無料ブログはココログ
フォト

« 横浜国際プールで泳いでみた | トップページ | またまた横浜国際プールへ行ってきた! »

2016年9月 7日 (水)

浅煎りコーヒーに再挑戦!

今年のGW前後にはまって、色々と試した浅煎りのコーヒー。

浅煎りにするとコーヒーの酸味が強く出て酸っぱくなるけれどいわゆる酸っぱいコーヒーとは違った酸っぱさではある。コクがあり再いみの質も異なりフルーティなのです。

その人の好みによると思うのですが、好みによってはこれは十分あり。
でも、私自身は酸っぱいのより少し苦目が好き。

というような結論を出したのでありましたが、そのような記事を書いてしばらくしたら、この浅煎りコーヒーがらみですっかりコーヒー友になってしまった感のある兎夢さんという方から面白い情報を頂いたのでした。

それは、あるWebサイトで紹介されていた最近都内某所で人気の某珈琲店を取材した記事からの情報で、そのお店の売りは浅煎りのコーヒーということでした。

そこには私及び兎夢さんのはまった浅煎りコーヒーはすでにサード・ウェーブ・コーヒーという名の下に東京の清澄あたりに昨年あたりで来て人気沸騰のブルー・ボトル・コーヒーなるお店で出しているのがらしいということ。

それから、この手の浅煎り豆を酸っぱくならないように淹れる特別なテクニックがあるということでした。

ブルーボトルコーヒーの名前は開店直後から聞いて知っていたのですが、コーヒー一杯に何十分も並んで、しかも横浜くんだりからわざわざ清澄庭園の近くまで出かけてなんて言う気はさらさらなかったので、「世の中の流行り」という程度に認識していたのですが、浅煎りコーヒーを持ち込んだと聞いた時には「なかなかやるじゃん」と思ったのでした。

それは、ス○○さんあたりを中心に人気のある深入りコーヒーが、一部のお店を除いて「ちっとも美味しくないじゃん」というのが私の感想だったので、そこに新しい基軸のコーヒー、しかも深く焙煎して安い豆でも苦みを強調してごまかすのではなく、浅煎りというコーヒー豆本来の実力があからさまに出てしまうという方法で味に勝負をしているということに共感を覚えたのでありました。

しかしながら、あまり酸味の強いコーヒーは私の好みではなかったのでGW以降は中煎りと中深煎りの中間くらいの焙煎を楽しんでいたのですが、「浅煎り豆を酸っぱくならないように淹れる」という話にはすぐに飛びついたのでした。

兎夢さんから教えていただいた記事の、浅煎り豆の淹れる時の特別テクニックというのを見てビックリ!

何がビックリかというと、コーヒーを淹れる時にはまず最初に豆全体にお湯を行き渡らせて三十秒ほど蒸らす、という工程があるのですが、この浅煎りコーヒーの淹れ方では、この時にスプーンでお湯をかけたコーヒー豆をぐじゃぐじゃかき回してしまうというもの。

さらに蒸らす時間は一分ほどと長く取り、逆にその後お湯をさすときには三度くらいに分けてさっさと入れてしまうというものでした。

実際にそのサイトでは取材した方がその淹れ方をしているお店に出かけて、通常の入れ方のコーヒーとぐじゃぐじゃ法のコーヒーを飲み比べたところ、通常は「酸っぱ〜い」と書いてったのに、ぐじゃぐじゃ法は「酸っぱくない!」と書いてある。


その記事によれば、深煎りコーヒーの豆というのは質量が少なくお湯をさすと浮いてしまうのでじっくり入れる必要があるのだけれど、浅煎りコーヒーは質量が多い、つまり重いのでお湯に浮かないのでじっくり入れる必要がない、ということらしい。

コーヒーを自分で焙煎していると、この豆の煎る深さによる質量の変化というのは実感しており、ああ、やっぱりそうだったのね、と思ったもののその違いによって淹れ方も変えるということには気づきもしなかった。

う〜む、さすがコーヒーのプロは違うな、と感心しつつ早速じゃあやってみようか、ということになったのでありますが、不幸にも手元に浅煎り豆がなかったのと、この頃(6月頃かな)はホンジュラスの中深煎り豆の虜になっていたので試す機会がなかったんです。


あれから三ヶ月。
2キロもあったホンジュラスの豆も飲みきってしまい久しぶりにコロンビア・スプレモを煎ることにした時、件の浅煎りぐじゃぐじゃ法を思い出したので浅煎り豆を作ってみました。

そして早速、先ほどのサイトを再読してから試してみましたよ。

沸かしたお湯を少し冷まして、挽いた豆をドリップに入れたら片手にヤカン、片手にスプーンという側で見ていたらちょっと変な光景だろなと思いつつ、お湯をコーヒーにさしたらためらわずにぐじゃぐじゃかき回してみました。


Dsc06738cb


こうすることで豆全体に均等に素早くお湯を行き渡らせて蒸らすことができるそうなんですね。

ということを思い出しながら腕時計と睨めっこして蒸らすこと一分。


Dsc06740b


次からは三度に分けて適量のコーヒーを淹れ切るということなのでお湯の量の加減にちょっぴり緊張しつつ淹れてみたらうまくいきました。

Dsc06744b



いつも飲んでる量ピッタンコにはいったコーヒーを見てみれば、う〜んなんだかいつもより美味しいかも。

まずは香りを嗅いでみます。

この時点では特にこれまでとは変わらず、コロンビアらしいいい香り。

さて一口飲んでみると、味は如何に!

