なのですが、年末なのでかつての溜まり場御徒町「おかってや」に移動して忘年会!


3150円ぽっきりで2時間半飲み放題
という、相変わらず歳を考えない飲み方をしに移動!

ところが早く着きすぎて店がまだ開いていないじゃないですか!
40分弱という中途半端な時間なので、店の地上会に有るコンビニで各人好きな酒を買い路上で飲むというヤンキーの兄ちゃんみたいな事しちゃいました。

ビールのロング缶がそろそろ空こうかという時間に、お店の人が地下から姿を現したのを機に開店前の店に乱入!
席についてコース料理を一通り目の前に並べられて、6時になったら飲み放題スタート!

Jazz_024

飲み会では一年間の反省などはあまり出ず、本ブログに使用されている、ドラムM氏のスマホで撮った劇画モードの写真を見て盛り上がり、

さらに忘年会のためだけに横須賀方面からわざわざ出てきたI氏をいじり倒し盛り上がっていったのでした。

Jazz_022

                       横須賀方面からご出勤の I さん 

Jazz_021



今年
を振り返ってというと、私の場合はソプラノサックスを買ったのが一番の大事!

Jazz_023

                        インチキくさいなー

5月に発作的に買ってから半年、吹き込むほどにやっぱり無理してもヤマハじゃなくてもうチョイいいのにしとくべきだったかな?と反省するのでした。
でもね~、高いからなあ楽器。釣りを止めりゃいいんだろうけど、ソレ無理だし。



    

    ブログ掲載画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserved




にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村

2012年12月13日 (木)

BBQ@相模川

もうちょっと前の話になりますが、11月の初旬

お天気のいい日を狙ってバーベキューをやりました。

メンバーはいつもの仲良し仲間に特別ゲストつり師のTさん

場所は前回の海の見える公園と趣向を変えて、相模川の川原です。

相模川の川原にはBBQできるところがたくさんありますが、私のお気に入りは座間市の

座架依橋下。

ここは、ただの川原を国工省河川管理局としては珍しく?一般開放している、自然の川原です。しかも、嬉しいことに近くの運動場にトイレがあるんです。

市ではここを「水と緑と風の広場」と呼んでいるようですが、そういうしゃらくさい名前は無視して、座架依橋下の川原と呼ぶことにしましょう。

あれこれ規則にうるさく、狭い上にお金をとられるキャンプ場より

水も何にも無いけれど、常識の範囲で自由にやれるこういう場所が

私は大好き!



久しぶりに気合を入れてキャンプ用品を取り出して出かけました。

現地に朝9時着!

釣り人が一人いるほかは、平日の川原は使いたい放題。

車で安全に入れるところ間で行き平らな場所を見つけてテーブルを設置。

Tさんには、Tさん特性のBBQコンロを提供していただき火起こしをお願いし、準備は着々と進みます。

01_9

この日のメニューは、Tさんの畑で取れたサトイモを利用したトン汁をメインに、

サツマイモの焼き芋、

茹で落花生、

茹でサトイモ、

ミズナの生ハム包み(おしゃれじゃあないですか!)。


今回参加できなかったホテルバイキング命さんが用意してくれた秋刀魚、そして紅一点となったお菓子大好きさんの用意したフランクフルトマシュマロ、タマネギなどの

焼き物と芋煮とBBQの折衷的メニュー!

さらに!今回のスペシャルメニュー!

Tさん持参の八丈島直送のクサヤ!

なかなか手に入らないし、手に入れても家では焼けない!

こいつを焼いていただいちゃおうというわけです。



秋の味覚満載です。

設置を終えて火が起きたらとりあえず乾杯!
01_10


雲ひとつ無い青い空に風も無くポカポカ陽気にビールが美味い!

さっそく、ミズナの生ハム茹で落花生などいただきながら世間話に花が咲きます。

当日畑で取ったミズナ
に生ハム巻いたのは新鮮で美味すぎ!

茹で落花生
もコクがあって噛む程に美味しい。

サトイモは皮の上の方を食いちぎって、下を押すとツルンと剥けて、甘くて美味しい。

01_11

なんたって半径150mくらい誰もいないので、大声だって出し放題!

Tさんは早くもビールから焼酎へ!この日は焼酎の蕎麦湯割りができる様にそば粉
用意してきたんですが、あまりに暖かいので魔法瓶に入れてきた氷でオンザロックです。

みんな良いが回ってきて(私は運転手なのでノンアルでした(T_T))話も弾み、

話題はあっちへ飛びこっちへ飛び。

太陽さわやかな空気に包まれて、食べて飲んで、もう最高!

