無料ブログはココログ
フォト

« カメラマン遠藤政史さんの訃報 | トップページ | 九州五島列島遠征@ステイタス 長崎 »

2014年11月10日 (月)

九州五島列島遠征 序篇@ステイタス 長崎

11月6日からの九州遠征を直前 にした4日昼、今回も遠征を主催してくださるソルト・ウォーター・プロ。ショップ  Ebb&Flow の Y 店長からメールが飛び込みました。

台風20号の影響でツアーが中止になるかもしれない。というのがその内容。

慌ててYahoo天気予報を見てみれば、確かに小笠原諸島付近には大型の台風の渦巻きが見える。しかし大陸からは大きな高気圧がはり出しつつあり、北側にあたる西日本一帯、特に九州は台風の進路が北北東にある事からもその影響を受けにくい。

晴れか雨か?という次元ではこれは問題ないだろう。と自称「晴れ男」のワタクシは軽く見ておりました。

それでも気になったので直接電話して様子を聞いてみた所、問題は風だそうで、風が吹けば波が立つ→波が立てば海は時化る→時化れば釣りは出来ない→釣りが出来ないなら中止。ということらしい。

今回の釣行は、当初の予定では、長崎の有名ルアー専門船「STATUS」(ステイタス)号に乗り、東シナ海を南下して鹿児島県の西にある甑島列島周辺で釣りをしようというもの。

狙うのは、マグロ、ヒラマサ、カンパチにアラ、ハタを始めとする高級根魚類。
この海域でのルアーフィッシングはまだ未開拓の状態なのでどんな大物が飛び出すのやら想像もつかないというエキサイティングなもの。

ことし春に、欠員が出た所に入れていただいたツアーなので、半年間楽しみにしていた訳で行かないわけにはいかない。
道具だってすでに先週ステイタスさん宛に送っちゃっているし。旅行代金だって払い込んじゃっているし。何が何でもここは「晴れ男」の力量を発揮して念力を入れなければ、とYahoo天気で念力を入れながら台風情報を詳しく見てみると、この時点では時速15キロというママチャリ並みの低速での移動。
う〜む!これはひょっとするとヤバいかも。

「出発前日に最終判断します」という Y 店長の言葉を思い出しながら、4時間おきに台風情報および九州方面の釣り天気予報とにらめっこをしていると、曇りから晴れに変わり時間が経つにつれどんどん良くなっていくじゃあありませんか?

前日夜8時、Y 店長からの連絡が無いのに絶えきれず直接お店に電話してみると、「あれ?メールで連絡入れましたけれど行っていませんか?OKです。行けます。」とのお返事。
「やったー」、と思っていると「さすがenosさん、晴れ男。」ともお褒めをいただき悦にいってる所に「ただし甑島方面は波が厳しいので五島列島方面に行きます」とのこと。

こうして11月6日夕刻、羽田空港第一ターミナルに6名の参加者は時間通りに集合。
メンバーは初めてご一緒するHさんとKさんにジギング王Tさん、根魚王Kさん、Y店長、ワタクシ。

ジギング王Tさんは9月の呼子サンライズ・ツアー、仙台ワラサツアー、与那国ツアーに続き遠征四連荘!ついこの間の与那国では釣りまくったという話を聞いていました。

ご挨拶を終えて今回の釣行についての談義が始まる中、9月の「バラムツ」「サンライズ」10月の「仙台ワラサ」といい、Y店長が「入れ食いですよ」と言った時はシブイ事が多いですよねえ、と口にしてしまったワタクシは一瞬いらぬ事を口にしてしまったなと思う間もなく根魚Kさんに「本当にそうなっちゃたりして」と返され、返す言葉を失ってしまったのでありました。

一同飛行機に乗り込みいよいよ出発です。
さあて、今回の遠征はいかなる事になるのやら。
今回のワタクシのテーマは「ヒラマサ」を釣る、事なのでこれも成し遂げられるのか?

期待と不安を胸に飛行機は羽田を離陸し長崎に向かったのでありました。

続く。


ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve

にほんブログ村 釣りブログへ

« カメラマン遠藤政史さんの訃報 | トップページ | 九州五島列島遠征@ステイタス 長崎 »

Fishing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 九州五島列島遠征 序篇@ステイタス 長崎:

« カメラマン遠藤政史さんの訃報 | トップページ | 九州五島列島遠征@ステイタス 長崎 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31