もちろん酸っぱくないコーヒーをイメージして口に入れたのですが、あれ〜?酸っぱい。

以前コロンビア・スプレモの浅煎りを淹れた時と印象が変わらないんですよ。

う〜む、どこかやり方を間違えたのだろうか?とこの一回で結論を出さずに何日か続けてこの方法で淹れてみました。
どうせ豆は沢山煎っちゃってあるんだからやるしかないのだけれど。

二日目は件の記事をもう一度読み返して、マニュアル通りにやってみました。
しかし、相変わらずコーヒーは酸っぱい。
まあ、豆の種類と焙煎の具合からしたら納得の味なので美味しいのではありますが、酸っぱくならないという淹れ方をやっても酸っぱい、というところが納得できない。

それからは、毎日、かき混ぜ方を変えてみたり湯温を微調整したりして色々試すこと一週間。とうとう最後の一杯まで酸っぱくないコーヒーが入らなかったんです。
何が悪いのだろう、なんだかすごい敗北感。

最後の一日を飲みながら件の記事をよ〜く読み直してみたら、この記事では、もともと豆の酸度の高いエチオピアの豆を使っているところが大きな違い。それからコーヒーの豆の量に対してのお湯の量やお湯の温度をシビアにやらないとダメらしい。さらに「高品質の豆」という一言があるのが気になる。

私が通販で購入している豆は総じて美味しいのではありますが、この記事のお店のいう「高品質」に該当しているかどうかなのは不明なのであります。

記事中に出てくるそのコーヒーの味の表現には、紅茶のように薄く、ほどよい酸味、余韻でフルーティな香りと甘みが口から鼻にフッと抜け、などと書かれているのですが、私の淹れたコーヒーもこのくらいの条件は満たしている気もするのではありますが…

好みから言うともともと酸っぱいコーヒーはそんなに好きではないので、自分の淹れたコーヒーがほどよい酸味なのかどうなのかの判断ができないのだけれど、「酸っぱくない」と聞いたらどうしても一度飲んでみたくなるのが私の性分。

このまま敗北感を引きずったまま毎日のコーヒー生活を続けるのは辛いので、なんとか自分なりの結論を出したいのであります。

そこで、先日購入したエチオピアの豆があるので次はそれでやってみることにします。
もし、これでダメだったらもう酸っぱいコーヒーはいいや。
たいして好きでもないものにこれだけの労力をかけるのは辛すぎるし。



あ、それから、これももうひと月くらい前の話なんですが、朝日新聞の記事で「自分でコーヒー豆を焙煎するのが流行りつつある」「フォース・ウェーブ・コーヒーとなるのか?」的な記事を見ましたよ。

うむうむ、新し物好きの私、これまでもバス釣り、バック・カントリー・スキーにスポーツ・サイクルなど世間の流行の5年から10年先を行ってきたので流行る頃にはすっかり飽きてしまったという経験がありますが、今回もこのパターンになるかな?


それでは次回をお楽しみに。多分、豆を入ります。(笑)



ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve

« 横浜国際プールで泳いでみた | トップページ | またまた横浜国際プールへ行ってきた! »

コーヒー焙煎」カテゴリの記事

コメント

私のは爽やかな酸味になって美味しかったですよ(^o^/
私も元々酸っぱいコーヒー好きではないけど
すごく飲みやすくなりました。

たぶんenosさんのは豆が浅煎りすぎるんではないかな。
煎り直しても充分浅煎りだったもの。
あと、やっぱり元々酸味のある味が好きでないってのもあるかもね。

まったく酸っぱくない、ってなるんではなく
後味の良いさわやかな酸味になる、って感じです。
なんかすごくフレッシュなの!

爽やかなさ酸味になって、後味がよくなり美味しくなる、
というのはなんとなく分かりました。

今回の豆は以前のような超浅煎りではなかったので
それなりに、やり方による味の違いは確かにわかります。

ご指摘のように、もともと酸っぱいコーヒーが好みじゃないというのが
大きいような気がしています。
でも、次のエチオピアで結果を出しますので、お楽しみに〜!

追伸 
最近すっかり湯温は少し冷ましてから入れるようになりました。
マイルドになるだけではなくコクも深くなる気がしています。
教えてくれてありがとう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浅煎りコーヒーに再挑戦!:

« 横浜国際プールで泳いでみた | トップページ | またまた横浜国際プールへ行ってきた! »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31