無料ブログはココログ
フォト

« 紅葉狩り2015@武蔵丘陵森林公園 | トップページ | 久しぶりのそば打ち@モンゴルの子(粉)篇 »

2015年11月26日 (木)

入れ食いで100匹はたのしいよ@川越水上公園

先日の釣行で100匹釣ったもののあまり楽しくなかった川越水上公園にまたまた懲りずに行ってきました。

楽しくなかったのは施設に問題があるわけでなく、全てワタクシの精神性の問題であります。

つまり、何が何でも100匹釣るぞ!という目標を掲げてしまったが故に、それがノルマとなって釣り自体が楽しめなかったというのが前回の反省点。
並びに前回数釣りをしたことで自分の課題も見えてきた。

それは、バラシが多いということとアワセそこないが多いということ。
つまりどちらも魚がフライに食いついているのに釣り逃してしまうということ。
これを逃さずに釣ればおのずと結果の数字も良くなるし釣り自体も楽しめるのではないかという思いで今回の釣行に臨みました。

午前6時ちょっと過ぎ、開門後に到着。
なんだか回を追うごとに到着が遅くなっていく気がする。

例のよってプールの一番深いところを探して行ったらちょうど空いていたのでススッと入り込み、仕掛けも前回のままフライがついたままになっていたので、薄暗い水面に投げれば、あらもうヒット!なんの労もせずに一匹目をキャッチ。

Imgp6459


本日の釣りについては、既に書いた通りバラシを減らすこととアワセをしっかりすることの二点です。

バラシ対策は既にっとってありますよ。
釣り針のサイズを一つ大きく上げたのです。

前回まで使っていたのは、ドライフライ用の#12というサイズの針、これをウェットの#10に変えました。

といってもフライをやらない人には何のことかさっぱりわからないと思うので説明いたしますと。

私の使うマラブーという形のフライはゆっくり水に沈んでいくところを魚に食わせるフライなんですね。
ところが無知な私は水に浮かせて使うドライというタイプにわざわざ沈むように鉛のワイヤを巻いて沈めていたんですよ。
今回違うサイズの針をネット上で探していたらウエット、つまり沈めて使うためのフライ用の重くて沈む針があるのを知ってこれを使ってみることにしたんです。

Imgp6456
フライをやる方にとってはかなり常識的な知識を知らなかった自分を恥じるばかりなのですが、独学でやっているとこういう大きなミスに二年近く気づかないことがあるんですね。

やはり、上達の近道はいい先生について学べということなのでしょうか。

ともあれ、ウエット用の# 10という針を手にした私はとりあえず15本のフライを用意しました。
うち10本は安定して釣れるオリーブ色、そして5本は派手なピンク色のマラブー。

この二色があればどちらかがダメな時に違う方を使えばなんとかなるだろうという作戦なんですね。

心配なのは、針が大きくなったことで魚がそれを見破ること。
それだけが心配だったんです。魚の目は素晴らしく良いのでちょっとした変化でもフライに全く食いつかなくなるという経験をこれまでも何度もしていましたので、一番気にしていました。

しかし、それは杞憂に終わり、魚は今まで通りとてもよくフライに反応してくれたのでホッとしました。
投げれば必ず一度は食いついてくるくらい、アタリがない時は例によってライン・トラブルか何かの問題がる時だけでした。

Imgp6474

もう一つの課題、アワセをミスしないということ。
これについては釣りをしながら色々考えていました。

フライの場合、他の釣りと決定的に違うのことは糸がたるんでいるということなんですね。
糸がピンと張りつめていれば魚が食いついた時に何らかの感触が手元に伝わってくるわけですが、弛んでいると糸が動くだけで手元に魚のアタリは伝わってきません。

そこで、どうするかというと、糸の見えるところをジ〜〜〜ッと見つめて糸に少しでも変化が起こるのを見つけてアワせるわけなんですが、さらにもう一つの問題があるんですね。

それは、フライ・フィッシングでは糸をリールの糸巻きでクルクル巻くのではなく、ラーメンみたいに太い糸を左手でたぐってフライを動かすという動作をするんです。

この時に糸を人たぐりして次ぎに糸をたぐる瞬間は手が糸から離れる瞬間がある、
この瞬間に糸に変化が起こってもどうしようもない。アワセられないわけです。

これをなんとかしようと考えていた時、以前朝霞ガーデンで隣で釣りをしていたフライのおっさんがたぐった糸を手のひらに巻きつけるようにしてたのを思い出したんです。

ああ、ああやっておけば糸が左手から離れた瞬間でも右手の竿を大きく上にあおれば左手に巻き付いた糸が緊張を生み出して針がちゃんとかかるのではないかと。

これも、多分フライの人たちにとっては常識なんでしょう。
誰も教えてくれなかったのでやっと気が付きましたよ。


この二点をを実践してみたところ、なんと前回は2~3匹に1匹はバラしていたのがほとんどバラシがなくなった。
釣れてくる魚の口を見ると、口の下あごにしっかりとかかっていることが圧倒的に多かったんですよ。
これで釣れる確率は一気にアップしましたよ。
最初のトイレ休憩の時に何匹釣れたかカウンターをチェックしてみたら一時間弱でなんと〜!24匹も釣れちゃっている〜!

