無料ブログはココログ
フォト

« 西表島パラダイス遠征 その5 グルメ@マリンボックス  西表島 | トップページ | 西表島的釣魚生活 第五 星砂ビーチで遊ぶ »

2015年6月 5日 (金)

西表島的釣魚生活 第四 マングローブフィッシング その二

2015年6月4日(木曜日) 曇りのち晴れ

今日はオーナー氏、スタッフのヨネちゃんと三人でマングローブの釣りに行く。
一昨日行ったのとはまた別な川で、ここにはゴマフエダイの大きいのがいるらしい。

14フィートほどの和船にエンジンをつけた船で港を出発、河口まで小一時間ほど走り川に入っていく。この辺りはオーナー氏がイリオモテヤマネコを見たこともあるという場所で、山深く人口構造物が皆無の場所。まさに大自然の真っ只中に身を置く感じだ。

04000

今日はヨネちゃんが一番後ろで操船し、オーナー氏が真ん中、私が舳先に座り込んでの釣り。

大名の釣りである。

広い河口部から船を進めると次第に川幅は狭くなる。ちょうど潮が下げている時間なので、川の水は河口に向かって流れどんどん減っていく状態だ。

午前11時頃、川幅が50メートルくらいになった辺りから釣り始める。
今日のタックルもオーナー氏にお借りしたベイト・タックルとスピニング・タックルの二本立て。
ベイトには大きめのトップ・ウォーター・プラグをスピニングにはミノーをつける。

ポイントは一昨日の釣りと同じで、岩盤や岩などのストラクチャー周り、マングローブの日陰などのカバー周りなど。

04001

準備にもたもたしている間にオーナー氏がさっさとゴマフエダイを一匹釣り上げた。さすがに早い、うまい。使っていたルアーはスイッシャー。

私はザラスプークでスタート。大物がで雨というアドバイスにこれを選ぶ。
投げて反応がなくルアーの動きも使い手がヘボなのでイマイチと感じ、なかなか魚が出ないので同じペンシルのレッドペッパーに替える。これが良かった。

最初にヒットしたのは岩周り、いい所にルアーが入ったなと思った瞬間水しぶきが上がり手元に魚お手応えが伝わる、その日一匹目の手応えというのは特別な感覚がある。まだその日の釣りの様子がわからないので、どんな魚が来たのかも分からない緊張、かかったという嬉しさとバレるなという不安が心をよぎったり。なんとか無事に上がってきたのはゴマフエダイでした。

04003_3

とりあえず一匹釣れたので気持ちが落ち着く。

次に釣れたのもマングローブ際の岩周り、またまたゴマフエダイ。

04004

この魚、大きさの割りに良く引くので楽しい。一昨日の釣りでは今日は来られなかった紳士氏が40センチ・アップを釣ったという。さぞやいい引きをしたのだろうと想像しつつ釣り進む。

次の魚はヒットした瞬間ものすごい勢で走る。
明らかにゴマフエダイとは違う走りに、アジ科の魚でしょうと後ろからヨネちゃんの声。
上がってきたのはギンガメアジの幼魚でメッキと釣り人が呼ぶもの。アジ科の魚、ギンガメアジ、ロウニンアジ、カスミアジなどの幼魚はみな体の表面がなめらかな銀色でまるで金属をメッキしたように見えるので総称としてそう呼ばれる。

これも写真を撮ろうとしたら、川にぽちゃん。
すぐに次のポイントめがけてキャストをする。
ベイト・キャスティングも少しづづいい場所に決まるようになってきて気持ちいい。

次に来たのも岩周り。これもまたヒットした瞬間走ったのでアジ科の魚とわかる。
何匹か釣っていると魚の種類やその引き具合など分かるのようになるので落ち着いて魚とのやり取りができるようになる。

上がってきたメッキ、今度はGTの幼魚。思わずGTゲット!と声に出してしまった。
西表島での初GTである。

04005

この後キャストした際、誤ってルアーの針を自分の腕にかけてしまうというミスをする。
魚のボイルに夢中になり、後ろをよく見ないでキャストしたのが原因。幸い掛かりが浅かったので大して痛い思いもせずに済んだが、これは大事故につながる恐れがあるので少々反省。