外で食べるご飯は何でこんなに美味しいんだろう!トン汁ができる前にお腹が結構膨れちゃって、最後はうどんを入れて〆る予定も中止するほど。

01_12

お昼を回り薄雲と風が出てきたので1時半頃には撤収して早帰りしました。

こういうのは、お金も大してかからないし、最高の贅沢なんじゃなかろうか?

楽しい時間を過ごせて皆さんありがとう!

撮影係になってしまい、しかもみんな心地いいので誰もカメラを手にしなかったため一枚も写っていないトライアスロンさん、ゴメンナサイ!

トン汁の準備までして来られなかったバイキングさんもありがとう!
次はぜひ一緒に来ましょうね。


マナーの悪い方も来られるようなので、あえて詳しい場所は書きませんが、調べればすぐ分かっちゃいますね。
皆さんもマナーを守って、お楽しみください。




    ブログ掲載画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserved

2012年12月12日 (水)

初めてのアマダイ釣り@浅八丸

みなさんアマダイという魚を食したことがございましょうか?

「名前は聞いたことあるけど・・・」「見たことはあるよん」

という方が多いのでは、何故なら!そう、アマダイは高級魚だからです!

その高級魚!アマダイを今回は釣りに行こうというお話。
当然食べるのも大きな目的です。
ですから、珍しくエサ釣りに行きました。しかもアマダイ釣りは始めて。
平塚の浅八丸さんでエサ釣り優待券を夏場にもらったのを利用して、割安釣行です。

朝6時、浅八丸到着!
の予定だったのが、連日の忘年会疲れか、珍しく釣りに行く日に寝坊して、

6時20分頃到着!


同行の、バンド仲間Tさんと合流。

2012121001_3          東の空は後光が差していました。何かいい事の予感か?それとも・・・



受付を済ませて、道具一式と仕掛けを買いました。仕掛け300円(針2セット)

要するに何も持っていないんです。
この釣りに関しては。ど素人!

でも使えそうなジギングロッドを一本持って行くことにしました。



午前七時 出船!

2012121001

前日の暴風の影響で海にはうねりが残り、船は大きく揺れて傾きます。

01

前日のブリザードを物語るように、富士山の山肌は裾までまだらな雪化粧。

2012121001_2



こっちは、竿掛けの付け方も分からず、Tさんの手ほどきを受け何とか取り付け完了。

さらに、生まれて初めて手にする電動リール!の操作を教わります。

01_2

スイッチがいっぱい着いているように見えたけれど、機能的には巻き上げのスイッチが有るか無いかの違いなのですぐに要領を得ました。

当然、エサの付け方も分かりません

01_3                    エサはオキアミの一匹がけ


仕掛けは、天秤に80号の錘に二本針。


船は西に向かい、二ノ宮沖あたり水深97mのポイントに到着。


船長さんの「はいどうぞ!」の掛け声にたどたどしい手つきで、ハリスを絡ませないように
慎重に投入!

「底を取りながら時々しゃくればOK」とTさんに教えられ、そのとおりに竿でそこの感触を
感じながら、時々しゃくっていると、「はい、顔見えたよ!」と船長の声。
早くも背中合わせの右舷で釣っている方が一本目をキャッチ!

「いいなあ、こっちも釣れないかなあ」と竿をしゃくるものの、何の手ごたえも無いので
エサを見るため上げてみると、エサがなくなっています。
エサ取りがいるんだんあと思っていたら、ほぼ同じタイミングで上げてきたTさんに、
真っ赤なチッコイのがかかっている。
魚の名前は忘れちゃいましたが、天ぷらにすると美味いとか。 

                                                     01_7

     ゲンをかついでエビスビールを朝から一杯 うめえ!


、二投目を入れてまたまた底を取っていると、なんとなく重い感じがしたので巻いて見るとアタリです!
しかも結構重い!



最初は手で巻いていたのですが、せっかく電動リール使っているんだから、と電動で巻いたらなんか面白くない、釣っている感じがしないんですよ!


再び手巻きにすると、魚の引きが手に伝わり何となくやり取りが出来て楽しい。

そして、上がってきたのは何か知らん?と覗き込むと
アマダイです!しかもイイ形!

船に上げたら、船長さんがメジャーを持ってすっ飛んできて計測すると、
ぬぁんと42cm!

01_4

                      いきなりやっちゃいました!

普段カツオだのイナダだのやっている私には実感は沸かないのですが、
アマダイにしては大型の方だそうです。

ヤッター!

超ビギナーズラック!
二投目で大型キャッチ!


