無料ブログはココログ
フォト

« 今年も反省なし@吐夢  阿佐ヶ谷 | トップページ | バラムツ事件@朝日新聞 »

2014年9月18日 (木)

爆釣タチウオ@弁天屋 金沢八景

魚釣りで海に行くといつも感じることがあります。

それは、海の自然の豊かさ。

この5月、沖縄の離島では海の豊さに感動しましたがそれだけではありません。
近年相模湾にキハダマグロが回遊してくるようになったのは、決して水温が上昇しただけではないと思うんです。

そこには、あの大きな魚体を満たす、豊かなエサがあるからです。
シラス、イワシ、トビウオ、サバなどなど、人も漁をするこの魚たちがさらに想像以上の多くの大魚たちを育むほどたくさん群がる様子を目にした時、海の、大自然の豊かさに
圧倒されしまいます。

今回は都心のすぐそば、東京湾での話です。

07


釣りものはタチウオ。
そう太刀魚とも書きます。刀のような形と銀色に輝く魚体であるから、または立って泳ぐからその名がついたと言われていますが、釣っても食べても美味しいこのお魚、今年の夏は豊漁でした。
このところは型もよく数もでているというので、一年ぶりに釣りに行くことになりました。
入れ食いでこのところのボウズ続きを払拭したいという気持ちもありました。
同行者はプール仲間の大先輩Tさん。ルアーかエサかで悩んだのですが道具の関係でエサ釣りでの釣行となりました。


午前6時20分、金沢八景の弁天屋到着。
平日の水曜日だというのに、すでにタチウオ船には20名近い釣り人が座を構えており、その人気ぶりが伺えます。

我々の後にも数名タチウオの方がやってきたので、急遽もう一艘船を出してくれることになりそちらに乗ることになりました。
我々の船は釣り人7名。ゆったり釣り座を構えられました。

15


乗船直前に、潮の関係でミヨシ(船の先端)が良いよとと言われたのでワタクシはミヨシに、違う場所でやっていい方に移動してみようとTさんはオオトモ(船の後方)にそれぞれ釣り座を構えることになりました。

7時15分出船。
金沢八景の湾からでた船は観音崎沖を目指して一気に走ります。
およそ20分で到着。そこにはすでに15隻ほどの大船団が出来ていました。
いくら釣れているとはいえ、こんなにたくさん船がでたら魚も足りないんじゃあ無いの?って心配になるくらいの大船団です。

09


後から来た弁天屋号は船団の観音崎よりの東京湾外側(南より)に場所を取り早速釣り開始。


タチウオの餌釣りは関東ではサバの切り身を使うことが多いようです。

12

仕掛けはストレート天秤に重さ60号のおもりを付けその先にハリスを繋ぎます。
針の結び目には鋭いタチウオの歯から逃れるために塩ビのパイプが通されています。
13
ストレート天秤は、昨年この釣りをしたときは真っ直ぐのまま使っていたのですが最近は曲げて使うのが主流なようで、船長にこうやるんだよってグイっと曲げられちゃいました。

14
8時前釣り開始。
水深およそ60m、底から15mくらいがポイントです。

エサをそこまで落としてからゆっくり巻き、時々竿をあおってアクションを付けると早速ゴゴゴ・・・というアタリが竿先に。
ここであわせるとタチウオは釣れないんですよ。
タチウオはエサの切り身の端っこの方から噛み噛みしてくるので口が針にかかるまで我慢しなければなりません。この我慢の仕方も竿を止めて待つ場合が良い場合と、動かして誘いをかけた方がいい場合と様々なんです。

取りあえずは、竿を止めて様子を見て食わないようだったら糸を少し巻きながら軽く竿をあおってみました、すると竿先がぐい〜んと曲がり重くなりヒット〜ッ!

さい先よく一投目でヒットです。
う〜ん、こういうの久しぶりかも。爆釣の予感。
上がってきたのは80cmほどの小ぶりのタチウオ。銀色の魚体が美しい。鋭い歯に気をつけながらクーラボックスに入れてエサを再投入。

11



2投目は、底に落としてちょっと巻いた所に再びゴゴゴ!
うまくあわせて引き上げてきたんですが船べりでポトリと落ちてしまってバラし。

ここからは、少しテンポが落ちてアタッテから針に乗るまでの時間がかかったり、底から巻き上げてアタルまでに時間がかかったりとペースダウン。
あわせそこないでエサだけかじられるすっぽ抜けも多くなりました。
それでも8時半の時点で8本。

06


型も全体によく、四本指程度のものが中心です。
タチウオは細長い魚なので長さで大きさを表現するのではなく、魚の幅が指何本分かで計るんですよ。四本ならまあまあ、五本というと大型です。

