無料ブログはココログ
フォト

« 2015の納竿はワラサ、プチ入れ食い@鹿島港  | トップページ | 年末はいろいろと忙しいのだ »

2015年12月30日 (水)

2015の納竿はワラサ、プチ入れ食い 後編@鹿島港 

2015年の最後の釣りは正月用のワラサの入れ食いで締めくくろうという甘い計画で、はるばる鹿島港から船に乗って鹿島灘での釣行。

朝一は食い渋って一体どうなる事かと思わされたものの9時半頃から食いが立ち、10時ころにはオサムシくんの大型ヒラマサが上がって盛り上がり始めたというのが前回までのお話。

時計は12時近く、もうそろそろ「上がりま〜す、お疲れ様でした〜」という船長の掛け声がかかるかと思っていたワタクシでしたが、船は群れを追い走り続け新たなる群れを発見。

「(魚探の)反応いいよ〜」という船長の声に励まされてジグを投入すると、数シャクリ目でガツン!とヒット。
竿は大きくしなりこれまでの魚とは全く違う感じ。
一瞬、俺にも来たか!と思ったものの、ヒラマサのような突っ込みや走りは全くなく、ただグイグイ引くだけ。

大きく曲がる竿に、これまでこの竿がこんなに曲がったことはないので期待をしつつも何かおかしいと思いながら巻き巻きしていると、中乗りのおっさんが「ヒラメかもしれないな」なんて嬉しいことを言ってくださる。

ヒラメだったら正月のいいご馳走になる〜!とぬか喜びしつつ巻いてきたら、あらまあ、なんてことはない、ワラサのお腹にスレ掛かりしていた。
一瞬でヒラメは夢と散ったものの3匹目のワラサは嬉しかった。

Imgp6643

これで正月に一族が集まった席でもみんなにお刺身が回りそうな数が確保できた、という安堵感があったのです。

ここからは移動するといい群れにあたり、船中ダブルヒット、トリプルヒットの連続で大にぎわい。

ある流しでは、ワタクシのいる右舷オサムシくんにヒットしたと思ったら、左隣のヨッシーさんに続いてヒット、次はわしじゃ!と思ってたら私の仕掛けがヨッシーさんとオマツリしている間に、私だけ通り越して左隣のミヨシ方向の二人にもヒットして、四人連続ヒットなんていうのがあり。

さらに1時半ころ「地合かもしれない、これはすごい群れだ!」と興奮気味の船長アナウンスが流れた直後は、ワタクシも含めて右舷側5人同時ヒットなんていうのもあり、かなり入れ食い状態になった。

ワタクシも数を6匹に伸ばしいい気分。
自分の中では本日の目標は5匹と決めていたので、これを越えられたのは嬉しかった。
後は数はいいから大きいのを、というのが釣り師の欲の張りどころ。

もう食べ切れないと分かっていても、魚がかわいそうと思っていても、入れ食っている時には釣りをせずにはいられない。
こんな事は次にいつ体験できるかわからないという想いもあり、ついつい逆上的に釣りに没入してしまうのが釣り師のサガというものなのです。

ワタクシの持って行ったマグロ用クーラーボックスは、すでにみんなの釣った魚で満杯状態になり、これ以上釣ってどうする?と我々一同に語りかけているのですが、釣りの手を休めるものはいないではありませんか。

Imgp6664

釣りなんていうのは残酷な遊びですよ。
釣った魚を自慢げに掲げて笑顔で写った写真も、釣りをしない人からみたら、魚の屍体を手にして薄ら笑いしている変態にしか見えないでしょうから。
そういう魚に対する懺悔の気持ちがあるにもかかわらず釣れる時には釣ってしまうのですから。

