無料ブログはココログ
フォト

« ジャム・セッション初め@スタジオNOAH 新宿&歌舞伎町 | トップページ | アラスカでキングサーモン・フィッシング・・・に行きたい 続編 »

2015年1月16日 (金)

アラスカでキングサーモン・フィッシング・・・に行きたい

釣りはクチボソ、タナゴといった小物からマグロまで釣れるものならなんでも釣るぞ !

というのがワタクシの釣りに対する基本姿勢なのでありますが、一つだけ自分にとって特別な釣りがあります。
それは、アラスカでのキングサーモン・フィッシング。

それは、ワタクシが大ファンである開高健氏がアラスカでキングを釣る「河は眠らない」というビデオ作品や「オーパ」のアラスカ編に大きな影響を受けたことからきています。

そこにあるのは、大物釣りの醍醐味だけでなく大自然への敬意、驚き、美しさ、美味しさ、釣り師として、男としての人生への思索など様々なものが描かれており、ワタクシの人生観に大きなインパクトを与えてくれました。

「アラスカでキングサーモンを釣る」ということがいつの間にかワタクシの人生の目標になっているような気がします。

一昨年の春先、ニュージーランドへの単独釣行を計画しながらも断念したのは、一つには同じお金を使うのだったら「アラスカ」というのが頭をよぎったこともあるんです。

この一年弱、オフ・ショアでの大物釣りの世界に足を踏み入れ夢中になっていますが、これはたまたま出会ったお店がソルト・ウォーターの大物釣りツアーを企画してくれるお店だったためで、もしこのお店がアラスカのサーモンもやるよん、と言ってたら真っ先にそちらに行っていたでしょう。
しかし、現実には「ソルト」にどっぷり。
実は来週も20日から23日まで玄界灘のサンライズさんという船への遠征が待っているんです。

そんな、塩(ソルト)漬けになっているワタクシの頭が一瞬アラスカに切り替わる出来事がありました。
たまたま見ていたネットでの釣りツアーにアラスカのキングサーモンツアーというのがあったので、軽い気持ちで幾らくらいかかるのかしらん。と見積もりを送っていただいたんです。
朝イチにメールした「見積もり希望」に返事が来たのは午前中の中頃、スケジュールと値段が書かれているのを見た瞬間!一気に心が動いてしまいました。
このくらいなら出せそう !って。

そう思ったら、頭の中はキングサーモンがどんどん増殖して行って、さっきまでぎっしり詰まっていたヒラマサやクロマグロなどの青物はどこへやら、キングサーモンで真っ赤っかになってしまいました。キングサーモンのオスは川を遡上すると婚姻色で真っ赤になるんです。
こうなると、火のつきやすいワタクシの性格では居ても立ってもいられず、You-Tubeでキングサーモン釣りの映像を探しまくったり、以前釣りビジョンでOAされた村田基先生のキング釣りの映像を探してみたりと大忙し。

そして勿論、具体化すべくスケジュールの検討に入りました。
キングの遡上は7月後半から8月前半あたりだそうなのですが、一番良さそうな時期を選ぶならそのど真ん中がいいと思われるのですが、その時期はこのところジャズ関係のイベントがあるのでそちらを無視することができないんですね。

熟慮の結果無理をすれば行けなくはない、という結論に達しつつあるのですが今ひとす思い切れなない何かがあるんです。
なんとなくはその何かが分かっているのでありますが現時点でそれを解決することができない問題なのでちょっと悩んでいるのです。
二三日中に結論を出さないと旅行会社の方にも迷惑をかけてしまいそうなので、結論を出さなければならないのですが、さて、はたしてアラスカのキングサーモン・フィッシングは実現するのでしょうか?

次回のブログ更新をお楽しみに !


ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve

にほんブログ村 釣りブログへ

« ジャム・セッション初め@スタジオNOAH 新宿&歌舞伎町 | トップページ | アラスカでキングサーモン・フィッシング・・・に行きたい 続編 »

Fishing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アラスカでキングサーモン・フィッシング・・・に行きたい:

« ジャム・セッション初め@スタジオNOAH 新宿&歌舞伎町 | トップページ | アラスカでキングサーモン・フィッシング・・・に行きたい 続編 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31