無料ブログはココログ
フォト

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月28日 (日)

自分で巻いたフライで入れ食い@フィッシュオン王禅寺

このところ、フライ・フィッシングにどっぷりですが、とうとうフライ・タイイングも始めちゃいました。

のめり込み具合から言うと当然の成り行きというところですが、実はワタクシ、25年前には自作でバルサミノーを作ったくらいこの手のモノ作りが元々好きなんですねえ。

今週アマゾンで(有)アングルのフライタイイングスターターキットを購入、木曜日に届くや否やさっそ付属のDVDを見ながら、とりあえずニンフとマラブーを巻いてみました。

01

                 フェザントテール ビーズヘッド ニンフ
01_2

                    ビーズヘッド マラブー


不恰好ですがなんとか釣れそうな雰囲気。

てなことで、翌日は我慢しきれず、さっそく王禅寺に朝からお出かけ。

とりあえずビーズヘッド・マラブーを付けてキャスト!

糸がなじんでいこうかという時にあらら、もうバイトがありヒット!

開始30秒で1尾キャッチ!

嬉しいじゃあないですか!

自分の巻いたフライで釣れるなんて、たとえ管釣りでも!

03                  あっという間に釣れちゃいました うれしー

その後、このマラブーは爆発し1時間で15匹とほぼ一投一ヒットの大活躍!

ボロボロになったので、ちょっと違うバリエーションのオリジナルマラブーに替えたら、これもそこそこ釣れる。

こうなったら、作ってきたのを片っ端から投げちゃえということで、ビーズヘッドニンフやら普通のニンフなど4時間投げまくり楽しい釣りを展開しました。

01_3

                    こちらはニンフで うふふ

次は渓流向けに、ドライフライを巻いて挑戦かな?

こうしてフライ・フィッシングにどんどん、ズブズブハマッテいくのでありました。



肝心のニュージーランドの方は、たまにメールでやり取りするものの、話は進展せず。

宿泊場所のことで交渉が暗礁に乗り上げています。

いざとなったら安いホテルをキープして行けばいい話なので気楽に考えていますけど。





     ブログ掲載画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rightsreserved


にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村


2013年4月24日 (水)

マラブーで入れ食い?@ベリー・パーク フィッシュオン王禅寺

新しい竿でベリー・パーク フィッシュオン王禅寺(長い)に行きました。
#4の竿でポンドでどれくらい飛ぶのか見てみたかったんです。
それに釣り心地も味わいたかった。

Photo

ポンドタイプでのニンフを使った釣りはウキ(インジケーター)を付けてのルースニングが良く行われますが、ワタクシ的には餌釣りっぽいので今一つ満足行かないので、マラブーのリトリーブで狙ってみました。

この日は平日にもかかわらずフライマンが多く向かい風にあたる場所にしか入れず、キャスティングの練習にはなりませんでしたが、釣り方の勉強にはなりました。

とりあえず風と相談しながらキャストしてリトリーブアンドポーズで狙います。

キャスト後マラブーが沈むのを待ってからチョンチョンとリトリーブしてポーズ。ラインを見つめてアタリを取ります。魚のいるタナを探ること5分でファーストヒット!

ラインの先がゆらっと動いたり、リトリーブ中に明確に手元にアタリを感じたりして合わせるとロッドがこ気味よくしなります。

Photo_2

            この日の当たりフライ 他に黒、茶なども良かったです


魚のタナがどんどん変わるので、ポーズの時間でフライの泳ぐタナを調整すると当たり、さらにアタリが遠のいたときはカラーローテーションで対応。

出だしの二時間で20匹くらい釣り、午後二時をまわり、少しアタリが遠のいたもののポツポツつれました。

Photo_3

夕方のライズタイムになっていざドライで!っと言うときに風が強まりフライもラインも見えなくなったので、仕方なくウキをつけてルースニング。

02

水辺にはノラ猫、サギ、カラスなどが順番に来て、水辺に浮いた死魚を狙っており、30分おきほどにカワウが飛来しては池の中で漁をしていくという、周辺動物の生態を観察しつつウキ釣りです。

Photo_4

沖のポイントよりも岸よりのブレイクに付いた魚のほうが反応が良かったですね。
というより沖ではインジケーターが波に洗われて見えない!