タチウオは神出鬼没の魚と言われていて、いたかと思ったらあっという間に群れごと姿を消してしまうことがよくあるんですが、この日は運良く一カ所に留まってくれていたようで船団も移動すること無く、どこの船も順調に釣れているようです。

私の向かい10m程の所にいた船は千葉から来たルアー船でした。
ルアーいいなあ、なんて見ながら釣りしているとみんな結構早いピッチでルアーを動かして順調に釣り上げているのが見えました。

そこで、わたしも誘うスピードを細かく早く竿先をあおる方法に変えてやってみると、これが的中したようで、アタリの出方が急に良くなりました。

後は合わせるタイミングです、止めてしまうよりも少しずつ誘いながら巻くのがいいようなのですが、魚はなかなか乗ってこず、アタリがあってから10m以上巻き上げてやっと乗るなんてこともざらです。
10時半を回って15本。
まあまあいいペース、というか前回釣行時の釣果13本を軽く抜いてるし。

ここで、竿を少し固めのジギングロッドに変えてみることにしました。
それまで使っていた竿は穂先が柔らかいので竿を動かしても竿先で動きを吸収してしまいエサがうまく動いていない気がしたんです。

変更後の第一投。
お、やはりいい感じで竿先の動きがルアー、じゃないエサに伝わる感じがします。
小さいピッチでワンピッチにリールのハンドル半回転巻くのをスムーズに巻いてくると、すぐにゴゴゴ!と来ました!

04


これは正解かも!
立て続けに3本キャッチしてもうすぐ20本というところで来ました!
こいつは、底から10mくらいの所でアタリながらもなかなか乗らないので、ハイスピードで巻き上げたら下から飛びついてきました。
ガツンとひったくるようなアタリがあったと思うとグイグイと下に引きずり込もうとします。明らかにこれまでのものとは違うのが分かりました。

05


慎重に上げてきたら、オオ!太さが全然違う!
早速噛まれないように恐る恐る手を出して計ってみると指5本あるじゃあありませんか!船長に見せたら良かったねって相づちうってくださいました。

船の同船者も順調に釣り上げているのが、船上のにぎやかさから察せられます。
およそ15隻の船に平均10人乗っているとして150人。これが一人あたり10本釣ったとして1500本!実際にはもっと釣れているんでしょう。しかも今日だけの話ではなく、8月の半ば頃からこのような釣りが続いているのをネットでチェックしてきたので知っていました。

いったい、どれだけのタチウオがこの東京湾にはいるのでしょう?
そして、タチウオが食べるエサとなる魚たちはさらにそれ以上の数。
タチウオに限らずアジ釣りの船なども毎日のように出船してはそれなりの釣果があります。無尽蔵に魚がいるのではないかと錯覚を起こしてしまう程。この気持ちが乱獲に繋がってしまうこともあるのでしょう。

10


網を使って群れを一網打尽にしたら面白い程採れてしまうに違いありません。
幸い東京湾でのタチウオ漁はあまり盛んでないようなので我々釣り師が釣っていく程度の数でバランスが何とか保たれているようです。
このような豊かな海の恵みに感謝しつつ釣りを楽しませてもらえる自分は幸せだと思いました。

釣りの方は、20本を超えると左腕が引き攣り始めお粗末な体力。
それでも、2時過ぎまでがんばって32本釣りました。
この日、この船の竿頭は38本。
電動リールには勝てませんでした。
でもいいんです。少しでも魚と向き合うときは自分の体力も対等に勝負しようっていうのを基本に釣りしようと思っていますので。(甘鯛のときだけは電動リール使っちゃますが)

03



2時15分
船はエンジンの回転を上げ、観音崎沖から金沢八景に舳先の向きを変えたのでありました。全身に心地よい疲れを感じながら久しぶりの爆釣にいい気分で遠ざかる景色を眺めていました。

02



帰宅後は、ご近所に一通りお裾分けをした後、お刺身、塩焼き、煮付けなどにして食しました。指五本の良型は1本でお刺身と塩焼き2人前に十分な良がありました。
お刺身は皮の側だけ軽く火で炙ります。
身は甘く、味わい深く濃厚なうまみがありとても上品な味です。
塩焼きは身がホクホク。脂ものっていながらあっさりとしてこれまた上品な味わい。

これにちょっと高めの日本酒をいただいちゃったものですからたまりません。
何という贅沢なんでしょう。自然の恵みに感謝。
残ったものはした処理して冷凍庫へ。我が家の食卓は当分タチウオで賑わうことになりそうです。ありがたいことです。



ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve

 

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

« 今年も反省なし@吐夢  阿佐ヶ谷 | トップページ | バラムツ事件@朝日新聞 »

Fishing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 爆釣タチウオ@弁天屋 金沢八景:

« 今年も反省なし@吐夢  阿佐ヶ谷 | トップページ | バラムツ事件@朝日新聞 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31