無料ブログはココログ
フォト

« 親父バンド いよいよ本番間近!@福島県 二本松市 | トップページ | 日本一のヘラブナ管理釣り場@椎の木湖 »

2013年8月 5日 (月)

丸や運送サマーフェスティバル2013で大盛り上がり@二本松

二本松でのライブ、大いに盛り上がって来ました。

前日まで大雨が降り続いた現地では当日の雨が心配されたものの、お祭り主催の丸や運送さんの会長の神通力でみごと雲間から日が差すまでのお天気の回復で無事決行しました。


早朝7時
、横浜を出た我々湘南組フロント陣は、途中東京組と合流して12時半過ぎに現地着。打ち合わせに一服して2時半からリハ、4時半から本番とけっこうなスケジュール。
3時過ぎからお客さんが来はじめて、4時のお祭り開始時と同時に客はなだれ込み・・・というほどでもないですがボチボチ入ってきて、我々の出番の頃には席は一通り埋まっていました。


101

緊張の一発目は、EW&FIREのサン・ゴッデス
ギターのイントロにドラムが絡んでメロディーの入りはいきなり私のソプラノサックスです。
出だしはうまく入れたものの一発おとミスったのを知らん顔して続行。
後はバンドメンバー皆さん頼みで何とか事なきを得終了。

01

二曲目はキャノンボール・アダレーのマーシー・マーシー・マーシー
三曲目はハービー・ハンコックのカンタループアイランド、デビッド・マシューズアレンジ版。
キメのタイミングもはずさず何とかこなし
四曲目はリー・モーガンのサイド・ワインダーとヨレヨレのソロを取りながらも何とかこなし、
五曲目のザ・チキンでバンマスのMCでメンバー紹介。

こうして無事1stステージを終えたのでした。

Photo_4



半分終わって
ホッとしたのとステージ上がものすごく暑かったこともあり、全員生ビールで乾杯。もう終わっちゃった雰囲気。ステージ上ではロックンロールバンド、フラダンスのお姉さんたちの本格的なフラダンスなど進行して行き、我々の生ビールもどんどん進行して行き。

次の出番7時が迫る頃には、朝4時起きで400キロ近く運転した疲れが出たか、体がだるくなり始め2ndステージ大丈夫か?

我々の次の出番は2ndステージ前に一曲ベーリー・ダンスとの共演があり、我々の奏でる怪しいサウンドにあわせて美しいベリー・ダンスのお嬢さん方が踊るというのがありました。
よりによってこの曲が難しいタイミングでキメが入るハービー・ハンコックのバタフライという曲。わがバンドの鬼門曲でも有ります。
舞台ではベリー・ダンスが始まると、約一名カメラを構えてステージ前で三脚と化す者など出て我々の品格のなさを露呈していましたが、踊りが進んで我々の出番が近づいてくるとそんな余裕もなくなりなんとなくみなさん言葉少なげになったような。
いよいよ出番、ビールのおかげで大分肩の力は抜けたものの疲労感がすでに襲いかけ、それを振り払い、ビデオの撮影を自分でセットして大急ぎで舞台へ。

バンドの準備ができて合図を出すと音楽のスタートとともにベリー・ダンスのお嬢さん方が我々の目の前に流れるように登場し踊り始めます。

ホーン・アンサンブルがあるのでせっかくの目の前での踊りを眺める余裕もなく楽譜を直視、例のキメが近づくに連れて緊張するかと思っていたら、慣れてきて踊りの動きやタイミングを見る余裕が出てきちゃいました。

Photo



自分たちの音楽に合わせて振り付けを創ってきてくれているのが良く分かり、ちょっと感動。振りと音が巧くあった時は快感です。
曲の雰囲気もベリー・ダンスに合っていたようで、いい感じ。で、例のキメはいかに!
ちょっとばらついたものの何とか乗り切り一気にエンディングへ。
何とか最後まで音を出し切りました。踊りも決まって拍手喝采!まあ成功ということにしておきましょう。
そのまま2ndステージに流れ込み、という時!ベースのストラップが切れるというハプニングが起こり、当然替えのストラップなど持って来ていないのでベースは急遽アンプに座って弾くことに。

Photo_2


一曲目ピック・アップ・ザ・ピーセスでテナーを吹いてどたばたしながら2曲目のソプラノに持ち替えマイクのセッティングを自分でして2~3曲目は難関を乗り越えたので皆さんいい感じでリラックスして演奏、レッド・クレイ、カメレオンとやって、さあ後はメンバー紹介という時!
舞台袖でマネージャーがオイデオイデしてる。

01_2


行ってみると20分伸ばすようにという指示!30分のステージをさらに20分伸ばすっていったい???
なんちう無謀な進行!なにやら緊急事態が起こった模様!しかしそこはジャズ屋、しかもいい感じで酔っ払っていた我々は動じることなく、一部と同じくメンバー紹介用にやるはずだったザ・チキンのアドリブを引き伸ばし、さらにそこにベリー・ダンスの助っ人も登場し16ビートにのって舞台周辺のお客さんは踊りだし大盛り上がり。

こちらもたっぷりソロが取れるので、ダンサーと目配せして音に合わせては振りがつくとさらにそれに合わせてこちらもフレーズを盛り上げるという正しいコレクティブ・インプロビゼイションを展開(カッコいいなあ。こういうと!)

2nd01


メンバー一通りのソロが終わる頃には緊急事態が解消したようでマネージャーから巻きの合図が出たのですかさずテーマにはいり見事危機を乗り越えてかつ盛り上がってステージは終了したのでした。

我々が引いて片付けている間には松健サンバ!にのって丸やグループの社員の皆さんが輪になって踊り盛り上がっていました。


こうしてお祭りは終了し、我々は丸やさんスタッフ、ベリー・ダンサーズと同席で二次会に突入!
お祭りのハイ・テンションをさらに上げながら12時半までビールに酒に焼酎にとあるもの片っ端から飲んで酔っ払い、さらに二本松駅近くのバーでバーボン飲んで三次会、宿に戻って一風呂浴びてビールで四次会とすすみ、気がついたら翌朝違う部屋で布団に入って目を覚ましましたとさ。


なにはともあれ、楽しいライブになりました。

丸や運送グループの皆さん、ベリー・ダンサーズのみなさんありがとうございました。

機会があったら来年もバージョン・アップして盛り上がりましょう!




   

     ブログ掲載画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserved



にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村

« 親父バンド いよいよ本番間近!@福島県 二本松市 | トップページ | 日本一のヘラブナ管理釣り場@椎の木湖 »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

さすが!だね。

飲む方がさすが!なんでしょ。(笑)

来年もやることになりそうなので、避暑がてら見に来てね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丸や運送サマーフェスティバル2013で大盛り上がり@二本松:

« 親父バンド いよいよ本番間近!@福島県 二本松市 | トップページ | 日本一のヘラブナ管理釣り場@椎の木湖 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31