無料ブログはココログ
フォト

« マングローブ・フィッシングは楽し!@マリンボックス 西表島 | トップページ | 西表島遠征 本隊到着@マリンボックス 西表島 »

2016年10月18日 (火)

続マングローブ・フィッシングは楽し!@マリンボックス 西表島

三日目のマングローブ・フィッシングはマングローブ・ジャック(ゴマフエダイ)に狙えを変えカヌーは上流へ遡る。

今回はマングローブでの釣りの道具について少々書こう。

まず初めは竿について。
マングローブでの釣りは近距離のキャスティングでの釣りとなるので、キャスティングロッドは飛距離よりも正確なキャストを重要視して短めのバスロッドやミノーイングロッドがいいだろう。

ただしマングローブ・ジャックやメッキなど60cmを超えるものがいつ襲いかかるかわからないのでバットのしっかりしたものをお勧めする。

とはいえ次のルアーの話でも触れるが、小型の管釣りルアーなども数釣りには有効なので、私の場合大物狙いはミディアム・クラスのバスロッド、数釣りにはバットのしっかりしたミノーイング・ロッドか先調子の6ft前後のスピニングがあれば良いと思う。

今回はベイト竿二本にスピニング一本で臨んだが、結局ベイトは一本しか使わなかった。


リールはベイトならアブの4500クラスが使い易い。
汽水域なのでソルト用のベイトリールでもよい。私はジギング用に持って行ったオシア・カルカッタの200番を使った。
スピニングは1500〜2000番くらいか。

ラインはPE1〜2号をベイトなら80mもあれば十分。スピニングは余り糸が少ないと飛びにくくなると思うのでスプールに8割くらい巻いてあればいいと思う。
これらにナイロンリーダー20lbを50~70cmくらいFGノットあるいは電車結びで使う。結び目が小さい分だけFGノットの方が飛距離に有利だし結束強度も強い。

電車結びの場合PE側は10回程度巻いておかないとすっぽ抜けるのでご注意を。


さてさて、最後は皆さんが一番知りたいと思われるルアーだが、正直ダメなものはないと思う。

大きな魚お狙うなら大きなルアー、数を釣りたいのなら小さなルアーというところは管釣りなどと同じ法則。

トップでの大物狙いならペンシル、ポッパー、ミノー、クランク、なんでも大きいのがいい。ここでの大きいのというのは12cmくらいのこと。

今回は下の写真にある、米国マンズ社製のハード・ワームというオールド・ルアーが爆発したのだが、持ってきた帝王本人が半ばジョークのつもりで知人から託されたものを使っての結果だった。

Imgp7695b

そんな中でぜひ抑えていただきたいのがスウィッシャー。
これだけは必ず一つはボックスに入れておきたい。
下の写真は干潟のブレイクをショート・ジャークで攻めたときに筋書き通りの場所で派手に飛び出したマングローブ・ジャック。

Imgp7785

この一匹のおかげで、それまで頭の中はテッポウウオを釣ることしか頭になかったのだが、一気に心はマングローブ・ジャックに移ってしまったほどに気持ちの良い出方をしてくれた。

小物の数釣りならば、シンキングミノーの3〜4cmと昆虫系の管釣り用プラグがお勧めだ。

昨年はラパラのCD3がとても良く釣れたのだが、今年はそれよりも少しレンジが上の水面直下を泳ぐティムコのシケーダーが大活躍してくれた。


Imgp7788
                                         ティムコのシケーダーで釣れたナンヨウチヌ

テッポウウオこそバラしてしまったが反応はよくナンヨウチヌ、ジャック、メッキ、オキフエダイ、バラクーダとあらゆる魚に効いた。
Imgp7796
上の写真はマンズのハード・ワームとティムコのシケーダーによるマングローブ・ジャックのダブルヒットの写真である。
活性がいいとき、魚はルアーを選ばないのではないかと思えるほどだ。

さてさて、これらの道具を携え、マングローブ・ジャックを狙いに川を遡る。

最初のヒットは帝王に。
しかしながらこれはナンヨウチヌであった。帝王にとっては初ナンヨウチヌ、しかもサイズもまあまあなので嬉しい一匹となる。

Imgp7765b

続いては私のマングローブ・ジャック。これはシケーダーで。

Imgp7767b

帝王は私が昨日良く釣れた同じティムコ社のレッド・ペッパーでいいサイズを釣り上げる。このルアーは昨年私が良く釣れたことを教えたので、釣行前に約半年がかりで中古ルアー・ショップを探し回ったらしい。

