無料ブログはココログ
フォト

« ヘラ師への道 再入門篇 前編@武蔵の池 | トップページ | 初ライトアマダイ 2013-2014シーズン@庄三郎丸 »

2013年11月21日 (木)

ヘラ師への道 再入門篇 後編@武蔵の池

ズルズルと釣れない宙釣りを切り捨て底釣りに切り替えた師匠

安くて中途半端な長さの竿を使っている私に、「この竿あげる」と16尺の高そうな仕掛け付きの竿を差し出した。
「え~~~!マジ?イイの?」と小躍りしたくなりながら受け取った竿には朱紋峰本造り16と書かれておりました。

Photo_5

後でネットで調べたら中古で2万円弱する高価な代物!
師匠気前いい!

そんな太っ腹の師匠を横目で見ながら釣っていると、

数投したら「なんか良いかも」とポツリと独り言ともメッセージともいえない一言。
「ふ~ん、いいんだあ」って思いながらデカイバラケエサ付けながら釣るワタクシ。
15分くらいでしたでしょうか?ビシッ!とアワセが決まり大きくしなる竿!
「やっぱ底イイみたいよ」と良型のヘラをキャッチする師匠。

Photo_6


そこから立て続けに3枚ヒット!
やっぱ底だよ!底に変えた歩がイイよその竿使って!」と先ほどくれた竿を見ながらの賜る。

せっかくのエサ、モッタイないなあ、とケチクサイ事言ってる場合じゃあ無い!

Photo_9


底釣りに変える~っ!とすっかり弟子になったワタクシはいただいた竿を手にしたその時「昼食の準備が出来ました」と事務所からの力の抜ける放送があり、
「ただでも美味くないんだから温かいうちに食っちまったほうが良いな」と思う私と同じ一言をかけた師匠。


さらに「メシ食ってる間に底とっておいてあげるから」と至れり尽くせり。
あれ?!これって、今までやってた大名釣りと同じじゃん!
自立するんじゃあ無かったっけ?と自問しつつも楽な方を選んでしまうワタクシ。


さっさとメシを食いに行って味を覚えていないカツ丼700円也をさっさと食って戻るとすっかり底釣りのお膳立てがされており、エサ打ちまでしてくれているじゃあありませんか?!
Photo_10
エサ打ちって釣り始めに自分のポイントにエサをガンガン打ち込んで魚を集めることです。お魚ちゃんを集めておいてあげたからさあ釣りなさい!って言うことなんですね。ここまでしていただいたらさすがの自堕落なワタクシも真面目に底釣りをしないわけにはいかんですね。

早速底釣り用のエサを師匠に言われるままに作り釣り始めたのでありました。

底の深さは約3.5mほど。ハリスは35㎝と42㎝、これが変わってしまうとまたタナの取り直しなのでキッチリ守らなければなりません。この辺はシビアなんですねヘラは。

ウキのメモリが上から二色でなじんで4~7色目くらいに出るアタリを取ってね」と細かな指導も入り「よおし、釣るぞう」と意気込んで釣りを始めると、おおお・・・いい感じでアタリがでるじゃあありませんか?!

Photo_11



10投するかしないかでツン!という明快なアタリにあわせると朱紋峰本造り16はぐい~んと気持ち良くしなりお魚ちゃんが寄ってくる。「う~ん、なんかこれぞヘラ釣りちう感じ」と思わず声を上げたくなってしまいました。

Photo_7

Photo_8


そこからは、ポツリポツリでは有りますが、朝っぱらから11時過ぎまでかかって不本意な4枚しか釣れなかったのが7枚に数が伸びた所で師匠は「ゴルフを教える約束が有るから」、と帰る身支度。

「10枚くらいは釣れるかな?」という弱気なワタクシに向かい「大丈夫!釣れる釣れる」と言い残し午後はゴルフの師匠になるために道具を片付け去って行ったのでありました。
師匠の温かいエールに応ずべくその後も底釣りを続けるワタクシ。

05


いい感じでウキがなじんで、いい感じでアタル、というのが続き、そのうち4~5回に一枚というペースでへラを手にすることが出来、尻尾にスレて掛かった2枚を除いてもトータルで14枚の釣果!

04





前回と比べて圧倒的なこの差!

まだまだ自立するのは難しいみたい。


ヘラ師への門の入り口にようやくたどり着いた思いをしながら、傾ききった陽に当たる武蔵の池を後にしたのでありました。
  



    ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve



にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

« ヘラ師への道 再入門篇 前編@武蔵の池 | トップページ | 初ライトアマダイ 2013-2014シーズン@庄三郎丸 »

Fishing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヘラ師への道 再入門篇 後編@武蔵の池:

« ヘラ師への道 再入門篇 前編@武蔵の池 | トップページ | 初ライトアマダイ 2013-2014シーズン@庄三郎丸 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31