無料ブログはココログ
フォト

« 寺田恵 くるみ割り人形@ゆうぽうとホール | トップページ | ご近所さんとイタリアン@ドゥエ・マーニ 緑園都市 »

2014年12月18日 (木)

中華街でランチ@同發 横浜中華街

久々のグルメネタです。
ちょっと中華街の近くに用事があって出かけたので、久しぶりに中華街でランチをしました。
せっかく行くんだからどうせだったら美味しいものが食べたいって思うのは誰もが同じ事だと思いますが、ワタクシだってその「どうせ 」の口です。

最近の横浜中華街は1980円で食べ放題!というのが流行っているようで、そういうのをたくさん目にします。
安くて食べ放題!って言うのは悪い事じゃあないですけれども、安いお金で腹一杯美味しいものが食べられる、なんて話はちょっとうますぎるような気がしてあまり味に期待していないんですよ。それに一人で食べ放題って言うのもなんか貧乏臭くて恥ずかしいし、楽しくないし。

そこで、普通のランチでいいのはないか?と事前にネットで調べて美味しそうなところを物色していたところ、身近なある方の情報から同發というお店のランチが1080円でなかなか食べ応えがあって美味しい、という話を聞き言ってみる事にしました。

同發というお店は、入った記憶はなかったんですが中華街の大通りに面した大きな看板の大きなお店なので、名前は知っていました。いわゆる中華街の老舗というお店です。

ここ数年は、新しく進出して来た小さなお店で美味しいところを探す事に注力を注いでいたのでこうした老舗大型店に行くのは久しぶり。
なんとなく緊張しつつお店の大きな入り口をくぐって店内にはいります。

こちらへどうぞと通された部屋は天井が高く広くとても立派なインテリアの広間。
さすが老舗大型店、横町の小さな食堂とは雰囲気からして違います。
なんか、もうここで気分はゴージャスな感じになっちゃいます。

01

早速注文したのは、ここのお店のランチメニューからAランチ。
このお店ではAランチとBランチの二種類があって、内容は二週間ごとに変わるらしいんですね。
今回はAランチが麻婆丼に点心などのついたセット、Bランチがエビと卵いためとチャーシューなどのついたセットの二種類でした。
2日前に生協で買った陳健一の麻婆豆腐を食べてしまっていたワタクシは迷わずBランチのエビ卵を選びましたよん。

12

注文時に出してくれたジャスミン茶を飲みながら、出てくるのを待ちます。
先ほど話した「陳健一の麻婆豆腐」なんですが、レトルトに自分で切った豆腐ときざみネギを入れるだけのものなんですが、ちゃんと山椒の辛さが効いていて本格中華麻婆豆腐なので皆さんにもお勧めです。
本来麻婆豆腐というのは唐辛子の辛さで味をつけるものではないんですよ。麻婆豆腐の麻(マー)と言うのは中国語で山椒の辛さを意味するんですね。唐辛子の辛いのは辣(ラー)と言う文字、ラー油の辣です。
従って、本物の麻婆豆腐というのは山椒で辛味を付けたもののことを言うわけなんです。

なんて言ううんちくを語っているうちにBランチの登場!

10

上から杏仁豆腐、叉焼、搾菜、海老卵炒め、スープにご飯、サラダです。
とりあえず、見た目は豪華。早速いただきます。

09

まずは、メインディッシュの海老卵。
海老はぷりぷり卵はフワフワで食感は最高。
広東料理らしい洗練された味付けで美味しゅうございます。
上品な味付けでした。さすがに老舗という感じの一品。

04

続いては叉焼。
これも美味しかったですよ。ハッカクが効きすぎずマイルドながら懐かしい叉焼のお味。コクもあって来れまた上品な味付け。
日頃ラーメン屋さんの脂ギトギトチャーシューに慣れてしまっていた舌には新鮮な味でした。
付け合わせの白い長細いものは、なんと白菜の芯をナマスのように酸っぱくつけ込んだお漬け物。これも叉焼といいバランスでした。

06

たたみかける美味しいもの攻撃に怯みそうになりながら、いや更に身を乗り出して手を出したのは搾菜。
これまた、塩の抜き加減といい味付けといい、妙にごま油の味ばっかりしないところといい久しぶりに出会った美味しい搾菜でしたね。
いい箸休めになります。というか、これだけでもご飯が行けちゃう感じ。ビールも欲しくなる。

05

次に手を出したのは、出て来た時から気になってたサラダのようなもの。
見た目はレタスにキューリ、食みの細切りにマヨネーズがかかっているというものなのですが果たしてお味は…

な〜んと!!食べてみたら!!! ただの野菜サラダじゃあありませんか!
なぜこのラインアップにただの野菜サラダ?
中華のお店でしょう?
中国人は基本的に生の食べ物は口にしないって聞いていましたが、経済発展と洋風化でこんなものも口にするようになったのか?はたまた日本人向けにアレンジしたのか?
これには落胆させられました。これだったら無い方がいい。せっかくの中華気分が一気にこのサラダで萎えてしまいましたよ。
大体中華街まで出て来てお金を払って、自分でも簡単に作れるようなものなんか他寝たくないっちゅうもんです。

大きく落胆しつつ口にしたのはスープ。
濃厚な味の卵スープで美味しいんですが、こちらは冷めちゃってるじゃあありませんか?!
決してここまでの間、時間をかけてのんびり食べて来た訳じゃあ無いのにぬるいスープというのはちょっとねぇ。

08

スープなんだから最初に飲めばいいでしょって言うかもしれませんが、それは洋食の話で、中華ではスープは一番最後に出てくるもんなんです。まあ定食だから同時に出て来ちゃいますけれど。
この辺が、ランチの限界なのかなあ。
そういえば、最初に食べたエビ卵も冷めていたなぁ。

せっかくのおいしい料理なんだから、やっぱり熱々のを食べたかったです。
なんだか、尻すぼみになる気持ちを抑えつつ口にしたデザートの杏仁豆腐。

07

これが、落胆した気持ちを救ってくれました。
おいしい!口当たりがよく味も市販のものよりまろやかで上品です。
こういうものを出してくれるんだから今度きたときは是非暖かいのを食べさせてください。お願いします。

ランチにそこまで期待するなというのであればもうランチはいいや。

保昌の牛バラカレーライスでも食べに行こうっと。

ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve

« 寺田恵 くるみ割り人形@ゆうぽうとホール | トップページ | ご近所さんとイタリアン@ドゥエ・マーニ 緑園都市 »

グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中華街でランチ@同發 横浜中華街:

« 寺田恵 くるみ割り人形@ゆうぽうとホール | トップページ | ご近所さんとイタリアン@ドゥエ・マーニ 緑園都市 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31