無料ブログはココログ
フォト

« バンドはいいよん!@スタジオNOA新宿 | トップページ | 中華街でランチ@同發 横浜中華街 »

2014年12月 8日 (月)

寺田恵 くるみ割り人形@ゆうぽうとホール

およそ一年振りのバレエのお話です。

今年は、釣りの遠征とバンド活動にどっぷりはまっていたので、なかなかバレエの方まで手が回らなかったんですよ。
そこに舞い込んだのが昨年「白鳥の湖」に出演したバレリーナの寺田恵ちゃんからの朗報。

なんと、「くるみ割り人形」の「こんぺいとうの精」役にオーディションで通ったというんですよ。
「くるみ割り人形」のお話をご存知無い方にはピンと来ないかもしれませんが、ドラエモンでいうところののび太、あるいはサザエさんでいうところのカツオ、いや、たとえが悪いなぁ、男性の役ではないんですけれどね、そのくらい主役級の、というかこのお話の第二部の主役なんですよ。

016

             パンフの写真よりお借りしちゃいました

そういう大事な役に第抜擢された寺田恵ちゃんを見に行かないわけにはいかない、というより、そろそろバレエとかも見て少しは晩秋の街をアートな気分になって歩いてみたい、と思っていたところへ舞い込んだお話だったので、即お席を取っていただき家族揃って出かけて行きました。

寺田恵ちゃん、って馴れ馴れしく書いているのは以前にも書いたかもしれないけれど、彼女は、我が家の娘の通っていた保育園の何級か上の先輩にあたる子で、彼女が子どもの頃から知っているんです。
その頃すでにバレリーナになりたいって言って習っていましたし、子どもながらすでに華のある子で、彼女の周りだけなにかオーラのようなものが発せられていたので、
当時から、「この子は将来絶対大物になる」とマークしていたんですね。
そんなわけで、今回の大抜擢は我が子の事のように嬉しいわけで、当日は開場時間の20分も前に会場についてしまう程勇んで出かけて行ったのでありました。

015


開場時間近くになって受付に券を取りに行ったら、なんかどこかで見た親父の後ろ姿。
すぐに同じ保育園のOBおやじMさんだって分かった。声をかけたら一人で見に来たという。Mさん株と競馬以外にも趣味があったんだぁ、って声に出そうになるのをグッとこらえてしまった。ワタクシだって外見にはバレエが趣味って顔じゃあないですからね。更にそこに現れたのは同保育園で絵の指導をしているK画伯。この人、一応大変な画家なんですけれどもお互いバレエっていう顔じゃないよなあ。

ということで、バレエに似合わない親父3人は開場とともにホールに入って行きました。座席も前から11番目の同じ列、なんだかこの列だけ濃いんじゃない?
って周りを見たら保育園関係の知った顔ばかり、みんなで晴れ舞台を見に来たっていう事なんです。

014


3時半、開演のお時間です。
「くるみ割り人形」のお話をここで書くと長くなるので割愛しますから、興味のある方はググッて見てくださいね。

でもいちおうかいつまんで書くと、クリスマス・イブの晩にひとりぼっちの少女クララちゃんが不思議なおじさんに出会い旅に出かける。豪華なパーティに行った2人はそこでおじさんからくるみ割り人形をプレゼントされます。不思議なおじさんの魔法でクララは小さくなりくるみ割り人形は本当の人間になって・・・中略、その後2人はいろいろな不思議な世界に旅をするのですがそれぞれの国で踊りが展開されて行くわけです。その旅の中後半の主役なのが我らがメグちゃんの踊る「こんぺいとうの精」なのですね。

以前「くるみ」を見たのはロシア国立のレニングラード・バレエというクラッシック・バレエの王道を行くといった感じのバレエ団でした。この時はクラッシック・バレエの迫力ある踊りのオン・パレード。
今回は多胡寿伯子オリジナル版という事でずいぶん演出も変わっていて、小さな子どものダンサーがたくさん出て来てネズミの役をやったり、パントマイム的な場面が多かったりという、お話の筋的には分かりやすい作りになっていました。その分本格的バレエのパートがなかなか始まらないので、序章的な第一部では不徳にもウツラウツラ船をこいてしまう始末。気がついたら雪の精が踊っていて目を覚まし、いよいよワタクシの見たい全身鍛え切った肉体が躍動するバレエの世界に突入!くるみ割り人形と雪の女王の踊りは美しくまた迫力もあり、バレエはこう出なくちゃ!と嬉しくなって来たところで第一幕はおしまい。あれ〜?なんだか期待していたのと全然違うなあ・・・

休憩をはさんで第二部の始まり。
第二部は、人魚の国、星の国、そしてお菓子の国とありその中でいよいよメグちゃんの登場です。 お菓子の国王子とともに巨大ケーキの上から「こんぺいとうの精」が登場すると、舞台はパ〜ッと明るくなった感じがしました。
彼女、体格も体型も日本人離れしているところがあって、ジゼルの時も白鳥の湖の時も周りのダンサーとのバランスが難しいと思えるくらいなんです。
だから今回のような主役でペアの男性と2人で踊りまくる方が迫力あるし良さが引き立つ。
踊りの出だしは、大丈夫かな?なんて見ているこっちの方が緊張しちゃって、実際メグちゃんもなんだかちょっと緊張している感じ、でも一旦踊り始めたらそんなものは何処へやら、華麗に伸びやかに美しく迫力のある踊りを見せてくれましたよ。
あまりの素晴らしさに目頭が熱くなっちゃったりして、まるで我が子の晴れ舞台を見ている親の心境です。そういうご両親もワタクシのすぐ前の座席で観ておりました。