ところが、この入れ食いのさなか、釣りをせずに船上の入れ食い風景を傍観する釣り人が一人いた。

鬼才KHKさんです。
この方はすでに4匹釣られた段階で釣りをやめてしまっていた。
周囲の入れ食いの狂騒をあざ笑うかのようにクールにその様子を見守り、その姿は釣り師としての最も欲深いところを超越してしまった仙人のような高貴なお姿に見えたのでありました。

ワタクシには一体いつになったらこのような達観したような釣りができるのだろうか、などと自問しつつ、すでに疲れで筋肉が攣ってしまいリールのハンドルを巻く事もできなくなってしまった左腕をかばうために右手でリールを巻くタックルに変えながらも、今度は竿を持つ方になった左腕の痛みをこらえて釣り続ける己のあさましさ。

このような己の姿とKHKさんを対比させると、なんとも惨めな気持ちになりつつ釣り続けたのでありました。

Y店長は、スキルガンマが爆発して猛チャージをかけ、8匹釣り上げてKHKさんの呪い見事にを振り払ったとか。
この方もKHKさんの領域に達するまではまだまだ時間がかかりそうなご様子でした。

午後2時過ぎ、大きな反応が消えたところで「では、上がりましょう」という船長の声とともに港に向けて舵を取り一気にスピードを上げて船は走り始めました。

一同、楽しい釣りになったと雑談などしていたら突然船が急停止。
「すごい反応があるのできる人だけでも落としてみて」という船長の声。
こういう熱い気持ちの船長はいいなあ、と思いながらジグを落とせばすぐにヒットし、しかもこれまでで一番の引き!最後に本日最大魚を釣り上げて本年の釣りを締めくくる事ができました。

この日ワタクシは7匹全部プロセレのゴビアス・ブルスリムというジグで釣りましたが、Y店長は全く違うタイプのMGクラフトのスキルガンマで8匹、右隣で釣っていたヨッシーさんは色々なジグで釣っていたようなので、このジグが正解!という釣りではありませんでしたが、だからと言ってなんでも釣れる、というものでもなかったような。

Imgp6649
                                              ゴビアス・ブルスリム 80g

その時々のタイミングで合ったジグにかかるという感じだったようです。

とにもかくにも、全員ワラサを、約1名、オサムシくんは人生でもそう何度も釣れないであろうほどの大型ヒラマサをキャッチするという仲々のいい釣りになりました。一同いい顔で一年の釣りの締めくくりをすることができて本当に良かった。

帰りの車の中で釣ったヒラマサの写真を見てはニヤニヤしているオサムシくん、とても幸せそうでした。気持ちわかるなあ。しばらくの間はこの写真で幸せな時間が過ごせるのではないかしら。

来年はワタクシもこういう魚を釣りたいものです。
でっかいヒラマサはやっぱりいいなあ。

若くて熱血漢の船長もありがとうございました。
こういう若くてやる気のある船は全国どこにいってもいい遊漁船が多い気がします。
年配のおっさん船長、もっと頑張れ!

あ、それから、偉そうに態度のでかい中乗りさんも釣りをつまらなくするのでよろしくお願いしますよ。みなさんサービス業なんですから、お客さんに失礼ですよ。

特にタバコを吸う人。風上や客の目の前で平気でタバコを吸い、人の頭越しに吸い殻を海に放り投げるのなんていうのはもういい加減やめてくださいね。

最後の最後でちょっと愚痴を言っちゃいましたが、本ブログを読んでいただいたみなさん、今年一年本当にありがとうございました。来年はもっと楽しい釣りに!

良いお年を!良い釣りを!

ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve

にほんブログ村 釣りブログ 日本全国釣行記へ
にほんブログ村

« 2015の納竿はワラサ、プチ入れ食い@鹿島港  | トップページ | 年末はいろいろと忙しいのだ »

Fishing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2015の納竿はワラサ、プチ入れ食い 後編@鹿島港 :

« 2015の納竿はワラサ、プチ入れ食い@鹿島港  | トップページ | 年末はいろいろと忙しいのだ »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31