無料ブログはココログ
フォト

« 久しぶりにバンドの話@団子坂スタジオ&おかってや | トップページ | コミック天国とらのあな@秋葉原 »

2012年12月27日 (木)

LT (ライト・タックル)アマダイ@庄三郎丸

初めてのアマダイ釣りで、大物を釣り上げてしまいすっかり調子こいたワタクシは、、それ用の安物竿を購入!
我慢しきれず年内最後の釣行へと出かけたのでありました。


今回は、浅八丸さんの二件となりの庄三郎丸さんへ。
軽い手持ちの道具を使うライト・タックル・アマダイ(以下ライトアマダイ)
挑戦しました。

「ライト・タックル」というけだけあって、ライトアマダイの仕掛けは細く

浅八丸さんの
道糸PE 3号以上→2号~1号

錘80号→40号

竿は手持ち


ということで、ジギング用に2号の糸を巻いたアブの4600cを持っていた私には都合がよかったので初挑戦です。

今どき、深場のアマダイを手巻きリールで勝負するなんて珍しいとおっしゃる方もおい
ででしょうが、機械に頼らない釣りをモットーとする私は(電動リールを買うお金が無いだけ)手巻きでチャレンジするのでした。体力増強にもなるし!

Photo_3

     この日のタックル ABU4600c 道糸PE2号250m 安物ライト竿(錘付加40~80号)
     ラインが光っているのは、ルアー用のリーダー 20Lb 6mをつけたまま使用のため。




今回の釣行
、実はもう一つ大きな使命が有り、それは年末帰省する実家埼玉の両親及び親戚関係にアマダイをお土産にしよう、というものでした。
海無し県埼玉に住む親族にアマダイは珍しかろうと、おせっかいで無理強いしちゃおうという訳です。

実家と親戚分で目標5匹!

5時半過ぎ!
気合を入れて早めに到着。

2012122601

前日、長後のポイントで買ってきた天秤を、嬉しくてすでに道糸に結んだ状態で荷降ろしし、取った船の席順はミヨシから2番目。ミヨシを取りたかったけど何とかなるでしょ。

朝の気温は0度を下回ったというのに、アマダイ釣りのファンは多く、この日も急遽2隻に増やし対応してくれました。この辺も庄三郎丸さんの社長、気が利いています。
船は22号船。この船の船長柔らかい人柄なので好きです。マグロやカツオもずっとこの22号船でした。今日も釣れるかな?


朝7時、日の出とともに出船!
Photo



朝日を浴び美しく輝く富士山を見ながら、船は西へ!二ノ宮沖方面を目指します。


2012122601_2

30分ほどでポイント到着
はじめは浅場からやってみるとの事で、水深は約40m

初めての竿に自分の仕掛けで、投入もワクワク、ドキドキ!


ライトアマダイ
の釣り方
は投入後、HPに書かれていたとおり、

底を取ったら1mほど巻いてゆっくり誘い待ち再び底を取って、というのを繰り返します。上針のエサが砂地の底ギリギリにあるイメージで、などとも書いてありましたので、
そんなイメージを頭に描きながら竿を動かしました。




間も無く
右のお隣さんにヒット!25cmくらいのアマダイ
が上がっていました。

こちらも集中して誘っては底取りをしての繰り返しをしてると、かすかに
プルっとアタリが!軽く合わせると、何かかかっている!

やった!早くもアマダイか?!

喜んで巻きあげると、軽い・・・  上がってきたのはアカボラ(前回名前を忘れたやつ)

めげずに続けるも、お隣さんは2匹目、3匹目と順調に数を伸ばしているのに、こちらは
アカボラの数が伸びていくばかり。冷たい北風も強くなり辛いばかり。



時計は8時半を回り
、ちょっと気持ちが焦ってきたので、気持ちを落ち着かせ、右隣さんの釣り方を注意深く見てみると、底をとってからあまり巻き上げず底近くを狙い誘いも時々する程度。タナは低め待つ時間が私より長いようです。

早速真似をして、
あまり巻き上げずにどこ取りを中心に誘うこと約10分!

来ました!待望の初ヒット!
上がってきたのは25cmくらいと小さ目ながらとりあえず1匹!これで実家の分は確保!

