無料ブログはココログ
フォト

« 種子島遠征2016 その六@LIFE Fishing Guide service | トップページ | バラハタの中華蒸し@華珍楼  »

2016年7月10日 (日)

eno caffe 種子島店@種子島遠征2016 番外編

毎度釣り遠征の最後はeno caffe開店のご報告でございます。

今回はライフ・フィッシング・ガイド・サービスさんのやってらっしゃる「民宿島崎(しまさき)」さんでの開店でございます。


我々釣り師一同が宿泊したのは同じ経営の「セルフィッシュ」というおしゃれで快適なロッジだったのですが、食事は歩いて一分の「民宿島崎」さんで食べることになっていたので、船長にコーヒーの持ち込み許可を強引に取り付けてのeno caffe開店となりました。


Imgp7570b                        釣りにわざわざコーヒーミルを持ち込む馬鹿さ加減に船長も折れた(笑)


今回ご用意したコーヒー豆は「コロンビア・エスメラルダ」中深煎りと「エチオピア・イルガチャフェG2」の中煎りの二種類。

Imgp7568b

                                   エチオピア(左)とコロンビア(右)豆粒の大きさが違う

コロンビアは通常の中深煎りよりも少し浅めに煎って苦みを抑え目にし、一方のエチオピアは独特の酸味が強くなりすぎ無いように中煎りより ほんの少しだけ熱を加えて苦みが出るように、と狙ってみたのですが、果たしてその結果は。


まずは釣行二日目の朝食時


この日は釣行二日目の目覚まし代わりに一発苦目のコーヒーでかましちゃろう!とコロンビア・エスメラルダをいれることに。

朝食の時間より30分早く民宿食堂に行き、奥様からお湯やらその他必要品をお借りして、ゴリゴリ始めましたよ。

Dsc05147b

                                            コーヒーゴリゴリを自撮り(バカだ!)

最初に入れる時というのは、いつもとは受ける容器の大きさが変わるのでどのくらいの量のコーヒーが落ちたのかがわかりにくく様子を見ながらいれていきました。
使用した豆は三杯分ですが、お借りしたコーヒー・サーバーの目盛りが二杯を越えたあたりで味見をします。

Imgp7574b

                                                 見よ!この豊かな泡立ち!


濃いめにいれたというわけですね。
私の好みなのですが、どうも世間の標準的お湯の量をいれてしまうとコーヒーが薄くてお湯の味がしてしまい、これが嫌いなので常に濃いめにいれるようにしているんですね。

それでも、最初はうまくいか無いもので、落とすのに時間をかけすぎてしまったのか若干の雑味が気になります。

とりあえずこれを自分用にして、次からはだいたい要領がわかるので二回目に移ろうかという頃は釣り師の皆さんも起きてきて食事を食べ始めたので、私もサクッと食事をいただいていよいよ本格的な開店です。

Imgp7575b

                                  大好きブラザースのお二人 朝から乾杯、コーヒーで

二度に分けて六人分の、いや正確には五人分のコーヒーをいれました。
一名分は、コーヒーにミルクを入れ無いと飲め無いY店長がこのeno caffe用に購入したミルクをなんと船のクーラーボックスに入れたまま忘れてきてしまったため、ミルクなしでも飲めるようにと「愛の出がらしうすうすコーヒー」をいれたのでありました。


Imgp7577b

                               昨日に匹もGTを釣りさぞや美味しいコーヒーとなったのでは

一同、タダで飲めるコーヒーですから文句も出ず、「美味しい」とおっしゃってくださったので気分良く釣りに出かけることができました。

Imgp7578b

                                           舌の肥えた方々の笑顔にホッとします


Y店長は寝坊してきて後から飲んだのか飲まなかったのかは不明。
まあ、いいんです。飲め無い方に無理強いはし無いのが当店の営業方針ですので。



二回目は、三日目の同じく朝食時。
入れるコーヒーはエチオピア・イルガチャフェG2でございます。

Dsc05153b

                                今日も朝からゴリゴリ。 これをやらないと釣れる気しない?

この日はサッカー欧州選手権の準決勝イタリア対ドイツ戦のクライマックスを見ながらのコーヒー。
試合は延長戦でも引き分けPK戦に突入するも、双方のキッカーが5人近くゴールを外すあるいはセーブされるという前代未聞のハラハラ展開。

Dsc05160b

                                              この日もY店長の姿は未だなく

程よい酸味が口の中に爽やかに残るエチオピアを飲みながら息詰まるPK戦という展開になりましたがコーヒーの方は概ね好評。

Dsc05165b

                                       

  ジギング王はエチオピアがお好みのよう

この日はやはり寝坊して遅れてきたもののY店長もコーヒーを飲むのを確認。
「このコーヒーならブラックでも飲めます」とおっしゃっていたので、今後の店長対応もメドがつきよかった。

Dsc05170b

                                             

昆虫大好き氏は昨日から首が変

このようにコーヒーと申しましても味は千差万別、さまざまありますので、「ブラック・コーヒーは苦くて飲めない!」とおっしゃる方も是非当店にご相談ください。(そんな人いないと思うけれど)
最適なソリューションをご提供いたします。う〜ん、なんだか20世紀っぽいキャッチコピーになってしまった。

Dsc05163b

                                               

  苦目がお好みのお二人

この日は、昨日のよりこっちのが好き、あるいは僕は昨日の方が好き、というように皆さんのコーヒーの好みも分かってきたので、次回以降は飲む方の好みによって入れるコーヒーを選んでいこうということにいたします。

種子島は大きな島なのでコーヒーを自家焙煎していれる方もいらっしゃるでしょうから、今回は初とはいかなかったのでしょうが、100番以内には入っているかな。

まあ、そんなことはどうでもいいんです。
釣りに行った先で美味しいコーヒーを味わっていただけるだけでコーヒー自家焙煎屋eno caffeとしては十分満足なのですから。

次回はしばらく遠征が無いので未定ですが、9月に長崎のステイタスさんの新艇上で強引に入れてみようか?

新艇を汚して叱られるか?目下思案中でございます。

ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve

« 種子島遠征2016 その六@LIFE Fishing Guide service | トップページ | バラハタの中華蒸し@華珍楼  »

コーヒー焙煎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: eno caffe 種子島店@種子島遠征2016 番外編:

« 種子島遠征2016 その六@LIFE Fishing Guide service | トップページ | バラハタの中華蒸し@華珍楼  »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31