無料ブログはココログ
フォト

« 久しぶりのそば打ち@モンゴルの子(粉)篇 | トップページ | ジャイアント・ステップスに挑戦してみる@スタジオ音楽館 上野 »

2015年12月 2日 (水)

蕎麦打ち 2015 その2@群馬産 の子(粉)

前回のそば打ち記事で「モンゴルの子(粉)」と記しましたが、正確には内モンゴル産でした。内モンゴルはモンゴルではなく中国なので、朝青龍云々という表現は正確ではありませんでした。

今後はもう少しちゃんとやりますので宜しくお願いします。

ということで、今回は群馬産のそば粉です。

Img_1065

たまたま購入先の製粉メイカーが群馬の会社で、群馬産のものを扱っていたことが理由なので、あえてこれを選んだわけではありません。

今までほとんど北海道産の粉しか打ったことがなかったので、違う土地の子(粉)も知っておきたいというだけの興味本位の出来ごごろなんです。

果たして、この興味本位が吉と出るか京都出るか?

前回出来上がりの量を間違えて打ってしまったので、今回は出来上がり量を綿密に計算し、一人当たり300グラムが食べられるであろうという推測の元に、つなぎとそば粉を2対8で混ぜて600グラムと決めて粉を用意しました。

前回の約半分、打つ量としては楽勝な量です。

早速、水を投入して水回しの開始。
と、ここではじめてカメラを用意していないのに気がついた。

ここまで来てしまったらしばらくは手を離せないので写真はなしです。

水回しは最初の水半分の段階では非常にうまくいき、きめの揃った粉になっていきました。頃合いのいいところで二度目の水を投入。

これまた、いい感じで水回しが進み粉全体が自然に馴染んでまとまっていき、「くくって、今よ!」と言ってきたので、粉をくくって練り込みます。

順調に進む今回のそば打ちに、前回の成功による慢心が加わったのか、こねる団子状の蕎麦がやや柔らかい感じがしてきた。

あら?水が多すぎたかしら?
なんだか柔らかい感じがする。
でも経験上このくらいなら許容範囲。問題なし。と感じ、ヘソ出しを済ませて写真をやっと取ることができて、さあ、いよいよ伸ばし始めます。

Img_1045


伸ばし始めてみると、やはり柔らかい感じ。
板に打ち粉を打っても打っても吸収してしまいくっつきそうになるんですね。

薄く伸ばしていくとこれがシワになったり、最悪はそこで生地がよれてしまたりするので、慎重に打ち粉を打ち足しながら作業を進めます。

伸びはいいのですが、なんか柔らかすぎる感じが否めない。
素直でいい子だったのですが私の取り扱いがまずかったのかもしれない、軟弱であまのじゃくなダメなお蕎麦にしてしまったかも。

Img_1052


それでもなんとか折り合いをつけながら伸ばしきって、さあ、あとは切るだけ。


ここで、今回初登場の新兵器。
そば打ち包丁です。

Img_1061


大晦日の大量そば打ちに備えて、先日ついポチっちゃいました。半値だったので我慢できなかった。

この包丁、刃渡りが30センチもあるので蕎麦を折りたたむ時も長めに折れるし、出来上がりのお蕎麦はその長さになるので、長い麺になっていかにもお蕎麦という感じ。

Img_1053


大きく重いそば打ち包丁は、蕎麦に乗せただけでストン、と切れるので楽なんですよ。
サクサク切ってあっという間に蕎麦の完成。

Img_1057


どうです、いい感じじゃあないですか。
さあ、茹でてお昼ご飯です。

食卓のお皿に盛られたお蕎麦、打ち立て、茹でたてですから言うことなし。

Img_1058



の筈だったんですが、見た目は問題ないのに、なんだかコシのない蕎麦なんですよ。そば粉の香りもしない。

あれえ?茹で過ぎちゃったかな?

半分茹でたのを食べてみたら、なんとも味気ないお蕎麦なんですよ。
コシも風味もないお蕎麦なんてお蕎麦じゃあない。
茹で過ぎちゃったのかしら、と残り半分は早めに茹で上げて皿に盛って食べたのですが、やぱり独特のコシがない。

水回しがまずかったのか、こういう粉なのかは不明です。
湿度が高かかたのも影響あるのかも。
次回、来週あたりに、もう一度同じ粉を打ってっましょう。水は少なめにしてですよ。

果たしてどうなることやら、お楽しみに。


ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve

« 久しぶりのそば打ち@モンゴルの子(粉)篇 | トップページ | ジャイアント・ステップスに挑戦してみる@スタジオ音楽館 上野 »

蕎麦打ち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蕎麦打ち 2015 その2@群馬産 の子(粉):

« 久しぶりのそば打ち@モンゴルの子(粉)篇 | トップページ | ジャイアント・ステップスに挑戦してみる@スタジオ音楽館 上野 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31