無料ブログはココログ
フォト

« 朝霞ガーデンで入れ食い@朝霞ガーデン | トップページ | またまたGTへの道 キャスト篇@秋ヶ瀬堰 荒川 »

2015年5月 3日 (日)

タナゴ釣り2015 @埼玉県中部 某用水路

毎年GWとなると埼玉の実家に帰るというのが、ここ数年の習慣になってしまいました。
観光地はどこ行っても混んでるし、そもそも一般的な観光地には興味などないし、釣り以外に出かけるところに興味もないしということで、帰省ということになるわけですが、埼玉に帰ると楽しみなのが、神奈川ではなかなかフィールドのない川釣りということになります。

幸いにも、いとこにヘラ師A、タナゴ師Mという双方の釣りのエキスパートがおられるので、声をかけては釣りに連れて行ってもらうということになるわけです。
「なんだ、結局釣りかよ」という声も聞こえてきそうですが、その通りなので返す言葉はございません。

ということで、今回はその二つの釣りの中の後者である「タナゴ釣り」です。
確か去年のお盆以来かな。

出かけたのは最多県中部のとある用水路。
場所をかけないのはタナゴ釣り場の場荒れ防止のためです。

ワタクシのホームグラウンドだった朝霞市周辺の沼、池、川は噂では業者が「ウケ」などの大量捕獲をしてしまったため、まったく釣れなくなってしまったので、いとこMさんは、どんどん釣り場を求めて遠征して行くことになっています。

そのため、それにくっついていくだけのワタクシの釣りなので、自ずとこれまで訪れたことのない埼玉県内の用水路を中心とした釣り場に毎回遠征に行くことになるわけです。

050313_3

昨年のGWの時は県内東部の水路に行ったのですが、最近はそこも釣れなくなっているというので、今回は中部の田園地帯に行きました。
我々と同行していただいたのは、県東部に住んでおられるタナゴ師さん。
わざわざ車で一時間近くかけていらしてくださいました。

午前6時半ころ、現場着。
水路は水が少なく草に覆われており釣りができる場所は少なく、まずは釣り座探しから始まりました。
3人並んで釣ることのできる場所がなかなか見つからないので、ワタクシといとこの二人と東部タナゴ師さん一人に分かれて釣り開始。

エサはいとこMさんに渡されたものを黙って使ったのですが、何やら黄色くてベトベトしている。聞いてみたら食紅で色をつけてバターを入れているとか。

このエサがきめが細かくハリに付けやすい上、エサ持ちが良くて釣りやすい。
なんだか、毎度会うたびにエサも進化して行くじゃあないですか。

早速いつものちっこい仕掛けを竿に結んで釣り始めます。
魚は多いらしく2〜3投でアタリが出ました。
釣っちゃうよん ♪  と釣り始めましたが、なんだかちっとも針にかからない。

050314_3

これは、針先が折れてるな、と思い新しい針(写真下左)に交換したのですが、新品にも関わらずこれまた乗らない。

050308_2

どうにもならないので、Mさんが顕微鏡をのぞきながら針先を削った針(写真上右)に変えた途端!嘘のように簡単に三連ちゃん!
写真を比べて頂けば一目瞭然ですが針先の長さが全く違いますね。
今のタナゴばりの形の主流はこの右のもののようになっているらしく、その辺の釣り具店では売っていないのでいただくしか入手方法がないのですよ。

三連ちゃん後は、ポツリポツリと釣れて行くのですが、だんだんアタリが取れなくなってきました。例によってエサ投入後、ウキが馴染む途中で出るアタリが取れると釣果は一気に伸びるのですが、たまにしかこの釣りをしないシロートのワタクシはどうも毎回このあとりを取るのに苦労させられます。

水深を変えたりいろいろやってみるのですが、それで多少改善されつつも毎回スッとウキが沈むようなアタリが出るとが限らないので、やはり最初のあたりを取れるか否かが数釣りのポイントになるわけです。

1時間ほどやって適当に「これ、アタリかな?」というのを合わせると釣れることもあるのですが、確信を持ってこれ!というアワセができない。

上手な人はエサ投入後に即アワセると魚がついてくるので、釣れる数にすぐに圧倒的な差がついてしまうんですね。

そんなあんばいでシロート釣り師的にはまったり、のんびり釣りができればいいや、てな感じで釣っていたわけなんですが、ここのタナゴはなぜか連れてくるのがメスバかり。婚姻色の虹色をしたオスのタナゴの比率が極めて低いんです。

