無料ブログはココログ
フォト

« サンライズ・ツアー その6 タックルをキャストするの巻@サンライズ 九州 離島 | トップページ | サンライズ・ツアー後記@サンライズ 呼子 九州 »

2014年10月 5日 (日)

サンライズ・ツアー その7@サンライズ 九州 離島

三日目の朝も海鳥の声で目が覚めました。まだ空には星の見える午前5時ベッドから這い出して後部デッキに出ました。
ここでちょいと釣りをしたいところなんですが、昨夜ライトタックルを海に放り投げちゃったものですから仕方なく昨日切られた仕掛けを作り直すことにしました。

PEラインにリーダーを結んでいるうちにちらほらと皆さん起きて来て、ルアーもセットして準備万端という頃には6時になり今日もおもむろに出船です。

282
とりあえずは、少し沖に出てジギングでカンパチを狙います。
7時過ぎ、茨城Yさんにカンパチがヒット。Yさん、本日も絶好調です。

Photo


ところがこの後アタリが無くなり海は沈黙。
そこで船長はちがう島へ移動しようと判断、「一時間程走るよ」というと全速で海の上をぶっ飛びます。


午前9時、移動した先は小さな岩礁帯のような島がいくつかある場所。
岩の周りぎりぎりの瀬を船長は船を流します。
キャスティングはヒラマサ、ジギングはカンパチその他が狙いのようなのは変わらず。

2805


今回、比較的ジギングが安定している気がしたワタクシは迷わずジギング開始。
何回か流しを変えたその時、本日初のヒット!
しゃくり方は昨日と同じようなテンポ、少しゆっくり目って体力が無いから早くしゃくれないだけなんですけれど。

01


ともかく、ヒットに持ち込めて嬉しい!なんとか魚を底の根から引き離しいい感じで上げて来ます。クルーのTくんも大きな網を持ってワタクシの横で待機し魚が上がってくるのを待ちます。残り30mくらい、後少しというその時!突然糸のテンションが無くなり糸はプッツン。またしてもライン切れ。素早く糸を巻き取って切れたところを見るとリーダーの先はスパッと鋭い刃物で切ったようにきれいに切れていました。
どうやらはの鋭い魚だったようで、その歯にリーダーが触れてしまい切れてしまったようです。
この辺のやり取りがまだ下手なんだなあ。
まあまあサイズだったのになあ。それに今回用意しておいた280gのジグこれで全部失っちゃったし。
なんて思いながらも、とりあえずヒットに持ち込めたのだから次もあるだろ、とタックルボックスの中を探したらもっと重いジグが1本あるのを発見!
即、ラインに縛り付けて再開です。
開始してみたらまたまたワタクシにアタリが!
クルーのTくんもまたまた大きな網もって私の横にすっ飛んで来てくれたんですが、なんか軽いしあまり引かない。明らかにカンパチは違うなあ、と思って巻いていくと上がって来たのは1m弱のアカヤガラというヘビの様に長くて口がおちょぼ口のひょうきんもの。
これ大きいヤツは煮て食べるとたいそう美味しいらしいのですがワタクシの釣ったのはちと小さいのでリリース。

何とかもう1匹釣りたいところなんですが、離島から呼子に戻る時間を計算すると釣りする時間は残り数分。
「最後に一匹こい!」
と気合い入れて疲れて重くなった左手後から振り絞ってリールを巻いているとまたまた来ました!
しかしこれもサイズは小さそう。
難なく上がって来たのは小型のヒレナガカンパチでした。
小さいながらも美しい魚体を一眺めしてリリース。

後一投行ってみよう!とジグをポチャンと投げたところで突然「蛍の光」のメロディが船上に流れ出し今回の釣行の終了時間であることを知らせたのでした。
それにしても、船の上で「蛍の光」が流れたのは初めて聴いた。
船長シャレのわかる人だなあ。


最終日の今日は時間も短く、大きいのも釣れなかったけれどヒットは三回あったし結構充実していたかも。
竿をロッドホルダーに納め船尾に回ると船はまたもやスピードを上げて、一路呼子の港を目指し走り始めたのでありました。


来た時同様、いやそれ以上かも、激しく揺れる船首部キャビンのベッドで天井に頭をぶつけない様うずくまって着替えをししばしウトウト。
目を覚ましデッキに出ると平戸大橋が見えました。

Photo_2
初めて訪れる島原の海がこういう形になるとは思いもよりませんでした。
島原城がゆっくりと右から左に移動してゆくのを見ながら今回の釣行を頭の中で反芻したのでした。

Photo_3
サンライズ・ツアー 実釣シリーズはこれにて終了です。
ここまで読んでいただいた皆様ありがとうございます。

次回は、サンライズ・ツアー後記として、大海原の上で釣り以外のつらつら思ったことなど書いてみたいと思います。

ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve

 

 

にほんブログ村 釣りブログへ

« サンライズ・ツアー その6 タックルをキャストするの巻@サンライズ 九州 離島 | トップページ | サンライズ・ツアー後記@サンライズ 呼子 九州 »

Fishing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サンライズ・ツアー その7@サンライズ 九州 離島:

« サンライズ・ツアー その6 タックルをキャストするの巻@サンライズ 九州 離島 | トップページ | サンライズ・ツアー後記@サンライズ 呼子 九州 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31