これもタナが大事で魚のいるタナに当たるとヒット連発!小さな誘いを入れるのも有効ででした。

01

                   ルースニングの当たりフライ

 

合計6時間で40匹くらい釣りました。
入れ食いというにはちょっと物足りない釣果でしたが、いろいろ得るものはありました。

放流の効果はルアーでやっていたときほどは感じられませんね。
以前にも書いたけど魚の活性が高い時はやはりルアーの方が手返しいいです。

そうそう、前回リヴァスポで悩んだティペット切れですが、4Xにしても切れるときは結び目から切れるのでダブルユニノットにしたら解消できました。
おかげでフライのロストも二つだけ。
めでたしめでたし。

次の課題はキャスティング!ダブルホールが出来るようになって遠くへ飛ばした~い!






    ブログ掲載画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rightsreserved


にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村


2013年4月21日 (日)

友、遠方より来たる@ビアリーゼ98

すっかりフライ釣りブログ化してしまった当ブログですが、たまには違うことも書きましょう。

先日、中国は北京で雑誌の編集をしている友人 I さんが一年ぶりに帰国したので、昔のジャズ仲間やらバンド仲間やら、とにかくお酒が飲みたい口実さえあればよいという友人たちが集合しました。


場所はサラリーマンの天国新橋にあるビアホール、ビアリーゼ98というお店。
ここは生ビールが美味しいので有名なお店!ビールファンは是非行ってみてください。

Omise20130405

それにしても、なぜこの時期にビアホールなのかというと、北京の度数の低い薄味ビールばかり飲んでいる I さんが、日本の濃いビールの見た~い!と言ったとか。

Image

            30代後半から中国語を学び今はペラペラの 北京 I 氏

夕方6時から三々五々集まりだし、ピーク時は8人に!初めて会う人、30数年ぶりに会う人、一年ぶりに会う人などなど入り乱れて楽しい飲み会になりました。

2013040503

         30数年ぶりの再会 変わらないねえって言うけど変わってるでしょ!

   

話題がタイムリーな鳥インフルになると、先日上海から帰国した某コンビ二上海方面店開発のYさんと I さんへの感染の疑いを一同が指摘し、二人は特に否定もせず、鳥は海を渡るんだからもう日本にだって渡っているよ、と平然としておりました。でも活きた鳥を売っている所には行かないそうです。

Image04

                             上海 Y 氏
 
北京の大気汚染については、散々放射能を世界中に撒き散らした日本が中国からのPN2.5についてとやかく言う立場に無い!というのが中国側の見解らしく、一方で中国では「川崎病」を知らない人はいないほど有名とか。
なんだ結局自分たちのことだけ気にしてんじゃん!

と言うようなまじめな話から某大手IT関係会社Mさんの超バカウケ話まで、この店の名物「メンチカツ」を美味しくいただきながら大変盛り上がりました。

Image09

                                      IT M 氏


そして、10時も近くなり、おりしも新入社員歓迎会でにぎわっているお店から次はもう少し静かなお店へと、ということで駅前ビルの地下に降りていったのでした。

Image02

              

Image05

Image08

Image06

この日、この手の飲み会に30数年ぶりに参加したジャズ研バンドMさんの撮りまくった例の劇が超写真で構成させていただきました。

2013040504

Image01

                女子大生パブのチラシを熟読するローガンenos

 

みんな、来年も会おうね。





     ブログ掲載画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rightsreserved




新フライロッド#4でさっそく釣行@リヴァスポット早戸

リヴァスポット早戸が全面復旧したのと、渓流用に#4のフライロッド、リール一式を購入したので早速いってみました。

前回、大雨の影響で流されてきた砂利に埋まってしまったリヴァスポですが、スタッフの皆さんのおかげで早くも全面復旧!

早朝6時に着いてみると、そこはかつてのリヴァスポの流れい戻っていました。人も少なく釣りやすそう。

この日に合わせて#4のロッド、リール、ライン一式買ってしまったのです。
竿はAXISCOのAIRRITE 8’6ft  #4 、リールは ARASLS ARA-2D

2013041901

大して高い竿じゃないんですが、コータックのスターターキット1万円也に比べるとお値段も約3倍少しは使いやすくないと困っちゃうんです。

実際振ってみると軽い!それにロッドの反発力がよくて細い糸でもコータックの#6と同じ距離に楽に飛ばせるじゃあないですか!多少は道具に投資してみるもんです。

さて釣りのほうなんですが、リーダーにティムコのフィネスリーダー6X、ティペットも6Xを使ったんですが、合わせ切れの連続で釣りにならず、始めはフィネスリーダーから切れたので、リーダーの少し太くなるところまでカットして(邪道か?よく分かりません)6Xのティペットを結んで解決を図ったものの、こんどはティペットとフライの接続部分から切れちゃう。

結び方を代えたりして15匹くらいは釣りましたが、ライン切れで失ったフライも1ダース近く!

