無料ブログはココログ
フォト

« 丸やグループ・サマー・フェスティバル2014 前篇@二本松 | トップページ | 嵐を呼ぶ男たち(女たちも)@パンプローナ 安曇野 »

2014年8月 5日 (火)

丸やグループ・サマー・フェスティバル2014 後篇@二本松

第一部を何とかやっつけたわれわれ楽団員は控え室代わりのテラス席に陣取り再びビールをグビグビ始めました。

ステージでは、丸やグループ各社の社長、関連会社、取引先のお偉いさん、二本松市長などのご挨拶が行われておりました。

次の出番までは小一時間。
第一部の反省をすることも無く、出店から頂戴してきた焼きそば、フランクフルト・ソーセージなどをほお張りながら身にならない世間話などをしてダラダラ過ごしておりました。

空も薄暗くなり始め、第二部の始まり。
トップバッターはRCダンディーズなるロック四人組。

このバンドからのオファーで最後の二曲、「夜明けのブルース」と「東京パラダイス」を共演することになったんです。
先程のリハーサルで初めて合わせてみたら何とかなりそうなので一安心。

この日のために、バンド一丸となって「歌の無い歌謡曲」ばりにインストで練習したんですよ。何回も。
ダンディーズの3曲目が終わったあたりでホーンセクションだけ舞台そでからこそこそとステージ奥に侵入。

ボーカルの方から声がかかると、いそいそとステージ前面に立ちました。
ドラムのフィルインで「夜明けのブルース」の始まり。いきなり音をはずしながらも知らん顔で演奏を続行。

06


続いて「東京パラダイス」またまた音をはずしながらも何とか終了。
息つく間も無く次は再び「ベリーダンス」とのコラボです。

08


これは先程第一部でやった曲の繰り返しでかつワタクシは出番が少ないのでニヤケてダンスを見ているだけ。

しかし、これが終わると第二部ジャズ・パートの開演でございます。

一応、アマチュアとはいえ「ジャズやってる」ってふだんから自慢している都合上、ジャズやるには何となく独特のプレッシャーがかかるもんなんですよ。
そんな、プレッシャーに押しつぶされるように「ストールン・モーメンツ」のはじまりはじまり。

この曲、テーマの後いきなりワタクシのソロなんですね。
文字通り息つく暇が無い。テーマの最後の音吹いてすぐにアドリブ突入!
ずっこけながらも何とか這いつくばるようにソロを吹き続け3コーラス吹いて逃げました。

10


二曲目は「リコーダ・ミー」ジョー・ヘンの曲です。
この曲はバンマスのお気に入りなのでこちらはアンサンブル以外は出番なし。
一歩下がって鼻くそほじくりながら演奏を聞いていました。

03


三曲目は「チュニジアの夜」
この曲はテーマ→アドリブ一号→→エンドテーマ→カデンツァと本日のワタクシの大舞台的な曲。
よれたアドリブを吹きながらも何とか軟着陸できました。

そして最後は「オルフェのサンバ」
この曲はアルトがメインの曲なのでまたまたワタクシは軽くソロをワンコーラスとるだけ、なんですが、なかなかこの軽くというのが難しい。
重くなっちゃうんですよ。指も動かないし。

曲の最後のドラムソロが切れまくったおかげで演奏は無事終了!
と思ったら「アンコール」の声がかかり「ハング・アップ~」を再演。
ヨレヨレのソロをとっておしまい!


演奏を終えやっと開放された勢いで生ビールを三杯飲み干し即座にいい気分。
突然はじまった二人組みパンクバンドもなかなか面白い。


最後に行われた恒例の「マツケン・サンバ」と「サライ」ではじけ飛ぶ丸やの皆さんの姿を見ながらさらに飲み続け、ドロドロと酔いが回っていくのでありました。

12



11

イロイロ有ったけれど終わって見ると今年も楽しかったなあ。

シティ演歌二曲の共演もなかなか楽しい経験になったし、ベリー・ダンスのお姉さんたちは綺麗だったし、沖縄武術・舞踊は貴重なものを見せていただいたし、何よりも丸やグループの皆さんの歓待が嬉しかったし。


皆さんどうもありがとうございました。


この後、全演目終了後は舞台横のコンテナハウス内にて10時近くまで二次会。そして用意していただいたホテルに戻り温泉を浴びた後には三次会と、今年もまた二本松の夜は終わることなく深まって行くのでありました。



 ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve

にほんブログ村 音楽ブログ ジャズへ
にほんブログ村

« 丸やグループ・サマー・フェスティバル2014 前篇@二本松 | トップページ | 嵐を呼ぶ男たち(女たちも)@パンプローナ 安曇野 »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッ今年も大変お世話になりました!皆様方のお陰で弊社夏祭りも大成功で終了する事が出来ました。来年も引き続き宜しくお願い致します来年は、打ち上げに力を入れる予定です(笑)又、東京での祝賀会でお会いするのを楽しみにしております。皆様方にも宜しくお伝え下さい。  ㈱丸や運送  佐藤 仁        感謝

佐藤社長 
コメントありがとうございます。コメ返し遅くなってすみません。

こちらこそ大変お世話になりました。楽しく充実した時間を過ごすことができました。

お祭りも素晴らしかったですよ。^^ 特に沖縄古武道・民舞には感動いたしました。
沖縄に行ってもなかなか見られないものを見せていただき(釣りばかりしているからですけど)大変感謝しております。
また、社員の皆様の歓待にこの場を借りて御礼申し上げます。
ありがとうございました。

反省会、楽しみにしております。東京でお会いしましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丸やグループ・サマー・フェスティバル2014 後篇@二本松:

« 丸やグループ・サマー・フェスティバル2014 前篇@二本松 | トップページ | 嵐を呼ぶ男たち(女たちも)@パンプローナ 安曇野 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31