無料ブログはココログ
フォト

« 友、遠方より来たる@ビアリーゼ98 | トップページ | 自分で巻いたフライで入れ食い@フィッシュオン王禅寺 »

2013年4月24日 (水)

マラブーで入れ食い?@ベリー・パーク フィッシュオン王禅寺

新しい竿でベリー・パーク フィッシュオン王禅寺(長い)に行きました。
#4の竿でポンドでどれくらい飛ぶのか見てみたかったんです。
それに釣り心地も味わいたかった。

Photo

ポンドタイプでのニンフを使った釣りはウキ(インジケーター)を付けてのルースニングが良く行われますが、ワタクシ的には餌釣りっぽいので今一つ満足行かないので、マラブーのリトリーブで狙ってみました。

この日は平日にもかかわらずフライマンが多く向かい風にあたる場所にしか入れず、キャスティングの練習にはなりませんでしたが、釣り方の勉強にはなりました。

とりあえず風と相談しながらキャストしてリトリーブアンドポーズで狙います。

キャスト後マラブーが沈むのを待ってからチョンチョンとリトリーブしてポーズ。ラインを見つめてアタリを取ります。魚のいるタナを探ること5分でファーストヒット!

ラインの先がゆらっと動いたり、リトリーブ中に明確に手元にアタリを感じたりして合わせるとロッドがこ気味よくしなります。

Photo_2

            この日の当たりフライ 他に黒、茶なども良かったです


魚のタナがどんどん変わるので、ポーズの時間でフライの泳ぐタナを調整すると当たり、さらにアタリが遠のいたときはカラーローテーションで対応。

出だしの二時間で20匹くらい釣り、午後二時をまわり、少しアタリが遠のいたもののポツポツつれました。

Photo_3

夕方のライズタイムになっていざドライで!っと言うときに風が強まりフライもラインも見えなくなったので、仕方なくウキをつけてルースニング。

02

水辺にはノラ猫、サギ、カラスなどが順番に来て、水辺に浮いた死魚を狙っており、30分おきほどにカワウが飛来しては池の中で漁をしていくという、周辺動物の生態を観察しつつウキ釣りです。

Photo_4

沖のポイントよりも岸よりのブレイクに付いた魚のほうが反応が良かったですね。
というより沖ではインジケーターが波に洗われて見えない!

これもタナが大事で魚のいるタナに当たるとヒット連発!小さな誘いを入れるのも有効ででした。

01

                   ルースニングの当たりフライ

 

合計6時間で40匹くらい釣りました。
入れ食いというにはちょっと物足りない釣果でしたが、いろいろ得るものはありました。

放流の効果はルアーでやっていたときほどは感じられませんね。
以前にも書いたけど魚の活性が高い時はやはりルアーの方が手返しいいです。

そうそう、前回リヴァスポで悩んだティペット切れですが、4Xにしても切れるときは結び目から切れるのでダブルユニノットにしたら解消できました。
おかげでフライのロストも二つだけ。
めでたしめでたし。

次の課題はキャスティング!ダブルホールが出来るようになって遠くへ飛ばした~い!






    ブログ掲載画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rightsreserved


にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村


« 友、遠方より来たる@ビアリーゼ98 | トップページ | 自分で巻いたフライで入れ食い@フィッシュオン王禅寺 »

Fishing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マラブーで入れ食い?@ベリー・パーク フィッシュオン王禅寺:

« 友、遠方より来たる@ビアリーゼ98 | トップページ | 自分で巻いたフライで入れ食い@フィッシュオン王禅寺 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31