無料ブログはココログ
フォト

« ステイタス2016@ステイタス 長崎 | トップページ | サンライズ玄界灘遠征 2016@サンライズ  佐賀 呼子港 »

2016年2月 5日 (金)

ステイタス2016 その二@ステイタス 長崎

遠征三日目、やっと沖に出た我々は幸運にも鳥山を発見、そこで早くも平m、朝を二匹キャッチすたものの、試合は長く続かず船は移動することになりました。

この日は風とうねりがあったようで遠距離の移動は無理という船長の判断で長崎周辺の沖を釣ることになりました。

磯周りの水中の駆け上がりや漁礁、沈船など、小魚、そしてそれを捕食する大型魚の集まる場所を狙って行こうとい作戦です。

移動した先で操舵室の魚探を覗き込むと、いかにも魚がつきそうな水中の根があり、これは釣れるぞ、とテンションが上がります。

この海域は鯛も多くいるのでこの日のワタクシの目論見としては、鯛を2〜3匹を釣り、あとは青物が何か釣れたらラッキーというもの。
釣り方としては、通常ですと鯛狙いならタイラバという鯛専用のルアーを使うのですが、このあたりの釣りに詳しい昆虫大好きさんによると、経験的にどうも長崎はタイラバよりジグのほうがいいと言うのです。

確かにワタクシも過去に岐阜支部さんが真鯛のいいのをジグで2連続ヒットさせたのを目の当たりにした経験がありますので、ここはジグで行ってみようとプロセレのゴビアス・ブルスリムというジグを選択。

このジグは昨秋の仙台でのワラサ・ヒラメ入れ食いや昨年末の鹿島でのワラサプチ入れ食いで活躍したルアーなので、自分としても信頼しているものなのでした。

水深60メートルの底までジグを沈めて底を取ると素早くジグを動かしながら10メートルほど糸を巻き取っていき、これを繰り返します。
いつ魚がジグに食いついてもいいように全神経を手元の感触に集中させて竿をしゃくり続けます。

魚がいればこの辺りで食いついても来てもいい筈だ、ということも魚探の反応である程度わかるので、船長の声がスピーカーで「魚の群れが映ってきましたよ」流れるのを聞くと、「さあ来い」と気合が入るのでした。

しばらくして隣で釣っていたヤッシーさんにヒット!
おお!魚はいるじゃあないか。と喜んで上がってくる魚を覗き込んで見ていたら、上がってきたのはエソと言うお魚。

12


このお魚かまぼこの材料にされるすり身にすると美味しい魚なのですが、細い小骨が多くシロートがこれを取り除きながら食べるのはかなりの困難を要する上に、体の細さに比して無駄に大きな頭とそこに裂けるように広がる大きな口には鋭い歯がビッシリと生えているので、ルアーは傷だらけ、ルアーを結ぶ色もボロボロにされてしまうので釣り師からは大変嫌がられるお魚ちゃんなのです。

さらに桐生のKさんもこのエソの餌食に会い、船長は「エソ祭り」などと縁起の悪いことを言って喜んでいるではありませんか。

13


そういえば一昨年の秋に初めてこの船に乗った時も、大きなエソを全員で連発し、中でもとりわけ大きいのを釣り上げてしまったワタクシはエソモトさん、という不名誉なニックネームまで頂いた忌まわしい思い出があった。


移動を繰り返しては何度か”ここ!”という場所があったのですがアタリはなく、何度目かの移動でブルスリムを諦めて根魚により良く効く同じゴビアスのアンセスター(通称ツチノコ)にルアーを変えます。

理由は昆虫大好きさんがこのルアーですでにカサゴを2匹釣り上げていたから。
鯛は諦めてカサゴやハタを狙おうと作戦変更したというわけです。

10


作戦変更後の数投目、ルアーが海底に落ちた瞬間、ゴゴ!というアタリがあり素早く竿を大きくしゃくってアワセると魚の感触。
しかし、竿が大きくしなることはなくなんだか嫌な予感。

ここまで皆さんが釣り上げてきたのをやっちゃったかな?と思いながら上げてくると予感的中、小さなエソがかかっていました。
大きなエソにルアーも糸もボロボロにされるよりはマシなので、まあいいかとリリース。これでほぼ全員がエソをキャッチ。