これまでのところ、ワタクシが釣ったオスはたったの一匹。
Mさんは、「綺麗なオスはみんな釣れたら持って帰ってしまうから少なくなっちゃったんじゃないか?」というのですが、もしそうだとしたらこれはタナゴ釣り師は自分の首を閉めていることになりますね。

メスが何百匹いてもオスがいなければ魚は増えませんから、どんどん減少してしまいます。ここでも釣れてくるメスのタナゴは輸卵管を伸ばしたものも多く、産卵の体制に入っているというのにオスがいないのでは、どんなにメスが頑張って卵を産んでも魚は増えません。

050312_2

来年のGWあたりにこの釣り場に来てタナゴを釣ることができるのだろうか?などと考えると暗鬱な気持ちにさせられてしまいます。
このところ、なんの魚を釣っていても、この魚資源問題を目の当たりにしてしまうので、釣れる釣れると手放しで喜んでいられないのが正直な所。

川に限らず、海においても同様の問題がおこっています。
私たち釣り師は自分たちのためにも、そろそろこの問題を真剣に考えないと10年後、20年後の日本の釣り業界は悲惨な状況になるのではないかと考えてしまいます。

西欧諸国では魚釣りや漁業に関するレギュレーション(規制・管理)が非常にしっかりできていて、法律で定められているので、これに違反するとブタ箱送りです。
日本では、相変わらず先に釣ったもの、取ったもの勝ち、というような程度の低い文化が根強く一向に法律で規制される様子もありません。

そろそろ、いいところは見習って始めないと、日本の釣魚業界は壊滅してしまうのではというワタクシの杞憂は単なる考え過ぎに終わってくれればいいのですが。

本ブログを読んでいただいている釣り師の皆さんにも、一度じっくり考えていただきたいと願うばかりです。

さて、暗い話はこのくらいにして、毎回腕が上がらないままに、後前9時までやって38匹。魚が弱らないうちに一度全部リリースします。

このリリース、海などでリリースする時と同じで、釣ったその場にリリースすると釣れなくなるというので、少し離れたところまで持って行って放しました。

050309

そのあと、小一時間ほどやってちょっと移動しようかということになり数えたのが下の写真。ワタクシ19匹。

050310_3

いとこMさんは45匹くらい。ダブル・スコアで差が出ます。

050311_3

東部のタナゴ師さんはどうかというと、Mさんが場所を帰ると話に行ったら、もうちょっとで200匹釣れるので、ちょっと待っててといってすぐに達成したとか。
レベルが違いすぎますねぇ。

ということで、10時過ぎに一度場所を変えて、1キロほど下流へ移動。
Mさんいわく、先日来た時にはこちらの方が綺麗なオスがたくさんいた、というのでやってみました。

水深はさらに浅く20cmくらいしかない上に水が澄んでいるので、魚が群れているのが偏光グラス越しに見えてしまうような場所。

早速始めてみると、確かにこちらの方がオスの確率が高い。
10匹に1匹くらいの割合で綺麗なのが釣れてきます。

050315
このくらいの割合でいれば産卵もうまくいくだろうなぁ、とちょっとほっとしながら釣りをすること小一時間。
こちらの方がアタリもよく出て釣れる釣れる、なんだか少し上手になった感じ。
20匹以上釣ったでしょうか、11時を過ぎてひざ小僧のあたりが日差しに熱せられて暑くなってきたので納竿。

先週の男女群島の釣りとは対極にあるような、狙いは小さく、のんびりした釣りだけれど、奥の深さは変わらないなあ、と実感しつつ帰宅の途につきました。

来年も釣れますように。


ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve

にほんブログ村 釣りブログ 日本全国釣行記へ
にほんブログ村

« 朝霞ガーデンで入れ食い@朝霞ガーデン | トップページ | またまたGTへの道 キャスト篇@秋ヶ瀬堰 荒川 »

Fishing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: タナゴ釣り2015 @埼玉県中部 某用水路:

« 朝霞ガーデンで入れ食い@朝霞ガーデン | トップページ | またまたGTへの道 キャスト篇@秋ヶ瀬堰 荒川 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31