無料ブログはココログ
フォト

« 西表島的釣魚生活  第三 ジギング&リーフ釣り | トップページ | 西表島的釣魚生活 第四 マングローブフィッシング その二 »

2015年6月 5日 (金)

西表島パラダイス遠征 その5 グルメ@マリンボックス  西表島

沖縄方面に来た人、行った人からよく聞くのが、「沖縄の魚は色が派手でおいしくない」という一言。



今回の遠征ではこれが大間違いであることを確認しました。


ちゃんとお料理すればすごく美味しい魚がたくさんいるんです。ちゃんとお料理、というところがポイントで、それができるシェフがあまりいらっしゃらないのではなかろうか?



今回遠征でお世話になっているマリン・ボックスさんはROCOというレストランもやっていて、シェフは船長でオーナーでもある宮城さんというお方。

この方、世界を歩いて美味しいものを食べ尽くした方なので、世界中のお料理の文字通り「美味しいところ」うまく組み合わせて創作料理をなさっていらっしゃるんです。



今回の釣行では、魚が釣れるたびに船長から「その魚はこうして食べよう、ああすると美味しい」と魚を釣った瞬間からお料理プランが出来上がってしまうというこれまた夢のような釣行でした。


それでは、三日間我々の食したご馳走をご紹介しましょう。
あ、でも先に申し上げますが。あまりに美味しそうなので写真を撮るのも忘れ食べちゃったお料理もずいぶんありますので悪しからず。



まずは初日の夕食、リーフで釣ったお魚ちゃんたちのお料理です。

トップ・バッターはフエダイの塩焼き。

29028

これは、身が厚くブリブリで味はたんぱくながら旨味がありウマい。
魚を釣ったご本人たちに持っていただき写真をパチリ。

29030

29031

続いてはカルパッチョ。魚はハタ科のものだったような。

29027

非常に上質のオリーブオイルをベースにしたソース、野菜の旨味と魚の旨味がとても素敵なコラボ。隠し味に美味しさの秘密があるようでした。

三番手は唐揚げのあんかけたれかけ


29026

これはウマい!丸揚げにしたハタと地元八重山そばをかた焼きそば風に揚げたものに、ニンニク、ガーリックも入っていたかな?のきいたあんかけソースがかかっているのですが、魚の旨味とあんかけのバランスが絶妙で思わず頭を手づかみでかぶりついちゃいました。
そして締めはイカスミご飯コロッケ

29025

これは手の込んだコロッケでした。イカスミを使ったチャーハンを作りこれをコロッケにするそうなんです。

イカスミの旨味とほのかな甘みが揚げたての熱々コロッケを噛んだ時に中からジワッと出てきて
なんだかとってもファンタスティック。

見た目よりボリュームもあるので、一同これにれ満腹となりました。

これらのお料理に泡盛のロックを飲んだのですが、料理の飾りについていた花を入れると、ほのかな甘く爽やかな香りがして美味しい。
この香り、Y店長に言わせると東南アジアのマッサージの匂いだそうです。
何を想ったのかY店長。
さて二日目の夕飯

これは豪勢でしたよ。なんたってこの日は浜値で一万円は軽く超えちゃう高級魚アカジンが釣れちゃったんですから。
釣れた時の船長(シェフ)の第一声は、「しゃぶしゃぶにしよう」でした。

アカジンのしゃぶしゃぶ。アカジンの美味しさをご存知の方はもうここで身悶えなさっているのでは。



まずは野菜とアカジンのアラを入れたお鍋をつくります。
アカジンの出汁がたっぷり出た美味しいお鍋、お豆腐も美味しうございました。



30034

ここにアカジンの薄切りを入れてしゃぶしゃぶにします。

30031_2

湯への通し具合、熱の加え加減で食感が変わるので、自分の好みに合わせて「シャブル」時間を調整しながら5秒がいいとか、いやもうちょっとなどと言いながら舌鼓を打ちました。
 
Y店長は、本ブログにもよく登場する根魚王Kさんに「お誕生日祝いに」と写真を送っていました。美味しんぼの根魚王さんからの反応が楽しみだったのですが、この晩には返事は来ず。
続いてはお刺身数種。