時計はお昼を周り、南に北に何度か移動した後に達したある島の近くで船長がヒラマサが跳ねるのを発見。この辺りのは出ればデカイと言うので、ワタクシもジグ竿からキャスティング竿に持ち替えてミヨシ(船首)デッキに立ち大きなルアーを全力で投げました。

このキャスティングでの釣りは、相模湾では夏場のキハダマグロかシイラ釣りくらいでしかできないのですが、九州ではいたる場所でこうしてヒラマサを狙うことができるのです。

今回初の遠征だったスペアリブさんにとってはおそらくこの体験は新鮮だった筈、ワタクシの横で思い切りキャスティングを繰り返していました。

あとはここにドカン!といいのが飛び出して針にかかり、一気に釣り糸を海中に引きずり出して竿は満月のようにしなりリールのドラグがジージーと唸りを上げる!
と言うのを期待するばかり。

いつ来るかわからないので、一瞬の気も抜けずに投げてはルアーを引き糸を巻き取る、というのを繰り返すのはなかなかの体力と精神力を要するのでありました。
長時間続けるのはかなり辛い作業ではあるのですが、この緊張感、開放感が何ともたまらないのであります。
Imgp6882
デッキでこのような闘いを我々が繰り広げている頃、キャビンでは朝一ヒラマサを釣り上げて満足してしまったYさんと昨夜車のトラブルで寝る時間のなかったY店長のダブルYさんは夢の中にいたのでありました。

 


とりわけヒラマサYさんの寝顔は、横で操舵していた船長によるとニヤけて幸せそうな顔をしていたとかで、この幸福な表情は果たして魚によるものなのだろうか、はたまた他のいい夢を見ているのだろうか?と疑いたくなるほどのようであったことを後から聞きました。
遥か九州は長崎まで出かけて大海原に向かって大魚を狙いキャスティングする者、キャビンで何かいい夢を見てニヤつく者、それぞれに人生何が幸せなのかは本人次第だとおもうと”身の丈程度の幸せ”などという妙に演歌的なフレーズが浮かび上がってくるのでありました。

と言いながらも目指すはより大きな幸せです。釣り師の欲望は大きい。何が何でも釣りたい。

釣り師一同が全身から欲望を発散させているのが船長にも伝わるのでしょう。
船長とて昨夜は暴れん坊将軍さんに付き合って夜更かししてロクに寝ていないはずなのに、居眠りをすることもなく、走っては次なるポイントを目指し、止まっては魚探の覗き込み水深の変化を我々釣り師にくまなくアナウンスしながら同時に周辺のナブラや魚の跳ねるのに気を配るというハード・ワークをこなしていくのでありました。

Imgp6880

 


大きな移動を何度か繰り返したのちに入ったポイントは水深100メートル近い深場。
「ここはブリのポイントです。ヒラマサはまずいませんから」という船長のアナウンスに全員ジグを落とし一斉にしゃくり始めます。

ワタクシもここでは少し重めのジグに交換して落とししゃくりはじました。
タイも根魚もダメならここで寒ブリのいいのを一発!とおもた瞬間ヒット!の声が上がりました。

竿が曲がっているのはやはりここもジギング王のTさん。

14


この方、伊達にワタクシが王と名付けたわけではない、こういうジギング勝負、魚はいますよ的な場所では必ず最初に仕留める凄腕を持っていらっしゃる。
上がってきたのは丸々太った見事なブリ、美味しそう!って、もう食べることしか頭にない。残酷な話だなあ。

15


さあ、次に続けと自分も必死になってしゃくります。
釣れるイメージはできている。底から何メートルしゃくったあたりに魚がいるかも船長が知らせてくれているので、今がチャンス!という場所では全神経を集中させてアタリに備えるのですが、二投、三投とアタリがなく少々気落ち気味になってる所に、ルアーが落ちきった所に先ほどと同じゴゴ!というアタリ。

ああ、今度はもうこの段階でエソだって分かりましたよ。
力なく曲がらない竿、糸を巻いてくれば予想通りおチビなエソちゃん。
もうがっかり。

そんな所に、さっきまでキャビンの一番奥で爆睡していたY店長が、ブリが甲板で暴れた音で目を覚まして起きてきて、ワタクシの並びで竿を出した。

こういう、寝ていた後のY店長の釣りはクセモノで、往々にしてヒョイ、と釣りあげることがよくある。と警戒していた所にヒット!というY店長の声。やられた!やっぱり!