なんだかエサ釣りも楽しいぞ!



なんて思いながらやっている間に、Tさんもヒット!
まずまずクラスのアマダイと例の名前を忘れた魚の一荷です。

01_5



さらに数等目!
今度は錘が底についた瞬間ググッと来ました!またまた大物か!?
勇んで上げると、何だが妙に魚が走り回る。おかしいな?と思ったらサバでしたー!

二匹目のドジョウは、いや、アマダイはいないのか? 
と意気消沈しかけたその時!

またまたノタ~っと重くなるアタリ!今度はアマダイだろ!
っとピンと来て上げてみると、またまたイイ型じゃあ無いですか!?
またまた、船長さんがメジャー持ってすっ飛んできて計測すると、今度は40cm!
これもなかなかイイ型です。


朝方うねっていた波も治まり、太陽も上がってポカポカあたりなんだか幸せな気分。
休む事無くあくせくと竿をしゃくり続けるルアーもいいけれど、
底を取りながら竿先と手の感触に集中し続けるこういう釣りも面白いじゃないですか!

012121001                  伊豆大島がすぐそこに見えるほど快晴!


その後も、
小型が一尾
上がってからは、魚の気配が無くなりポイント移動となりました。
移動中、自分の持ってきたジギング竿に電動リールを取り付けて見ました。
手持ちの道具でどこまで対応できるか知っておきたかったんです。

ポイント移動後、ワクワクしながら仕掛けを落とすと、貸し竿より断然軽い!
でも穂先は少し硬めで食い込み悪いかな~

              01_6
                        自分のロッドに交換



なんて思いながらジッと見てたら、クンクンとアタルのが分かり合わせると、しっかり乗ったのが分かりました。

上げてみると30cmクラスのまあまあサイズ。(ビギナーだから調子こいてるのが分かっていない)

いけるかもこの竿!なぁ~んて思ったら、そこから先はしばらく当たりもなく、時計を見るとあらまあ11時を過ぎている!釣りをしているとホントに時間の経つのが早い!


その頃から
風が出始め、12時前朝市のポイントに移動した頃には再びうねりが出始
めました。 「ひょっとすると早上がりするかも」と船長からのアナウンス。


残された時間は少ない、と気合を入れなおし釣り続け、小型を一尾追加することが出来ま
した。

                        20121210                   この日の釣果 外道にサバ二尾

その後、船長の予想通り風が強まり、うねりも立ち始めたので

1時少し過ぎやむなく納竿!

荒れ始めた海を慎重に港に戻り、初めてにしてはラッキーな釣果とあいなり、
珍しく楽しい釣行となりました。

        02

                        超ビギナーズ・ラック



陸に上がって浅八丸さんの前で
ホームページの釣果用にと写真を撮っていただきいい気分。

疲れも忘れて、帰路に着きました。




ところが、帰宅後、疲れがどっと出たところに、なれないアマダイを下ろすのに手こずり疲労困ぱい!夜9時頃になって家族揃って夕食と言う頃には、お酒も入って身体はズブドロに疲れ、せっかくのアマダイの味も半分くらいしか楽しめないという悲しい結果となりました。
お料理はTさんのお薦めで、アマダイの塩焼きに、酒蒸し、お刺身と家族は大喜びでした。

高級魚を美味しくいただくはずだったのに トホホ・・・


基本情報

浅八丸 アマダイ船 8500円(エサ付き)

今年は型がいいのが出ているそうです。

詳しくは 浅八丸HPへ 


     

    ブログ掲載画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserved

2012年12月 4日 (火)

シーズン最後のイナダ・ワラサ ジギング@浅八丸

浅八丸でイナダ、ワラサ狙いのジギング船を出すと言うので行ってきました。

02_4

時期的にも、体力的にも今年最後のジギングと意気込み闘ってきました。


朝6時チョイ前、浅八丸着!


以前は、目の前の空き地が駐車場でしたが、現在工事中なので奥の有料駐車場に車を持って行かねばならないので、荷物だけ先に下ろします。駐車料金は浅八丸さんで払ってもらえます。

さて今回のジギング。

先月末の、ポイント長後店の大売出しで安く買った、バイオマスター4000HGのお披露目であります。
10月のカツオ釣りの時、バイオマスター6000HGを使ったら、重さで手が痛くなっちゃった
ので、一回り小さいのが欲しかったところに、バーゲンで安く出ていたので飛びついちゃい
ました。
どうも、魚を釣るより道具に釣られることの方が多いような今シーズンですが・・・


タックルはこのスピニング仕様とアブの4600番のベイト仕様の2本
左右の手で持ち替えて、疲れを軽減しようと言う考えです。




当日は、今シーズン一番の冷え込みと言うのにもかかわらず、約20名の釣り人がおり、ワタクシが到着した時は、例によってミヨシやトモは全部埋まっておりました。
釣れるのを信じ、氷も買って5700円。

02_5


7時出船!

