無料ブログはココログ
フォト

« シーズン最後のイナダ・ワラサ ジギング@浅八丸 | トップページ | BBQ@相模川 »

2012年12月12日 (水)

初めてのアマダイ釣り@浅八丸

みなさんアマダイという魚を食したことがございましょうか?

「名前は聞いたことあるけど・・・」「見たことはあるよん」

という方が多いのでは、何故なら!そう、アマダイは高級魚だからです!

その高級魚!アマダイを今回は釣りに行こうというお話。
当然食べるのも大きな目的です。
ですから、珍しくエサ釣りに行きました。しかもアマダイ釣りは始めて。
平塚の浅八丸さんでエサ釣り優待券を夏場にもらったのを利用して、割安釣行です。

朝6時、浅八丸到着!
の予定だったのが、連日の忘年会疲れか、珍しく釣りに行く日に寝坊して、

6時20分頃到着!


同行の、バンド仲間Tさんと合流。

2012121001_3          東の空は後光が差していました。何かいい事の予感か?それとも・・・



受付を済ませて、道具一式と仕掛けを買いました。仕掛け300円(針2セット)

要するに何も持っていないんです。
この釣りに関しては。ど素人!

でも使えそうなジギングロッドを一本持って行くことにしました。



午前七時 出船!

2012121001

前日の暴風の影響で海にはうねりが残り、船は大きく揺れて傾きます。

01

前日のブリザードを物語るように、富士山の山肌は裾までまだらな雪化粧。

2012121001_2



こっちは、竿掛けの付け方も分からず、Tさんの手ほどきを受け何とか取り付け完了。

さらに、生まれて初めて手にする電動リール!の操作を教わります。

01_2

スイッチがいっぱい着いているように見えたけれど、機能的には巻き上げのスイッチが有るか無いかの違いなのですぐに要領を得ました。

当然、エサの付け方も分かりません

01_3                    エサはオキアミの一匹がけ


仕掛けは、天秤に80号の錘に二本針。


船は西に向かい、二ノ宮沖あたり水深97mのポイントに到着。


船長さんの「はいどうぞ!」の掛け声にたどたどしい手つきで、ハリスを絡ませないように
慎重に投入!

「底を取りながら時々しゃくればOK」とTさんに教えられ、そのとおりに竿でそこの感触を
感じながら、時々しゃくっていると、「はい、顔見えたよ!」と船長の声。
早くも背中合わせの右舷で釣っている方が一本目をキャッチ!

「いいなあ、こっちも釣れないかなあ」と竿をしゃくるものの、何の手ごたえも無いので
エサを見るため上げてみると、エサがなくなっています。
エサ取りがいるんだんあと思っていたら、ほぼ同じタイミングで上げてきたTさんに、
真っ赤なチッコイのがかかっている。
魚の名前は忘れちゃいましたが、天ぷらにすると美味いとか。 

                                                     01_7

     ゲンをかついでエビスビールを朝から一杯 うめえ!


、二投目を入れてまたまた底を取っていると、なんとなく重い感じがしたので巻いて見るとアタリです!
しかも結構重い!



最初は手で巻いていたのですが、せっかく電動リール使っているんだから、と電動で巻いたらなんか面白くない、釣っている感じがしないんですよ!


再び手巻きにすると、魚の引きが手に伝わり何となくやり取りが出来て楽しい。

そして、上がってきたのは何か知らん?と覗き込むと
アマダイです!しかもイイ形!

船に上げたら、船長さんがメジャーを持ってすっ飛んできて計測すると、
ぬぁんと42cm!

01_4

                      いきなりやっちゃいました!

普段カツオだのイナダだのやっている私には実感は沸かないのですが、
アマダイにしては大型の方だそうです。

ヤッター!

超ビギナーズラック!
二投目で大型キャッチ!


なんだかエサ釣りも楽しいぞ!



