無料ブログはココログ
フォト

« ソプラノサックスを買う話 復活版@石森管楽器 | トップページ | 梅雨の合間は地元で雑魚釣り@横浜市内某遊水地 »

2013年5月25日 (土)

初夏はのんびり船メバル@金沢漁港 仁春丸

バンドのアル中(アルトサックス中年T さんに誘われてメバル釣りに行ってきました。

メバル釣りと言うと近年若者の間ではルアーでのメバリングなんちぅのが流行っていますが、おっさんにはエサで船釣り、しかも数釣りちぅのが合っているんですよ。たぶん。

メバルの船釣りは一昨年の夏に夜メバルといって夕方から花火大会なんかを遠くに見ながらメバルを釣るっちぅのをやったのが最初で最後、今回が二度目です。

当然のごとく専用のメバル竿など無いのでシーバス・ロッドとバス・ロッドの使いまわし。

通常この手の底モノ狙いにはベイト・タックル(両軸リール)の方が底取りがしやすいし仕掛けのよれも少ないので使われるのですが、先週から左肩が五十肩で痛く、半日左手で竿を持ち続けるのは辛いのでスピニング(バイオマスター4000番)を使いました。
道糸はPEの2号、これにカツオ釣りのときから着けっぱなしのリーダー20lb(当然この釣りには必要なし)の先っちょにメバルの仕掛けを着けるという即席タックルです。

2013052410

エサはモエビ、錘は25号。錘は仁春丸さんで借り、エサは上船代6500円に含まれています。(仕掛けは3本針150円)

2013052408

道糸→リーダー→仕掛け→錘の順番につながってる事になる訳ですね。
バスファンの皆さんはヘビー・ダウンショットに枝針が3本着いていると思ってくだせえ。

話し変わりますが、この釣り方はブラックバスのエサ釣りに効くだろうな~って思います。これからスポーにングの芦ノ湖なんか大変なことになりそう。やる人いないだろうけど。

朝7時20分(半端だ)まったりと金沢八景の金沢港を出船!
右に見える造船工場、左にはシーパラのジェット・コースターを見ながら船は沖へ。

2013052405

2013052404

程なくして船は停止し、船長の「はいどうぞ」の声。仕掛けを下ろすと10mないくらい。
「こんな浅いところで釣れちゃうんだ~」と思うが先かお隣のT さんに早くもヒット!
ミヨシのメバル師のおぢさんにもヒット!

次はわしかと思ったら「ちょっと上げてください」と船長の合図!わしだけノー・ヒット!

普段釣ってる回遊魚と違って底モノはポイントの範囲が狭いから一流しが短いのね。

二流しめでわしにもヒット!15cmくらいのオチビちゃん。
でも煮付けに出来そうなのでキープ。

2013052406

                   ポイントはこんなに岸の近く

二流ししたら水温が低いとの船長さんの判断でさらに沖の15~20mくらいのポイントへ。
ここでポツポツ釣れて気持ちも落ち着き、いいお天気に心地よい海風を感じることが出来てまったり。良い型のシロギスも釣れました。

しばらくしたら今度は八景沖から猿島周辺へ移動。8時半過ぎくらいかな?
ここでは、ちっこいカサゴが多く、イワシなんかも掛かってきました。

2013052409

                     猿島のすぐそば

船長島周辺のポイントをあっちこっち探していると突然!ミヨシのメバル師のおぢさんの竿が大きくしなり良型のメバルが5匹も着いて上がってきました!すかさずT さんも良型をヒット!私は根がかりで錘をロスト!(^-^;

そして9時を回ると潮が止まってしまい当りもまばらになってきました。
それまでは、下ろせば大体何らかの当りがアル感じだったんですけどね。

しかし、オヨソ1時間後同じく猿島を正面に見ながら落としたワタクシの仕掛けが底に着いたとたん、根がかり的当りを感じ「あれ~やっちゃったかな~根がかり?」と竿を聞き合わせしてみると仕掛けは底を離れシーバス・ロッド(メジャークラフトZAT-862ML)が満月のごとく大きく曲がり「何か大変なことが起こっている」ことをワタクシに知らせてくれたのでした。

何が起こっているのかも分からず必死こいて上げると20cmオーバーのメバルが3匹着いてるじゃあありませんか!
お~~~っ!
メバルもこんくらい重いと釣った気するぞ~!やり~っ!
っと大喜び!

この時左舷で釣れたのは私だけ、たまたま仕掛けを下ろしたところに良型の群れが通りかかって一斉に食いついたようです。こういうたまたまは何度でも来てくれ!

その後、船は小移動を繰り返しながら猿島の東から北にかけて回り込むように移動しながら釣りました。
そしてその数回目に再び「大変なこと」が起こり、今度は良型のカサゴ23cmが上がってきました。T さんの「そのサイズなら刺身で食える」の一言ににんまり。

2013052407

                  こちらは沖側から見た猿島


さらに、「大変なこと」がおとずれ、今度は良型メバルが4匹も!

ここで、疑問をもたれた方!あなたはすばらしい釣り師です。
私の仕掛けは3本針のはずなのに何故一度に4匹釣れてしまったのか?

それはですねえ、根がかりで錘と一番下の針だけ切れてしまった仕掛けに新たに3本針を結ぶというオキテ破りの5本針作戦を密かに遂行していたんですね。


その後も、まあまあサイズが時折混じりながらぽつぽつと釣れ続き午後一時納竿。

2013052402

                   まったりとしたイイ釣りでした


釣果は メバルが23匹、カサゴ7匹(10cm以下はリリース)
シロギス、マアジ各1匹
他の外道、ベラ、赤ベラ、しこイワシなど

とまあまあの釣果。メバルは最大が22cm(3匹)でした。

2013052403

ルアーもイイけれど、食べて美味しい魚釣りはこれはこれで楽しいもんです。
お魚ちゃんは知り合いやご近所に無理やりおすそ分けして皆さんのお腹に(たぶん)納まり、めでたしめでたし。


仁春丸では週末を中心にこのショート・メバルを行うとか。
モエビの入荷がなくなり次第終わってしまうそうです。
ご興味ある方は急いでお出かけを!

詳しくは仁春丸HPへ
    

      


    ブログ掲載画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rightsreserved


にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

« ソプラノサックスを買う話 復活版@石森管楽器 | トップページ | 梅雨の合間は地元で雑魚釣り@横浜市内某遊水地 »

Fishing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初夏はのんびり船メバル@金沢漁港 仁春丸:

« ソプラノサックスを買う話 復活版@石森管楽器 | トップページ | 梅雨の合間は地元で雑魚釣り@横浜市内某遊水地 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31