川幅もだいぶ狭まってきてマングローブの枝が川に覆いかぶさっているようなポイントが増えてきた所でスピニングに替える。

すると、なぜかかかる。のがナンヨウチヌというクロダイの仲間ばかりになる。

本流の水が引いてきて入り込む限界まで行き着いたので、一旦下流に下り途中から支流に入ることになった。
狭くなった川は両側からマングローブの林が覆いかぶさるようなジャングルのなか。
緑が濃い。すぐ近くでアカショウビンの鳴き声が聞こえるが姿は現さない。

04006

大きいゴマフエダイが出るというので再びベイトでカバーをタイトに攻める。

この釣りはトップ・ウォーター・ファンの人にはお勧めです。

いいところに入れば必ず何かの魚の反応があるからです。

そして、魚のヒット率も非常に高いし思いがけない大物がヒットしてくることもある。
日頃修行のようなトップをし続けているみなさん、ちょっとお金を貯めて西表島に来てみてください。そこにはパラダイスがあります。

小さな岩盤が現れキャストしたら後ろから投げた二人にゴマフエダイをダブルヒット。私も仲間に入ろうとすかさずキャストするもヒットせず。仕方ないのでカメラマンになり写真を撮る。

04008

河岸をよく見ると森の中なら流れ込みの筋が土をえぐって形作られているところがあり、そういうところに魚は付いていた。
また、川が狭くなり水が引き浅くなると、川の中心部からも魚が飛び出してくる。

再びミノーにしてコマフエダイをヒット。

04010

時計は12時半を回っていたのでマングローブの木陰を見つけてお弁当を食べる。
マングローブの根元に3センチほどのトビハゼがピョンピョンはねては根元に登ってくる。
カンムリワシの鳴き声が聞こえた。
突き刺すような日差しと深く濃いマングローブのジャングルに身を置くとここが日本だとはちょっと思えなくなってくる。

04011

食後、支流を下り始める。水はかなり引いて浅くなっており、岸沿いのカバーやストラクチャーよりも川底のかけ上がりから魚が出るというので作戦変更。掟破りのルアーをスピニングにつける。

するとワン・キャストメからナンヨウチヌがヒット。

04015

続けて三連続ヒット。その後もヒットしなくてもわらわらと魚がルアーを追ってくる。

「私たちはトップ・ウォーター・クラブなのでそのルアーは反則です」

と冗談交じりにオーナー氏から言われてしまったそのルアーはラパラのCD3。

04016

このルアーは、ここに来る前に何度も見てきた釣りビジョンの魚種格闘技戦・西表島の回で村田基先生が使ってチヌを釣りまくっていたルアー。先生が必須アイテムというので持ってきたもので昔管釣り用に買ったもの。
このルアーを買う時には、まさかこのようなマングローブで使うとは夢にも思っていなかった。

反則ルアーの学発は続き、さらに数投後、川底から大きいのが飛び出してきてルアーをひったくるようにヒット。
今日一番の大物に慎重にファイトしてあげる。ナンヨウチヌの大きいものかと思ったらにているけれど別の種類の魚だという。名前は忘れた。

04012
その後も掟破りの秘密兵器はヒットを連発。
支流と本流の合流手前の浅瀬でまたまた大物がヒット。
これがまた、これまでに無い引き方、暴れ方をする魚なのでいったいなんなのかと思いつつ強引に上げてきたら、なんと30センチ近いマゴチでした。

04014

本流に戻ると、潮が引ききって登ってきた時は広い川幅だったのが、両側がすっかり干上がって陸になっている。

川の真ん中だけ残った川筋を下りながらの釣りになる。
ポイントは川底の駆け上がり、小さな流れ込み、岩などのカバー。

ここでもラパラは大活躍し、チヌ、チヌに似た魚などよく追いかけて来てはヒットする。

すこし下ったところで川の流れ込みにキャストするとひったくるようなヒット!
魚は横に走り回り竿を水中に絞り込む、少しドラグが強すぎるようなのでファイトしながら少しずつ緩めて糸の切れるのを防ぎつつ上がってきたのはこの日二匹目のGTの赤ちゃん。
「やったー!一日でGT日本キャッチ!」とふざけて声を上げる。