隣で釣ってた昆虫大好きさんと見ていたら、いい感じで竿が曲がっている。
でも重いだけであまり引かないとY店長。それを見ていた船長がヒラメですよ、と予言する。

上がってきたのは予言どおりの食べごろサイズの言い方のヒラメちゃん。

18


ここまでほぼ一日、ポイントに着いたら休むことなく釣りを続けていたワタクシと隣にいた昆虫大好きさんは声をそろえて「ずる〜い」とY店長に罵声をあびせるものの、その程度のことには海千山千の店長は微動だに動ぜず、ニヤニヤしながら写真をパチリ。

いいなあ、いったいわしは何をしているんだろう。
と、すこし弱気になりなりつつ、移動した次のポイントでは再度キャスティングに竿を持ち替え夕まずめのヒラマサを狙って投げまくりました。

傾き始めた陽光を斜めから受けて輝く船上の己の姿を想像し、「いいじゃあないか、かっこいいぞう」と自己満足に浸りつつ、ここで一発来てくれたらもう最高!と高揚していくのでありますが残念ながら魚は出ず。何度か船を流す一を変えて流すものの不発に終わりました。

キャスティングもダメ、ジギンもダメと弱気モードに支配され始めた次のポイントで、もうキャスティングはいいからネチネチと根魚をなんとか一匹釣ろう、と竿を交換しようとした時、ロッドホルダーに差し込んであるジギング竿とキャスティング竿を入れ帰ろうとしたら、キャスティング竿の糸に隣の竿が絡んでしまい、これを外そうと隣の竿をすこし持ち上げた瞬間パチッ!という嫌な感触。

あら?とキャスティング竿を見たら何かおかしい、よく見たら穂先が折れてる。
やってしまいました。去年買ったマグロ用のカスタム・ロッドがあっさりと折れてしまった。あまりにあっさりと折れてくれたので、あまりこの時は悲しい気分にはならなかったのが不思議でした。ああ、折れたんだ。というくらいの気分。

それを見てドンマイと励ましてくれたY店長は、新しい竿がまた売れるとニコニコしていましたがそれも大して気にならず、以外にもワタクシは冷静でそれよりもハタを釣らなくちゃ。と次の釣りに前進して行ったのでありました。

時間はもう既に午後4時を回っており釣りをしている時の時間の経過の早さにいつもながら驚かされます。

何回か流したものの、昆虫大好きさんがオオモンハタを釣り上げたのを最後に海は沈黙し午後5時、暗くなる前に終了ということで港向かいます。

17

昆虫大好きさんはカサゴ二匹にオオモンハタ一匹と根魚のみを釣ることで、来られなくなった根魚王の穴を見事に埋めてその任を果たしたのでありました。
その笑みには青物なんか釣ってる場合じゃないんだよ!という余裕さえ感じられたのであります。
港に着くとこの後唐津まで移動し、明日は早朝からサンライズ新海号で玄界灘の釣りをするので、一同素早く道具を片付け積み込み移動することに。
釣ったお魚は誰も持ち帰らないというので、まとめて私がいただくことになり、釣っていくださった皆さんに感謝。竿を折った心の傷も少し癒えました。

一方、Yさんはトラブルか何かで急遽先に東京に帰ることになり、一行は7名になり高速を飛ばしておよそ2時間、唐津で名物”牧のうどん”を戦うように食して満腹になりホテルに到着。

明朝は4時ロビー集合。という気合の入った集合時間に一同緊張しつつ各自の部屋に消えていったのでありました。

つづく・・・


写真提供:STATUS

ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve

にほんブログ村 釣りブログ 日本全国釣行記へ
にほんブログ村

« ステイタス2016@ステイタス 長崎 | トップページ | サンライズ玄界灘遠征 2016@サンライズ  佐賀 呼子港 »

Fishing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ステイタス2016 その二@ステイタス 長崎:

« ステイタス2016@ステイタス 長崎 | トップページ | サンライズ玄界灘遠征 2016@サンライズ  佐賀 呼子港 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31