無料ブログはココログ
フォト

« アマダイで五目釣り@平塚 庄三郎丸 | トップページ | プチ韓国旅行気分でお誕生会@名家 新大久保 »

2014年1月30日 (木)

アマダイ転じてカサゴ釣り@浅八丸 平塚

またまたアマダイです。

何が好きって、アマダイを誘ってアタリを取った瞬間がたまらなくいいのと、深いところから上げてくる間のクンクンクン!という引き味ですね、そしてもちろん食べて美味しい。お店じゃあ売っていないし!なかなか。
そんな理由でこの時期はすっかりアマダイの人になっちゃいました。


今回はいつも乗っている庄三郎丸さんが正月休みで連休だったので、二件となりの浅八丸さんをネットで予約入れました。あのライトルアーで有名な船宿さんです。

6時ちょい前、浅八丸着!

Photo


平日なので人もまばら、料金はサービス券を持っていくと7500円でエサ込み。
氷は別料金ですが庄三郎丸より1000円安い。ちょっと得した気分で船に乗り込みました。


席は右舷の真ん中、準備しながらエサを見ていたらいつもの庄三郎丸のより粒がそろっている!オキアミの一匹一匹が大きいんです。
これもまたまた得した気分になり、なんだか今日はデカイの釣れそう。

Photo_2

6時50分、少し早めに出船!
船は西に向かいます。

Photo_3

大磯沖辺りで船は減速し最初のポイントへ。

Photo_9

             こんな美しい富士山を見られるのも釣りの楽しみの一つ



浅八丸のアマダイ船ではライトではないのでオモリは80号を使います。

その分竿もちょっと固めのものが必要と思ったので、昨年末先っぽを折っちゃた竿の先端を処理して使えるようにして持っていきました。
穂先の感度は若干落ちるけれど誘うのも十分いけそうでした。


一匹目が来たのは開始から40分後の80時頃、25cmのオチビちゃん。

この後ポイントをもう少しにしに変えて再投入!
この流しでまたまた同サイズを一匹。

Photo_5               海は凪いで暖かく最高の釣り日和なんですが・・・

この日は魚の気配はするんですが、なかなか誘っても食ってこないんですね。
前回は小潮で潮の流れがほとんどなかったので誘わないと食って来なかったのですが、今回は大潮で潮の流れは速くどうも誘い方も変える必要があるようなので、初めは前回同様小さくチョンチョンと誘っていたのをどうも連発してこないので、誘いを変えて少し大きめに誘ってみたもののこちらもまたどうも結果が出ない。
ここからは迷路にはまり込み誘ってから落として待ってみたり、はたまた誘って持ち上げた上体で待ってみたり。


10時過ぎにいいアタリがあって良く引くので大物かと思ったら嬉しい外道のオニカサゴちゃん。節分を前にしてオニ退治しちゃいました。
前回もほぼ同サイズのオニカサゴ釣ってお刺身とあら汁にしたら美味しかったこと!


手には竿を持ちながら頭の中ではもうどうやって料理しようかなんて考えているんですから全く釣り師ちうものは殺生なことやっています。お魚ちゃんたちごめんなさい!その分ちゃ~んと感謝して美味しくいただきますから。


およそ30分後に今度はアマダイらしいいアタリと引きで35cmが上がり、こちらのテンションも上がります。

35

さらに11時頃、いいアタリと共に強烈な引き!

40cmアップ間違いなしと思われる引きはぐんぐんと竿をたたきひょっとすると50cm近いかも!

今日もやっちゃったかな、うふふ・・・とほくそえみながら慎重に手巻きで上げてきたら見えてきました!でかい50cmはおろか60cmは楽勝にとどく大物じゃあないですか!

でも茶色っぽくて細なが~い!なんと釣れたのはウミヘビ!仕掛けはうねうねした体に巻きついてグチャグチャになり、魚体はぬるぬるしてつかめないしもう最悪!!!!!

Photo_4


上がっていたテンションは一気に下がってしまいました。しかし!まだまだ時間もあるし仕掛けだって予備がありますからすぐに気を取り直してヘビの写真を撮って海にほおり投げて、仕掛けのほうも再投入!


