無料ブログはココログ
フォト

« 開店二周年記念パーティ@ドゥエ・マーニ 緑園都市 | トップページ | タナゴ釣り2013秋@埼玉某沼 »

2013年10月 2日 (水)

ジャム・セッションは楽し!@団子坂スタジオ 千駄木

今回はジャム・セッションです。

ジャズ屋の方には説明要りませんね。

ジャズ屋でない方
に説明いたしますと、そこに楽器を持って集まった者がスタンダード曲をやりましょうって、その場で簡単な打ち合わせで演奏しちゃうのがジャムセッションなんです。

プロのライブハウスでの演奏がお終わった後に、楽器持ったつわものが飛び込んでやりましょうなんていう形でよく行われるんです。


あのジュジュちゃんもNY時代にはジャム・セッションで鍛えられたって昨日J-WAVEで話してました。
というわけで、今回はバンドのドラマーMさんの中学生時代の同級生ジャズ・ピアノ弾いてるんで都合のいい人だけ集まってジャム・セッションやろうという事になったんです。




場所はいつもの千駄木は団子坂スタジオ
当日集まったのは、フロントからテナー・サックスのN、アルトのT、ソプラノのワタクシ。

01_2


ギターがいつものAとHさん。

Photo


ドラムスのMに今回のゲスト、ピアノSさんに、ボーカルの女性Sさんのお二人。

Photo_2


あ、それからマネージャのSもね。Sばっかりでややこしいですが。


さすがにワレワレの腕前ではいきなりその場で歌番とかは無理なので、事前にみんなからやりたい曲をメールでやり取りしておいて秘密練習しておくというパターンでやりました。
いつもより早めに集まって時間調度には演奏開始!


とりあえずブルースでということで、チャーリー・パーカーのビリーズ・バウンスでスタート。
話は脱線しますが、このビリーズ・バウンスのビリーは確かディジー・ガレスピーのニックネームで、ガレスピーの巨体がはねたのを見て喜んだパーカーが作ったとか、大昔FM東京のアスペクト・イン・ジャズ油井正一先生が申していた記憶があります。そういえばバークス・ワークスって曲のバークスもガレスピーのミドル・ネイムでしたね。

最近こういう話をする番組無いからつまらないね。昔はAMでもTBSで大橋巨泉のアフター・アワーズとか面白い番組たくさんやっていたのに。
え~っと、話を戻してビリーズ・バウンスでしたね一曲目は。
大体初めはブルースやってとるソロのフレーズで相手の腕前を見極めるって言うのがジャム・セッションなんですよ。

01_3


私の下手さ加減を見極めていただいた所で二曲目はボーカルSさんの登場!
曲はユーッド・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ。

01_4


この辺から先は始めてやる曲ばかり、ヨレヨレのソロをとってバックの皆さんにご迷惑をおかけしまくり。せっかくのハスキーで素敵なボーカルをぶち壊しちゃいました。


三曲目は「いつか王子様が」
ヨレながらも何とか喰らい付いて2コーラス分のアドリブをとりました。
いやあ、ジャズはねえ音と音の会話なんですねえ、(ジャズじゃなくても音楽はみんなそう)下手は下手なりの会話をうまい人にフォローしてもらいながら楽しむことができるんです。
楽器やってて良かったと思う瞬間です。

Photo_3


ピアノのSさんのバックが実に分かりやすいタイミングで音を出してくださるので、どこをやってるのか見失いそうになった時も助けられました。
ピアノSさんジャズ・ピアノを教えている先生なのでソロもバックもウマイ!
こういう人がバンドにいるとへろへろソリストとしては非常にありがたいんです。
我がバンドのレギュラーK子さん。そろそろ戻ってきてください。よろしくです。



四曲目は「ミスティ」で、またまたボーカルのSさん登場。
いい感じでAメロだけソロとらせていただきサビからヴォーカルにバトンタッチ。
一人しかソロとらなかったので、今度はソロをアルトのTに替えてもう一回「ミスティ」

という具合に、緊張もほぐれつつ、いろいろその場で決めながらやっていくとあっという間に50分が経ち、その先はメールで打ち合わせたのをドンドンやっていく事に。

「イスラエル」「星に願いを」「朝日のごとくさわやかに」と進み「ウェイブ」ではさすがにワタクシの腕前でソロは無理なのでご辞退した所テナーのNが果敢に挑む所を見て関心してたら、終わったとたんに突然ピアノSさんから「キラー・ジョー」やりましょと打ち合わせ外のお題が飛び出しやってみることに。

みんな当然初めての曲で楽譜とにらめっこしながら何とかかんとかやるトコロがジャム・セッションの面白さ。


お次は「フラー・ミー・トゥ・ザ・ムーン」で久々のボーカル女史の登場。
さらに「マイ・ワン・アンド・オンリー・ラブ」をテナー、フューチャーでかまし2時間のジャム・セッションは無事殴り合いも起こらず楽終了!いやー!楽しかった!
演奏はメロメロだけど。
次はもうちょっと練習してがんばるぞ!


終了後は、毎度おなじみ反省会場の「花 ※ 花」に移動し酒盛り。
マネージャSのジャズ話、楽器話、政治話、エロ話と深く広い薀蓄話に感心しつつ、盛り上がって行ったのでした。






  ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve



にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村

« 開店二周年記念パーティ@ドゥエ・マーニ 緑園都市 | トップページ | タナゴ釣り2013秋@埼玉某沼 »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャム・セッションは楽し!@団子坂スタジオ 千駄木:

« 開店二周年記念パーティ@ドゥエ・マーニ 緑園都市 | トップページ | タナゴ釣り2013秋@埼玉某沼 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31