無料ブログはココログ
フォト

« 不調の中での一匹 男女群島三たび その4@サンンライズ 呼子港 | トップページ | 西表島パラダイス遠征 その1@マリンボックス  西表島 »

2015年5月30日 (土)

ヒットパターン掴めず 男女群島三たび その5@サンライズ  呼子港

3度目の男女群島遠征。2日目はお昼過ぎになんとかまあまあのカンパチを一本上げることができました。

その後潮が動き始め状況は良くなってきていました。

15時頃、キャスティングをしていたNさんにキハダマグロがヒット!落ち着いて難なく上げてしまうところはさすがです。

2323

重さは10キロちょっとくらいか。

その直後の15時18分、今度はやはりキャスティングしていたヨッシーさんに良型のヒラマサがヒット。こちらもソツなく上げてしまった。

2324

船から島の磯を見ると、いたるところに人の姿がありました。
この日は中型の渡し船が二隻出てきており、人の立てそうな場所にはほとんどと言っていいほどの釣り人の姿がありました。
狙うのはエサ釣りではイシダイ。ルアーではキャスティングでキハダマグロやヒラマサ、ジギングでヒラマサ、カンパチなどがターゲットになるといいます。

九州の釣り人にとっては、男女群島というのは憧れの釣り場らしく、特別の念を持つというわれ、いつかは男女群島で釣りをしてみたい、と思うらしいのです。

2316_2

日が傾きかけた午後5時頃、タイラバを根がかりですべて失ってしまったワタクシはメラルジグ、ゴビアス・アンセスターのフォールでアカハタを狙いキャッチしました。
これは、狙い通りに釣ることができたのでとてもいいイメージが残った一匹。 
同じパターンでこの日の夕食前にも停泊地でいい型のアカハタを一匹釣ることができました。

2326

この後、磯近くのポイントでキャスティングをしていたら、出た!
しかし魚は針にかかることなく、二度にわたってルアーを襲った魚の大きな波紋が目に焼き付いているだけでした。
もう一度チャンスを、と流し直したが再び出ることはなくこの日の釣りは終了となりました。
船長に「マグロ?」と聞かれたけれど「わからない」としか答えられなかった。波紋が起こるだけの静かなバイトだったと話したら、この辺のマグロはそういう出方をするんですよとの返事。マグロだと思うと、いやヒラマサでも私にとってはどちらも初物となるので、じわじわと悔しさが湧いてくるのでした。

この日の夕食は桐生Kさんの釣ったアカヤガラの鍋、それに根魚王が泳がせでクエ狙いにと釣ったトビウオの刺身とサバの刺身です。
サバの刺身がうまい、初めて食べたとおもいます。脂が乗っていてサバという感じがどこにもない、しつこさのないカツオという感じでした。横浜で食べるのとは全く別な魚でした。

最終日、三日目。5時にエンジン音で起きる。

マグロのキャストでスタート。
「この辺はキハダが回遊している場所なのでいつ出てもおかしくないから気をつけてくださいね」という船長の言葉に、水面下を悠々と泳ぎ回るマグロの群れを想像しながらキャストを繰り返していると、なんと、マグロが出た!しかも一瞬針にかかったのです。
アワセてはいけないとしっかり針にかかる感触を確かめつつゆっくりと竿を立ててききアワセをしたらズルッという感触とともにはずれてしまいました。

昨日より一歩いや半歩くらいマグロに近づけたがまたまた手にすることはできなかったのがくやしい。

次の流しで、今度はヨッシーさんに出ました。
針はしっかりとマグロの口にかかり、竿は大きく曲がる。走り方からすると推定20キロクラスか?船長の「投げて投げて」という声に、ファイトに見とれていた自分から我に帰り再びキャシティングするが、私のルアーにキハダが出ることは二度とありませんでした。

2404

もう一流ししたが魚の反応がないため朝食をとり場所を変えることになりました。

朝食後の午前7時半頃、ジギング王にヒット。
船長が出てきて「これはカンパチだ。Tさん、初カンパチおめでとうございます」と囃し立てます。

2405_2

さらに30分後、ジギング王に今度はヒラマサがヒット。クールに上げてしまうのにいつもながら感心させられます。

2413

それからおよそ10分後、またまたヨッシーさんに今度はヒラマサがヒット。
いつもは魚が釣れてもあまり嬉しそうな顔をしないヨッシーさんも、キハダ、ヒラマサの連発に頬が緩んでいました。

2415

この後船は男女群島南部から一気に北端まで移動し最後のポイントを打ちました。

2400

およそ40分ほど、何度か流し変えてポイントを丁寧に狙うもバイトはなく、港に向かわなければならない時間になってしまいました。
この日はノーバイト、いや正確にはワン・バイトあった。大きなチャンスを逃してしまった。

スピードを上げる船のキャビンでお疲れ様のビールを飲んで船室の奥のベッドに潜り込みしばらく寝ることにしました。

どれくらい寝ただろうか、エンジン音が下がったり上がったりするのに目が覚めました。

止まっては走り、少し走ってはまた止まりというのを繰り返します、船の近くにマグロのナブラがいるらしく、それをキャスティングで狙っているのでした。

外に出ると、海鳥がたくさん飛んでいたがマグロはなかなか出ない。しばらく様子を見ながらマグロが出るのを待ちましたが二度と出て来ませんでした。青く光る凪の海に美しい五島の島々が見えました。

2402
3度目の男女群島遠征はこれまでで最も厳しい内容になってしまいました。
アカハタは多数釣れたが、本命の青物はカンパチ一本のみ。
マグロは三回出てその内一度は針にかかったのにバラす。前回のブリの時はうまくいったのに、まだまだ修行が足らないな。

男女群島でもリーダーが太いと食ってこないということが分かったのは収穫でした。もう少し早く気づいて対応すれば結果も変わっていたことでしょう。
自然相手の釣りにおいては固定観念は通用しません、常に柔軟に臨機応変に対応することが大切だということも分かりました。これからの釣りに役立つことでしょう。

平戸の海峡を越えて船は玄界灘に出ると残り一時間弱で佐賀の呼子港に到着します。
急遽来ることになり、心の準備もろくにできていなかったワタクシでしたが、そのままそれが釣りに出てしまった様な気がします。

2434

次回来る時は、もう少し勉強して、準備も抜かりなくしてこよう。
そう思いながらサンライズ新海号を後にしたのでした。

写真提供:サンライズ   Ebb&Flow

ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve

にほんブログ村 釣りブログ 日本全国釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村

« 不調の中での一匹 男女群島三たび その4@サンンライズ 呼子港 | トップページ | 西表島パラダイス遠征 その1@マリンボックス  西表島 »

Fishing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 不調の中での一匹 男女群島三たび その4@サンンライズ 呼子港 | トップページ | 西表島パラダイス遠征 その1@マリンボックス  西表島 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31