無料ブログはココログ
フォト

« バンド反省会で反省無し!@千駄木 花花 | トップページ | デカマグロとの闘い!2013@庄三郎丸 »

2013年9月 5日 (木)

やっと行けたマグロで完敗@庄三郎丸

やっとマグロ釣りに行けました

お金がなかったからでも、暇がなかったからでも無く、五十肩がしくしく痛かったから行けなかったんです。

今年の相模湾はマグロ、カツオ・フィーバー!でTVでも取り上げられたらしく、普段は釣りの話なんかこれっぽっちもしない方々から「今年はマグロ、カツオがすごいらしいですね」と何度話しかけられてきたことか!そんな事分かってらい!行きたくても行けねえんだよ!肩が痛くて、しかも竿を持つ方の!

てな日々を耐えてやっと今日のこの日、マグロ釣りに行くことができました。
「カツオはともかく正直言ってマグロはピーク過ぎちゃったかなあ」と思いながらも平塚は庄三郎丸に向かいました。
なんてったって、今年はマグロ用の竿を購入、さらにエビング用のダイワDRスティックだって買い込んじゃったんですから。
さらに、庄三郎丸にて村越正海先生のムラジグ200gも当日朝購入。
万全の体制での釣行です。

さて、マグロ釣りと言うものはバクチみたいなもので、一匹釣れるかつれないか?
一日やって当りが有るか無いかという当りの少ないバクチです。

朝4時半過ぎ、庄三郎丸着!

すでにこの時間店の前にはバカデカ・クーラー・ボックスが棺桶ごとく並んでおり、たくさんのバクチ打ち達がすでに集まっておりました。

01


キメジ・カツオ船とマグロ船、どちらに乗ろうかちょこっと迷ったものの「わしはマグロを釣る」とマグロ船第18庄三郎丸を選択。
キメジ・カツオ船の場合はカツオの群れを追って釣るので、マグロだけの群れを探すことはあまりしない、したがってマグロと出会える確率も少ないのかなあ?という判断でした。

午前5時過ぎ、出船1時間前には乗船し、仕掛けを作ります。

01_2


購入したムラジグに90lb(20号くらい?)のハリス約3mを巻いた針を装着。
以上準備完了。簡単すぎる。後はルアーの色を選ぶだけ。
そういえば、去年はハリスと針が付いていたムラジグですが、今年はジグと天秤だけでした。

01_4




午前6時、マグロおよびキメジ・カツオ船が次々と出船!
我が第18庄三郎丸もしんがりをつとめて出船!
船には餌釣りの方8名にルアーは私一人の計9名。

Photo



海は静かで、天気も雨の予報は裏腹に青空ものぞいてイイ天気!

船は沖に向かい、船長からアナウンスがあります。

マグロ釣りには2パターンがあって、一つはカツオの群れの下を泳ぐデカマグロを狙うもの。
もう一つはデカマグロだけの群れを探して釣るもの。

前者は群れの移動に先回りして仕掛けをおろす一瞬での勝負!
後者はマグロの群れを如何に探し、マグロに如何に食わせるかが勝負。

沖に出て約一時間。群れらしい群れに当たらずクルージングが続きました。
こればかりはマグロ釣りでは仕方ないものなので我慢しかありません。

9時半過ぎ西に向かった船は小田原沖辺りで群れらしき反応をキャッチ。
待望の仕掛け投入です。期待に胸を弾ませながら、船長の指示ダナを丁寧に探っていくものの魚の反応は無し!
女性が船の周りをうろつくペンペン(小型シイラ)を一尾上げたきり、約一時間半まったく反応が無く船長の仕方なく船を東に向けました。


ところが、この後走れど走れどマグロの魚探への反応は無く、延々とクルージング。

Photo_2


時計は12時を回り残り時間も少なくなり、さすがに辛抱切れて、早く釣らしてくれい!という気分になったその時。はるか彼方に船団発見!


船は舳先をそちらに向けて移動開始。場所は何のこと無い平塚沖に戻る形でした、それも水平線の彼方に岸が見えていた所から比べるとかなり岸に近い所まで。

12時半過ぎ、船団に混じり残り約1時間半の勝負!

Photo_3


ところが突然の大雨になり、風も吹いてビショビショ!もちろん合羽着てますから体は濡れていませんけどサングラスもビショビショで海面も見えないくらいの土砂降り!

手元だけ見ながらそれでもがんばって竿をしゃくり通しました。


30分ほどすると雨は止み薄日が差してきて周りが見えるようになったと思ったら船団は消えていて、はるか東に見えるじゃあないですか?!

カツオを狙っているので群れと一緒に移動して行ったのでしょう。一方こちらはマグロ狙いなのでマグロの反応があるならば移動する必要は無いわけで・・・


とその時!右舷中央で釣っていた餌師の方にヒット!本日初ヒットです。

01_3


左舷側の方とオマツリしてしまったのも何とか巧くはずし勝負!の体制に入った所でラインブレイク!

すかさず他の全員は仕掛け投入。そう!マグロ釣りの掟!一人がヒットしたら他の人は仕掛けを上げてオマツリを回避するんです。

しばらくしたら今度はその隣の女性にヒット!しかし瞬殺でラインブレーク!

時計は1時半を回り残り時間もあとわずか!という時、またしても先ほどの右舷餌師の方がまたまたヒット!しかし今回もまたまた無念のラインブレイク!


