無料ブログはココログ
フォト

« 最後の爆発! 沖縄離島遠征2016 その九@第5寄宮丸 | トップページ | 種子島遠征2016 その一@LIFE Fishing Guide service »

2016年6月16日 (木)

eno caffe寄宮船中泊店 沖縄離島遠征 番外篇@第5寄宮丸

前回の男女群島釣行時に引き続き今回も自家焙煎コーヒーを持って沖縄まで行ってきましたよ。

もちろんミルも持参です。

まずは前泊したホテルの自分の部屋で早朝のモーニングコーヒーをこっそり一人で。早朝目が覚めてしまって、集合時間までたっぷり時間があったのでやっちゃいました。

Eno0001

今回持っていた豆はコスタリカ・レベンス農場中深煎りとエチオピア・イルガチャフェG2の中煎りと中深煎りの豆二種、コーヒーとしては三種。

ここでは今一番ハマっているコスタリカを堪能。
う〜ん!おいしい。目がさめる。

Eno0002


船に乗って最初のエノカフェ開店は一泊目の粟国島沖合にて、エノカフェ粟国島店。
雨の降る中夕食後に淹れてみたのはコスタリカ。
苦味とコクで雨のじとじと感を吹き飛ばし、明日に勢いをつけようという目論見でした。 

夕闇の船の上でゴリゴリ豆を挽く姿はなんともおバカな光景でありますが、この後の幸せを思えば気にもならない。

Eno02

今回はスタッフを入れて総勢11名の大人数だったので、たくさんコーヒーを落とさなくちゃと、一度にたくさんの粉を入れて落とします。

コーヒー好きのオサムシ君がいるので生半可なコーヒーは淹れられないな、と気合を入れて落としましたよ。

早速テイスティングをオサムシ君に。
と、同時に強いので自分も味見をしてみたら、不味い!
雑味が入ってしまいせっかくのコスタリカの良さが消えてしまっている。

オサムシ君からも雑味が入ってしまいましたね、と的確な指摘。

どうやら一度にたくさん落とそうと落とす時間が長すぎて雑味が入ってしまったようです。

これを反省し、次回からは修正。

二日目の朝、今度はエチオピア中煎りを淹れてモーニングコーヒーにしようというわけです。

早朝午前五時過ぎ!真っ暗な海の上でコーヒー豆をゴリゴリ(バカだ!)

Eno05


前回の反省から、早めのテンポでお湯をさしてコーヒーを落としたところ大成功。
適度に酸味のきいたコーヒーが爽やかな朝にぴったり。と思ったのは私だけか?
でも、コーヒー大好きオサムシ君にも評価をいただき満足でしたよ。

Eno0004

朝から美味しいコーヒーを飲むことができて、いい一日の始まりになりました。
すでに本ブログに書きましたように、コーヒー効果もあってか?この日の夕方にGT大爆釣となったわけです。

そして、最終日の朝。場所的には久米島沖だったのでエノカフェ久米島店を開店。

この日の朝食はパンにレタス、ソーセージ、スクランブルエッッグ、トマトなどを挟むBLTEならぬSLTE(ソーセージ・レタス・トマト・エッグ)だったので、コーヒーにはぴったりのメニュー。

気合を入れてエチオピアの中深煎りを入れましたよ。
昨日の釣りですっかり気分を良くしていたのでこの日も早朝五時過ぎからルンルン気分で淹れちゃいました。

Eno10

一口飲んで味見をしたら、昨日のエチオピアとはまったく違う苦味の効いたいいお味。
早速そばにいた船長にあげたら、一口飲んで「苦!」といったと思ったらコーヒーをユーキ君に手渡してしまった。船長ブラックコーヒーは飲みつけないみたい。

今回はブラックはダメというY店長には牛乳を買ってきて、と頼んでおいたので、店長にはカフェラテを。
「おいしい」と言ってくれたけど、本当に美味しかったのかなあ?

他のブラック・コーヒー好きの皆さんには概ね好評だったようで、皆さん釣りをしている時には見せないような優しいニコニコ顔をしていた。

Eno08

家で飲むコーヒーもおいしいけれど、船の上で飲むコーヒーの味は格別ですね。
山の上や船の上で食べるカップラーメンがすごく美味しく感じるのと同じ効果で、もともとおいしいコーヒーを外で飲むと本当に幸せな気持ちにさせてくれる。

Eno07

おそらく沖縄の船の上でコーヒー豆を挽いた男第一号ではないかと思われるので、いや、沖縄はリゾートだから五番目くらいかもしれないな。それでもいいや。自家焙煎コーヒーを挽いた男となればもう少し順位も上がるかもしれない。

Eno12


わざわざそんな道具を持って行ってコーヒー淹れて飲んでバカだなあ、と思われるかもしれません。
バカでいいんです。楽しければ。

Eno11

エノカフェは出張本格自家焙煎コーヒー店でございます。
私の行くところに自家焙煎コーヒーあり。

釣り遠征の新機軸を築かんとこれからも秘境リゾートで自家焙煎コーヒー豆を挽いて淹れる男として邁進していく所存であります。

次回はどんな豆を持って行こうか、7月の種子島遠征が次回エノカフェの開店予定でございます。
おいしいコーヒーを飲んでみたいという方は是非種子島までお越しください。お待ち申し上げております。


ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve

« 最後の爆発! 沖縄離島遠征2016 その九@第5寄宮丸 | トップページ | 種子島遠征2016 その一@LIFE Fishing Guide service »

コーヒー焙煎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: eno caffe寄宮船中泊店 沖縄離島遠征 番外篇@第5寄宮丸:

« 最後の爆発! 沖縄離島遠征2016 その九@第5寄宮丸 | トップページ | 種子島遠征2016 その一@LIFE Fishing Guide service »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31