                         01_2                        林立するジギングロッド

一時間ほど走るよう!というので、ずぶ濡れにならないようキャビンに入って、ウトウトしていました。

しばらくして目を覚ますと、東に向かう船は江ノ島を通過して稲村ヶ崎の沖の辺り、秋谷沖を目指しているようなので、もう一眠り。

しばらくして、船のスピードが落ちたのでキャビンを出て臨戦態勢を組みます。

秋谷沖にはすでに船団が出来ており、わが浅八丸も船団めがけてゆるりと船足を進めます。

Photo

ポイントに着き、早速船長の「いいよー」の合図!
指示ダナは底38m!から5mくらいの間!とのこと
意外と浅いです、群れの幅も薄い!

01

早速、先日釣りビジョンで見た「イナダルアー」でのアクションをまねて、超小刻み&早巻きを繰り返します。


10分もやったら、はあはあ、ぜいぜい。
疲れちゃって、お茶を一口。

船内、黙々とジグを落としてはシャクリ、落としてはシャクリの作業を行ってたその時!
左舷トモ方向が一瞬騒がしくなり、「ヒットか!」と思いすかさず見ると、竿が曲がっているじゃないですか!「いいな~」と思って見ていたら、上がってきたのはエソ!
「やったー!」じゃない「おしい!」


15分経過し船は流し続けますがアタリは無し!
竿を持ち替え、ベイトロッドで背黒の青ピンクをしゃくります。

30分が経過し、1時間が経過し・・・ブルー・ジャック80gの背ブルー、赤金、銀にピンクのスポットなど手持ちルアーを片っ端から取替え、アクションも早め遅め、細かいの、大きいの
あれこれ試しますが効果なし!

やがて腕が痛み出し、心は萎みだし・・・

誰か1尾でも釣ってくれると、アドレナリンが分泌されるんですが、全く気配なし!

何度か船を入れなおしながら、エリアを流しますが一向にアタリなし!

3時間が経過し、11時を回ったところで、船長も我慢できなくなったか、
「ワラサの方へ行ってみよう」と船を動かしたところで何か見つけたのか「もう一度イナダをやります」と元の船団の南側に船を着け、ジギング再開!

20分ほどやったでしょうか?

ミヨシの方に待望のヒット!


約45cmのイナダです。 

ようやく釣れたので、タモですくった船長と釣った方がガッチリと握手!なかなかいい光景でした。しかし、私には感動している時間も無ければ体力も無いんです。


終了の12時まで、残り数分!


パンパンになった右腕
をなだめすかしながらのハイピッチジャーク!

「もう止めたい!早く釣れてくれ~!船長!もう時間と言ってくれ~!」と思った矢先、二人となりの方にヒット!

「よ~し!俺も後に続くぞ!」と気合を入れなおし、シャクリ続けます。


船長からも「特別に20分延長するから、頑張って!」とエールが送られ、船内俄然熱気を帯びて来ました。みんな「よ~し、次はオレだ!」と思っていたに違いありません。目の前のエサ釣り船では、急に動きが慌しくなり次々とイナダが上がり始めました。魚の活性が上がり始めたようです。「魚はいるぞ~!頑張れ~!」と船長


残る力を振り絞って、必死に竿をしゃくり続けること20分。
ルアーを代えようと回収し始めたその時!



「は~い、これで上がりま~す。上げてください。」
と船長の声が船上に響き渡り、
我々およそ20名の闘いは終わったのでした。脱力~!!!

Photo_2                   釣り場を後に無念の帰港





ボロボロに疲れた身体を帰港中のキャビンで休め、ふと窓から外を見たら、虹が出ているじゃあありませんか!ちっともいい所のなかった釣行でしたが、この虹が心を救ってくれました。

01_3

寄港後は、さっさと帰り支度して、近くのお店でアジの開きを買って帰りました。
釣りの帰りに魚屋に寄ったの初めてです。
癖にならなければいいのですが・・・・


浅八丸 イナダジギングは今週末 12/8-9もやるようです
魚はまだたくさんいるので、この記事を見て燃えた方是非出かけてみてください。


詳しくは浅八丸HPへ

    



    ブログ掲載画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserved

 にほんブログ村 釣りブログへ

にほんブログ村

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31