30032

刺身は滑りや臭みを取るために湯引きされていて、雑味が全くなく魚本来の旨味が堪能できるものでした。魚の種類により歯ごたえ、甘みなどが微妙に違い、食べ比べていくといくらでも食べられちゃう。


ハタ、フエダイなどいろいろある中、衝撃的だったのはヤガラの刺身。
アカヤガラは白身の上品な味で自分でも煮付けたり、唐揚げにしたりして食べたことがあったのですが、赤くないヤガラがこんなに上品な白身の刺身になるとは想像もつきませんでした。


ヤガラ自体が一般には流通しない魚なので、ここでご紹介してもどんな魚か???という方も多いでしょうがネットで検索してみてください。その容貌からこの美味しさは想像しがたいものがあります。




さらに駄目押しにハタの唐揚げあんかけが本日も登場。

しかし昨夜のものとはまた少し違った味付け、ハタの種類も異なったのでまた違う美味しさです。

30033

本日のは、身が分厚くブリブリの上品な白身、そこに中華風とも東南アジア風とも言えるあんかけの味付けが味を引き立て、これまた骨までしゃぶりついてしまいました。

お鍋、しゃぶしゃぶの残ったお汁を使って、明朝オジヤにしましょうという話になったのに、おつゆがウマいと飲んでしまう人が後を絶たず、大のオジヤファンのワタクシは、その様子を見てハラハラしおりました。


お鍋というのは、具は言ってみればダシの出てしまった残りカスを食べているようなもので、本当に美味しいのは残ったおつゆなんですよ。




三日目の朝ごはんは、なんとか無事にアカジン出しの美味しいオジヤをいただくことができました。


さて、最終日三日目のディナーと申しますと。
まずはツムブリのカルパッチョが登場。

31035

オリーブオイルをベースにしたソースにこれも軽く湯引きしたツムブリの身と野菜のコラボが素晴らしい逸品です。
とても美味しくてあっという間になくなってしまいました。

次に登場したのは、本日も高級魚アカジン。
本日は昨日私が釣ったものを一日寝かせてのお刺身。

31034

一日寝かせることで身は柔らかくなり、旨味も増します。

よく、釣りたて獲れたての魚を「コリコリして美味しい」という方がいますが、好きずきはあるとはいえ、あれは本来の美味しい食べ方じゃあないですね。
カンパチだってヒラマサだってブリだって、みんな二三日寝かせた方が美味しいです。

このお刺身も軽く表面を湯引きしてありました。

31033

湯引きすることによって皮も一緒に食べられますので、魚の一番美味しい皮のあたりを美味しく食べることができるというわけです。

さて、三品目はメバチマグロのカツです。

31032_2

カツといってもただのカツではありませんでした。
食べると中はレア、つまりお刺身なんです。
カツのころものサクサクとマグロ肉の柔らかさの食感が絶妙です。
さらにニンニクをきかせたソースがかかっており、これがまたカツと実に合う!ちょっと感動ものの逸品です。

さらに美味しかったのが、ハタの丸揚げをココナツミルクベースのソースで和えたもの。野菜を炒めた旨味にココナツミルクの微妙な甘み、チキンブイヨンなどのダシが絶妙のハーモニーでした。
あまりい美味しいので、写真を撮る間も無く、頭から尻尾までしゃぶり尽くしてしまいましたよ。

さらに八重山そばの焼きそばもでてきてお腹いっぱい。

31031

このほかにもゴーヤチャンプルとか美味しいものがたくさんあったけれど、あまりに贅沢をしてしまったので記憶が曖昧に。


ここでご紹介したおさかな料理を食べたい方は、西表島マリン・ボックスさんのガイドで釣りをして、自力で釣り上げた上で(船長も結構釣りますが)、お料理をお任せでお願いすると食べることができます。とうより、そのほかに食べる手立てはないと思われますので、是非西表島にいらしてください。

ご参考:マリン・ボックス

ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve

にほんブログ村 釣りブログ 日本全国釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村

« 西表島的釣魚生活  第三 ジギング&リーフ釣り | トップページ | 西表島的釣魚生活 第四 マングローブフィッシング その二 »

Fishing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 西表島的釣魚生活  第三 ジギング&リーフ釣り | トップページ | 西表島的釣魚生活 第四 マングローブフィッシング その二 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31