この辺からアタリが遠のいてなかなか誘っても魚の気配が感じられなくなっちゃいました、ところが左隣で釣っていたお客さんは、そんなワタクシを尻目に見た目1kgくらいの良型マダイを釣り上げたと思ったら立て続けに今度は40cmはあるかと思われるアマダイを釣り上げなさった!

こういう事に打たれ弱い私は、ちくしょう!こっちはウミヘビなのにあちらはマダイ。
船の周りに捨てた外道狙いで浮かんでいるウミネコも手を出さないシロモノに対してあちらさんは二匹も料亭モノかよ!と心はひねくれ、誘い方はいよいよ正解が分からなくなっちゃいました。

12時半頃久しぶりに小気味よいアマダイのアタリを感じたものの上がってきたのは25cmクラス。
それでも気持ちを取り直してデカイの釣るぞ!50cmアップ!とぶつぶつ言いながらしゃくっていると今度はのた~っと重くなるアタリ!

一瞬根がかりかと思ったけれど糸が巻けるのでなにやらまたまた変な大物じゃあなければ良いけれど・・・と不安ながらに100m出ている糸をヤッコラセと巻いてくるとジャジャ~ン!!!

今度は直径50cm位はあるバカデカイヒトデ!足が八本ぐらいあってしかもオニヒトデみたいなトゲトゲがいっぱい着いているじゃあありませんか。キモイし触れたら危険そうなので写真も撮らずに針だけペンチではずして船べりから青い海に向けて突き落としました。もう勘弁してくださいよ!何か悪い子としたかしら?デカイのはみんなキモイのばっかりじゃあないの!

Photo_6                 大磯沖からの富士山も美くしうございました


そんなことしていたら1時を回り残り時間も少なくなり、折からの晴天となぎの海でなんとなく待ったりとした雰囲気が船上を支配し始めました。


しかし、ワタクシは最後の一投まで50cmアップ諦めんもんね、
と独り言を言いつつ竿先を小さく誘っていたらなにやら魚の当たった気配が!
しかし乗らない。そこでチョンチョンと誘ってみると100m下の海の底近くではなにやらお魚ちゃんがワタクシのエサに何度かアタックしてきて4回目くらいに!

来ましたー!
ぐんっと竿先は曲がりクククッと魚の反応が!
今度こそそこそこサイズだぞ!
とニヤニヤしながら慎重に巻いてきたら上がってきたのはあれ~?また茶色っぽい!
それでも細長くないし八本手も生えていないちゃんとしたお魚ちゃんの形している。恐る恐る上げて船長にこれなんですか?って聞いたら「カサゴだよ」というお返事。

お~!カサゴなら煮付けにしたら最高じゃあないですか!それにサイズもそこそこあるので刺身でもいけそう!なんだかやっと最後になっていいもん手に入れたぞ。

今夜はカサゴの煮付けにオニカサゴの刺身だ!
アマダイはご近所さんにあげちゃえ!とすっかり気分も気前も良くなりました。

Photo_7

            上がオニカサゴ、下がカサゴ オニには毒のトゲがあります

アマダイは狙って釣れるけれどカサゴは早々釣れるもんじゃあない。

まもなく終了の時刻となり、最後のカサゴでちょっと落ち込んでいた気分も一気にハイテンションになりちょっと気分良くこの日の釣りを終えたのでした。

釣果はアマダイ35cmを頭に5匹。オニカサゴ、カサゴそれぞれ1匹。

Photo_8



ちなみにこの日の竿頭は15匹ですと。最大は41cm!上手な人はいるもんだなあ。
季節的にそろそろ一時の勢いは無くなりつつあるアマダイ釣りですが、2月中旬頃までは釣れるとのことなのでもう一回くらいは勝負してみようかなあ。



ご参考:浅八丸HP





   ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve



にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

« アマダイで五目釣り@平塚 庄三郎丸 | トップページ | プチ韓国旅行気分でお誕生会@名家 新大久保 »

Fishing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アマダイ転じてカサゴ釣り@浅八丸 平塚:

« アマダイで五目釣り@平塚 庄三郎丸 | トップページ | プチ韓国旅行気分でお誕生会@名家 新大久保 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31