Mix

         パーマークのきれいなニジマス?あまりヤマメっぽくない、ミックスか?

10番の針のフライを使っていたのでティペットが細すぎなのか?それとも

竿が表示より硬めなのか?次はティペットを5Xに太くして挑戦しようと思います。

このように、手探りでやっておりますので、ごらんの皆さんで詳しいお方、アドバイスいただけたら嬉しいです。よろしくお願いいたします。


釣りに必死でたいした写真が撮れませんでした。

 

       ブログ掲載画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rightsreserved

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

2013年4月11日 (木)

リヴァスポット早戸最新情報@4月10日版

リヴァスポでフライです。


先日の大雨で大量の砂利が流れ込みコンディション悪し!(4/7現在)

とHPに書かれていたにもかかわらず、どーしても渓流でフライがやってみたくて行ってみたら!

想像以上の川の変化にビックリ

(4/14から通常営業しています!)



特に上流部砂利に埋まって淵が無くなったりたり川幅が半減したり、

中州に車の渡る橋は流され放流が出来ない!と大きく変わっていました。

釣りが出来る場所がおおよそでも半分以下に減っちゃったんじゃないかしら?

取りあえず最下流から釣り始め、例によってまずはドライで狙います。

02_3

                        下流部も砂利でずいぶん埋まってました

ゆるい流れの場所を見つけてあっという間に8匹。
その後人が増えて釣りをするスペースが減り釣りづらくなったので移動。

01_2

                     最下流のプール

下流域を転々としたものの、フライを流せる範囲が狭い、平日だっちゅうのに!
10時まで移動を繰り返しもう場所が無いと判断し、上流に移動したところ、前述の通りの変わり果てた有様にビックリ!

01_3

            川半分埋まってた!フライ、テンカラの人はウエーダ必携



いよいよ釣る場所がなくなっちゃって、川半分が埋まった浅瀬に立ちこんで何とか二匹。

03_2

                     浅瀬と早瀬の連続

04

その後2時に放流があったのにもかかわらず、魚のいる場所はルアーの人が引くので、邪魔しちゃ悪いとフライを流すことが出来ず、まったく釣りにならず12匹止まり。


最後に再び最下流に移動したら丁度帰ろうとしていたルアー師に場所を見譲っていただき3匹追加で終了。


それでも、初めての渓流のフライでいろいろ勉強にはなったけれど、ちょっと狭いかなあ。


今週末お出かけの予定のある方は、電話で復旧状況を聞いてから行くことをお勧めします。



はやく復旧しないかなあ。


追記

4/14以降全面復旧したそうです。関係者の皆様ご苦労様でした。


リヴァスポット早戸HPはこちら

   


    ブログ掲載画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rightsreserved


にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

2013年4月 9日 (火)

フライフィッシングにどっぷり@ベリーパーク・王禅寺

3月末に始めたフライフィッシングにどっぷり!
暇さえあれば管釣りへ出撃です!

今回は、ホームグラウンド的なべリ-・パーク・フィッシュオン・王禅寺(長いなあ)です。

朝っぱらの空いた道を走ったら、45分で到着。またまた開門の開き待ちです。

今回は事前に、タックル・ベリーで前売り券を買っておいたので平日6時間3000円ポッキリ!


受付を済ませて2ndポンドへ一直線。
この日は風があったので追い風になるポイントを探しました。
池周辺にはアオサギなどの水鳥がマスちゃんを狙ってウロウロしているので、係員の方が打ち上げ花火で追っ払っているのを見ながら釣り開始。

朝一のライズが見られる時間は、ドライで勝負!
うれしいことにこいつで2匹キャッチ!
フライはこれだよなあ!バイトが目に見えるというのは楽しい。

02

追い風なのでキャスティングも楽に出来て、少しは上達してるのかなあ。

そのうち風で波が立ちフライが見えなくなったのでニンフに交換。
イキナリ浮きは付けずにリトリーブしながら糸でアタリを取ってみました。
20cmくらいずつポーズを入れながらリトリーブすると、糸がスッと動いたり、手元にあたりが伝わってきたりで何とか数匹キャッチ。
なんだかフライやってる感じがしてきたぞ!

