無料ブログはココログ
フォト

« ヘラ師への道 再入門篇 後編@武蔵の池 | トップページ | ライトアマダイ 2013 11月29日@庄三郎丸 平塚 »

2013年11月24日 (日)

初ライトアマダイ 2013-2014シーズン@庄三郎丸

北風が吹いたらアマダイのシーズンです。

とはいえ今シーズンは10月末くらいからガンガン吊れていて50cmオーバーなんていうのもケッコウ出ていたりして、正直ヘラブナ釣りしている場合じゃなかったんです。

今回やっと日程とお天気の調整が付いたので混雑する祝日にもかかわらず決行!


11月23日勤労感謝の日4時50分庄三郎丸着!

20131113


さすが祝日、出船二時間前だっちぅのに大勢のお客さん。
日当たりの良い右舷ミヨシ付近を取りました。

Photo

昨日の釣果竿頭22匹!最大41cmということで期待が持てます。
6時過ぎ、まだ薄暗い新港の船に移動し仕掛け作り。



6時55分、少し早めの出船!

乗客は約20名ほど。人気有るなあアマダイ。

Photo_2



船は西へ!いくらも走らないうちにスピードが落ち、
浅場からやっていくからねえ、と船長のアナウンス。
昨日の22匹のお客さんは、常に誘っていたから誘いが大事、それとこまめなタナ取りね、タナは底から50cm~1m切ったあたり、潮の流れ具合で変わってくよ。との事。


早速投入!
底までは70m。
底から50cm程巻いてゆっくりと誘います。

今回は、この日のために夏のボーナスバーゲンで買った電動リールの登場。
秋に一度タチウオで使っているけれど本命への投入はうれしいもんです。

Photo_3


釣り始めて間もなく左舷の方にヒット!
よ~し!こっちも釣るぞう!と意気込む所へ左隣さんにヒット!
いるじゃあないですか!お魚ちゃん!次はオレだ!としゃくっているところにブルブルッ!というアタリ!来ました!幸先いいぞ!それにケッコウ良く引く、でかいかも。

慎重にあげてくると30cmオーバーのまあまあサイズ!やったー!
このサイズが来れば文句なし。

しばらくして、またまた左隣さんに来て、こっちも来い!と心の中で叫んでいるところにまたまたアタリ!今度はさっきよりデカイ、竿がグイグイ絞めこまれる。いいぞいいぞ、バレずに上がって来いと念じ糸を巻きます。こういうときは電動に頼らず手で巻きました。

上がってきたのは40cmオーバーか!?と思うようないい体格。船長さんは「右舷で30cmオーバーが上がったよ」とアナウンスしたので「もっとデカイぞ!」と魚を見せてアピールしたのですが冷たい反応。私の中では40cm有ったんですが後で測ったら34cm。船長の目は正しかった。

Photo_4



この後、アタリが途絶えて場所移動!
「今日は潮が動かないねえ」と寂しい船長アナウンス!
こういうときは底から1mくらい巻いたほうがいいそうです。

言われたとおりにやっているとドンドンッ!と大きなアタリ!
アワセるといい手ごたえ!一瞬ニヤリとした瞬間!ズルッとした感触で竿が軽くなり痛恨のバラシ!こういうのが出たときって良くないんだよなあ。

なあんて思いながらやってたら突然電動リールの電源が切れた!
線が外れたのかと思い船の電源を見てみるとちゃあんとつながっているじゃあないですか。おかしいなあとスイッチを色々触るも反応なし!仕方ないのでちょっと遠い左隣の電源まで引っ張ってみたら一瞬点いたものの直ぐ消えたので「あ、リールは大丈夫!でもこっちもダメか?」とまたもとの電源に戻したら点かない。

左隣は遠くてお隣さんの足を擦ってしまうので避けたかったので仕方なく手巻きで釣りつづける事に、この時点ではさっきまで点いていた電源で点かなくなったので本体が壊れたかと少々動揺し釣りに集中できない始末。

30分ほどやっていた所にちょうど船長が降りてきたので「電気点かないんですよ~」って言ったら左の電源のねじの所に繋いでみて!というので、左隣さんに了承を得てちょっと邪魔になるのを我慢していただき接続すると復活しました。


やっと心置きなく釣りに集中できる、と釣り始めるものの船中おとなしくなっちゃってアタリはパッタリ!


9時を回って80mのダチへ移動!

そこでチッコイのを一匹追加。さらにブルブルッと来たあたりに乗せることが出来ずすっぽ抜け。なんだか嫌~な雰囲気が漂い始めると、そこからが、アタリが無く、タマに釣れるのは外道のアカボラやらカンゾウヒラメ、イトヨリなどなどばかり。
タナがあっていないんだろうなあ。


11時過ぎに船は大きく移動し大磯沖80mまでやってきました。
移動直後から周りではポツポツ上がり始め、船長もこっちは潮が動いてる、の一言。

01



慎重にかつこまめにタナを取り直し誘いを入れるもののアタリは無く、左隣さんがコンスタントに釣り上げているのを横目で見ながら「何でこっちには来ない?」と焦ってきました。

時計が12時を回った頃、いいアタリが有ってようやく4匹目のアマダイ、30cmオーバー!
10分後くらいにさらに同型を追加!

いいぞいいぞ!残り時間で10匹釣るぞう!と気合を入れなおし、このあたりからタナの取り方、誘い方もなんとなくコツを掴み始めポツリポツリと追加!


この日はお日様はポカポカ、風も無く水面はベタナギで気分よく釣れました。
まるで琵琶湖あたりで釣りしているみたい。
富士山も終始きれいに見えていてロケーションは最高でしたね。

02



1時過ぎにまたまた30cmオーバーを釣り上げ、後は数はいいからデカイのだけ釣りたいなあ、と思っていたところに船長から「今51cmが上がったよ」と一言!デカイ!50オーバー!40オーバーでも相当デカイのに。

ようしこっちも!と粘るものの上がってくるのは30cm弱ばかり。おまけに30cm近いバカデカトラギスを釣っちまった。

後30分で上がるねえ、という船長のアナウンスの後に30cmくらいのを追加。


これが最後の一匹となって、午後2時この日の釣りは終了。
数えてみたらアマダイは8匹、内4匹が30cmオーバーとワタクシ的にはまあまあ満足な釣果。数はともかく40cmオーバーが釣りたかったけれど。

01_2



これは次への課題として、まあまあ気分よく釣り宿に戻ったのでありました。
釣り宿で件の51cmを見せていただいたらまあ迫力のあること!無いか違う魚のよう!


次はオレの番だ!と庄三郎丸を後にしたのでした。



庄三郎丸釣果情報は庄三郎丸HPへ



   

  ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve

« ヘラ師への道 再入門篇 後編@武蔵の池 | トップページ | ライトアマダイ 2013 11月29日@庄三郎丸 平塚 »

Fishing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初ライトアマダイ 2013-2014シーズン@庄三郎丸:

« ヘラ師への道 再入門篇 後編@武蔵の池 | トップページ | ライトアマダイ 2013 11月29日@庄三郎丸 平塚 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31