残るわずかの時間地合いだ!という船長の掛け声に気合を入れて竿をしゃくるもヒットせず、2時を過ぎて納竿となりました。

Photo_4



一日やって、といっても今日は釣る時間が少なすぎた!正味2時間半ほどか?後は延々クルージング。マグロ釣りちゅうのはこんなもんです。バクチですから。




     ブログ掲載画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserved


にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

« バンド反省会で反省無し!@千駄木 花花 | トップページ | デカマグロとの闘い!2013@庄三郎丸 »

Fishing」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。初めてメールします。
神田三郎と申します。〔ペンネーム〕
私も今年9月に始めてマグロ釣りに挑戦しょうと思っています。
マグロ釣りはまったくの素人です。
イメージは出来るのですが、現実は思い通りには行かないと思います。
先輩としてアドバイスがあれば色々と教えていただけませんか ?
船は〔庄三郎丸〕に乗る予定です。
釣り道具は持っていませんので、借りようと思います。
乗り合い、えさ釣り、レンタル 合計料金など
分かる範囲で教えて下さい。
よろしくお願い致します。

神田三郎さん
初めまして、コメントありがとうございます。

今年初めてマグロ釣りをされるのですね。
話から察するとエサ釣りのようですが、私はエサ釣りはしたことがないので
あまり参考にならないかもしれませんが、分かる範囲のことを書きますね。

例年相模湾のキハダマグロのコマセによるエサ釣りは8月1日が解禁
だったと思います。よって、マグロがコマセにすれていない早い時期の釣行
の方が有利かと思われます。

コマセに来るマグロのあたりは小さいようなので、餌を投入して誘った後は
穂先を集中して見ることが大事ですね。アタリを見逃して船長に叱られている
お客さんを時々見ます。

誘い方もかなり重要だと思いますので、周囲の釣れた方やベテランさんの
真似をするといいでしょう。

マグロのアタリは1日にそう何回もありませんので、絶対に見逃さないでください。

ファイトでは、フッキングしてすぐのマグロの走りは結構糸を出しますが、
根ズレで切れることはないのでドラグは緩めにしておきます。
船の混み具合にもよりますが、あまり混んでいるときはこの時の
オマツリが考えられるので、大きな声でヒットしたことを船長に知らせることが大事です。

さてファイトですが、走りが止まってからは一気に巻いてくださいね。
特に魚が船に近づいてからはサメに襲われる確率が上がるので
一気に巻き切ってください。
レンタルに電動リールがあるかどうかは知りませんが、手巻きだとかなり
きつい作業になりますので覚悟しておいてください。
もっとも僕たちルアー屋はこのやり取りが楽しくて釣りをするのですが。

レンタルで心配なのは道糸ですね。
全てとは言いませんが中には糸が劣化しているものもあるので、
借りるときに巻いてある糸を見て色が変わっているような古いものなら
交換をお願いした方が良いかもしれません。

PEラインといえども劣化しますので、何シーズンも潮や陽に当たった
ものや大きいマグロを釣った糸なども必ず劣化します。
かけた獲物が大きいときほど切れるリスクは上がりますのでとても重要です。

もう一つ道具で重要なのは針ですね。
多少高くても良いものをお勧めします。ここでケチって魚を逃すのは避け
たいところです。

その他の仕掛けについては分からないので釣具店に聞くのがいいでしょう。
釣具店もマグロ用品をきちんと揃えているようなお店をお勧めします。
そのようなお店には、店員さんにマグロ釣りの経験者が必ずいるので
その方から直接細かな情報やテクニックを聞くことがとても重要です。

ある意味、釣りは情報戦です。
事前に知っていることが大切なことがたくさんありますので、
初心者なら開き直ってお店に相談するのが一番の成功への近道だと思います。

料金については、毎年変更があるようなので直接船宿にお問い合わせください。
昨年は確かエサ釣り料金は、コマセ付き付餌別で13000円だったと思います。

正直申し上げてマグロ釣りは釣れるも釣れないも博打のような釣りだと思います。
それでも大切なのは、釣れるイメージをいつも持ち続けるモチベーションを保つ
ことだと思います。
釣れないと思ったときに不意を突かれたりすると取れる魚も逃してしまいますから。

大きな魚を手にするのはこの上ない喜びです。
人生観が変わることもあります。
是非頑張って大物を手にしてください。応援いたします。
釣れたときには、またコメントをくださいね。


こんにちは、神田です。
9月上旬に予約を入れて、釣る気満々で準備していたのですが・・・
釣りの予定日に台風がまともに来る予報なので泣く泣くキャンセルしました。
せっかく色々とアドバイスいただいたのにとても残念です。

私は広島に住んでいるので簡単には行けません。
来年、8月始めに再挑戦しょうと思います。
アドバイスありがとうございました。

神田さん

コメントありがとうございます。
台風で中止ですか。残念ですね。
今年は8月末から台風が集中しているので釣り師は
気が気じゃないですね。
私もバラムツの釣行が三回連続で中止になっている状態です。
そんなこともあって8月は一度も釣りに行けませんでした。
こんなのはなん年ぶりのことやら。

しかし、釣りは自然相手の遊びですし、大自然には勝てませんので
お天気だけはいつも神様に祈るだけですよね。

来年の再挑戦、頑張ってください。
マグロ釣りはかなり博打性の高い釣りだと思いますが
大物を手にした時の喜びは何物にも変え難いものです。

ご健闘をお祈りいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっと行けたマグロで完敗@庄三郎丸:

« バンド反省会で反省無し!@千駄木 花花 | トップページ | デカマグロとの闘い!2013@庄三郎丸 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31