04017

川を下り大きめの川との合流点などにもいいのがいた。
後ろではオーナー氏が入れ食いの様子。

04019

続いて操船しながらのヨネちゃんもヒットの連続。

何匹かナンヨウチヌを釣り、河口付近まで来たところでマングローブの釣りは終了。

時間があったので帰りがけにリーフ周りも少し狙ってみようということになり立ち寄ってみたが、

ダツが釣れただけで魚の活性が低かったので、この日は早めに上がることに。

遠征隊と三日間、中一日置いて再び三日続けての釣りで、腕はすっかり黒く日焼けし、膝小僧や首回りなどはかなり悲惨な状況。日焼け止めを塗っていてもこんな有様。

04020

明日は一日のんびり過ごすことに。
気が向いたら近くの浜辺に海水浴と釣りに行こうと思う。

ご参考:マリン・ボックス

ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve

にほんブログ村 釣りブログ 日本全国釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村

« 西表島パラダイス遠征 その5 グルメ@マリンボックス  西表島 | トップページ | 西表島的釣魚生活 第五 星砂ビーチで遊ぶ »

Fishing」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
はじめまして 私、熊本と申します。

ブログ楽しく拝見させて頂きました。
実は、私も今年の7月9日にマリンボックスさんでマングローブの釣りを
予定しております。(マリンボックスさんにお世話になるのは今回で2回目で、今春にはアカジン会にも顔を出しました。)

早速で大変恐縮ですが、今回初めてマングローブの釣りをしますので、是非お勧めのルアーがございましたらアドバイス頂ければ大変助かります。

普段はシーバス、フローター(トップオンリー)でのバス釣りをしていますが、特に私が知りたいのは、ルアーの【サイズ】です。
例えば、ジャイアントドッグXよりもドッグXの方が良いのか?想像ですが、やはりある程度(9~10センチ)の物の方が数は出なくとも良型が獲れるとか?といった具合です。

勝手ばかり言って申し訳ないのですが、ご連絡頂ければ大変嬉しいです。
是非、宜しくお願い致します。

熊本 兼悟

熊本さん、初めまして。コメントありがとうございます。
さて、早速ですが、僕の経験からのお勧めは、マングローブ・ジャックにはスピンテールバングオーの大き目が効きますね、その他スウィッシャーは全般的によく出ました。
ルアー・サイズが大きければ魚も大きい印象です。
ペンシルは、横の動き幅が大きすぎるとバイト時のノリが悪い印象でした。
短い幅で動かすのが効果的でした。
ドッグXは小さいのを使いましたがよく出ましたよ。
それと、数を釣りたいならばラパラのCD3、パールホワイト、金、銀などがチヌその他よく出ました。
その他良く釣れたのは、渓流用のヘビーウェイト・ミノー3g,3.5g、色は派手目、がよく出ました。
タックルはトップはベイトタックルでタイトに攻める必要があります。
シンキングはスピニングタックルでもなんとかなりました。
いずれも短め(5~5.5ftくらい)でバットのしっかりした竿がいいようです。
PEラインは多少値段が高くてもバリバスのMAX POWER AVANI Jiggingが飛距離も出て丈夫で使いやすかったです。キャスト時、ヒット時に差が出ます。スピニングなら1号、ベイトなら1.5号くらいです。
以上、ご参考になれば幸いです。
マングローブの釣りを満喫なさってきてくださいね。

早速のお返事ありがとうございます。

丁寧且つ、具体的な案内でイメージが湧いてきました!
今からバングオー探しに行ってきます!!(笑)

熊本さん
バングオーは必須ですよ〜!
頑張って探して下さい。
釣果が上がりましたら、またコメントください。
よろしくお願いいたします。

こんにちは。
バングオーは何カ所か釣具店を回りましたが見つかりませんでした・・(笑)

また、PEラインの情報ありがとうございます。おススメの【バリバスのMAX POWE~】は、お店で手に取って見てみたところ、僕が普段シーバス(スピニングで0.8号)で使用している東レのシーバスPEパワーゲームと似ていると思うので、2号を購入しようかなと思っています。