Imgp7777

私は昨年瀑釣だったこのルアーを岩に当てて壊してしまい、中古ショップを幾つか回ったのだが探せなかった。

再び別のテッポウウオのポイントを攻めるが、なぜか食ってくるのはジャックばかり。
テッポウウオの姿も見え食うところも見えるのだが、その下から矢のように飛び出るジャックがルアーを横取りしてしまうのだ。


Imgp7773

Imgp7779
だからこそ、マングローブ・ジャックのヒットの瞬間が派手で気持ちのよいものなのであるが、この日テッポウウオ狙いだったの私にとっては少々やっかいものに感じてしまうのだから贅沢なフィールドである。


さて、この後、事件は起こる。
件のマンズ社ハード・ワームで立木まわりを攻めていた帝王のルアーに大きな水しぶきが上がり竿が強力にのされる。波紋の大きさ、竿の引き込まれ方から明らかにこれまで連れていたクラスとは異なる大きさだということが容易に想像できた。

魚は立木奥に素早く走りこもうとするので一気に巻き上げなければならない。
最初の走りになんとか堪えたのでこれはいけるかと思った瞬間激しい二度目の突っ込み。次の瞬間ルアーが宙に舞う。

バレてしまったルアーを手にした帝王、フックが完全に伸ばされている、というので見てみたら、トレブルフックの一本が完全に外に向いて伸ばされていまっていた。

「フックは日本製じゃないといかんね」といいつつも、オールド・ルアーの価値が失われてしまうと言う理由で、フックを付け替えることはせずに、フックを曲げ

直してそのまま使うことにしたようだ。

フックが二本掛かれば魚を取れるという自信もあったらしい。

しかしながら、昼食を挟んで午後の釣りでまたもや大物を掛けながらフックを伸ばされてしまった帝王、今度はためらわずにフックを全て付け替えていた。


二度起こったことは三度あるというの言葉を信じてこのルアーを投げた帝王だが、場所によっては臨機応変にルアーを使い分け次々とジャックを釣り上げていく。


Imgp7782

一方、私の方はせこいルアーで数を釣りながらここぞというポイントではテッポウウオを狙うのだが、せこいルアーはナンヨウチヌの猛攻に会いおチビちゃん達が次々と釣れた。

そうはいってもこれらのおチビナンヨウチヌはとても美しく、傷ひとつない美しい魚体にピンと伸びたヒレ、日頃養殖のマスを管釣でいじめている身としては、このような美しい魚体こそ真の釣りなのだなとしみじみ感じてしまうのであった。

午後になり、潮が満ち始めてからは昨日と同様魚の反応が鈍くなりなかなか出てこなくなった。


Imgp7801

Imgp7805

バラクーダやメッキなどがポツリポツリと釣れる中、狙いを大物マングローブ・ジャックに絞って攻めていた帝王であるが、最後にフックを交換した件のマンズ・ルアーで良型バラクーダを釣り上げたところでこの日の釣りは終了となる。

Imgp7817

とうとう最後までテッポウウオを釣ることができなかった。
二人ともバラしてその姿まで見ているのがから悔しくて仕方ないのだが、この悔しさは次にぶつけるしかない。

それでも、今回も様々なルアーで様々な魚を釣り上げ、ある時は思い通りの展開で獲物を仕留め、ある時は身をよじるような悔しい思いをし、たくさんの楽しい思い出を残してくれた楽しい釣行となった。

釣りのターゲットと言うのは釣り人それぞれによって異なり釣れた魚に対する価値観も十人十色ではあるけれど、狙って釣る釣りの好きな釣り師の皆さんにはオススメの釣りであると確信する。

機会があれば、いや無理矢理作ってでも是非一度トライしてみてはいかがだろう。



ご参考
ルアー・フィッシング・ガイド・サービス

マリンボックス

ブログ掲載の文章、画像の無断転載は禁止です (C)enos1091 All rights reserve

にほんブログ村 釣りブログ 日本全国釣行記へ

« マングローブ・フィッシングは楽し!@マリンボックス 西表島 | トップページ | 西表島遠征 本隊到着@マリンボックス 西表島 »

Fishing」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« マングローブ・フィッシングは楽し!@マリンボックス 西表島 | トップページ | 西表島遠征 本隊到着@マリンボックス 西表島 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31