無料ブログはココログ
フォト

« 西表島的釣魚生活 第七 グルメその二 | トップページ | 西表島的釣魚生活 第九 シュノーケリング天国 »

2015年6月 8日 (月)

西表島的釣魚生活 第八 ライトジギングでアカジン

2015年6月8日 月曜日  晴れ

気がついたら西表島での生活も11日目になっている。
残すところあと3日。時の過ぎるのは早い。人生もまた短し。
などと言っている場合ではない。天国での釣りもあとわずかしかできないのだ。

Imgp4914_15

本日はオーナー氏よりお店で出す魚を釣ってくるように!という命を受けヨネちゃんと二人で海に出る。

港でオーナー氏の乗る船がオーバーホールのため石垣島に向けて曳航されていくのを見送り、こちらも16フィートくらいの小型和船にて出港。沖に向かう。

Imgp4919_8

私は気楽だったがヨネちゃんにはかなりプレッシャーがかかっている雰囲気。
釣れるかどうかは時の運、などと言っている余裕はないようだ。

沖に出て最初の一流しめ、すぐに私にアタリがあり、いい型のカイワリというアジ科のお刺身が美味しいお魚が釣れた。

Imgp4935

妙に饒舌になったヨネちゃんから張り詰めていた空気が解き放たれていくのがわかった。
こんなにプレッシャーを感じてたんだ、と我ながら自分のお気楽さに呆れる。

この後がすごかった。浜値でうん万円もする高級魚アカジンのダブルヒット(二人が同時に釣ること)があり、さらに先ほどとほぼ同型のカイワリも釣れて、ミッションはほぼ達成。時計はまだ一時間しか過ぎていない。すごい海だ。

Imgp4936_17

美しく、魚の豊富な海の上で浦島太郎の時代の海は、きっとこんなだったのだろうなと想像する。この海ならば潜ったら竜宮城があると想像に難くない美しさだ。
竜宮城へのお迎えの亀が来たら乗っちゃってもいいなあ、なんて思いながら釣りをしていたら、本当に亀が現れてドキッとした。

Imgp4923_5

お昼を回り船の上で余裕のお弁当を食べる。うまい。
釣れていなかったらいったいどんな味の食事になっていただろう。喉も通らなかったのではないかと、笑い飛ばしながら美味しくいただく。

食べ物味は心の作り出すものだとしみじみ思う。
一番のご馳走は空腹、たのしい仲間、美味しい料理、心の余裕が揃った時に味わえるのだと実感する。

空が青い、海が青い。
青く澄んだ海を眺めながら、江ノ島の海を思い起こしたら、横浜に帰ってから果たして
相模湾の海に釣りに出るのだろうかと不安になった。

午後になり、潮は緩んできたもののポツリポツリと釣れ続く。
しかもアカジン主体に!

ヨネちゃんは良型アカジンを二匹追加した後にまたまたダブルヒット。
この時はヨネちゃんがヒットしたのでタモを出そうとルアーを底から数メートル巻いてヨネちゃんの様子を見ていたら、大きそうなので手伝おうと決断しルアーを回収しようとしたら、ずんっ!と来た。

Imgp4956

初めはヨネちゃんにオマツリしたかと思ったが、お互いちゃんと魚が引いている。
上がってみればどちらもいいサイズのアカジンである。

Imgp4963_16

この日のあたりルアーはプロセレのゴビアス・シリーズ。
ヨネちゃんはゴビアス・アンセスター(通称ツチノコ:写真下)の赤金で、私はゴビアスなんとか(勝手にムツゴロウと呼んでる:写真上)でアカジンほか多数の魚をキャッチ。

30005

                                             ゴビアス・アンセスター(通称ツチノコ)

これらのルアーは青物から底までなんでも効くのを、4月、5月の男女群島、今回の西表島でまざまざと見せつけられた。まだあまり知られていないかもしれないので手に入れられそうならチャンスですぞ。

あ、それからもう一つ、同じプロセレのアンチョビット・ナゲットが底ものにすごく効くのも本日実感しました。私がそのルアーに替えて投入し着底した瞬間ひったくるようなアタリに強力な引き、一瞬でラインを引きちぎられてしまった。
あの一匹は悔しい。これで手持ちのナゲットは全て西表島の大魚に奪われてしまった。
その後、リーダーを太くして釣りに挑んだのですが、夢は再びならず。

次第に潮が緩み始め、アタリの回数は減り、ヤガラが釣れそう、と噂していたところに私のルアーにヤガラがくるなどしたが、大漁なので何があっても怖くない。

さらに終了間際にヨネちゃんがもう一尾アカジンを上げて合計5匹も釣った。
彼は過去に1日7匹のアカジンを釣ったことがあるらしいがサイズは小さく、今回が総重量では一番ではないかと話していた。

Imgp4968

                                                  余裕で操船するヨネちゃん

船上からオーナー氏に電話で釣果の報告。
すごいね、という返事が返ってきたようだ。

港への帰りがけにちょっとだけリーフで釣りをさせていただき、小さなフエダイを一匹釣り港へ帰る。

マリンボックスさんに戻り荷物をあげる。
迎え出てきたオーナー氏がクーラーボックスにぎっしり詰まった魚を見て驚いてい
た。

オーナー氏に借りたジグを二つ、私は失ってしまったのだが、アカジン2匹を代償にして許していただく。

部屋に戻り、汗と潮をシャワーで洗い流しオリオンビールを飲む。
気がつけば、今日も天国の釣りをしてしまった。
天国の裏側は地獄。私に待っているのは地獄なのだろうか。
毎日がこんなに楽しいとそんな恐怖も湧いてくる。小心者なのだ。

夕食は今日釣ったお魚のお刺身、唐揚げ、あんかけ、カマの煮付けとフルコースでいただく。本ブログにアップした自分の顔が丸くなっているのに気付きドキッとした。

こんな天国にいられるのも残りわずか。
まだまだ出会いがあるに違いない。


ご参考:マリン・ボックス

ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve

にほんブログ村 釣りブログ 日本全国釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ
にほんブログ村

« 西表島的釣魚生活 第七 グルメその二 | トップページ | 西表島的釣魚生活 第九 シュノーケリング天国 »

Fishing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西表島的釣魚生活 第八 ライトジギングでアカジン:

« 西表島的釣魚生活 第七 グルメその二 | トップページ | 西表島的釣魚生活 第九 シュノーケリング天国 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31