無料ブログはココログ
フォト

« 中華街でランチ@同發 横浜中華街 | トップページ | X'mas Dinner Concert @Calm Terrace 恵比寿 »

2014年12月19日 (金)

ご近所さんとイタリアン@ドゥエ・マーニ 緑園都市

昨日に続いて今日もおいしいランチをいただいて来ました。

今回は、お隣さんとお向かいさんの奥様2人のお供をしてのご近所ランチです。
奥様、なんて書くと「人妻」とか「若妻」とか良からぬ事を想像する方がいらっしゃるのではないかと思うのでこの辺をちょっとお話ししますね。

実は、昨年お隣さんのご主人(70代の方)が急逝されて、奥様一人だけが残されてしまったんです。
そのお隣さんがご主人の乗られていた自動車を「思い出の品」として自分では乗らないのに大切に保管されているのをこの一年余の間見て来たんですね。
車はまだ新しくてしかもフル装備のいい車、放置しておくとバッテリーが上がっちゃったり、エンジンや足回りだって動かさないとオイルが回らなくなってダメになっちゃうのが気になっていたんですよ。

そんなある日、我が家の植木の手入れをするのにちょっと車を動かさせていただいたのをきっかけに、「せっかくいい車があるんだからどこか近場にドライブでもして美味しいものを食べに行きましょうよ」という話になり、「じゃあお向かいさんも誘ってみんなでわいわい行きましょ」と言う具合に話は急速に盛り上がっちゃったんです。

そんな事があって、じゃあとりあえずは気楽に近場で隣町のイタリアンでもいかが?と切り出した私にお隣さんお向かいさんが即賛同していただき「いきましょいきましょ」という事で今回のランチとなった訳です。
お向かいさんのご主人も誘ったのですが体調今一との事で奥様2人とのランチとなったというのが今回のいきさつなんですね。

当日はカジュアルながらもちょっぴりお洒落してのお出かけ。
普段は外してあるバッテリーのケーブルを繋いでエンジンをかけると軽やかに吹き上がって回りだしました。走行キロ数を見たら3300kmくらいしか走っていない新車なのでビックリ。

エンジンが温まったところで奥様お二人を後部座席に乗せてアッシーになり切ってレストランを目指します。
といっても、隣町のレストランなので10分もかからずにドゥエ・マーニ前に到着。
まだ開店20分も前!

車の中でしばし世間話をしつつ待つ事五分程でお店のおねえさんが「もう入れますよ」と声をかけてくれたので店内に入りました。

このお店は何度もきていて、本ブログでも何度か紹介しているのでご存知かと思いますが、相鉄いずみの線緑園都市駅から歩いて5分もかからない住宅街にポツンとあるイタリアン・レストランで3年くらい前に開店したのですが、この住宅街になぜこんな本格イタリアンのお店が!?と思う程料理もお店の雰囲気もしっかりしているんです。

今回はランチコースの中からメインディッシュ付きの「メインコース」とパスタに前菜とデザート、飲み物がついた「トスチェコース」をたのみました。

お料理が出てくるまで早速おしゃべり。
ご近所さんといってもワタクシの街はおよそ30年前に相鉄いずみ野線を開通させるにあたって相鉄不動産が野山だったところを一気に開発して作った新興住宅街に全国から東京近郊に移住して来た方々が住み着いた比較的新しい街なので、横のつながりが希薄なんですね。

お隣さんの事だって、立ち話やうわさ話で聞くくらいの情報しかなくて、どんな仕事をなさっているのかもお互い良く知らないような関係なんです。

お話をしていたらお隣の奥さん何やらバッグから取り出して来たのを見たら写真のファイル。何でも今月初めにご兄弟の住むアメリカ西海岸に一人で旅行して来たとか。
お留守だったのは何となく分かっていたけれどアメリカと聞いてビックリ!
まだまだお元気な様子なので安心もしました。
そんなところに手作りパンが出て来たのでつまみながら話は盛り上がって行きます。
07_2
さらに話が進むと、この写真をBGV風に編集してブログもやっているとおっしゃるので早速ワタクシにブログの話も告げてアドレス交換、持って
いたスマホで画像を見せていただきましたちゃんと作ってらっしゃる。
感心して見ているところに前菜の登場。

