無料ブログはココログ
フォト

« 憧れのリール STELLA | トップページ | 弾丸ブリ釣りツアー@輪島 天翔丸 »

2014年3月26日 (水)

とうとうやってしまったギックリ腰@HOME

人生を変えるような大きな出会いは突然やってくるものです。

と前々前回書き出して新たなる世界を広げてくれる可能性を持った釣具屋さんとの出会いを本ブログに書きましたが。今回も別な意味で人生を変えるような大きな出会いが突然やってきました。
それは土曜の朝、迫り来る燃えるゴミの収集時間に間に合わせるべく家中の燃えるごみを大きなゴミ箱に集めていた時です。ごみ箱の蓋を取りか紙切れ二三枚を捨てるべく体を左側にひねった瞬間!なにやらこれまでの経験の無い骨と筋肉がぎゅるん!といった感じでねじれ激痛が全身に走りました。反射的に身を元に戻してみたものの、そこから自由に動くことができないじゃあないですかあ!中腰になったまま背筋を伸ばして立ったまま。

これか!ギックリ腰というやつは!
とうとうやってしまった。
ギックリ腰人生のはじまりかあ!
もうデカ・マグロどころじゃあない!
スキーだってできなくなるの?
そう思うと暗澹たる思いが去来してくるじゃあありませんか!
みんなここから動けなくなって何もできなくなり救急車を呼ぶ、という話をこれまで幾度も聞いていたので、そおっと身体の向きを変えようとしたら、グギグギと痛む。

あわてて元の体制に戻して、そのままそこにつっ立ていても仕方ないので恐る恐る動いてみたら、少しずつなら何とか動ける。腰をかがめたり、上半身を前かがみにすることはできないけれど足で向きを変えれば恐る恐る移動することもできる。

家の中には誰もいない。

仕方ないのでゴミ出しを何とか身体ををごまかしながら済ませてみたものの、横になってしまうと二度と起きられないような気がしたので、椅子に座ってしばし休憩。


この日は、午後から大学ジャズ研時代の仲間が集まりジャム・セッションをやる日。
数十年ぶりに会う人などもいて楽しみにしていたのに全ておじゃんです。
腰が痛いのよりこちらの方が悲しい。
何とかならないものかと思案するも身体かいうこと聞かないんじゃあ、と諦めました。

さあてこの先どうしたものか?
一人で医者にも行けないし、とりあえず安静が第一と聞いていたからマンボウチェアにそっと座ってPCを起動しギックリ腰についてネットで調べてみました。

安静にすること、鍼がどうやら効くらしい、コルセットが有効など書かれているのを見つつ、これだけの作業をなんだかんだ言ってやっていつんだからこのギックリ腰は比較的軽症らしいということも分かってまいりました。

体調も悪かったんですよ、三日前から風邪ひいていたのにやらなきゃならんことが幾つかあって風邪薬を大量に飲んでごまかしていたんです。

とりあえず安静にという事で横になり夕方まで過ごし、事態は何も変わらないので動くことにしました。

この手の治療に非常によく聞く治療師さんを知っていたのを思い出したのです。
かみさんが帰るのを待って運転してもらい出かけました。

治療台に向かう時のへっぴり腰を見て、治療師さんもすぐに分かったらしく、丁寧に時間をかけて手でマッサージしたり、足でふんづけたリしながら全身くまなくやってもらったら、寝返りを打つのも少し楽になり少し安心して帰宅。

翌日は、何とかひとりで起き上がることも出来るまでに回復。
翌々日は自らの運転で歯医者さんにいけるようになり、
さらに翌日は朝もするりと起き上がり犬の散歩に行けるまでの回復。
この日二度目の治療に行ったら、診療台への上り下りも寝返りも普通にできるまで回復していました。

このまま順調に行けば、復活の日もそう遠くないはず。

何とか、デカ・マグロも来シーズンのスキーも間に合いそう。
でも油断はできないなあ。
        
    


      ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve



« 憧れのリール STELLA | トップページ | 弾丸ブリ釣りツアー@輪島 天翔丸 »

健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とうとうやってしまったギックリ腰@HOME:

« 憧れのリール STELLA | トップページ | 弾丸ブリ釣りツアー@輪島 天翔丸 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31