01

ところが、8時を回った頃からさらに風が強くなり、波でラインも良く見えないのでとうとう浮きを付けちゃいました。

ここからは浮き釣りになっちゃったんで、アタリも取りやすく釣り方としては簡単。でも意外とアタリが出ない。

あれこれフライを代えて試みると10時近くなって入れ食いモードに。
放流がありましたが、ルアーの時のような劇的な入れ食いモードにはならず、活性の高い時はルアーの方が手返し良くつれるなあと実感しました。

04

この頃から、上野のお山あたりをねぐらにしているのであろうカワウが編隊を組んで飛来し、次々と池にダイブしては魚をくわえて水面に出てくる。
人の釣っている目の前まで来て狩をする傍若無人ぶりにイラつくも、釣堀の魚は、一瞬アタリが止まるもののすぐにアタリ出すのでうれしいやらあきれるやら。

03

          この日のあたりルアーじゃなくてフライはビーズヘッドニンフ


そのうちアタリを待っているだけじゃつまらないので、リトリーブしてアクションをくわえてみたところアタリが増えました。暇つぶしにもなるし。

型は30cm弱のアベレージサイズが多く、35cmくらいのが3匹。
6時間で30匹くらい釣りました。


次回はリヴァスポット早戸あたりで流れの中の釣りを経験してみたいと思います。




     ブログ掲載画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rightsreserved



にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

2013年4月 5日 (金)

フライでも釣れない?@朝霞ガーデン

フライで朝霞ガーデンに挑戦です。

約20年間、ルアーで苦しめられてきた朝霞ガーデン。フライで爆釣して一矢報いてやろうというわけです。

Photo

朝6時過ぎ、朝霞ガーデン到着。
平日の朝は人も少なくのんびりした感じ。
事務所で3時間券1900円也(割引価格)を買い、生まれて初めてのフライ池に直行!

Photo_2

先行者は4名
流れ込み周辺の活性の高い所はすでに埋まっていたので、下流部の回っていない水車の近くに場所取りしました。

Photo_3

何せまだ4回目のフライフィッシング。フォルスキャストもまだまだへたくそ。
キャスティングの練習も兼ねての釣行です。
でも、ライズは見られるしなんだか釣れそう。
流れ込みにクーラーボックスに座り込んで浮き釣りのおっちゃんは、すでに入れ食いしていました。

取りあえず、ドライをつけて一投!ラインは珍しく真っ直ぐ伸びていい感じでアプローチ!
少しずつリトリーブすると・・・反応なし・・・

もう一度キャストするものも反応が無いので即フライ交換!
イキナリ管釣りっぽくオレンジのニンフに交換!時間が短いから手っ取り早く釣ろうっつう訳です。ところがこちらも反応なし。足元の駆け上がりに群遊するマスちゃんにポチャンと落としたところ見向きもしない。

そこで、ナチュラル系のニンフに交換すると反応あり。
ところがラインでアタリを取るのがへたくそなのでついつい合わせが遅れてすっぽ抜け!

何度かやってやっと一匹キャッチ!

00

朝一のゴールデンタイムはこうして終わりました。

そこに係員のお兄さんが来て水車のスイッチを入れ、しぶきを上げて水車が回りだすと
活性が上がった様で、ここで一気に勝負とエッグフライの黒を投入!
ところが、これにはまったく反応なし。
ルアーと一緒で色とか形とか反応変わるんだなあ、と重いながらあたりを探します。
ついでにアタリも取りにくいので浮きをつけてルースにングに。

Photo_4

こうなりゃ当りフライが見つかれば餌釣りと同じ!とばかりにいろいろ探すと、ナチュラル系のニンフがよく当りました。

01

しかしアタル場所は限られていて、水車からの流れの早い所に集中します。

そこまで飛ばすのが高々20mくらいなのにうまく飛ばないんですよう
風も向かい風気味に吹いてくるし。

02

ロールキャストで対応し始めたら釣れるようになりました。ってこの時はすでに2時間半経過。残り30分で3匹釣って終わりにしました。へたくそ~!

03

せっかく来たので上手な人の釣りを見ていこうと、コーラを飲みながら15分ほど流れ込み付近で見ていましたが、ニンフのリトリーブでマーカーも付けずにほぼ一投一ヒット!
キャスティングは糸が真っ直ぐ伸びるし、リトリーブも細かく引いてラインにテンションかけて、軽く合わせるだけでヒョイヒョイ釣っていました。早くあんなふうになりたいなあ。


まずはキャスティングの練習だなあ。ダブルホールが出来るようになりたいし、サンスイ主催のキャスティング教室でも受講しようかな?
などと珍しく向上心に燃えて帰ってきました。



ちなみに釣果は10匹くらい。なんかルアーと変わらん!フライでも玉砕です。でもサイズは平均30cmくらいでまあまあだったのでまあ満足です。

でも基本姿勢として浮き釣りで椅子とかに座り込んでやるのはどんなに釣れてもやりたくないんですよ。(浮きつけてるけど)




朝霞ガーデンHP



    
    ブログ掲載画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rightsreserved



にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31