今回は数は目標にしなかったので、カウンターのチェックはトイレ休憩時だけにしたんです。

実は、アタリの取り方に注意し始めたのはこの後のこと。
一投一投集中してキャストしては、アタリにも集中してしっかり合わせる、すると結果的に魚はしっかり掛かってくれて数も伸びたわけです。

Imgp6473


もう一つ楽しめたのはキャスティングです。
プールの釣りでは岸から離れているほど魚へのプレッシャーが少なくなるので、遠くに投げれば投げるほど魚は無防備に食いついてくるんですね。

スプーンなどの重さのあるルアーでしたらそこまで投げるのも比較的簡単なんですが、鳥の羽とナイロン糸だけで作った軽〜いフライをそこまで投げるのはもう大変!

でも、そこまで頑張って投げると、ルアーと違って魚にとっては餌にしか見えないフライにはほぼ100パーセント食いついてくるんですよ。
ですから、キャスティングがうまくいって糸が一直線に沖に向かって伸びたその先に小さなフライが落ちる波紋をみたら、もう釣れちゃったんじゃないかという気になるくらい気分が高揚するんですね。

実際に、その後糸のたるみを素早くとって待つと間違いなく魚が食いついてきます。

さらに、今回は一匹一匹のファイトも楽しみましたよ。
ニジマスを100匹釣って何が楽しいの?よ思われる釣り師の皆さんもいらっしゃるかと思いますが、ニジマスのファイトは仲々のものなんですよ。

ヒットした直後水面が爆発したように波立ち、さらにはジャンプ!鋭い突っ込み!と最後の最後まで戦い続けるのがニジマスのファイトなんですね。

Imgp6462


ブラックバスでしかルアーの釣りを知らなかった頃、初めて東山湖でニジマスのファイトを味わった時の興奮は今でも覚えていますよ。
真っ暗闇の中、40センチ以上ある大きなますが白いお腹を見せて大きくジャンプしたあの瞬間を!

それ以来、しばらくの間真冬の寒い東山湖に通ったものです。
そのくらいニジマスのファイトは鮮烈で興奮させられたんですね。

そういうファイトをする遺伝子は川越のプールの中にいる小型のニジマスちゃんにもしっかり受け継がれていて、掛かった瞬間、爆発、突っ走り、潜り込み、などあらゆる手段で抵抗してくれるじゃあありませんか。

Imgp6467


魚釣りの醍醐味と言ったらなんといってもこの魚からの手応えなんですよ。
漁師さんとの決定的な違いはココ!
魚が欲しくて釣るんじゃあないんです。
この魚のグググッという引きが楽しくて、大時化の玄界灘でも厳冬の相模湾でもゼロ泊二日の能登輪島でも出かけて釣りをしているんです。

今回は一匹一匹のこの匹を十分堪能させていただきました。
前回は数だけが頭にあったので、釣れた魚の表情を気にすることもなく、モノにしか見えなかったのが、今回はなんと一匹一匹が愛おしい表情をしているじゃあありませんか。

9991

同じ釣りをするのでも気持ちを切り替えただけでこんなに変わるものなのか。
人生においてはこういうことがたくさんあるよなあ。
ピンチだと思っていたのが実はチャンスだったりとか、不幸だと思っていたのが実は幸せだったりとか、この世を見つめる自分の目次第で見え方は180度変るものなんだなあとしみじみ思いましたよ。

そんなわけで、とても一匹一匹に充実した今回のニジマス釣りなんですが、結果はというと、なんと!午前6時過ぎから初めて12時ちょうどでなんと100匹越え!
前回目にの色を変えて必死になって釣ったのより数が多い!

偶然にも人間の煩悩の数される108という数字に終わったのは何かを暗示しているのだろうか。

Imgp6479


ちょうど、天気予報通りに降り始めた雨が本降りになってきたのでここで釣りをやめました。

なんだか、とても充実した納得のいく釣りだったなあ。
これからもこういう精神をもってついに臨んでいきたいと思います。

結果はきっと後からついてくれるはず。



ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve

にほんブログ村 釣りブログ 日本全国釣行記へ
にほんブログ村

« 紅葉狩り2015@武蔵丘陵森林公園 | トップページ | 久しぶりのそば打ち@モンゴルの子(粉)篇 »

Fishing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 入れ食いで100匹はたのしいよ@川越水上公園:

« 紅葉狩り2015@武蔵丘陵森林公園 | トップページ | 久しぶりのそば打ち@モンゴルの子(粉)篇 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31