なんて思いながらやっている間に、Tさんもヒット!
まずまずクラスのアマダイと例の名前を忘れた魚の一荷です。

01_5



さらに数等目!
今度は錘が底についた瞬間ググッと来ました!またまた大物か!?
勇んで上げると、何だが妙に魚が走り回る。おかしいな?と思ったらサバでしたー!

二匹目のドジョウは、いや、アマダイはいないのか? 
と意気消沈しかけたその時!

またまたノタ~っと重くなるアタリ!今度はアマダイだろ!
っとピンと来て上げてみると、またまたイイ型じゃあ無いですか!?
またまた、船長さんがメジャー持ってすっ飛んできて計測すると、今度は40cm!
これもなかなかイイ型です。


朝方うねっていた波も治まり、太陽も上がってポカポカあたりなんだか幸せな気分。
休む事無くあくせくと竿をしゃくり続けるルアーもいいけれど、
底を取りながら竿先と手の感触に集中し続けるこういう釣りも面白いじゃないですか!

012121001                  伊豆大島がすぐそこに見えるほど快晴!


その後も、
小型が一尾
上がってからは、魚の気配が無くなりポイント移動となりました。
移動中、自分の持ってきたジギング竿に電動リールを取り付けて見ました。
手持ちの道具でどこまで対応できるか知っておきたかったんです。

ポイント移動後、ワクワクしながら仕掛けを落とすと、貸し竿より断然軽い!
でも穂先は少し硬めで食い込み悪いかな~

              01_6
                        自分のロッドに交換



なんて思いながらジッと見てたら、クンクンとアタルのが分かり合わせると、しっかり乗ったのが分かりました。

上げてみると30cmクラスのまあまあサイズ。(ビギナーだから調子こいてるのが分かっていない)

いけるかもこの竿!なぁ~んて思ったら、そこから先はしばらく当たりもなく、時計を見るとあらまあ11時を過ぎている!釣りをしているとホントに時間の経つのが早い!


その頃から
風が出始め、12時前朝市のポイントに移動した頃には再びうねりが出始
めました。 「ひょっとすると早上がりするかも」と船長からのアナウンス。


残された時間は少ない、と気合を入れなおし釣り続け、小型を一尾追加することが出来ま
した。

                        20121210                   この日の釣果 外道にサバ二尾

その後、船長の予想通り風が強まり、うねりも立ち始めたので

1時少し過ぎやむなく納竿!

荒れ始めた海を慎重に港に戻り、初めてにしてはラッキーな釣果とあいなり、
珍しく楽しい釣行となりました。

        02

                        超ビギナーズ・ラック



陸に上がって浅八丸さんの前で
ホームページの釣果用にと写真を撮っていただきいい気分。

疲れも忘れて、帰路に着きました。




ところが、帰宅後、疲れがどっと出たところに、なれないアマダイを下ろすのに手こずり疲労困ぱい!夜9時頃になって家族揃って夕食と言う頃には、お酒も入って身体はズブドロに疲れ、せっかくのアマダイの味も半分くらいしか楽しめないという悲しい結果となりました。
お料理はTさんのお薦めで、アマダイの塩焼きに、酒蒸し、お刺身と家族は大喜びでした。

高級魚を美味しくいただくはずだったのに トホホ・・・


基本情報

浅八丸 アマダイ船 8500円(エサ付き)

今年は型がいいのが出ているそうです。

詳しくは 浅八丸HPへ 


     

    ブログ掲載画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserved

« シーズン最後のイナダ・ワラサ ジギング@浅八丸 | トップページ | BBQ@相模川 »

Fishing」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。あの魚は、「アカボラ」ないしは「ヒメコダイ」と言います。

お疲れ様でした。酒蒸し、超美味しかったです。また行っちゃおうかな~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初めてのアマダイ釣り@浅八丸:

« シーズン最後のイナダ・ワラサ ジギング@浅八丸 | トップページ | BBQ@相模川 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31