無料ブログはココログ
フォト

« 今度はキャスティングでブリ・ヒラマサ 実釣篇@輪島 天翔丸 | トップページ | チャーリー・へイデンの逝去 »

2014年7月10日 (木)

レッド・ツェッペリンのリマスターLPを買ってみた

レッド・ツェッペリンのリマスター盤が先月末に発売されたのは皆様もすでにご存知のことと思います。ジミー・ペイジ自ら日本に乗り込みプロモーションしていたくらいですから、新聞でご覧になった方もいらっしゃるでしょう。

あ。そうそう、なんで本ブログでいきなりロックの、しかも1970年代のオールドロックの話なの?って言われそうですが、ワタクシ、世代的にもろレッド・ツェッペリン世代なんですね。実は。

高校生の頃欲しくても変えなかったんですよ。当時LP一枚2000円は中々手が出ず、友達に借りて聞いたりカセット・テープに録音したりして聞いていたものでした。
そんな理由でLPを持っていなかったんですが、そのうちに悪魔の音楽JAZZに魂を奪われてしまってからはしばらくツェッペリンのことは忘れていたんですね。

しかし数年前、なんかJAZZにもちょっと飽きた時期があって、70年ロックのCDを買いあさった時期がありツェッペリンはもとより、ディープ・パープル、クリーム、YES、ピンク・フロイドあたりの昔買えなかったLPをCDで大人買いした時期があったんですよ。
今回ツェッペリンのリマスター話を聞いた時、即座に「欲しい!」と思ったんですが、何せこの所大物釣りの遠征費等々で少々財政難気味の状態なので我慢していました。
ところが!HMVからのダイレクト・メールを見てしまったのがいけなかった!

何気なく「リマスター盤、輸入盤なら2000円くらいで買えちゃうんだー」ってみていたら目に飛び込んで来たのが「180gLP2500円」の文字!!!!!

アナログも出るの~???
ほ、欲しい!!!

CDは我慢できるけどアナログ盤は我慢できない!!!
という激情が体内を突き走り即座にポチってしまいZeppelinⅠからⅢまでを入荷待ち購入!

本日先程クロネコさんから届いたので早速聴いてみたわけです。

Lp01

                やっぱりLPはいいなあ、存在感が違う


まずはⅠではなく大好きなⅡから、

針(デノンDL-103)を落としてみると「オーッ!音が分厚いぞ!」ロバート・プラントの声が生々しいっていうかどの楽器も粒立ちが良くてハッキリしているし分離もいい。さらに聴いていくとWHOLE LOTTA LOVEのテルミン部分の音が左右にぐるぐる回るところの迫力が全然違う!

いいぞ、いいぞ!一気にA面(SIDE1)を聴き倒しB面(SIDE2)へ。

ここに来て、なんか高音域が詰まっている感じがしてきた。
ちょっとCD(リマスター盤じゃない)と聴き比べちゃおうとCDをセットして曲の頭だしして切り替えながら聞いてみました。

すると、高音域の伸びはやっぱりCDの方がイイ!でもCDは「サー」っというヒス・ノイズが終始聞こえる。ひょっとしてリマスター時にマスター・テープのヒス・ノイズを取る処理をしてその影響で高音が詰まった感じになっているのか?これはリマスター盤のCDを聴いてみないと分からない。(だからといって買うつもりは無いけれど)

CD買った方いかがですか?ご感想聞かせてください。
このように書くと音に不満な印象を受けるかもしれませんが、CD(リマスター盤じゃない)に比べたら音の厚みが圧倒的に良いし、シャカシャカうるさくないんですね。
曲を聴き進んでいくとRAMBLE ONのジョン・ポール・ジョーンズのベースなんか鳥肌もの、次のMOBY DICKのジョン・ボーナムのドラムソロも太鼓の音の抜けもいいし生ナマしくて迫力満点!イイッ!
やっぱり買って良かった!

続いてⅢも聴いてみよう。あれ?またちょっと違う印象だ。
こっちの方が高音域が自然な感じ、詰まった印象が無い。

やっぱりマスター・テープのクウォリティの差なのかしら。Ⅰも聴いてみなくちゃ、って言うことで
Ⅰを聴いてみた。

ⅠもCD引っ張り出して比較して聴いてみると、高音域の詰まった感じはそんなにしないですね。耳が慣れちゃったのかなー?

でもエコーの処理の仕方が全然違うのに気づきましたね。CDの方がエコーがビンビンにきいている感じ、リマスター盤は抑え目、その分音像がハッキリして生々しく聞こえるというわけです。

ゆっくり聴きたいので本文はここまで。
また何か気づいたら書きますね。

早くⅣ出ないかなあ。


  ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve


« 今度はキャスティングでブリ・ヒラマサ 実釣篇@輪島 天翔丸 | トップページ | チャーリー・へイデンの逝去 »

ロック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レッド・ツェッペリンのリマスターLPを買ってみた:

« 今度はキャスティングでブリ・ヒラマサ 実釣篇@輪島 天翔丸 | トップページ | チャーリー・へイデンの逝去 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31