無料ブログはココログ
フォト

« ジャム・セッションは楽し!@団子坂スタジオ 千駄木 | トップページ | ヘラブナ釣行2013秋@ビン沼&荒川本流 »

2013年10月 8日 (火)

タナゴ釣り2013秋@埼玉某沼

マグロに敗れてタナゴ釣りです。

大きさで勝負できないなら数で勝負っていうところでしょうか?

まあ、釣れりゃあなんでもいいんですけれえどね、ただし自分の狙ったやつですね。
外道はダメです。釣りがつまらなくなっちゃう。
で、平日だというのに朝の5時起きして出かけました。
10月4日、この秋一番の冷え込みで、長袖一枚じゃあ寒いくらい。
沼について水に手を入れると暖かく感じます。
 
夏に来た時は123尾釣ってるから今日は150くらい行くぞ!と気合を入れて釣り開始。
辺りには一人釣り師の気配がするだけで静今朝が漂いいい感じ。
午前6時釣り開始!
早々にアタリが出ていい感じです。
最初に来たのはクチボソ君。

01


タナゴ釣りにクチボソは付き物ですから、まあ仕方ない。時期にタナゴのアタリが出るだろうと気にせずにいるとウキが大きく消し込まれて竿がグンとしなります。
上がってきたのは5cmくらいのマブナ。

01_2

なんだか色々いるぞ。
次に来たのはブルーギル。新参者の登場です。

01_3

天皇陛下も自分がアメリカからもらったギルがまさかこんなところでギルが釣れるようになっちゃうなんて夢にも思わなかったろうなあ。いつだかこのことに関して言及して「心を痛めています」って言ってたもんなあ。
この問題は、滋賀県がブルーギルを伊豆の一碧湖から西の湖に移入したのが発端で、西の湖から琵琶湖本湖に、琵琶湖からコアユと一緒に全国の河川に放流、川から釣り師があっちこっちに放流、という図式で全国津々浦々に生息するようになってしまいました。ブラックバスも一緒。
滋賀県は記録が残っているのに自分たちの責任を認めずすべて釣り師に責任をなすり付けようとしている。ここんところが釣師的にはカチンと来るところなんですよ。バカ・マスコミも同様でマトモな取材もせずに釣り師のせいにしている。
中々本命が釣れないので、イラつきつつそんなことを考えながら釣るものの本命がなかなか来てくれない、気配は十分するのに。
さらに数匹クチボソを釣って、なんだか今日はクチボソ釣りになっちゃいそうだぞ、と思い始めた頃待望のタナゴが来ました。

131004

続けて3尾ほど釣り上げいい感じになってきたと思ったらいきなりギル攻撃。
5cmオーバーのギルが来ると仕掛けごと持って行かれそうな引きでヒヤヒヤもんです。
さらに突然水中に多いな黒い物体が動いてきたと思ったら70cm近いデカ鯉
朝飯を求めてウロウロしているんですねえ。
コイツが来るとおチビちゃん達がビビって食わなくなちゃうので、ちょっとポイントを右1mくらいずらして入れたらなんとタナゴ用のちび餌にデカ鯉が食いついちまった。
鯉くん針に掛かったものの悠々と沖に向かって泳ぎだしたので竿がグ~ンと持って行かれ
「やばい!」と思った次の瞬間、針がするっと外れてくれて命拾いしました。
鯉くんが去ってくれると、あら不思議、たなごがポツポツ釣れだしましたが、夏に来た時の勢いはなくアタリも少なくクチボソ攻撃もありなかなか数が伸びません。
1時間半で6尾。なんだか釣れない管理釣り場みたいだなあ。
そこに年配のおぢさんがやって来て「タナゴ?まだ釣れる?」なんて言うからもう釣れない時期なのか?そんなことないだろ?と疑心暗鬼になりつつ釣るも数はなかなか伸びません。
9時頃、アタリすら少なくなってきたところに数人のおぢさん達がやってきました。
皆さんタナゴ釣りの人たちです。
一人の方が隣に入りたいと言うので快諾し二人で釣り始めましたが、アタルもののなかなか乗らず、低迷状態。釣れないので、どこから来たの?話は始まり横浜からと言ったらおぢさんびっくり!

神奈川にはタナゴがいない話、海釣りの話、おぢさんも転勤族で日本中の海で釣りした話などしていて、話がタナゴ針をヤスリで研ぐ話になったらおぢさんも手作りの針を何本か持っているというので見せていただくことに、おぢさんの知人が番線を曲げて研いで作ったというレアものを見せていただきました。その形はまちまちですが綺麗なものばかり。感心していると一本あげましょうとちゃっかり頂いちゃいました。
せっかくなので早速使ってみると餌の付き具合が大変良い!さすが手作りと関心しつつつりをかいしするもなんだかあたりが遠のいちゃってせっかくの針の真価が発揮できません。  

そのうちクチボソ攻撃にあいながら二尾のタナゴを追加。おぢさんは1時間半やって1尾も釣れないので場所を変わってしまい、私も11時をまわったところで納棺。
数えてみると23尾でした。

131004_2



綺麗なのが釣れたらキープしようと思っていたのですが、ほとんどいなかったので全部リリースし帰宅しのんびりとした平日のタナゴ釣りは終わりました。
夕方になって私のタナゴ釣りの師匠である従兄弟のM さんに電話したら、「釣れなかったろ」と言うので23尾しか釣れなかったと言ったら「そんなに釣れたのかよ!」と驚いて、「上手い人でも最近は10尾くらいしか釣れねえんだぞ」というのですっかりいい気になって「俺うまいもん」て言い返しちゃいました」アハハ何だかいい気分。



  ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve


にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

« ジャム・セッションは楽し!@団子坂スタジオ 千駄木 | トップページ | ヘラブナ釣行2013秋@ビン沼&荒川本流 »

Fishing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タナゴ釣り2013秋@埼玉某沼:

« ジャム・セッションは楽し!@団子坂スタジオ 千駄木 | トップページ | ヘラブナ釣行2013秋@ビン沼&荒川本流 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31