017                                                                                   またまたパンフの写真より


ここに来てやっとバレエが始まったっていう感じでしたね。
次々と出てくる踊りも良かった。個人的にはアラビアの踊りが好き。
花のワルツも大好きです。

最後はお菓子の王子とメグちゃんが踊りまくって締めくくりっていう感じ、かと思いきやいろいろエピローグもついていて、楽しく分かりやすい構成になっていました。
でも、ワタクシはどちらかというと分かりにくいオーソドックスな踊りで攻めまくってくる方が好き。極限まで鍛え上げた肉体の躍動に感動したいんですよ。

とまあ、ちょっとイメージとは違っていたもののメグちゃんは良かったですよ。
これからの日本のバレエ会を引っ張って行くような活躍をしてほしいな。


終演後はロビーでサイン会があるというので画伯と一緒に行列に並びました。
4人のソリスト達が席に座ってサイン会しているんですが、メグちゃんのところだけ長蛇の列。やっと回って来たところでいいおやじ2人で写真とってニヤケ顏。

011


みっともないなあ、って家族からは離れられちゃいましたけどいいんです!

次回のバレエは1月18日、神奈川県民ホールでの「シンデレラ」。
そっちもまた見に行きますので、バレエ・ファンの方々は是非どうぞ。



ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve

« バンドはいいよん!@スタジオNOA新宿 | トップページ | 中華街でランチ@同發 横浜中華街 »

バレエ」カテゴリの記事

コメント

えのパパさん、こんにちは!えのパパさんのバレエの日記には、めぐちゃんのことがたくさん書かれていて素晴らしいですね!めぐちゃんファンには、たまりません!まさに、ここは聖地ですね。そして、ホームですね。めぐちゃん先生、いつも娘がお世話になります。これからもよろしくお願いいたします。ちゃんと襟をただして(笑)。私も、娘と一緒にくるみわり人形は観に行きました。めぐちゃんが、素晴らしかったですね!とにかく、めぐちゃんは、日本人を感じさせない、手足が長く、顔が小さい、ほんとにバレリーナになるために生まれてきたような方だなーと思います。その素晴らしさは、えのパパさんの日記にもたくさん書かれていて、私も読むたびに、そうそう!ほんとにそうなのよ!わかるー!と、いちいち声をだしたいくらいです。思わずコメントもさせていただいてます。しかも、えのパパさんは、めぐちゃんが小さい頃からを知ってらっしゃり、この子は将来大物になる!と、マークされていたんですよね。そのお話、とっても感動しました。いいなー!子供のころのめぐちゃん、どんな感じだったんでしょう。きっとがんばり屋さんで、キラキラしたオーラが見えていたんでしょうね!あと、えのパパさんが、くるみわり人形の金平糖の精を説明するときに、ドラえもんでいう、のびた、サザエさんでいうカツオ、とおっしゃった、ところも、なんてわかりやすい説明なの!と感心しました。おもしろすぎる!たとえば、ドカベンでいう、里中くん、ガンダムでいう、シャア、銀河鉄道999でいう、メーテルかしら?あってます?大丈夫かしら?話が脱線しましたが、私は、昔はよくレニングラードバレエのルジマトフを観に行くのが大好きだったんです。舞台に登場したとたんに、すごい存在感!めぐちゃんが登場するときも、それと同じくらいに感動しますね。すごい存在感とオーラですよね。そして、えのパパさんをはじめ、いろんな方から応援されているめぐちゃんは、やはりすごいなー!と思います、これからも、ぜひぜひ応援させていただきたいと思います。えのパパさんの日記に感動し、かなり長いコメントになってしまったこと、お許し下さい。ではまた!

Naoさん
コメントありがとうございます。
長いコメント大いに結構ですよ〜!どんどんコメントください。こちとらもブログを書いていて張り合いがあるちうもんです(o^-^o)
私が初めてみたクラッシックバレエがNaoさんの書かれているレニングラード国立バレエでした。その迫力と美しさに一発で虜にさせられちゃいましたよ。以来のバレエ・ファンです。メグちゃんは子供の頃から華のある子でしたよ。公園で一輪車に乗っているメグちゃんを妙に印象的に覚えているのですが、一生懸命バランスを取るその姿が既にバレエになっていましたよ(笑)これからもメグちゃんとワタクシのブログをよろしくお願いいたします。メグちゃんは次回の公演も決まったようなので、また出かけてブログにアップしますので、お楽しみ。あ、それから、よろしかったらお子様のバレエ仲間のママさんたちにもこのブログを宣伝してください。宜しくお願いします〜(^_^/

了解しました!かなりクオリティの高い、楽しいバレエのブログがあるよ!と紹介しておきますね。しかし、一輪車にのるめぐちゃん、かわいいですねー!ではでは。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寺田恵 くるみ割り人形@ゆうぽうとホール:

« バンドはいいよん!@スタジオNOA新宿 | トップページ | 中華街でランチ@同發 横浜中華街 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31