話し変わりまして、8日に旅行に行く予定だったのですが、台風のことを考えキャンセルすることに決めました。
でも、ホント偶然にも嫁とのスケジュールの都合も付いて、今月末に変更出来ました!
その関係で宿もマリンボックスさんへ2泊お邪魔します(笑)

毎年のように石垣、西表には行っていて、新八食堂、星砂食堂、デンサー食堂、明石食堂、海人食堂海鮮館、なかよし食堂などなど行きましたが、何かおススメの食事処はありますか?(もちろん、宮城さんの作る料理は絶品なのですが)また西表の観光スポット情報など是非是非お待ちしております。


熊本さん
コメントまたまたありがとうございます。
バング・オーは見つかりませんでしたか、残念ですね。
他のスウィッシャーでも十分効果はありますので、お手持ちのスウィッシャーで勝負してみてください。
スケジュール台風を回避できてよかったですね。
実は先週末に、アカジンとGT狙いで種子島に行っていたのですが、豪雨で釣りになりませんでした。

さて、観光ですが、釣りばかりで全く観光らしいものをしていないので残念ながら情報がありません(笑)
食堂に関してはマリンボックスのオーナーに連れて行っていただいたたお店くらいしか知らないので、ぜひオーナーにお勧めのお店を聞いてみてください。

熊本さんもおっしゃるようにROCOさんのお料理が一番美味しかったですよ。

ではでは、楽しんできてください。

こんにちは。

またまた飛行機が欠航になってしまいました。予定では今頃は空の旅を楽しんでいる筈だったのに今家に居ます、トホホ・・・。

それでも往生際の悪い嫁は、飛ぶかどうか分からない夕方の便に振り替え、トライするとのこと。一体どうなることやら・・・。

熊本さん
台風が来てるんですね。残念ですね。
夕方の便が何おtか飛ぶことをお祈りしています。
西表島方面は台風圏外ですものね。

行ってきます!

こんにちは。暑いですね・・・。

西表行ってきました。そして希望通り初のマングローブフィッシングにも参加出来
ました!
米ちゃんは正直シブいと予想していましたが、終わってみればとても良い結果で、僕も米ちゃんも40UPを一本づつゲット。
やはりスウィッシャーがこの日は効きましたね。色々とご丁寧に情報提供頂きありがとうございました。
(写真は8月1日付のマリンボックスさんにUPされております。お時間のある時にでも覗いて頂ければと思います)

熊本さん
お返事遅くなりました。すみません。
西表の写真見ましたよ〜\(^o^)/
いいサイズが釣れているじゃありませんか!
それもスウィッシャーで。
少しでもお役に立てたなら光栄です。
爆釣おめでとうございます。

こんばんは。

幸運にも良い釣りが出来ました。
またすぐにでも行って、あのド派手な捕食音が聞きたいですよ!

ところで、↓のイベントいらっしゃいますか?
http://sumida-jazz.jp/sj/

熊本さん

いい釣りができて良かったですね。
一昨日あたりから台風でひどかったようなので
いいタイミングに行けましたね。

マングローブジャックの捕食音はたまらないですよね。
僕も来年また行きたいなあ。

墨田ジャズは今のところ行く予定はありません。
熊本さんは行かれるんですか?

僕は最近ジャス・フェスはすっかりご無沙汰になっています。
我が家の近くでも旭ジャズフェティバルや横浜ジャズ・プロムナード
といったイベントがあるのでが行かないですねえ。

なんでだろ?

いや、僕はパンクロックが好きなので行きません・・・(笑)
もし偶然にも行かれるのであれば、近所なのでお会いできるのかな?と、
ふと思いまして。

旭ジャズフェティバル=調べてみたら、場所はこども自然公園だったんですね。
僕は実家が鶴ヶ峰で、小学校時代よくあの池にクチボソ釣りに行きました。
懐かしいなぁ~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西表島的釣魚生活 第四 マングローブフィッシング その二:

« 西表島パラダイス遠征 その5 グルメ@マリンボックス  西表島 | トップページ | 西表島的釣魚生活 第五 星砂ビーチで遊ぶ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31