無料ブログはココログ
フォト

« 東京湾シーバス・ジギングは楽し その2@長崎屋 本牧 横浜 | トップページ | ヘラブナ シーズン開幕@武蔵の池 »

2015年3月30日 (月)

Incognito

アッシッド・ジャズっていうとジャイルス・ピーターソンあたりのサウンドを勝手にイメージして、あまり好きじゃなかったんです。モダンジャズを打ち込みの16ビートでミックスしてコジャレタ感じにいじくってるだけ。みたいに勝手に思っていた。

ところが、つい先日シーバス釣りの師匠(と勝手に呼ばせていただいています)Wさんに教えていただいた「INCOGNITO」というユニット?を聴いてその偏見は一発で払拭!
すっかりハマってしまいました。

1981年に結成っていうので、今まで知らなかったワタクシが浦島太郎なんでしょうけど、いわゆるジャズ屋の方にはワタクシ同様まだご存じない方も多いのでは?

ワタクシがたまたま聴いたのはスティービー・ワンダーのカバーをやっていたものなんですけれど、歌、コーラス、バックのサウンドどれもが黒くって、グルービーで、クールで、う〜んなんか表現が古いなあ。リズムはキレキレ、歌はソウルフル、ホーンセクションはバカテク、とにかくノリノリでいいんですよ。

メンバーはたくさんいるので書きませんが、黒人も白人も混ざっていているんだけれど、みんなばかウマ!

アッシッド・ジャズっていうカテゴリーになんか入れちゃうから誤解していたので、ワタクシ世代にとってはR&Bですね。

フュージョンを通り抜けて出来上がった一つのジャズの形なのかもしれないなあ。

サウンドこそ違うけれど、演奏に勢いがありそれが昔のEW&Fあたりの勢いに似ている。サウンドはもっと分厚いけれど。

まだ、CDも買っていないしYou-Tubeで聴いている程度のものなんですけれど、そのサウンドの熱さ、カッコよさ、巧さは一聴の価値ありです。
チャカ・カーンも一緒にやっていますよ。

INCOGNITO Live in LONDON  You-Tube

« 東京湾シーバス・ジギングは楽し その2@長崎屋 本牧 横浜 | トップページ | ヘラブナ シーズン開幕@武蔵の池 »

JAZZ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Incognito:

« 東京湾シーバス・ジギングは楽し その2@長崎屋 本牧 横浜 | トップページ | ヘラブナ シーズン開幕@武蔵の池 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31