何時見てもここの前菜は奇麗だなあ。
食べるのがもったいないくらい。
野菜は全て有機野菜を使っているようで素材にはとても気を使っているようです。
食べてもみずみずしくて美味しい。

06_2

写真中央左のパテはフォアグラも使っていて口の中に広がる濃厚な美味しさ。
手前の白身のお刺身はホウボウです。これも淡白で甘みのあるおいしいお刺身。
ワタクシは釣り師なので時々食べる事がありますがホウボウを出すレストランてなかなか無いですよ。

なんて、前菜を楽しみつつおしゃべりに花が咲いて、お向かいさんの奥さんのご家族の話やら親戚、ご近所の話やら楽しい話や知らなかったビックリ話が飛び出して来て楽しいのなんの。


そこに出て来たのがパスタ。
二種類のパスタからワタクシが選んだのは、手作りパスタのトマトソース。
このトマトソースは本物ですよ。むかし二週間くらい仕事で滞在したイタリアの風景が思わず浮かんでくるほどイタリアの味がしていました。

ここのシェフもたしかサッカーの中田がいたペルージャ辺りのレストランで何年か修行したと聞いていますので本物の本場仕込みなんですね。

05_2

以前このレストランに一緒に来たカミさんがここのお料理を食べた時に、昔子どもの頃何年か住んでいたニューヨークのご近所さんのイタリア系の家のパーティで食べた料理の味を思いだって、日本に帰って来て数十年経って初めて出会った行ってたくらいですから本物ですよ。


次に出て来たのはメインディッシュのお肉。この日は大山鶏(だいせんどり)のソテー
付け合わせはほうれん草に長ネギ。
お肉は柔らかくコクがありとても上品なお味でした。
ソースがしつこくなく素材の味を演出していましたね。
この辺は日本人的繊細さを感じました

04_2

たのしい話に夢中で実は細かい味の事を忘れちゃったんですけれど。
だってお向かいさん、絶好調で楽しい話の連発攻撃で攻めてくる(笑)

でもお話の中でご近所さんの老齢化の話なんかが出てくると、ちょっと深刻に感じますね。30年前現役ばりばりの方々が住み着いたわが街もいまや老齢化の一途。
ご近所を見渡してもお年寄りだけの家庭がけっこうある。我が家だってあと10年もしたら仲間入りです。
お隣さんのように一人暮らしの家庭もけっこうあるようで、そんななか今日のようにご近所さんと食事してコミュニケーションを深められて良かったなあ、なんてしみじみ思いましたよ。

さて、トルチェ(デザート)は洋梨のタルトとシャーベット。
洋梨のさわやかで淡い香りが口いっぱいに広がって、口の中をさっぱりしてくれました。

03_2

トルチェのあとはエスプレッソを入れていただいて大満足。
コーヒーも有機栽培のものを使ってらっしゃる。
素材に気を使ってくれているのはありがたいです。おいしいし。

02

コーヒを飲み終わって気がつくとあっという間に二時間半も経ってる!
楽しい時は早くすぎるものです。

また、頃合いを見てどこか出かけましょうねという話になり帰る事に。
もともとはお隣さんの車を動かす事が発端となった今回のランチだったので、帰りにはちょっとだけ遠回りして富士山が奇麗に見える場所に寄り道して来ました。

01
風邪が強くて寒かったけれどその分空気は澄み渡っていたので富士山は美しく、すっかり雪化粧して冬の姿になっている富士山をしばし眺めて帰宅しました。

車をお隣の車庫に入れてバッテリーのケーブルを外して放電防止。
これでまた次回もしっかり走ってくれるでしょう。

お二人の奥様、お疲れ様でした。楽しかったですよ。またどこかに行きましょうね。



ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve



« 中華街でランチ@同發 横浜中華街 | トップページ | X'mas Dinner Concert @Calm Terrace 恵比寿 »

グルメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ご近所さんとイタリアン@ドゥエ・マーニ 緑園都市:

« 中華街でランチ@同發 横浜中華街 | トップページ | X'mas Dinner Concert @Calm Terrace 恵比寿 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31