無料ブログはココログ
フォト

« 巨大GT!? 沖縄離島遠征2015 その四@よせみや丸 | トップページ | ギンガメ・フィーバー 沖縄離島遠征2015 その六@よせみや丸 »

2015年6月20日 (土)

巨大アカジン! 沖縄遠征2015 その五@よせみや丸

新しいポイントに船が入ったのは午前11時過ぎ、島近くの浅瀬の上だった。

昨年に続いて参加のSさんはGTをまだ釣ったことがないという。
彼の腕前、釣行回数からいったら当然すでに釣り上げた経験があると思っていたので意外だった。昨日はGTよりもタイラバでの根魚釣りに興じていた彼だが、今日はGT本気モードで望んでいた。

新しいポイントに入った直後の一投は魚の出る確率が高い。
ここでは彼に出た。私のすぐ横でのバイト、数匹のGTがルアーを奪い合うように飛びかかるのが見えた。大きな水柱をあげてそのうちの一匹がルアーにかかった。すぐさまファイトに入る。魚の引きは強くサイズは良さそうだ。初GTとは思えない余裕のファイトで魚を引き寄せそつなく上げてしまったGTは計測すると25キロあった。

Img_0161

場所を変えるたびに次々と大型GTがバイトしてくるこの海は凄い。
潮の動きなどの自然条件も整っているのだろう、こういう日はありそうで滅多にない、チャンスなのだ。

昼食をとって一休みしたあとに入ったポイントではジギング部隊が炸裂した。
まずは根魚王のチャイロマルハタというハタ、でかい。こういうのを事もなげに釣ってしまうのが根魚王の凄いところ。

Img_0170

そして、そのあと、またまた大変な事が起こる。
ジギング王とその隣で釣っていた磯子Dさんのダブルヒット。
ジギング王の魚は走りまくり竿をぐいぐいと引き込む。一方のDさんの方は竿は引き込まれないが何か根掛かりのように思いという。

2メートルほどの間隔で釣りをしていた二人は、魚が走ったためかオマツリをしてしまった。船長が出てきて糸をほどき、まずはジギング王の魚を上げた。
魚はイソマグロだった。その走りからみな予想どうりという様子で魚を見ていた。

そして、もう一匹のDさんの魚が水面に姿を現した時、大きな歓声ともどよめきともつかない声が上がった。ミヨシでキャスティングしていた私も気になったので上からその魚を覗き込んだ。

水面に浮いてきたのは巨大な赤い塊だった、「うお〜!でかい!アカジンだ!」という声を聞いてにわかに信じられず竿を置いて見に行く。

西表島で数匹のアカジンを見てきた私はそれなりに「大きなアカジン」というものを見てきたつもりでいた。しかしそこに上がってきた魚は私の中の大きなアカジンをはるかに超えるバケモノだった。

魚が甲板に挙げられて横たわる姿を見て、驚きは増すばかりである。
ぱっと見でも7~8キロはあるのではないかと思われるその魚は赤いクエにも見えた。
「スゴイ!」「デカイ!」と声が飛ぶ中、釣った本人のDさんは妙に冷めた顔をしている。
ご本人曰く「その凄さがわからないので実感できない」とおっしゃるのだ。
「GTだったら50キロ級ですよ」とか「こんな大きなアカジンは一生に一度見られるかどうかですよ」などと声をかけられても、本人はどうもピンと来ていないようだ。

こういう感覚は私にも経験がある。80センチ・オーバーのシーバスを釣った時、20キロ弱のカンパチを釣った時がそうだった。デカイのは理解できるのだが、どのくらいそれがスゴイものなのかを測る尺度を自分の中に持っていないために、その凄さが実感できないのである。

Img_0179

嬉しそうにしながら写真を撮られながらも、いまひとつピンとこないと首をかしげるDさんの気持ちがよくわかった。
しかし、何れにしてもこの魚は記録ものである事に違いはない。

「今日は凄い事が次々起こるなあ」「人生驚きの連続だなあ」などと口々につぶやきつつ各自の釣り座に戻っていくのであるが、おそらくこのアカジンを見た根魚王Kさんは少なからずショックを受けていたに違いないと推測する。彼がこの海で最も釣りたかった魚がこれだったからだ。それを目の前でやすやすと釣られてしまったのだから、おそらく胸中は落ち着かなかったのではないかと思う。

アカジン騒ぎがひと段落し、次のポイントに入ると今度はY店長がGTをキャッチ。
この頃になると、GTが釣れたくらいでは船上は沸き立たなくなっていた。一同麻痺しかけていたのだろう。

Img_0185

この後、少し魚の活性が下がったのかアタリが減ったので船は大きく移動をすることになった。

島を回り込み別な浅瀬に入り何度か小移動を繰り返しいい場所を探した。
ここでも小移動中に根魚王に船長よりのトローリングの命が発せられ、一同が注目する中船尾から糸を出しミノーを流す。
船が移動し始めて間もなく竿が曲がりヒット!すぐに船を止める。

