無料ブログはココログ
フォト

« コーヒー浅煎りシリーズ@コロンビア・スプレモ | トップページ | コーヒー浅煎りシリーズ@ホンジュラス・ティウパ »

2016年4月24日 (日)

コーヒー浅煎りシリーズ@エチオピア・イルガチャフェG2

コーヒー浅煎りシリーズ第三弾はアフリカ代表のエチオピア・イルガチャフェでございます。

もともと酸味が豊かなこのお豆、これまで酸味が強調されることがわかってきた浅煎りで飲んだら一体どんなお味になるのでしょうか?

酸っぱすぎて飲めない、なんてことにならないんでしょうか。
興味は尽きません。

ともかくも、まずは例によってシャカシャカ遠火にして煎りました。
浅煎りも三度目になるとそろそろ煎り上がる頃合いがわかってきて、パチッ!と爆ぜるか爆ぜないかというところで焙煎終了。

サクサクと手際よくうちわで扇いで冷まします。

こんな感じ。                         ↓        いい感じで色が薄いですねえ。

Dsc02559bc

これを例によって、一晩おいて飲んでみました。

ミルに入れてゴリゴリ、ガリガリやるのですが、やはり抵抗が大きくて疲れる。
中深煎りの豆ですとカップ2杯分の豆を挽くのにおよそ200回ハンドルを回さねばならないのですが、この浅煎りエチオピア・イルガチャフェではおよそ130回転で挽けちゃいました。それだけ粒子が粗いということなのかもしれませんね。

その粉がこれ                        ↓

Dsc02567c

なんという淡く繊細な茶色。
まるで和の微妙な色彩の中にあるような、これはもうアフリカの強烈な色彩ではありませんねえ。

そこにお湯を足すと泡が出るのですが、↓これもまた控えめな妙に押し出しの少ない泡が出てきました。

Dsc02569c


 蒸らしの時間は真ん中左の丸くなっている部分に出てくる泡立ちがなくなるのを目安にしているのですがすぐに泡が消えてしまったので目安にならず。

時計では計っておいてからいよいよお湯を本格的に注いで行きます。
今回も湯温は少しぬるめの86度あたりで入れてみました。

するとご覧の通り、泡の引いていくのが早い。つまり泡立ちが少ないということですね。

Dsc02571c

焙煎の深い豆だといつまでたっても泡がじわじわ出てくるものなのですが、こちらは実にあっさりしていて、三回もお湯を足したらもう泡が出なくなってしまいました。
そこで、量より質を取ってお湯はここでおしまいにして飲んでみることに。

Dsc02582c

2杯分の豆で通常の三分の2くらい、カップにこのくらいの量しかできないので実に贅沢な飲み方になります。

さて、いよいよそのお味なのですが。
ただでさえ酸味の強いエチオピアの浅煎り豆ですから相当に酸味が強いと予想しながら口に含んでみると・・・

あらまあ、これまた予想通り、全く期待を裏切らなく酸っぱい。
軽く舌の先がジンジンするくらい酸っぱい。

ちゃんとコーヒーの香りと味もするのですが、こんなに酸っぱいコーヒーも初めてのような。

酸味の強いコーヒーが好みの方にはたまらないでしょうね。
身震いするくらい酸っぱいですよ。

予想通りの展開なのであまり面白くないのですが、どうやら浅煎りの豆は皆酸っぱくなるということが確信的になってきましたね。

ということは、コーヒーの豆の味というのは本来は酸っぱいものなんでしょうか?
生豆でコーヒーを入れたら、コーヒーにならないでただの汁かもしれませんが、酸っぱいのが入るんでしょうか?

豆を煎らないでコーヒーを入れる人なんて一体この世に何人いるのでしょうか?
馬鹿馬鹿しいとは思いながらも、ここまで来たならちょっと実験してみたくなる気持ちを抑えられない。

しかし!まだ、今回の浅煎りシリーズには新顔の「ホンジュラス」の豆があるので、勿体無いかもしれませんが一応浅煎りコーヒーをやるだけやってみましょう。

ということで次回はホンジュラス浅煎りです。

ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve

« コーヒー浅煎りシリーズ@コロンビア・スプレモ | トップページ | コーヒー浅煎りシリーズ@ホンジュラス・ティウパ »

コーヒー焙煎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コーヒー浅煎りシリーズ@エチオピア・イルガチャフェG2:

« コーヒー浅煎りシリーズ@コロンビア・スプレモ | トップページ | コーヒー浅煎りシリーズ@ホンジュラス・ティウパ »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31