2012122602


気分よく次を狙っていると、今度はプルプルっと明快なアタリ!しかも重い!
デカイのが来たか?!と慎重に上げるとなんとタイじゃあないですか?

Photo_2

ハナダイだかマダイだか知りませんが、私にはマダイにしか見え無い!

ヤッター!正月のタイ、ゲット!アマダイより嬉しい!


さらに30分くらいして30cmクラスを追加!いけそうだぞ!親戚一軒目の分は確保!残り後二軒分!




これで調子に乗りガンガン行きたいところだったんですが、アタリが遠のき、沖の

100mの深場にポイント移動!

「ここはデカイのがいるからドラグの調整をちゃんとして、かかったら手でやり取りして」とのアナウンス。


デカイの釣るぞう!
手巻きリールで100mは辛いけれど、ジギングに比べればどおって事なかんべ!と気持ちも埼玉弁になりつつ気合を入れること約20分。


ブルッとアタッタ
ので大きく合わせると重い!100mから上げるのには想像以上の力が要りましたが、上がってきたのは30cmオーバーの良型!

2012122603

やったー!親戚二軒目!残り後一軒!喜び、



次の仕掛けを投入すると、錘が着底した瞬間ドスっと重いアタリ、すかさず合わせるとさっきの寄り断然重い!巻き上げるのにも一苦労!

一気に巻き上げられず途中瞬間的に手を休めながら、船長の方をチラ見して「デカイの来たよん」と目配せした次の瞬間!竿はフッと軽くなり巻き上げると「あれ~軽いバレタ!」ちょっとした気の緩みでバラしてしまいました!

このショックは大きく、「チクショウ、今ので目標達成の上に、デカモノ記録更新できたのに」と悔やむばかり。釣りに集中できません。当然アタリも取れず釣れなくなってしまいました。



ここで
、何とか気を取り直さねばと「今のはサバだったと思え」「過去は忘れろ」「今に集中」と、気持ちをサッカー日本代表の決まり文句のように集中が切れた方が負けだ
と、手は竿に、目は穂先に、腕は誘いに集中させます。

何度も去来する「デカカッタのに」という気持ちを封印できるまでおよそ30分。時計は11時半を回り、船は再びポイント移動。


今度は80m前後のポイント。


「潮の流れが無いから誘って食わせてね」と船長。

ここでも今までどおり、底をとっては時々誘う、という釣り方を続けますがアタリません。

釣れるのは外道とゴミ!時計は12時半を回り残り時間も少なくなっていきます。

そんな時、今度は左隣の方がいいサイズを釣り上げたので釣り方を観察していると、
小さく2~3回誘って底を取っていたので、またまた真似してゆっくり目に小さく2回続けて誘いを入れて待つ!というのを続けていたら3回目の誘いの後にプルッとアタリがあり
合わせると乗りました。慎重に取り込み30cmくらいのまあまあサイズ!

2012122601_3

目標はとりあえず達成!



しかし!さっきのデカイのの代わりが欲しい!
引き続き、同じように誘うと数等目でまたまたヒット!
しかしサイズは同じく30cmくらい。

おいらが欲しいのは
40cmアップなんじゃあ!

と、残り30分、最後の一投まで集中し誘い続けましたがタイムアップ!


釣果は
アマダイ6尾、マダイ1尾、アカボラ4尾、その他チビマダイ、チビヒラメなど今後の成長に期待できるもの数尾は全てリリース。

20121226

本年の釣りはこれにて終了!

釣りネタファンの皆さん、ご愛読ありがとうございました

年明けは、バンド仲間 T さんと再びアマダイ勝負を約束していますので、ご期待を。
実家埼玉では、朝霞ガーデンで一勝負も考えております。


釣りネタ以外の方には、年末年始に聴く予定のへんなCDのご紹介などします。

そういえば、スイミングネタが全く出てこない一年でした。



   
     ブログ掲載画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserved

目標は達成したものの悔しさの残る釣行となりました。

« 久しぶりにバンドの話@団子坂スタジオ&おかってや | トップページ | コミック天国とらのあな@秋葉原 »

Fishing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LT (ライト・タックル)アマダイ@庄三郎丸:

« 久しぶりにバンドの話@団子坂スタジオ&おかってや | トップページ | コミック天国とらのあな@秋葉原 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31