今度こそはスマガツオをお願いします。という観客一同からのプレッシャーを一人で受け止めながらファイトする根魚王、今回はどうやら本命らしい手応えがわかっていたようだった。

上がってきたのはお腹がパンパンに膨らんだ見事なスマガツオ、一同今夜の酒のおツマミが確保できたことに大喜び。根魚王も大役を果たし一安心した模様。船上は和やかな雰囲気に包まれながら次のポイントに入った。

Img_0196


ここからのバイトが凄かった。
再開早々、本日初GTを釣り上げたSさんにまたまた大きいのが出た。今回も真横でそのバイト・シーンを見てしまっtのだが、デカイ魚が水柱をあげてルアーをひったくり、一気に走った。ドラグが鳴り糸が一気に引き出される。船はすかさずフォローを入れてバックした。しかし間に合わなかったようだ。引き出された糸が海底の根に擦れてしまったらしくわずかなファイトで糸は緊張を失い水面にたれてしまった。

Img_0198

Sさん自身も落胆が大きく「さっきのよりはるかに重かった」「僕のルアーはどこに行ってしまったんでしょうね」などと諦めきれない様子。何が悪かったのか心の中で整理がつかないに違いない。

さらに移動し釣り続けたおよそ一時間後、ジギング王がキャスティングでカスミアジをヒット。今日何匹目のカスミアジだろうか。

続くようにGTをバラした心の傷から立ち直ったSさんが大きなバラフエダイをヒット。
このように、外道と言われる魚が多く釣れることは決して悪いことではない。魚全体の活性が上がっている証拠だからだ。

Img_0217

事実本命GTのバイトも多数あった。なかでも圧倒的にバイトがあったのは青山Sさん。
ミヨシでキャストする彼の方から、「出た!」「来た!」という声を何度聞いたことか。
そのうち何度かは針にもかかったようなのだが、なぜか途中でばれてしまうのだった。これには本人も参っていたようで、釣れない暗示にかかっているようだった。

Img_0204

午後6時を回り日もだいぶ傾いてきた頃に、ジギング王がまたまたカスミアジをヒットする。いったいこの方は今日何匹の魚を手にしたのだろうか。ご本人はいたって冷静な様子で魚を上げてしまう。

Img_0238

その直後、苦しんでいた青山Sさんにまたまたヒット。
本人は「またまた悪夢か」と少々弱気になりつつファイトしていたようだが、この魚は取れた。残念ながら本命GTではなく良型のバラフエダイだった。

Img_0261


ここから夕まずめの一時間はバイトが連続してあった。
しかしなかなか魚が針にかからない。その度に船長が声をあげて嘆くのであるが、釣りをしている本人が一番嘆きたいところなのだ。

Img_0227

時計は7時を回り辺りは薄暗くなり始めていた。
船長から「あと一投でラストね。ドラマを起こしてちょうだい」と言われ、一同慎重にキャストし、ルアーを操る。一人が終了し、また一人と次々にルアーを回収し納めていくなか、船尾でルアーを操っていた最後の二人に注目が集まる。

「くるか!」「見せてちょうだい!」などと半ば冗談交じりの声がかけられるなかDさんのルアーが船まであと数メートルというところに達した時、突然大きな波紋が湧き上がり魚がルアーに飛びつく、ルアーを加えた魚が走ろうと水上で尾びれをパタパタ振る様子が見えたのがコミカルで、注目していた一同、大いに盛り上がる。

Img_0265

釣れたのはいいサイズのイソマグロだった。夕闇迫るなかで写真を撮り即リリースする。こうして驚異の一日は終わった。
Img_0269
夕方、船長がバイト数を集計したところ、なんと46バイト!釣れたGTこそ3匹だが、カスミアジ、バラフエダイ、イソマグロと多くの大物が上がった。さらに、ここにも書ききれなかったが多くの根魚も上がっており、この日一にちの釣果は私のなかでは記録的なものだった。

今日一にちは自分にとって人生の中で深く思い出に残る一にちとなることだろう。
私は私なりに、釣り師一同のみなさんもそれぞれ自分の中の個々の思い出ができたに違いない。

自分自身はいくらも魚を釣っていないのにこの充実感はなんなのだろうか。
お疲れ様のビールを飲みながら、今日の停泊地に向かう船の上で暮れ行く大空を見上げながら感慨に浸った。


写真提供:Ebb&Flow

ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve

にほんブログ村 釣りブログ 日本全国釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村

« 巨大GT!? 沖縄離島遠征2015 その四@よせみや丸 | トップページ | ギンガメ・フィーバー 沖縄離島遠征2015 その六@よせみや丸 »

Fishing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 巨大アカジン! 沖縄遠征2015 その五@よせみや丸:

« 巨大GT!? 沖縄離島遠征2015 その四@よせみや丸 | トップページ | ギンガメ・フィーバー 沖縄離島遠征2015 その六@よせみや丸 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31